« 秋になった種は順調に、今日一部移植しました。 | トップページ | 野菜高騰の折、どんどんとレタスが出来てきます »

2011.10.09

放射能汚染の心配ない栽培方法です。

20111009_025

20111009_024 真夏に蒔いたミニチンゲンサイ、猛暑のためひょろひょろと徒長に、ようやく落ち着き茎の腰回りも大きくなり出しました。この栽培はバーミキュライトやパーライトを使わないで栽培する実験をしています。なんら気候が安定すれば影響がないようです。

20111009_076

20111009_07820111009_077 タキイ種苗の新種ピリ辛やみつき・サラダカラシナ コーラルリーフぷルール 真夏の8月23日蒔いたものです。暑さに強く立派に予想通り成長してくれました。これもバーミキュライトを使わない方法を半分実験してみました。左が従来の実キュライト右が栽培後ゴミ処理にまったく問題ない栽培方法です。各写真クリックで大きくなります。

20111009_061

20111009_062 この写真はザルを浮かして下のトレーを見たところ、バーミキュライトはザルと水きりネットからこぼれたバーミキュライトが見える、右はザルの下はきれいです。成長はどちらもほとんど同じようです。

20111009_019_2

今朝の軒下全体の様子、秋も本格的な気候に、植物の成長に都合のよい気温です。

|

« 秋になった種は順調に、今日一部移植しました。 | トップページ | 野菜高騰の折、どんどんとレタスが出来てきます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋になった種は順調に、今日一部移植しました。 | トップページ | 野菜高騰の折、どんどんとレタスが出来てきます »