« ゴミ箱を使ったトマト水耕栽培 位置を定めました。 | トップページ | パッションフルーツとパパイヤ 水耕栽培 »

2011.06.13

夏に向けての種蒔き 少しばかり苦戦です。

20110613_001 5月28日種まきした6種のレタスや野菜、種まきから2週間過ぎ移植することに、日照不足が春先と違い育ち方に少しばかり不安の苗です。

20110613_016

20110613_021

チマサンチュとチリメンチシャは着古したジーンズ布をスポンジ培地とブラコップの間に挟み込んだ。

20110613_027

20110613_028

雪白体菜は椰子ガラ繊維と椰子ガラチップの混合を使います。連結ポット6×6の連結ポットを使い、苗の倒れ防止にブラコップの底を抜き写真のようにした。

20110613_031

20110613_033

山東采プラコップに直に、大葉高菜はスポンジ培地の発芽が少なかったので一ブロックから2株を撮りだしたため、小さいスポンジになったので連結ポットを使うことにした。サラダ菜は発育悪くまだ保留のまま、不良苗かもしれない。気温のせいか、種を蒔いてもきれいに苗とならないのはなぜ ?

|

« ゴミ箱を使ったトマト水耕栽培 位置を定めました。 | トップページ | パッションフルーツとパパイヤ 水耕栽培 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴミ箱を使ったトマト水耕栽培 位置を定めました。 | トップページ | パッションフルーツとパパイヤ 水耕栽培 »