« インゲン収穫して撤収 土がなくても豆類の栽培。 | トップページ | 寒い日が続きますが「いつでもレタス」は冬でも元気です »

2011.12.10

真冬の野菜栽培 実験

20111210_002寒い ! 寒い ! 昨日は東京も雪がふりました。こちら三浦半島も空は雪雲で覆われていましたが、冷たい雨が夕方まで降り続きました。写真はまだ御昼前、もう日陰が迫っています。後15分くらいで完全に日陰に入ります。この場所の日照は9時過ぎから12時くらいまで3時間しかありません。 野菜の栽培実験を左の棚でしています。バーミキュライトを使った私の従来の方法と、バーミキュライトを使わない方法の比較実験です。写真には各棚ピニールハウスの一番下にクリーム色の箱(水槽)が保温装置になります。前のピニールを被せると中は外気より高い温度になります。

20111210_010_3

20111210_009_2

20111210_011

この列はバーミキュライトを使わない方法です。アルミシートがコップの下の方に敷いてあります。この下に何を使っているかの問題です。各写真クリックで大きくしてみてください

20111210_013

20111210_014

20111210_015

下の列はバーミキュライトを使った従来の方法です。どちらも左からコーラルリーフプルーム、中央がミナトベカナ 左が山東菜です。上下同じ種類ですが、今のところバーミキュライトを使った方が成長が早いようです

|

« インゲン収穫して撤収 土がなくても豆類の栽培。 | トップページ | 寒い日が続きますが「いつでもレタス」は冬でも元気です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インゲン収穫して撤収 土がなくても豆類の栽培。 | トップページ | 寒い日が続きますが「いつでもレタス」は冬でも元気です »