« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012.10.31

ガーデンレタス・ミックス 新しい植物系用土で成功

20121030_001_3

20121030_011

20121030_092

家庭菜園で栽培後の土の処理に困っている方が大勢おります。燃える用土を使えば乾燥すれば綿のように軽くなります。そんな用土の実験です。9月8日蒔いた種から実験をしており二通りの用土はどちらもバーミキュライトと変わらず成長し、今日の夕方収穫してみました。見事に育ったガーデンレタス・ミックスです。

| | コメント (0)

2012.10.30

チンゲンサイ 移植

20121030_066

1ヶ月前に蒔いたチンゲンサイ既に移植時期はとうに過ぎている。新しい方法が通用するか試してみることに、バーミキュライトや用土類を一切使わない方法。画像は不鮮明です。

20121030_090_2

| | コメント (0)

スイスチャード 移植

20121030_067

20121030_069

20121030_077

20121030_084_2

スイスチャード、スポンジでは発芽させるのが難しい、連結ポットにバーミキュライトとヤシ殻繊維の混合土を使って苗を作った。前回の残り12株を移植した。バーミキュライトをザルに敷、その上に連結ポットを切り離し用土の上に置くことに、しかし根元付近が弱く倒れてしまう。倒れ防止に底を抜いたプラコップを使うことで立てることができる。2・3日もすれば倒れたり、ねじれた苗は治ると思います。

| | コメント (0)

2012.10.29

窓際水耕栽培の様子。 新しい栽培 実験中です。

久しぶりの室内窓際栽培の様子です。室内栽培は私の長期入院あり、退院後に真夏になり、レタスの種から栽培は困難となりました。又、猛暑が長く続きました。新しい栽培の実験も始まっており、しばらく寂しい様子となりそうです。

20121029_052

20121029_053

20121029_055

20121029_056前回窓際の記事は10月始めの記事でしたがほとんど同じです。サラダ菜とフリンジーグーリンは食べ続けています。外の分もあり葉を収穫しても2・3日もすると次の葉がおおきくなり、まだまだ続きそうです。茎が伸びていますが曲がりながら栽培層の上で曲がりくねっています。

4枚目の画像は新しい方法の実験栽培です。今のところうまくいっているようです。

| | コメント (0)

2012.10.28

4リットル焼酎瓶の中でインゲン水耕栽培しています。

10月13日瓶の中にセット 種は蔓なしのセリーナ 6個の種です。

20121013_084
作業終わって

20121013_087
北側の風呂場 出窓のタイルの上に発芽まで

20121019_028
10月19日 発芽したようです

20121021_003
10月21日発芽すれば早い

20121022_010
10月22日 窮屈なところで葉が広がります

20121022_089_210月22日 発芽しない種を取り出しました 腐敗するからです

20121024_022_210月24日 窮屈になって来ました この先どうしましょう

続きます。

| | コメント (0)

しし唐 水耕栽培 まだまだ生産続きます。

20121028_085

20121028_086_2

 トマトを水耕栽培する人は大勢おりますが、しし唐を水耕栽培してる人はごく僅かと思います。春にトマトと一緒に水耕栽培にセットしました。我が家のトマト水耕栽培は台風の影響で9月中旬で終わりました。ししとうは未だ元気にししとうを作り続けています。最近は辛いししとうが増え、食べるのに注意が必要です。まだまだおいしいしし唐が鈴なりになっています。画像クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

キャベツ水耕栽培実験 順調のようです。

市販のミニキャベツ苗 水耕栽培実験 順調に見えます。10月2日にホームセンターで苗を5ポット入手、ポットのそこから液肥が入るようにしてそのままトレーに放置、10月22日に4個100円のカゴに移植、(22日のブログ参照) 虫と戦いながら栽培中です。葉もだいぶ大きくなり更に面積が必要になるのではないかと思います。

20121002_016
10月1日ホームセンターで入手仕立てのキャベツの苗、一日おいたら元気になった。

20121028_087上の3株がバーミキュライトとヤシガラ繊維の混合用土、下左はヤシ柄と籾殻薫炭の混合用土、右がポットの土のまま、土が崩れないよう科学雑巾で養生しているだけ、大きいものから移植したので、何もしない土のままが同じように大きくなっている。

| | コメント (0)

2012.10.27

青梗菜(チンゲンサイ) の水耕栽培

20121027_016

20121027_032

20121027_080

今朝の様子、残暑が長く、ようやくいつもの棚となりました。レタスも既に食しながらの栽培です。

チンゲンサイ、9月8日の種まきから、1ヶ月と20日位経過、後1週間~10日位で収穫になるでしょう。チンゲンサイ茎ののもとが特有の丸みがはっきりわかるようになりました。左の写真左がE・ソイル 右が籾殻薫炭とヤシ殻繊維の混合用土です。どちらも同じように成長しています。各画像クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

備忘録 河村毬子の種を蒔く 1ヶ月半 移植

9月11日 「おうちでできる水耕栽培」の著者 河村さんの要望で写真の種をスポンジ培地に蒔いた。24日に移植して途中根元を噛み切られる苗もあり、現在残っている成長中のミニ白菜、カリフラワー、ブロッコリーです。

20121027_082

20121027_020

| | コメント (0)

2012.10.26

セロリの水耕栽培 又収穫です。

20121025_006

20121026_021

20121026_023

20121026_025_2

先日初めてセロリを収穫しお新香と葉は佃煮にして食べました。お新香は普通に美味しく味わいながら食べました。今日は別のレシピで食べたいということで、大きめのを収穫しました。測ってみたら70センチもあり、よく育つ野菜です。プランター栽培では難しいようですが、いつでもレタス式で栽培するとなんでも出来てしまうようです。各画像クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

スイスチャード 栽培

20121026_006

20121026_026

20121026_028

20121026_029

スイスチャード、スポンジ培地に種を蒔いたが、発芽するも根がスポンジに潜っていかず使える苗とはならずスポンジは断念。ヤシ殻繊維とバーミキュライトの混合用土を使って発芽させた。発芽率が悪く一度蒔いた後から、又、1ポットに数個の種を蒔いた。 1ポットに数個ずつ発芽、先日1株ずつ、ボットに移植した。そのうち丈が大きくなり倒れてしまうのもあり、コップを支柱として移植した。今日は一層6ポットの移植です。

| | コメント (0)

2012.10.25

いつでもレタスの水耕栽培全景です。

20121025_001_2

我が家の水耕栽培全景です。手前右にはパイプ棚を使って3段に市販の苗を水耕栽培しています。夜と雨降り時には駐車屋根の下に移動します。左側に写っているのがいつもの軒下栽培棚です。軒下というのがお分かりと思います。日照は全部が陽に当たる時間は朝10時頃で1時15分には山陰になってしまいます。撮影時は曇でした。

20121025_064

20121025_062_2

今年の栽培は出来るだけバーミキュライトを使わないように栽培実験しており、今日写っている画像にはバーミキュライトを使っていない画像を紹介しています。左が先日移植したばかりのガーデンレタス・ミックスで右がネットから出されたチマサンチュです。ザルの中がスッキリして遮光もしっかりしています。

20121025_035_2

20121025_065

右・左画像はチマサンチュです。初めて水耕栽培する人は最初はこの二種類からはじめることをお勧めします。ガーデンレタス・ミックスは5種類位のレタス種が混合されておりいろいろなレタスができて楽しむことが出来ます。チマサンチュは栽培期間が長く大きくなった外葉から掻きとって収穫すると3ヶ月は楽しむことが出来ます。

| | コメント (0)

2012.10.24

セロリの水耕栽培 実験してみました。

家庭菜園では難しい部類のセロリ栽培。 プランターでは出来るだけ大きなものを選び、用土も品質の良いものを選び、肥料切れがないようにと注意書きがありました。

20120903_033_3

20120920_010_2

9月2日にホームセンターでセロリの苗 3ポット入手、翌日に4個100円のざるに移植しました。2週間でここまで成長、初めての栽培でこんなに早く成長するかと驚きです。

20121020_060_2

20121024_025_2

1ヶ月半でよく成長しました。今日株元が小ぶりなやつを収穫してみました。

20121024_026

20121024_031

1ポットに2株~3株あることに今になって気が付き、3株あるポットより1株収穫してみました。収穫したセロリは水苔とバーミキュライトの混合土から収穫したようです。 まだまだ根元が太いものがあります。栽培方法は9月3日,4日のブログ記事を移植した゜記録があります。

| | コメント (0)

2012.10.23

「いつでもレタス」秘密の栽培 

9月8日種からか始めた水耕栽培は、バーミキュライトやパーライトを使わず、連結ポットとスポンジ培地の間には、植物系の用土をほんの少し使っただけです。9月8日と移植時の記事9月22日頃をご覧ください

20121023_001

今日は朝から大荒れの天気、午前は大船まで出かけ、土砂降りの中帰ってきました。この写真をとるときは雨はすっかり上がり風もだいぶ収まっていました。今日の対象の写真は最上段のしたのレタス類です。

20121023_004

20121023_005

2層共ガーデンレタス・ミックスです。一つはヤシガラ繊維と籾殻薫炭半々ずつの混合用土、一つはE・ソイルと言う木の皮を加工してある用土です。以下同じ用土を使っています。

20121023_006

20121023_007

焼肉用チマサンチュです、

20121023_008

20121023_009

レタスではありませんがミニチンゲンサイです。腰の丸まったところができれば出来上がりです。

20121023_010

20121023_011

チリメンチシャです。

20121023_012

 サニーレタスです。2層分の種を蒔きましたが一層分しかできませんでした。

| | コメント (0)

2012.10.22

市販のミニキャベツ苗 水耕栽培用に移植しました。

20121020_061

20121022_055

購入日がわからないミニキャベツの苗、1ヶ月位になっているようです。移植作業をためらっていましたが、芯ができているようで、茎も曲がって来ています。100円で4個のかごに移すことにしました。 各写真クリックで大きくなります。

20121022_063

20121022_064

カゴに水切りネットを式バーミキュライトとヤシガラ繊維の用土を2センチ位いれ、ポットから抜き出した苗を入れ、同じ用土を周りに入れます。

20121022_094

20121022_075

トレイにいれ底の方から液肥を注ぎ入れ上まで湿るのを確認します。

20121022_076

 5株ありましたが3株は前記の方法、2株のうち1株は用土をヤシ殻繊維と籾殻薫炭の混合用土を使ってみます。ネットの目から用土がこぼれ落ちているようです。残りの1株はポットから抜いたままの状態で、根の部分を科学雑巾で養生して育ててみます。

| | コメント (0)

2012.10.21

バジル、セロリ、芽キャベツ、ブロッコリースティクセニョール水耕に

20121021_033

20121021_034

市販の苗を水耕栽培する。 9月2日に市販の苗をゲット、翌日に水耕栽培にするために移植しました。全て100円ショップのザルを使って栽培しています。ハイポニカ水耕栽培専用肥料に任せっぱなしの栽培で、すっかり大きくなりました。まだまだ収穫まで行きませんが、しっかりと成長しています。画像左は全体写真パイプラックで3段で育てています。右はバジルです。 画像大きくしてご覧ください

20121021_036

20121021_039

左、セロリと芽キャベツです。

20121021_047

20121021_048

ブロッコリーとスティクセニョール丈が70センチにもなりました。

| | コメント (0)

2012.10.20

防虫には100円ショップの大型洗濯ネットを使います。

20121020_004

写真の大型洗濯ネット6個にとりあえず入れました。16層あります。

20121020_007

20121020_011

20121020_015

20121020_019

20121020_023

20121020_029

昨日、ネットの中で生育中のレタス類を全部出し、スポンジ培地苗の移植がが終わったので入れ替わりネットの中に入れました。

| | コメント (0)

備忘録 今日の作業

20121020_084

20121020_079

20121020_075連結ポットに一粒ずつ蒔いた種の発芽率がわるい、追加で種を数粒ずつまいておいたが、発芽して双葉になった、根が大きくならないうちに他の連結ポットに移植した。赤チマサンチュとスイスチャード、結構の株数になりそうです。

| | コメント (0)

2012.10.19

防虫ネットカで成長中のレタス 外へ。入れ替わりに・・・

20121019_034
防虫ネットカカプセルで成長中のレタス類をネットから出し、移植したばかりのレタスをネットの中に入れました。

20121019_036

20121019_037ネットから出したレタス類は9層、ネットに入ったレタス類は16層と家の窓際に2層あります。

| | コメント (0)

サンチュとチリメンチシャを栽培実験

20121019_019

10月1日に蒔いた種、まだ移植していないサンチュとチリメンチシャの残り分を移植しました。今回は17日に移植する方法を変えて観ます。プラコップのそこを写真のようにスポンジ培地をコップから抜け出ないようにしました。

20121019_030

今回もバーミキュライトを使わない方法を試してみます。コップと培地のあいだは水苔と、科学雑巾です。写真はチリメンチシャです。

20121019_031_3水苔とバーミキュライトの混合土と水苔をスポンジ培地をスポンジ培地の周りに巻きつけてみました。

| | コメント (0)

2012.10.18

今日食べるレタスは5種類の混合レタスです。

20121018_001
今朝の軒下の写真、昨夜よりビニールハウスを閉めることに、今朝は内側に結露が見えました。秋も一気に深まりました。

20121018_009_2
日中は、前の部分をあけて風を通します。昨日まで移植した幼いレタス達をネットに入れなければなりません。近日中に最上段のレタスと入れ替えをしなければなりません。

20121018_043_3

今日と明日の分レタスを収穫しました。ここに5種類のレタス有り、左からチマサンチュ、ミニサラダ、ピリ辛サラダ、サラダ菜、フリンジーグリン どれも残暑が続く暑い時に蒔いた種です。徒長気味もありますが柔らかなレタスを食することが出来ます。

| | コメント (0)

2012.10.17

9月8日に蒔いたレタスは どうなった ?

まだまだ残暑が続く9月8日に蒔いたレタスの種 暑さに悩まされたが9月22日に移植、移植後も猛暑続きでしたが遮光とネットとヨシズの日よけに入っていた為か、標準的に育っていたようです。今日の写真です。

20121017_043

今日の作業をやめたあと、この季節初めてビニールハウスのファスナーを閉めて見ました。今朝は寒い朝ですっかり秋が深まった感じです。一番冗談の白い防虫ネットに9月22日に移植したレタス類が入っています。

20121017_001

20121017_002

ネットのファスナーを開けると緑が鮮やかなレタスを見ることが出来ます。この回の栽培は用土を植物系の用土を使っています。こんな経験も初めてです。「いつでもレタス」式栽培はいろいろな栽培方法に展開できるのがいい栽培方法です。

20121017_006

20121017_009

20121017_014

20121017_017

移植後コップのふちまで育つのが遅く感じますが、葉がコップのふちを超えると成長が俄然早くなります。都庁もあまり見られず、今のところ標準的な成長が続いていると思います。

| | コメント (0)

ピリ辛サラダと赤チマサンチュ移植 (この方法初めてかも)

今日は昨日に引き続いてピリ辛サラダ(コーラルリーフ・プルーム)と赤葉チマサンチュの移植しました。コップの加工、その他の段取りもしました。

20121017_030

20121017_036

ピリ辛サラダの移植、左はポットに移植後コップを使い、右はプラコップ直に苗のスポンジ培地をプラコップに入れヤシガラ繊維でスポンジを包み込みました。どちらもコップのしたは水切りネットと化学ぞうきんです。この組み合わせの栽培初めてです。

20121017_035

20121017_039

赤葉サンチュの移植、二層とも連結ポットに移植後、プラコップあとから使いました。プラコップは倒れ防止用で支柱の代わりです。コップを使うことで蜜植することが出来ます。

| | コメント (0)

2012.10.16

「いつでもレタス」更に新しい栽培方法の実験です。

20121016_072
昨日、今日とで5種類10層の移植しました。種まきから16日です。まだ10層分の苗があり明日に続きます。今回は前回9月8日種まき分と違って違った方法を取りました。

20121016_052

20121016_049

左がバーミキュライトを使った栽培、右がネットをバーミキュライトの代わりに水切りネット敷いて、スポンジの間にはヤシ殻繊維を使っています。

20121016_062

20121016_063

20121016_064

20121016_070

上記の方法で移植したサラダ菜、ちりめんちしゃ、ガーデンレタス・ミックス、フリンジーグリンです。各写真、クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

秋野菜成長中、大きくなり移動しました。

20121016_029

20121016_028

昨日、軒下にあった市販の野菜苗が大きくなり、軒下では収まりきれなくなりました。パイプ棚とトマト栽培の場所に分けて写しました。

20120902_053

9月2日にホームんターでゲットした苗でした。肥料一種類のザル式水耕栽培でここまで大きくなりました。

| | コメント (0)

インゲン栽培は種まき後5日後以降はジャックと豆の木状態続く

20121016_010

20121016_011
今日のインゲンです。10月6日の種まきですから10日目です。パーライトの栽培はしっかりしています。

| | コメント (0)

2012.10.15

レタス苗の新しい移植方法

20121015_036

10月1日に蒔いたれたの種、2週間を過ぎました。移植しなければなりません。朝から準備作業や資材の買い出しや、場所作りで軒下の棚整理もあり、今日出来たのは2層のみでした。移植するには十分に育ちました

20121015_050

20121015_058

20121015_065

20121015_071

バーミキュライトを使った従来の栽培方法ですが、コップに直に入れる方法と違って連結ポットに入れたからプラコップの底をそっくりくり抜き使います。最近入手出来るバーミキュライトは細かな粒でザルでは抜けてしまうので、不織布を使いました。

20121015_077

20121015_079

こちらはバーミキュライトを使わず水切りネットをバーミキュライトに変えています。スポンジとの間にはヤシ殻繊維を使ってみます。この組み合わせ方法は初めてです。

20121015_066

プラコップのそこを抜いた画像を最後に入れました。10円玉大のくり抜きより楽に出来ます。もっと楽にできる方法を考えています。

| | コメント (0)

2012.10.14

インゲン栽培は種まき後5日後以降はジャックと豆の木状態続く

20121014_002
昨日はインゲンの葉が広がっていなかったが今日葉だいぶ葉が広がっています。

20121013_075

昨日、インゲン栽培で籾殻薫炭とEソイルの混合土を使った実験は発芽しないタネを見たところフヤケていました。発芽しないもの全部取り出しました。この混合度水の吸収度が多く、種に空気がいかなかった可能性があります。残ったものは液肥のやりすぎに要注意が必要です。インゲン栽培はパーライトが最高です。

| | コメント (0)

備忘録 河村毬子さんから送られた種を蒔く その後

20121014_022
川村毬子さんからの種、種から育てたミニ白菜、ミニカリフラワー、茎ブロッコリーです。9月11日に種まきして、だいぶ虫に青虫、ナメクジに茎を食われ残っているのは、ネットの中で無事でした。綺麗な緑です。

| | コメント (0)

2012.10.13

セロリの栽培も水耕栽培で、この方法なら失敗はありません。

セロリの栽培は難しい栽培に入るそうです。水耕栽培は肥料がハイポニカ一種類、難しい土作りもありません。

20121013_041

セロリの水耕栽培、マンションでも栽培できる方法を比較試験してみました。用土を植物系の用土を作り使ってみました。一番右側が植物系の用土栽培中です。栽培後の処理は燃えるゴミとして処理できます。

 

20120903_030

20120903_032

20120903_033

20120903_039

市販の苗を移植した時の写真です。ダイソーで4つ100円のかごを使いました。 水苔を細かく刻んでヤシ柄繊維と半々に混ぜて用土をつくります、水切りネットをカゴに敷きざるの底3~4センチほどいれ、苗のポット土をある程度取り、かごに入れます。作った用土を入れて セロリの苗を安定させます。

20121013_043

20121013_044

右が水苔とヤシ殻繊維の混合用土、左と比べても遜色はありません。 私の著書『100円円グッズで水耕菜園』/主婦の友社 にいろいろな種類の野菜栽培が載っています。

| | コメント (0)

2012.10.12

インゲン・セリーナの水耕栽培

20121012_057_2

インゲンの栽培比較、用土を籾殻薫炭とヤシ殻繊維とパーライトの栽培と比べています。軒下簡易ビニール木臼の棚にあります。

20121012_059

いつも好成績のパーライトです。一様にほとんどのお茶パックでは発芽して緑の芽が見えます。

20121012_058

籾殻薫炭とヤシ殻繊維の混合用土では発芽にバラつきがあります。やはりパーライトに負けるようですが、

20121012_063

でも一番成長しているのが黒い袋の方です。なんででしょう ?

| | コメント (0)

2012.10.11

9月8日種まき 現在ネットの中で成長中

2回ベランダ軒下に簡易ビニールハウスがあります。左側二つのビニールハウスですが、最上段に4個の防虫ネットがありこの中に9月8日に種からまいたレタスなど5種が成長中です。

20121011_055

20120908_010

20120922_041

20120922_039

9月22日に移植していますが、写真を見るとプラコップは補助的な役目で苗の倒れ防止用に使っているのがわかります。

Img_2925

20121011_032

20121011_033

20121011_042

20121011_039_2

サンチュ、ガーデンレタス・ミックス、サニーレタス、チリメンチチシャ、チンゲンサイがあります。9月22日のブログに移植の記事が載っています。

| | コメント (0)

いつでもレタス トップページを変えました。

Photo
左の本は私の著書 「100円グッズで水耕菜園」です。 右は河村毬子 著書・伊藤龍三 監修「おうちでできる水耕栽培」です。川村毬子さんはマンションのベランダで『いつでもレタス』の栽培方法を自分なりに工夫して栽培しています。昨年春頃までここのブログで「まりちゃんの水耕栽培」で何度か紹介しています。まりちゃんはブログを初めました、興味のある方は覗いてください、まりちゃんのベランダ水耕栽培 http://ameblo.jp/miimama0718/ です。

来年よりハイポニカ肥料 は量販店より一般に販売されることになりました。水耕栽培が身近になりつつあります。

| | コメント (0)

2012.10.10

市販の苗を水耕栽培

20121010_065
9月2日にホームセンターで購入した苗 成長の様子です。どの野菜もきゅうりとバジルを除いて長期栽培、(収穫は来年になるかも)のようです。

20121010_037

芽キャベツです。青虫がつきやすく油断していると10匹くらい捕殺すると気があります。

20121010_042

ブロッコリーです。これも虫がつきやすく、注意が必要です。

20121010_043

スティクスセニョールです。丈が高くなりましたが葉がすくない感じです。

20121010_044_2

セロリ 我が家では食べる習慣はありませんが、育ててみます。虫のがいが少ないのはなぜ ?

20121010_045

バジルです。これも我が家では食べることはほとんどありません。ピザをデリバリーした時に食べるくらいです。

20121010_051

キュウリです。先日の台風でだいぶ痛めつけられ葉が固くなり成長が止まった感じです。まだ2本しか収穫していません。

| | コメント (0)

2012.10.09

インゲン・セリーナの水耕栽培実験

20121009_007

20121009_008
インゲンの水耕栽培にはパーライトが相性がよく以前にもパーライトとバーミキュライトを比較栽培したことありますが、パーライトが良かったことがわかりました。今回はパーライトとヤシ殻繊維と籾殻薫たんを比べてみます。パーライトは栽培後の処理はマンションでは無理があり、可燃物ゴミとして処理できれば多いにマンションで栽培してもらえるかもしれません。今のところ白いパーライトが有利に見えますがまだわかりません。種から三日目ですから・・・

| | コメント (0)

短い日照時間でも 野菜栽培は可能です。

20121009_002
我が家の日照時間朝は10時頃ようやく全体的に日が当たるようになります、現在の日陰になる時間は2時頃です。上の写真は13時51分 十分もすればすっかり日陰になります。

20121009_005
写真に時間まで入れて撮影してみました。皆さんからは相当環境のいい場所で栽培されていると思われていますが、こんな短い日照時間でも栽培ができるのです。窓際の日照もほとんど変わりません。

| | コメント (0)

2012.10.08

新しい栽培方法を実験中

20121008_001
外、軒下の様子、昨日と大差はないので、控えめに。白いネットの中は生育中のレタス類が、最近栽培方法を変え実験中です。

20121008_059

20121008_054

ネットのファスナーを開けると水耕栽培層がみえます。 引き出して見ました。

20121008_056

20121008_057

栽培層のザルを持ち上げて見ました。用土が少し落ちて黒い粒が見えます。ザルを引き出して見ました。こんな栽培方法でも野菜が作れます。

20121008_063

8月15日に種から始めた夏の栽培ですが、猛暑が9月いっぱいまでありましたので、徒長に育ちました。一層ずつ引き出せないので、手前から葉を契りとって食しています。上の写真と同じ栽培方法です。

| | コメント (0)

2012.10.07

備忘録 河村毬子さんから送られた種を蒔く その後

20121007_016
久しぶりの軒下の様子。6月初めから7月中旬まで入院していたため、いつもの活気はまだまだです。9月2日に買った野菜の苗が勢いがいい、現在防虫ネットカプセルの中で育成中の苗が虫に一ネット完全にやられてしまった。

20121007_028

20121007_030

一ネットの中に二つの栽培層12株中8株が青虫にやられた、油断したせいでご覧のとおり、残りの一ネットは無事だった。

20121007_021

種から育てたミニ白菜、ミニカリフラワー、茎ブロッコリーです。

| | コメント (0)

2012.10.06

赤い色のレタスの種をさがしてきました。

20121006_015
今、育成中のレタスには赤いレタスは見当たりません、赤葉チマサンチュの種も急に発芽率が悪く使い物になりません。今日ホームセンターで赤葉サンチュとスイスチャードのタネを見つけ購入してきました。

20121006_041

いつものスポンジ培地からはじめるものと、連結ポットでヤシ殻繊維とバーミキュライトの用土を使った方法で試してみます。

| | コメント (0)

9月2日購入のキュウリ苗 今日1本収穫です。

20121006_042

苗から1ヶ月と数日です。台風でだいぶ痛めつけられましたが、収穫まで来ました。他のツルは、いたんでおりますが液肥の吸い込みがよく未だ採れると思います。

| | コメント (0)

インゲン栽培 種まきしました。

20121006_017
インゲン・セリーナの種まき、お茶パックにパーライトをいれ種を2粒ずつ、13袋ずつ、ハガキ2枚分の面積に26粒の種まきとなり、超蜜植になります。季節的にやや遅い感じですが 未だ気温も高く多分普通に出来ると思っています。

20121006_018
インゲン・セリーナの種まき、お茶パックにヤシ殻繊維と籾殻くんたん混合土、燃える用土です。初めての試験栽培、これが成功すればマンションの栽培では、後処理が全部可燃物になりますので捨てる悩みがなくなります。

20121006_040_2

パーライトの栽培はこれまで何度も体験済み、インゲンの栽培ではいつも好成績で実績有り、ヤシガラ繊維と籾殻くんたんは果たしてうまくいきますか、レタス栽培ではいい時もあれば悪い時もあり、混合比率を考慮しなければならないかもしれません。

| | コメント (0)

窓際のレタス栽培 秋栽培は賑やかになりそうです

Img_25888月15日に夏のレタス水耕栽培で種を蒔き、徒長のひどいものを撤収現在窓際はこのような状態、サラダ菜とフリンジーグリン 食べる分だけちぎって食しているが柔らかく美味しい、生ハムや、フライに巻いて食べていると食がすすみます。

20121006_005

20121006_006

10月1日に蒔いたレタスの種もすっかり双葉になり成長中、右の写真辛いレタスと青梗菜も双葉になり使えるだけの数になっている。サニーレタスは24粒中3粒発芽したが、どうしようかと迷っている。

| | コメント (0)

2012.10.05

種を蒔いて4日目で小さな双葉になりました。

20121005_001
9月1日の夕方に蒔いたレタスのたね、4日目ですが双葉にらりました。移植は種から2週間を予定しています。

| | コメント (0)

2012.10.04

10月1日 レタス種まき3日目で発芽中

20121004_001

風呂場の出窓タイルの上に置かれた種まきしたレタス類、発芽中です 。

20121004_002

20121004_008

左が発芽中のレタス類、右はまだ発芽まで至っていないレタス類。

発芽中のレタスは窓際の明るい場所に移動します。

20121004_016

20121004_020

20121004_021

20121004_022

20121004_024

20121004_025

窓際明るい所へ移動したレタス類、豆腐のタッパー上ふちにレタス類の名称が書かれています。夕方の種まきでしたから、まだ種まきから二日半経過になります。夕方には幾つか双葉になるでしょう。

| | コメント (0)

2012.10.03

セロリも水耕栽培出来ます。

20121003_002_2

20120902_057

20121003_044_2

20121003_045

20121003_048

20121003_059

9月2日にセロリの苗をゲット、栽培方法は知識がなく、私流の「いつでもレタス」式栽培方法です。移植からちょうど1ヶ月 見事に成長しています。 栽培方法は次の写真のとおりです。100円円グッズで水耕菜園の16ページやキュウリの栽培を参考にしてください。

20120903_037

| | コメント (0)

2012.10.02

スティクセニョール 丈が伸びすぎて

20121002_003

スティクセニョール市販の苗 移植後1ヶ月丈がぐんぐん伸び トップヘビーになってきてコップでは支えきれなくなっている。

20121002_035

100円ショップの小さなザル 取っ手を立て、固定してそれを支柱がわりにしてみました。結構安定したので、3株全部同じようにしました。1株ずつ別の水槽が必要になってきました。

| | コメント (0)

市販のキュウリ苗 1ヶ月で・・・

20121002_034

20121002_03320121002_032

20120903_073

市販のきゅうり苗、ちょうど1ヶ月前にホームセンタより2株ゲット水耕栽培用に移植しました。
一昨日の台風でだいぶ痛みつけられましたが、今日よく見たらキュウリがだいぶ大きくなっていました。4枚目の写真は9月3日に水耕栽培用に移植したばかりの写真です。

| | コメント (0)

2012.10.01

10月1日 秋のレタス栽培 種から始めます。

20121001_055

10月1日 台風17号も日本列島を縦断し北海道沖に抜け去りました。タイミングよく午前11頃までに、軒下の定位置に移動終わりました。吹返しの風がその後あり、一部苗が飛びましたが、元通りに戻すことができました。お昼をはさんでレタスの種まきを8種類、10パックの種まきをしました。

20121001_044

20121001_045

チマサンチュとチリメンチシャは24ブロックずつ、これからの栽培はチリメンチシャも正常に育つと思います。

20121001_046

20121001_050

20121001_056

20121001_054

サニーレタス、ガーデンレタス・ミックス、サラダ菜、フリンジーグリン、ピリ辛サラダ、ミニチンゲンサイは1パック(12ブロック)ずつです。正常に成長すれば2週間後頃 移植します。今度はどんな風に移植するか思案中です。風呂場の出窓で発芽させます。

| | コメント (0)

台風一過 避難した栽培中の野菜戻しました

20121001_001

一夜、避難中の野菜類、台風は過ぎ去りました。外のものは汐害で黒く焼けてしまいました。室内に避難した野菜類は無事でした。

20121001_022

室内から外の棚に出して見ました。

20121001_041

ネットに入れなければならない苗は防虫ネットに入れました。11時ころから台風の吹き返しの風が強くなり苗が飛ばされそうになったため、写真のところで一旦中止、室内の作業に移りました。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »