« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.30

緑のカーテン 出窓一面のレタスは撤収しました。

20110630_003

20110630_006_2

20110630_007_3

窓際のレタス類 全部撤収染ました。 カーテンの裏側は今日は何もありません。外からいくつか栽培層が此処に移動してきます。出窓の右側のインゲンですが、確かつるなしのインゲンのつもりでしたが、すっかり窓一面インゲンの葉で覆われてしまいました。良く見ると花が咲いているのも有ります。前回のセリーナ―と違って 蕾がまばらに点在しています。この栽培用土は炭を使っています。

| | コメント (0)

インゲンセリーナ―の栽培実験

インゲン・セリーナ―の栽培実験 先日のインゲン・つるなしモロッコがスポンジ培地に種を蒔いたが発芽させるのに失敗し三分の二はお釈迦になった、どうにか発芽したものを炭の中に移植、どっち道失敗だったのでだめもとで炭でやってみた。 それが今、窓際のグリーンのカーテンとなって、ちょうどよい目隠しにもなっている。 炭でも種からやってみようと考え、27日に炭とパーライト半々ずつ使って種を蒔いてみた。今日で三日目、発芽がはっきり確認出来るようになった。

20110630_008_3

写真に撮ると、まっ白いものと真っ黒の物体があり、露出に問題アリ、黒の方が映りにくくなっている。

20110630_011_2

20110630_010_2

以前パーライトとバーミキュライトを比べてみたが、パーライトが良いのがはっきりしたが、今回もパーライトに炭は負けそうです。その以前の記録を参考に見てください。

http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ingen3/index.html 

20110627_009

20110627_014

27日種蒔き時の写真、バーミキュライトも炭も50ccずつお茶パックに入れ、種を二粒ずつ入れ、15ccを被せた。

| | コメント (0)

2011.06.29

パッションフルーツとパパイヤ栽培

20110629_006

初めての栽培、パッションフルーツです。実から取り出した種 100粒位を蒔きました、6粒位発芽、ものになったのは二株のみ、4株はきれいに葉がそろわない、この二株葉の色もよし、連日の暑さでもしおれることなくきれいです。肥料は何をやったら分からないので、私流の水耕栽培で育てます。

20110629_005 パパイヤ栽培、今年は50粒の種から1株のみ発芽、以前の種からの栽培が夢のようです。3年まえの種、一粒でも発芽したことに感謝。しかし葉の形が気に入らない、茎の中心ぶから新しい葉が発生しているのでしばらくは新しく葉が生えてきれいになるのを期待しよう。

| | コメント (0)

2011.06.28

みどりのカーテン あと二日

20110628_004 我が家の出窓の緑のカーテンです。室内から見た様子です。左側のレタス類は今月いっぱいで撤収となります。しばらくこの場所がぽっかりと空いてしまいますが、外で成長中のレタスを少しここに置きます。右のインゲンも窓いっぱいに葉が広がりました。

20110628_007

窓の城辺まで伸びてしまったインゲンの蔓です。袋にはつるなしの表示でした。ネットをかければ伸びていくのでしょうか ?

20110628_011

外側から見た出窓です、レタス類もしっかりと窓を覆いカーテンの役目をしています。出来れば外側に置いた方が良いようです。

| | コメント (0)

2011.06.27

まりちゃんの ベランダ水耕栽培 6月25日

神奈川県に住むまりちゃんです。マンションで「いつでもレタス」式 水耕栽培をしています。野菜栽培が得意になりました。マンションに住んでいる方は非常に参考になると思います。 いつでもレタスさんから水耕栽培ご教授受けて3年目、余り菜類を買わない生活になりました。現在のベランダ菜園の様子です  映像を大きくしてみることをお勧めします

| | コメント (0)

2011.06.26

トマトゴミ箱水耕栽培 燃える用土でマンションでも・・・

20110626_044

20110626_045

20110626_046

20110626_047 今年のトマト栽培は、種まきから遅めに設定、4月1日の種まきから始めました。いつもの年ですともう赤い実が付いている頃ですが、まだ赤い実が見えるまで10日以上かかりそうです。成長は順調です。

今年は燃える用土を使って実験しており、成功したらマンションの方はベランダで土とプランターを使うことなく 夏の果菜栽培が思い切り出来るようになります。 栽培が終わった後は根の部分を乾燥させてから、燃えるごみとして捨てられますので朗報かと思います。

20110626_049 上の写真右が燃える土を使っての栽培、なんら遜色なく育っています。各写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2011.06.25

雑誌 エレキジャック セレクト に掲載されました

20110624_011今日、6月25日発刊の『エレキジャック セレクト』に「いつでもレタス」が40ページに渡り掲載されています。マイコン制御の野菜工場を作ってみよう と表紙にあります。電気・電子にうとい私は読んでも意味が分かりませんが、何回か読むうちに理解できるのではないかと思っています。私の「いつでもレタス」の栽培が工場として制御出来れば非常に便利になります。電気関係に詳しい方には興味のある本と思います。

20110624_015_3

20110624_016_2

紙面の一部、相当数のページを割いており、掲載されている野菜の栽培方法も何種類か詳しく取り上げられております。私の書籍「いつでもレタス ! 横着爺さんの超かんたん水耕栽培」発刊以後の記事ですので、非常に参考になると思います。興味のある方は書店でお求めください。 CQham radio増刊号 エレキジャック セレクト CO出版社 定価1680円 です。

| | コメント (0)

2011.06.24

インゲンで緑のカーテン

20110624_002 緑のカーテンとして窓際に鎮座したつるなしインゲン、つるなしのはずだが出窓の高さ105センチにも達したつるあり、これ以上は出窓の天井、下の方は適当に葉が茂り日よけと目隠しになっており、日中の暑さに負けず 緑がすがすがしく感じられます。

| | コメント (0)

インゲン・セリーナ― 撤収収穫しました

20110624_005_3

20110624_006

20110624_00820110624_009 4月1日より種から始めたインゲン栽培、前回の収穫に続き今回も思った以上の成績でした。お茶パックにパーライトを入れ種を二粒ずつ入れ栽培したものです。こんな簡単な方法でいろいろな野菜が作れるのは不思議です。4月1日のブログより振り返って記事をおってみるのも面白いと思います。各写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2011.06.22

インゲン水耕栽培 大収穫後1週間

20110622_038_2

インゲン・セリーナ―の水耕栽培、お茶パックにパーライトを使っての栽培、1週間前にこの面積に対して大収穫でした(6月15日の記事参照) それから1週間まだ小さかった鞘も大きくなり、間もなく全部撤収収穫となります。蔓なしなのでツタがなく次に続く花も有りません。蔓なしは楽しみが短いです。

20110622_039 インゲンの葉の下には前回小さかったインゲンが大きくなっています。ほとんど前回で半分以上の収穫ですので、前回の半分程度でしょう。

| | コメント (0)

2011.06.21

レタス栽培 日照不足で苦戦中 新たに

20110620_014

レタス栽培 成長期に日照不足 2週間で日照が数時間と天気予報番組でいっていました、前回のジーンズ着るふるした布を使った栽培も苦戦中で結果が分かりません。その後再び挑戦5月28日6種類種まきの5種類をマンション想定の栽培に挑戦しております。

20110620_015

20110620_016

20110620_017

移植した時より葉も広がりだいぶ成長しております。6月13日記事に移植するところを載せてありますので比べてご覧ください。

20110620_018

20110620_019

20110620_020

レタスはチマサンチュとチリメンチシャの2種類、野菜では雪白体菜、山東采、大葉高菜の3種類です。コップの底は保温用アルミ箔で液肥を覆っています。太陽の光が当たると元気に色もよく育つのですが、梅雨あれはまだ聞こえてきません。

| | コメント (0)

2011.06.20

緑のカーテン レタス水耕栽培やインゲン栽培でも

20110619_067_2 緑のカーテン、3.11以来電力の省エネが社会問題となっています。植物で窓を覆い少しでもエアコンの消費電力を減らそうと、巷では躍起になっています。ゴーヤの苗も凄い売れ行きです。我が家の窓際では、レタスの水耕栽培とインゲン栽培で外からの光を遮っています。

20110619_068_2

インゲンを窓際で栽培します。培地に炭を使って初めての実験栽培です。発芽したインゲンを炭に埋めてみました。今のところ異常なく成長しているようです。6月5日の記事を参照してください。

私のブログは全て私の考え出した栽培方法です。私がブログに書いてブログ記事に投稿した時より著作権が発生しております。ブログに発表しても著作権を放棄しておりませんのでご注意してください。個人で「いつでもレタス」の栽培方法を使って栽培することは自由です。自分のホームページに載せるときは、1ページごとにリンクをはるか、引用文をお使いください。書籍に載せるときはご相談ください。

| | コメント (0)

2011.06.19

100円ショップのザルでメークイン製造大成功です。

20110610_012

100円ショップのザルでジャガイモ栽培、先日10日は男爵イモの収穫でした。今日はメークインです。写真は10日の写真です。その後、葉が急激に枯れてしまいましたが連日の雨で収穫するのを延期していましたが、今日は雨は降らないようで撤収することにしました。各写真クリックで大きくなります。

20110619_037

20110619_039_2

20110619_042

20110619_045

20110619_049

20110619_050

20110619_052

20110619_057

20110619_061 黄色とピンクの籠にメークインの発芽したジャガイモを小さなザルに埋めました。底面積がハガキ2枚と小さなザルで下が写真のように面積いっぱいに広がっていました。広い大地で作るジャガイモにはかないませんが、栽培方法の知らない素人がこれだけ作れれば大満足です。用土は100円ショップの椰子ガラ繊維とバーミキュライト半々の混合です。肥料はハイポニカ肥料500倍希釈液だけです。ジャガイモ栽培と云うよりイモの製造と云った方がいいようです。

| | コメント (0)

2011.06.17

軒下レタス栽培 こんなに大きく育っています

20110615_026 軒下ぺラン゛栽培 間もなく撤収ですが荒れ放題です。日照不足で白いネットのレタスも徒長気味に育っています。

| | コメント (0)

白で栽培次は黒で栽培実験します

Img_0318_2

発芽に失敗したインゲン36粒から10粒しか使えなかった、インゲンの発芽、失敗のついでに又、失敗を重ねるかも知れない実験、今回は真っ黒な炭を使って栽培実験してます。現在は順調すぎるほど成長葉が大きく広げ明るい光の方に向いています。

Img_0317_3

反対側から見ると下が丸見えの状態、白いパーライトから変わって真っ黒な炭でも栽培できるか、どちらでしょう。

| | コメント (0)

2011.06.16

ゴーヤの水耕栽培

20110615_017_2

ゴーヤの水耕栽培、巷では緑のカーテンとしてこの夏のエコの取り組みとして各市町村で取り上げられている。6月頃の気温では成長も遅く、梅雨明けの日よけには間に合わないと思います。それよりもミニトマトを私の栽培方法で日除けにした方が効率が良いのではと思います。ミニトマトとゴーヤ同じ日にホームセンターで買ってきたが、トマトの方が何倍も成長が早い、一メートル位カサ上げしてトマトを栽培すれば、梅雨明けには2メートルも成長する。かさ上げ分と合わせれば3メートルの高さの日よけを得ることらなります。各写真クリックで大きくなります。

20110615_018

20110615_019

 ゴーヤの水耕栽培する人はほとんどいないと思います。これは私流の栽培で、保冷パックの中に装置があり、水(液肥)がなくなったら、入れることにしています。大きくなれば水の吸い上げが半端でなく吸水用補助タンクを撮りつけることになります。

| | コメント (0)

2011.06.15

インゲン水耕栽培 ハガキ2枚の面積で大収穫です

20110615_022_2 4月1日お茶パックに一握りのパーライトを入れ種を二粒ずつ12袋に蒔いた。底面積がハガキ2枚のザルとトレーで2ヶ月半、何度も風に飛ばされひっくり返り、そのたびの養生で又、こんもりと葉が生い茂っています。この中には沢山のインゲンが鈴なりです。各写真クリックで大きくなります。

20110615_050_1 今日は部屋の中で一部収穫です。長いハサミを使ってインゲンの鞘を丁寧に切り取ります。次回は5日~7日後に収穫するでしょう。

20110615_05320110615_054 収穫したインゲンです。白いザルに入れましたが、このザルを使って栽培しています。

下は4月16日のブログ記事です。

2011.04.16

お茶パックでインゲン栽培 成長してます

20110416_024_2

20110401_028 20110401_041

4月1日にインゲン(セリーナ)の種を小さなお茶パックにパーライトを入れ2粒ずつ蒔いた、パーライトで種をすっかり被せ2週間後立派なインゲンの葉が見られるまで成長しました。

以前に栽培した記録はこちら→窓際モロッコ栽培 パーライト編 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/morokko/index.html

| | コメント (0)

2011.06.14

産経新聞 冊子 暮らしの百科 明日6月15日発刊です

産経新聞読者に配布される冊子 暮らしの百科 6月15日発刊に「いつでもレタス」が紹介されます。 特集記事で 始めてみよう おうちde菜園 の中で2~3ぺージです。

611 こんな感じのレイアウトです。字が小さく読めないと思いますが、本誌でゆっくりご覧になってください。記事の右下のジャガイモの植え付けの写真、取材の時に記者が撮った写真です、一か月前です。 下の写真は今日14日の写真です。

20110614_031_2 同じ角度から撮りました、一カ月でここまで成長します。左上の方に蕾が付いています。 いつでもレタス式で栽培するとジャガイモが100円ショップのカゴで簡単にイモが出来てしまいます。

| | コメント (0)

パッションフルーツとパパイヤ 水耕栽培

20110614_004_2

4月1日に実から種を取り出し、種を蒔き発芽させ ようやく葉がきれいになるところです。パッションフルーツ七株です。

20110614_005

たった一株出来たパパイヤです。これから暑さが加わると成長が速くなると思います。パッションフルーツは初めての体験、パパイヤは3度目になります。 

| | コメント (0)

2011.06.13

夏に向けての種蒔き 少しばかり苦戦です。

20110613_001 5月28日種まきした6種のレタスや野菜、種まきから2週間過ぎ移植することに、日照不足が春先と違い育ち方に少しばかり不安の苗です。

20110613_016

20110613_021

チマサンチュとチリメンチシャは着古したジーンズ布をスポンジ培地とブラコップの間に挟み込んだ。

20110613_027

20110613_028

雪白体菜は椰子ガラ繊維と椰子ガラチップの混合を使います。連結ポット6×6の連結ポットを使い、苗の倒れ防止にブラコップの底を抜き写真のようにした。

20110613_031

20110613_033

山東采プラコップに直に、大葉高菜はスポンジ培地の発芽が少なかったので一ブロックから2株を撮りだしたため、小さいスポンジになったので連結ポットを使うことにした。サラダ菜は発育悪くまだ保留のまま、不良苗かもしれない。気温のせいか、種を蒔いてもきれいに苗とならないのはなぜ ?

| | コメント (0)

2011.06.12

ゴミ箱を使ったトマト水耕栽培 位置を定めました。

20110612_053

毎年大収穫のゴミ箱を使った水耕栽培、5月15日に移植しましたが、成長が早く花も咲き実をつけるまで成長しました。これ以上大きくなると移動が困難になりそうです。ジャガイモ栽培のところの場所を開け毎年トマトの定位置に置くことになりました。

20110415_01720110415_060

種まきから15日左の画像では3種の種しか発芽しませんでした。同日の15日右画像のポットに移植しました。

20110515_092

20110612_032_2

それから1カ月の5月15日ポットから移植時の写真です。まだ1カ月たっていませんがすごい速さの成長です。右は午前に撮った画像です。ゴミ箱トマト水耕栽培は素晴らしい栽培方法です。

| | コメント (0)

2011.06.11

産経新聞 くらしの百科 特集記事で掲載されます

Photo

産経新聞読者に配布される冊子 暮らしの百科 6月15日発刊に「いつでもレタス」が紹介されます。 特集記事で 始めてみよう おうちde菜園 の中で2~3ぺージです。

611 こんな感じのレイアウトです。字が小さく読めないと思いますが、本誌でゆっくりご覧になってください。

| | コメント (0)

2011.06.10

ジャガイモ水耕栽培 成功です。

20110610_057

今年一回目のジャガイモ水耕栽培 今日男爵イモ収穫しました。水耕栽培らしからぬ栽培です。ジャガイモが育つ環境が必要ですが、私のレタス水耕栽培と同じ原理です。

20110610_011

20110610_029

20110610_021

20110610_041

20110610_043

20110610_053

男爵イモの葉が枯れ、水の吸い上げもほとんどしなくなった、日にち的にまだ早いようですが、撤収し収穫しました。小さい100円ショップのザルで日当たりもままならないところでの栽培ですが、これだけの収穫です。昨年のジーパン栽培と同じくらいです、黒いカゴ黄色いカゴ、同程度の量の収穫です。培土は椰子ガラ繊維とバーミキュライト半々の混合です。肥料はハイポニカ1種類のみです。放射能の心配ない自家栽培自家消費になります。

| | コメント (0)

2011.06.09

炭を使ってインゲン栽培 

20110609_033 インゲンの種、発芽に失敗36粒の種のうちようやく8粒取り出し、2粒は発芽が不良のような種だった6月5日の記事参照してください。それを連結ポットに炭を入れスポンジ培地ごと移植、炭を使って栽培実験することに 今日で4日目であるが、バーミキュライトと変わりなく成長しているようです。発芽しそうな種も発芽して(根)インゲンの葉を広げようとしている。真っ白いパーライトと真っ黒な炭、この発想はどうなるのでしょう。

20110609_034_2

 この炭で野菜が栽培できれば、まさに燃えるゴミ、「いつでもレタス」はさらに進展することになる。写真クリックしよう、大きくなるよ !

| | コメント (0)

トマトゴミ箱水耕栽培 旺盛に成長中です

20110609_071_4

 毎年のゴミ箱を使ったトマト栽培も6回目になります。毎年間違いなく大収穫をつづけています。今年も4月1日より種まきから始めました。成長は旺盛でほとんどが脇芽をほとんど撮らず放任栽培です。一部大玉のビーフステーキは適当に脇芽を取っております。各写真クリックで大きくなります。 この場所で育つのは3鉢~4鉢です。徐々に間隔を空けていきます。

Img_0073 ミニトマトはいつの間にか小さな実をつけていました。この写真撮るまで気が付きませんでした。

←左のマイフォトより昨年までのトマトゴミ箱栽培をご覧ください。

| | コメント (0)

2011.06.08

家庭野菜工場 夏に向けての決断です

20110608_016 軒下ベランダ栽培今日の様子です。左側の大きくなったレタス類は毎日食べていますが、ほとんど減りません。夏に向けてのレタス栽培が間もなく苗から移植され此処のスペースを使わなくてはなりません。移植日の前に思い切って撤収しなければなりません、現在左側の育ちすぎたレタスは非常においしく、葉も次から次えと出てきます。撤収するのは実験栽培で中途半端に育った若いレタスを撤収しようと思います。各写真クリックで大きくなります。20110608_002_2

20110608_003_2

5月28日に蒔いたレタスと野菜の種、6月1日に蒔いた野菜の種など、約16層分が移植されます。室内窓際に6層置いたとして10層分の場所が必要になります。

私の栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

ミナトベカナ お茶パックで成功 

Img_0112

防虫ネットカプセルで育てているミナトベカナがネットのネットの天井までとどいていたので引き出した、昨日は先の葉が曲がっている状態だったが一晩で全部伸びた。

20110607_017

20110415_038 昨年から実験中の栽培後の処理で家庭ゴミ処理として捨てられる方法としての栽培です。この栽培にはお茶パックを使うことに、スポンジ培地との間に椰子ガラ繊維と水苔(みずこけ)を刻んだものを使った。ブラコップはあくまで倒れ防止として支柱の役をする、根っこの下は5ミリ程度しかなく、土栽培で20センチ以上も土にもぐりこみどっかりと立てる状態ではない。栽培知識がなくてもご覧の通り土よりも確実に育てることができる。

| | コメント (0)

2011.06.07

お茶パックで栽培のインゲン (棒なり)鈴なりです

20110607_030 お茶パックに真っ白いパーライトを一握り、その中にインゲンの種を蒔いて一カ月と一週間、すっかり葉は大きくなり生い茂っています。ここのところ強風で何度も倒れ、前髪が風で分けられたようになっています。その間から相当数のインゲンがぶら下がっているのが見えます。本当に鈴なりと云うか棒なりです。各写真クリックで大きくなります。

20110607_032

20110607_033

どこから覗いてもご覧の通り、こんな簡単な栽培方法でこれだけインゲンが作れるなら、土づくりから始める家庭菜園は本当にゴクロウサマです。

20110607_034

20110607_047

このインゲンの根元にお茶パックが見えます、その中にパーライトが入っているのが見えます。右の写真は種蒔き時のタグがかすかに見えます。 これまで誰もこのような栽培方法を教えてくれませんでした、いや ! 誰も知らなかったのです。 このインゲン(セリーナ)の種蒔き後15日のブログをご覧ください。

2011.04.16 http://azcji.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/16/index.html

| | コメント (0)

インゲン栽培 失敗から失敗へ 白から黒へ

一昨日の記事で、インゲン種蒔き失敗の記事を載せました。まだ2日目ですが現在のところ成長しているのが確認しました。葉の大きさも全てが大きくなっています。下の二粒も20110607_051 半分もぐりこんでいましたが豆の粒を広げ根ももぐりこんでいます。この炭を使えれば、私の栽培方法「いつでもレタス式栽培」も応用が広がることになります。でも部屋の中での作業は制限されることでしょう。

| | コメント (0)

2011.06.05

パパイヤとパッションフルーツ栽培、 水耕栽培で育てます。

20110605_079

4月1日にパッションフルーツとパパイヤの種、どちらも60粒から100粒くらい種を蒔き、パッションフルーツは4月25日に発芽、その後どちらも全く音なし状態、5月半ばにパッションフルーツはぼちぼちと発芽、パパイヤは一つだけ発芽した。 

20110605_082 今日、パッションフルーツを移植した。パッションフルーツは栽培経験はない初めてである。

20110605_081 パパイヤも一株だけであるが移植、これから暑くなる季節、成長してくれると思う。パパイヤの栽培実験はこれで3度目、以前の栽培様子はパパイヤ栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/papaiya/index.html をご覧ください。

| | コメント (0)

蔓なしインゲンスポンジ培地に種蒔き失敗 さらに失敗に向けて

20110605_066

4月28日蔓なしインゲンの種スポンジ培地に種蒔き、スポンジ培地の切り込みに挟んでみました。スポンジの圧力・反発力で芽が出ないのではないかと心配しておりましたが、現実となり、写真のような状態になりました。

20110605_068

発芽したインゲンを使えそうなものだけを取り出し、失敗のついでに失敗を重ねる実験をすることにしました。

20110605_077 黒い5×5の連結ポットを使って実験することに、今回は真っ黒な炭です。この炭 酸性かアルカリ性 中性か商品の袋には表記がなく分かりません。中性ならば成長するはずです。途中でしおれてしまう可能性大です。成功すれば野菜栽培にも使えることになります。もちろん肥料はハイポニカです。

| | コメント (0)

燃える用土を使ってトマト栽培 順調です。

20110605_057_2

燃える用土で ミニトマト、カンパリトマトの栽培実験、栽培後の処理を家庭ごみとして処理できるようにしました。これまでのはバーミキュライトと椰子ガラ繊維の用土で栽培していましたが、この栽培は栽培の後、乾燥させて家庭ゴミとして捨てられるよう、すべて燃えるものを使っています。左は市販の一番安いミニトマト、右は自家採取種からカンパリトマトです。今年のトマト水耕栽培はスタートが5月13日で、だいぶ遅れています。使用している用土は全て燃えるものですが、どれも植物成長に必要な栄養素はありませんので、水耕栽培専用肥料ハイポニカを使います。

| | コメント (0)

トマトゴミ箱水耕栽培

20110605_060_2

20110605_059_3 ゴミ箱を使ったトマトの水耕栽培を今年も進行中です。別にゴミ箱を使わなくても百円ショップの小さなザルを使えば数万円する水耕栽培装置よりはるかに高性能です。複雑怪奇な装置より単純でまったく故障はなく電気も使いません。この栽培を始めてから毎年トマトは大収穫です。見た通りの栽培方法で誰でも出来ます。土栽培やプランター栽培の方こはこれから脇芽がどんどん出てきますから脇芽を生かしてお試しください。きっと先の始めた本命より収穫が多いことうけあいです。

←のマイフォトにトマトの栽培実例が幾つかアップしています、ご覧ください。

| | コメント (0)

2011.06.04

百円ショップのザルでジャガイモ作り 6月4日

20110604_022

20110604_023 4月1日から始めたジャガイモ作り、百円ショップのザルを使っています。写真上2カゴは男爵いも、下2カゴはメークインです。生い茂っていた葉はだいぶ減ってきました。ザルがしっかりと葉で覆い隠されていましたが籠の姿もしっかりと見えるようになりました。各写真クリックでおおきくなります。

20110604_043

20110604_044_3

上からジャガイモの根元を見てみました、この中に社がイモはあるでしょうか ? どのくらいできているでしょうか ?

昨年のジャガイモ水耕栽培の記録をご覧ください。

ジャガイモ水耕栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/jagaimo/index.html 

| | コメント (0)

インゲン栽培 スポンジ培地より発芽しました。

20110603_021_3

5月28日にスポンジ培地の切れめに挟みこみ種を蒔いた つるなしモロッコ 根が出てきてある程度思い通りの形になってきました。これから次から次へと初根(発芽)が進むと思います。さて、これからどう栽培するか私にもわかりません。初めての事は いつも切羽詰まってから行動します。

| | コメント (0)

2011.06.03

6月1日に種を蒔いていました

20110601_079

6月1日に種蒔き6種していました 野菜2種 レタス4種です。

20110601_081 例によって、種の上からトイレットペーパーを被せました。

そして、5月28日に蒔いた種は6日でここまで成長しました。発芽しない種のところに同じ種類の種を追加で蒔き、種の数が倍になっています。

20110603_002

| | コメント (0)

2011.06.02

まりちゃんのベランダ水耕栽培6月1日

まりちゃんのベランダ水耕栽培 6月1日 

まりちゃんのベランダ栽培も春まっ盛り 成長が早くなっています。

スライドショー 見たいところは画像をとめてゆっくりご覧ください。

| | コメント (0)

6月1日 デジカメ写真のすべて 85枚

6月1日デジカメに収めた写真の全てです 同じ写真を何枚も撮ることも、普段ブログに見せない所も写っています。一枚残らずお見せします。 まだ撮り足りないしゃしんもありました。6月1日 新たに種も蒔きました。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »