« ミナトベカナ一部撤収穫とします。 | トップページ | ベランダ栽培 土とお別れ 「いつでもレタス」考案 »

2011.05.24

果菜類の水耕栽培 

0524_002

朝からの冷たい雨、昼ごろになって薄日も見えたが10分ばかり、又日が隠れて小雨模様になった。写真は薄日が差した時と、又小雨が降ってきたときの写真です。出来るだけ日に当てようと果菜類を日の当たる場所に並べたところです。

20110524_016_2

20110524_018

 例年の通り今年もゴミ箱水耕栽培を原理は同じで百均のザルで栽培。左からトマト・ビーフステーキ、横浜トマト、小さなザルでカンパリトマトと市販の苗ミニトマトです。 右の写真は土を全て燃える土を使っての栽培実験市販のミニトマトとカンパリトマトです、成功すればマンション等の栽培で栽培が終わっての処理は乾燥して燃えるごみとして処理できることになる。現在は順調に成長続けている。ミニトマトの方は蕾も付きはじめてきた。

20110524_020

20110524_023

左の写真黄色ピーマンと右が赤ピーマンてパプリカと種類が違うとおもいます。トマトもそうだがいつも一番安い苗ばかり買ってくる『横着爺さん』です。

|

« ミナトベカナ一部撤収穫とします。 | トップページ | ベランダ栽培 土とお別れ 「いつでもレタス」考案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミナトベカナ一部撤収穫とします。 | トップページ | ベランダ栽培 土とお別れ 「いつでもレタス」考案 »