« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011.05.31

インゲンの水耕栽培 沢山の鞘が出来てます、

20110531_076

梅雨の晴れ間と言うのは早すぎるかもしれません、2日続きの大雨と強風、車庫の下に避難していた果菜類を日当たりのよい所に、日光浴です。

20110531_063_3

インゲン・セリーナ―がこの生い茂った葉の下ですごい数の鞘ができています。まだ小さくこのまま大きくなったら相当数のインゲンが採れそうです。各写真クリックで大きくなります。

P1020358

P1020361

写真には日付がありませんが今日の写真です、いつものデジカメはピンボケだらけ、デジカメを変えて採りました。 場所を変えて葉をどけても沢山の鞘が見えます。ハガキ2枚の大きさのザルでお茶パックとパーライト一握りずつの水耕栽培です。

| | コメント (0)

種まきから3日目 発芽始りました。

20110531_080_2

レタスの種3種類と野菜の種3種類、5月28日に種を蒔き3日目で発芽始りました。サラダ菜が遅れているようです。夏に向けてもう少し種を蒔かねばなりません。暑くなる前にある程度成長していないと夏の暑さで育たなくなります。明日は1日種をまければよいのですが、横着爺さん次第です。

20110531_094_2

こちらはインゲン、スポンジ培地の切り込みに挟んでみました。こんなこと初めてです。思いつきでやってみました。28日の種まきですから3日目で、ちょっとまずい事になるかもしれません。モロッコの種が水につかると大きくなるからこのスポンジでは窮屈かもしれません。何粒か浮き上がってきました。

| | コメント (0)

2011.05.29

北海道UHB 番組名U型テレビで「いつでもレタス」が明日放送です

北海道HBCで明日30日 番組名U型テレビ(ゆうがたテレビ)5時頃から6時の間 10分くらいの枠内で「いつでもレタス」の栽培が放送されます。北海道の方お楽しみに、是非ご覧になってください。

20110529_001

今日の軒下栽培の様子です。中央の白いネットの中は成長中のレタス類が入っています。

20110529_002 大きく育ちすぎたレタス類、栽培は百円ショップのザルとトレーが一対のもの、大きさは一個がハガキ2枚の面積しかありません。ザルが水耕栽培装置として、水耕栽培特有の成長で、グングン大きく育ちます。1万円から数10万円の水耕栽培装置よりもはるかに性能はうえです。なぜなら、電気を使わず単純で故障がありません。

20110529_020

トマトなど果菜類はザルを使って栽培します。これも高価な水耕栽培装置に劣ることなく沢山の実を収穫できます。

20080701_002

100円ショップのザルでも底部に沢山の穴を開ければ、トマト水耕栽培装置が出来上がり、プランター栽培や庭での栽培より何倍もトマトの実が採れます。この写真は2008年の物です。昨年はカンパリトマト、と横浜トマト大収穫でした。

200684

私が書いた本です、 いつでもレタス ! 横着爺さんの超かんたん水耕栽培 と長い題名です。本屋さんにない時はインターネット、セブンネットショップが便利です。

| | コメント (0)

夏に向けてのレタス・野菜の種まき

昨夕、スポンジ培地に6種の野菜とレタスの種を蒔いた。 夏用の野菜類は暑くなる前にある程度大きくしておかないと、暑さに負けて成長がおかしくなる。あまり場所もなく各種6ブロックずつ36株ができるはずであるが、発芽しないのもあるかもしれない。出来た分だけ育てることになります。

20110528_056_3

 大葉高菜と山東菜6ブロックずつ、1つの豆腐のタッパーに、各二粒ずつ蒔いた。

20110528_054_2

チリメンチシャとチマサンチュ、写真ではトイレットペーパーをかけたところ

20110528_058

トイレットペーパーをかけて種の乾燥防止と、早く発芽しやすいように・・・ 

サラダ菜と雪白体菜 はじめて知る野菜の名前Yukishirotainaとローマ字で袋に書き込んである。種の蒔きどきは6月~11月とあるが秋野菜のようです。7月をのりって8月に収穫か ?

| | コメント (0)

2011.05.28

「いつでもレタス」新しい栽培に挑戦中です

20110528_018 着るふるしたジーンズ、その布を使って水耕栽培にお役に立てないかと、実験中の様子です。マンション栽培の場合栽培が終わってプランターの土の処理に非常に困っている非常に多いようです。そのためベランダの栽培をあきらめた人も大勢です。「いつでもレタス」式栽培なら後処理が簡単にできます。現在進行中の物は再利用できるものと可燃物二つに分けられますから、非常にエコです。写真を見ても不思議な感じです。

20110528_020 上の写真と下の写真、どちらも葉がコップからはみだしました、此処まで成長すると倍速モードで成長します。写真上の列は水苔を使っています。ほとんど大差はないようですが、下の列ジーンズの方が成長が大きく感じます。

20110528_011 このッとの中は、水苔と椰子ガラ繊維、椰子ガラ繊維と椰子ガラチップの混合物です、種類によって成長が遅く草丈が小さい種類は成長が遅いです。

| | コメント (0)

2011.05.27

大葉高菜 収穫・撤収しました

20110527_006

4月1日にスポンジ培地に種を蒔き、4月17日に写真の栽培層に移植、今日栽培層から撤収・収穫しました。栽培層の面積がB5用紙と同じ、底に大型野菜を6株も栽培しようと普通では考えられない超密植です。各写真クリックで大きくなり、写真の日付がはっきり見えます。

20110527_042 新聞紙を広げたところに卸上からの写真、B5サイズからこれだけ広がって成長しました。

20110527_047 六株全部根元から切り落とし透明のザルにうつしました。今般の味噌汁の具として食べることにします。広い太陽がさんさんと降り注ぐ農地で作る高菜には及びませんが、軒下でこれだけ成長すれば大成功です。 いつでもレタス式栽培はいろいろな栽培方法があり、さらに栽培実験を重ねております。 

| | コメント (0)

大葉高菜の水耕栽培 種から今日まで

4月1日に大葉高菜の種スポンジ培地にセットした。

20110401_047

20110417_049

20110417_051_2

4月17日 スポンジ培地より5×5の連結ポットを利用移植、スポンジとポットの間にバーミキュライトと椰子ガラ繊維混合をつめスポンジも埋めた。

20110501_066

20110517_007

5月1日左と 5月17日右 移植後1カ月の写真、一カ月でこれだけ大きく成長する。

| | コメント (0)

家庭野菜工場 失敗と成功の繰り返し

20110526_005 室内の様子を載せるのもひさしぶりです。燃える資材を使っての栽培をいろいろとしており、窓際で進行中のものは苦戦を強いられています。実験開始後すぐに結果が出ませんので、このような写真になっております。ブログをご覧の方はほとんど上手くいった栽培を見ているわけで・・・ 失敗の様子の詳細は私の写真集に納まったままです。

20110526_008 これも失敗と成功の写真、下の栽培層 手前は正常に成長向こう側は成長がとまっております。こんなことを繰り返し、新しい発見が生まれます。 まだまだアイデアは浮かび資材を買ってきてもそのアイデアは忘れてしまい、買ってきた資材が部屋にゴロゴロと転がっています。 

| | コメント (0)

2011.05.26

インゲン(つるなし)セリーナ―に花が咲き、花から鞘が出てきました

20110526_056

4月1日にインゲン・セリナーの種を蒔き葉もこんもりとしげっています。写真クリックでおおきくなります。

20110526_059 葉の下は花がいっぱい咲いています、すでに花弁が落ちたのも見え花の中に鞘が入ってた事がわかります。

20110416_024 4月1日にお茶パックにパーライトを入れインゲンの種を二粒ずつ蒔いた、写真は種から15日の写真、ハガキ2枚の広さに12枚のお茶パックを使った。土がなくてもパーライトの発砲体でもインゲン栽培ができます。まだ遅くはありませんお試しください。

以前の記録がマイフォトにあります、

| | コメント (0)

まりちゃんのベランダ水耕栽培5月25日

まりちゃんのベランダ栽培も5月入ってからますます盛んになってきました。動画(スライドショー)でご覧ください。 見たい場面では画面をとめて 画面を大きくするとはっきり見えます。

| | コメント (0)

2011.05.25

ベランダ栽培 土とお別れ 「いつでもレタス」考案

20110426_049_2

20110426_063_2

現在進行中のレタス栽培は、マンションベランダでも気軽に野菜類を栽培刷るということです。 それにはプランターや土を持ち込むことなく、栽培し収穫し栽培後の土の処理が簡単にできることです。 それよりも土の処理がないほうがどれほど素晴らしいと事でしょう。 写真1枚目これを使って栽培してみます。 種以外は台所用品です。 これまで誰も写真の台所用品で野菜の栽培が出来ると思った人はいないでしょう。 写真2枚目は6種の種を蒔き、種袋とならべてみました。各写真クリックで大きくなります。 

20110514_006_2

チマサンチュのみこれまでと同じバーミキュライトの使用して栽培します。

20110516_006_2

20110516_003

他の5種類は壱枚目の写真の資材を使っています。プラスチックコップとスポンジ苗の間には、椰子ガラ繊維と椰子ガラチップの混合を使ったものと、水苔だけを使ったもの、水苔と椰子ガラの混合の物、左3層の写真です。右の2層は水苔をつめたものとジーンズ布をつめたものサニーレタスと山東菜3カップずつです、 みなさんジーンズ布を使った栽培にコメントがおおくよせられています。

20110525_040

20110525_039

そして、今日の写真、ジーンズを使った栽培も順調 ? のようです、各写真の日付を参考にしてご覧ください。

| | コメント (0)

2011.05.24

果菜類の水耕栽培 

0524_002

朝からの冷たい雨、昼ごろになって薄日も見えたが10分ばかり、又日が隠れて小雨模様になった。写真は薄日が差した時と、又小雨が降ってきたときの写真です。出来るだけ日に当てようと果菜類を日の当たる場所に並べたところです。

20110524_016_2

20110524_018

 例年の通り今年もゴミ箱水耕栽培を原理は同じで百均のザルで栽培。左からトマト・ビーフステーキ、横浜トマト、小さなザルでカンパリトマトと市販の苗ミニトマトです。 右の写真は土を全て燃える土を使っての栽培実験市販のミニトマトとカンパリトマトです、成功すればマンション等の栽培で栽培が終わっての処理は乾燥して燃えるごみとして処理できることになる。現在は順調に成長続けている。ミニトマトの方は蕾も付きはじめてきた。

20110524_020

20110524_023

左の写真黄色ピーマンと右が赤ピーマンてパプリカと種類が違うとおもいます。トマトもそうだがいつも一番安い苗ばかり買ってくる『横着爺さん』です。

| | コメント (0)

2011.05.23

ミナトベカナ一部撤収穫とします。

20110523_025

ミナトベカナを防虫ネットカプセルの中で育てた上の写真、虫一匹も見えない、葉も大きくなり育ちも良い、栽培法は先日のバーミキュライトやパーライトを使わない栽培です。移植の方法は4月15日の覚え書きとしてのせてあります。

20110523_019_2 こちらは連結ポットに入れただけの栽培、ネットはなく、暖かくなるにつれて虫に食われている。

20110523_022撤収収穫して食べることにした、老夫婦の2回分の味噌汁となるでしょう。

| | コメント (0)

2011.05.22

百円ショップのザルでジャガイモ作り

20110522_001

4月1日から始めたジャガイモ作り、百円ショップのザルを使っています。写真左2カゴは男爵いも、右2カゴはメークインです。今日イモがなっているか覗いてみました。写真クリックで大きくなります。

20110522_004

20110522_005

根元の用土の上をを静かにどかしてみました。ありました、左男爵、右メークインです。昔からジャガイモ百日と言われるようにまだ50日しかたっていません、後50日待つことに、昨年はもっと短と思いました。 昨年は6月の29日ごろの収穫と思います。昨年の記録をご覧ください。栽培方法も分かります。

| | コメント (0)

世界で最も小さいインゲン畑 ? ?

20110522_007栽培面積ハガキ2枚(A5)の面積で育つインゲンです。種が古く心配しましたが覆い茂った葉の下は

20110522_011

蕾がいっぱい、花が咲いたのも見え、根の部分お茶パックに一握りのパーライトでそだてています。各写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2011.05.21

マンション用 レタス栽培実験ジーンズ布使用進行中

今月15日の記事でGパンやジーンズシャツの布を 水耕栽培に使ってみます と1部ジーンズ布を使った写真をのせました。成長が気になりますがまだ1週間もたっていません、今日写真を撮って比べてみました。

Img_1127

Img_1128_2

Img_1129

写真クリックでおおきくなります。比べてみても今のところ水苔と同じように育っています。これで成長すれば土とお別れ、液肥とスポンジ培地があればマンションのベランダ室内で清潔に野菜の栽培ができることになります。又、入手が難しい水苔等も必要なくなります。

| | コメント (0)

マンション用水耕栽培

昨年の夏よりマンションでも気楽に野菜栽培ができるよう、実験を重ねてきました。誰でも土を室内・ベランダに持ち込むことなく、台所用品で素晴らしい発育をすることが分かりました。ヒントは台所にありました。スライドショーでご覧ください。 残念ながら、移植時の写真を撮り忘れており、最後の撤収でその方法が分かると思います。 画面が切れる方はYoutube からご覧ください。 http://www.youtube.com/watch?v=lFnBBShZzWI&feature=player_profilepage

| | コメント (0)

2011.05.20

まりちゃんのベランダ水耕栽培 5.19

まりちゃんのベランダ栽培も春まっ盛り 成長が早くなっています。

スライドショー 見たいところは画像をとめてゆっくりご覧ください。

| | コメント (0)

トマト水耕栽培 燃える土を使って実験してみます。

Img_1053 マンションのプランターによる家庭菜園、楽しんだ後に土の処理に悩んでいる人が大勢おります。その人たちのために実験してみます。土の代わりは全て植物の繊維です。それ自体にはほとんど植物成長に必要な栄養素は含まれていません。これまでの水耕栽培と同じようにハイポニカ肥料500倍希釈液を使うことになります。

これが成功しますとマンションでもトマトやピーマン、ナス、キュウリ等々なんでも栽培できます。

Img_1050

Img_1045

左カンパリトマト 右ミニトマト です。

移植前のカンパリトマト苗と 市販の苗ミニトマトです。水耕栽培で育てる場合、安い苗でも十分に育ちます、又わざわざ高い接木の苗は必要ありません。

| | コメント (0)

2011.05.19

ザルで大型野菜を水耕栽培 実験してます

20110519_035_2 私の「いつでもレタス」式栽培はザルを使う、コップの下は1センチにも満たない、ザルと液肥層の隙間は5ミリにも満たない。 そんな所で大型野菜ができないかと、時折実験をしております。写真は4月1日に蒔いた大葉高菜、どれだけ大きくなったかこの写真では比較になるものがなく良く分からない、防虫対策は何もしていないのでだいぶ虫にやられている。

20110519_038 葉の根元から29センチ、他に4月1日に蒔いたミナトベカナは

20110519_025

20センチくらい、左のミナトベカナは防虫ネットカプセルの中で守られて虫一匹もいないで淡い黄緑の色がきれいです。右はチマサンチュです。 

| | コメント (0)

2011.05.18

いつでもレタス 今日の作業

20110518_076

今日は市販の夏野菜、ナス千両2号2株、水ナス2株 カラーピーマン黄と赤各1株の水耕栽培への移植作業 使用する鉢やザルは昨年や一昨年使用したものばかり、もうだいぶ劣化したのも有ります。

20110518_042_5 カラーピーマン黄・赤と水耕栽培のために使う資材、これで水耕栽培する。用土はバーミキュライトと椰子ガラ繊維半々拡販したもの、肥料はハイポニカ500倍希釈のみです。

20110518_061_2

ナスの移植の様子、ザルの下に5センチほどバーミキュライトと椰子ガラ繊維を入れ少し押し固めポットから苗を抜き出中央に置きまわりに用土を入れる。液肥は必ず底面から吸水、上から水をかけると用土が沈み硬くなり、空気の吸い込みが少なくなる。

20110518_074

| | コメント (0)

2011.05.17

マンションの為の水耕栽培 

20110517_022

20110517_023_2

「いつでもレタス」又、新しい栽培方法をさがしました。原理はこれまでと同じです。いつもの実験をしました。ほとんどみな育ちました、中には青カビが生えたのも、白カビはあまり気にしませんが今回のこの写真の方法が一番良く、後はコップの中に詰めるものを探しています。上の写真2枚は同じ写真、上下を変えただけです。この方法、台所や居間で工作する間隔で移植作業しました。ブルーがジーンズの布、茶色は水苔です。

20110517_025

20110517_026

これも同じで上下を変えて撮りました。移植したのは二日前、もう根がなじんだのがしおれることなくすこしばかり大きくなってるようです。

主だった資材は5月9日に載っています。

各写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

インゲン セリーナ― だいぶ大きくなりました。

20110517_033_2 4月1日にお茶パックに一握りのパーライト、種を2粒ずつ蒔いた、それから1カ月半て此処まで育ちました。種が古く成長が遅く感じましたが、

20110517_034_2

生い茂った葉の下には沢山の蕾が付いてきました。種を蒔いたときは、

20110401_028 往復はがきを広げた大きさしかない小さなザル12袋のお茶パック、これにハイポニカ肥料を加えれば、上手い・下手の区別なく間違いなく育ちます。下の写真は4月16日白いパーライトで育つインゲンが不思議です。

20110416_024

| | コメント (0)

2011.05.16

マンションのための水耕栽培 終わって可燃物として処理出来ます

20110516_016

今日の軒下棚栽培の様子です。ここのところ栽培層良くを移動します。昨日も5層を撤収(他に移動)し、昨日移植した5層は上の防虫ネットに入りました。

20110515_0304月26日にダイソーの種6種を蒔き、一層は13日の新聞社の冊子様に移植の様子を写真に撮る為に移植、昨日残りの5種を移植しました。 昨日の分は全てバーミキュライトやパーライトを使うことなく、栽培後に捨てる(処理分)全て燃えるものに置き換えて移植しました。

20110516_006

20110516_003

今回4月26日に蒔いた種はダイソーの種ばかり、種としてあまり良くない種のようです。発芽後成長があまり良くなく徒長気味にそだっています。最近のダイソーの種薬処理が強く感じます。気温も適ごろなので良く育ってほしいばかりです。

20110516_005_2

20110516_011

20110516_012

Img_0809

山東采とサラダ菜は水苔とジーンズ布 ガーデンレタスミックスとレタスは水苔と椰子ガラ繊維の混合物 どの苗もなぜかなよなよしい 

| | コメント (0)

2011.05.15

Gパンやジーンズシャツの布を 水耕栽培に使ってみます

20110515_064_2 着る古したジーンズの布を使って水耕栽培に使ってみます。布を短冊に切り使います。

20110515_067 布を液肥で濡らし短冊型に切った布を箸でつまみコップとスポンジの隙間に詰めます。バーミキュライトやパーライトを使いませんので居間や台所でも作業ができます。

20110515_076

コップの中はこんな風になります、上の写真と葉の種類が違います。

20110515_071_2

こんな感じになります。左側は水苔 右がジーンズ布、栽培後は資材は再利用と燃えるゴミとに分けられる。 マンションでも栽培後の土の処理がなくなりました。

| | コメント (0)

ゴミ箱水耕栽培 今年も始りました

20110515_094_3

毎年大絶好調のトマトのゴミ箱水耕栽培 今年も始りました、すでに大勢の方がこの栽培方法で多量のトマトを収穫しています。成長が早く一房に沢山のトマトの実がつきます。これまでの記事を参考に栽培してください。

13日の記事は新聞社のために移植し、移植方法を写真に収めてもらいました。記事として確定しましたら、お知らせします。

これまでの記事はマイフォトにあります。

← のマイフォトにトマトの栽培記録をクリックしてご覧ください。

| | コメント (0)

2011.05.13

大手新聞社が発刊する冊子の取材が入りました

今日は、大手新聞社で月一回発刊して読者に配布される冊子の取材が入りました。7月号で6月15日発刊の冊子です。その号の特集記事として6ページ~8ページで扱われるそうです。主にレタスの栽培、トマトの水耕栽培、ジャガイモの水耕栽培、お茶パックでの栽培と取材していきました。 東日本大震災そして福島原発事故による放射能で食の問題が重要になってきました、放射能被害は東京を超えて神奈川県足柄茶まで広がっています。自分で食べるものを自分で栽培する、それも土を使わない方法が注目されています。百円ショップの資材できる水耕栽培に大注目です。6月15日をお楽しみください。

取材に使われた栽培を2点ばかり紹介します。

20110513_033_2

市販のミニトマト 一番安価のミニトマト苗です。小学校で配布される苗と同じとおもいます。百円ショップの小さなザル内径16センチ、高さ13センチの本当に小さなザルに移植しました。これまでゴミ箱水耕栽培でこのブログで毎年掲載されいつも好成績をあげています。詳しいことは 大手新聞社で発刊される冊子の発刊をお待ちください。 ブログをご覧の方はマイフォトのゴミ箱水耕栽培をご覧ください。 連続写真で記録を見ることができます。

20110513_038_2

誰でも簡単にジャガイモが作れる画期的な栽培です。スパーや八百屋さんで売っているジャガイモ 種イモでも同じです。買ってきたジャガイモをしばらくほっておくと芽が出てきます。芽の出た勢いのいいジャガイモがあったら簡単にジャガイモが作れます。

時々このブログでジャガイモが掲載されますが、この栽培方法を くらしの百科 で紹介されます。東北地方は梅雨入りのころちょうど気候が合います。ザルの中でジャガイモが出来ることに注目です。 まだ誰も知らない栽培方法です。菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です、ジャガイモの水耕栽培です。

| | コメント (0)

2011.05.12

レタス栽培棚整理しました

20110512_011 棚にぎゅうぎゅう詰めだったレタス類を風通しよく模様替えしました。一段に5層も並んだ棚で少々レタス類を痛めたようです。新しい栽培方法を探すため倍の倍のさいばいをしていました。20110512_037 室内にも外から2層いどうしてきました。移植するレタス類が6層分あり、移植後どこに置くか問題です。

| | コメント (0)

2011.05.11

水耕栽培のジャガイモに花がさきました

Img_0586

4月に入ってから始めたジャガイモの水耕栽培、写真左側2篭は男爵いも、右側2篭はメークインです。1か月ちょっとでこんなに成長し葉も大きく広げています。

Img_0588_2

メークインに花が咲き始めました。花が咲くということは根元にジャガイモができ始めているのかもしれません。

Img_0590_2 花は東を向いており、日が当たると太陽に向くのでしょうが、今日は朝から大雨です、小ぶりになったときにしゃしんをとりました。

20110407_007

4月7日の写真ではメークインは芽を出したのがはっきりわからないくらいだった。ジャガイモはなんでこんなに早く成長するのでしょうか。写真クリックで大きくなります。

昨年のジャガイモ栽培実験は→

ジャガイモ水耕栽培 をご覧ください。

| | コメント (0)

2011.05.10

4月1日に蒔いた種は 

Img_0559

5月10日軒下野菜工場全体の写真です。4月1日に蒔いた野菜がだいぶ成長しました。

Img_0579

Img_0578

チマサンチュ左側とミナトベカナです。ミナトベカナは土の代わりに台所用品を使っての栽培です。

Img_0568_2

Img_0570

インゲンとトマト各種(3種)です、トマトはスタート種まきが少し遅かったようです。どちらも順調です。

Img_0569他に4月1日に蒔いた種はパパイヤとパッションフルーツですがパパイヤは全く音沙汰なし、パッションフルーツは二つ双葉になりました。

| | コメント (0)

2011.05.09

世界で一番不思議な野菜栽培

20110426_049 今日は不思議なタイトルです この写真の資材でで野菜栽培をすることにします。どれも百円ショップの台所用品でそろうものばかりです。でもこれだけでは成長に必要な養分がないので肥料を加えます。

P1020084

この写真 私がショップでお分けしているハイポニカ液肥とスポンジ培地1枚150株分、私の著書「:いつでもレタス !」  3点キットです、水耕栽培の説明書とブラコップが付いています。上の写真と下の写真があればいろいろな野菜栽培に挑戦でき野菜が清潔につくれます。また土づくりや肥料の選定はなくなります。大きな野菜用の土やたい肥など必要がなくなります。

Img_0547 4月26日にダイソーの種6種をスポンジ培地の上に蒔きました。間もなく2週間、近日中に移植します。上の写真を使って栽培進行しますのでご注目してください。誰も知らない栽培方法です。世界で初めての栽培を皆さんと一緒に進めていきたいと思います。種まきから続いてきてください。 

| | コメント (0)

2011.05.08

マンション栽培実験中

20110507_037_2

20110507_039_3

Img_0510 5月1日の記事の続きです。 栽培後の処理は再利用や燃えるゴミとして使えるのばかり、そんな栽培実験をしております。すでに成功しておりますがさらに使える資材はないかと模索中です。写真を見る限り使えそうな資材がわかってきました。 市販されているミニ栽培キットはほとんどが土を利用しています。 液肥とスポンジ培地を確保しておけば野菜は土を使うことなく栽培できるのが分かってきました。

| | コメント (0)

2011.05.07

無農薬栽培は物理的に

Img_0475

「いつでもレタス」栽培の私に農薬はありません、そのためできるだけ防虫ネットカプセルの中で育てます。すっかり暖かくなり日中は蝶々が飛んできます。虫にかなわないことも多々あります。今日は四つの白いネットの中を覗いてみます。

Img_0483

Img_0486 上の段二つのネットの中左はチマサンチュとミナトベカナです、右はチリメンチシャ三種の新しい実験栽培です。順調にせいちょうしています。

Img_0492

Img_0494 中間の棚はもう天井に葉が届いているレタスも有ります。そろそろネットから出さなければなりません、もう少しネットの中でねばります。

| | コメント (0)

2011.05.06

マンションベランダで水耕栽培 まりちゃん5月5日

神奈川県川崎市に住むまりちゃんです。マンションで「いつでもレタス」式 水耕栽培をしています。野菜栽培が得意になりました。マンションに住んでいる方は必見です現在のベランダ菜園の様子をご覧ください  映像を大きくしてご覧ください 

| | コメント (0)

2011.05.05

ザルで栽培のジャガイモ育ちが良好です

20110505_005

4月に入ってからジャガイモの栽培、去年はGパンで栽培、今年は100円ショップのザルを使っています。成長が早く一カ月でここまで育ちました、レタスならまだ10センチくらいかな ? こちらは男爵いも、蕾もついています。

20110505_006 こちらはメークインちょっと細長い形のイモです。葉の色合いも非常にきれいです。100均のザルでジャガイモが栽培できればどこでも栽培可能ですね !  これからでも遅くありません、芽の出たジャガイモが台所にありませんか、試してみる必要があります。

| | コメント (0)

2011.05.04

レタス栽培の移り変わり

20110426_055_2

20110504_020_3

20110504_022

20110504_023

20110504_024

20110504_025

写真1枚目4月26日にチマサンチュ、サニーレタスの種を蒔きました。 2枚目種まきから1週間経ちました、種から2週間目途にブラコップに入れて栽培層に移されます。3枚目ブラコップとに入り栽培層に移されたレタスです、防虫ネットに入り虫から守られます。 4枚目ブラコップに守られてきれいに上に向けて成長します、写真では違う種類の野菜が入っています。 5枚目だいぶ大きくなりましたが葉がネットの上に当たるようになると外にだされます、まだ虫に守られてきれいに育っています。6枚目直接太陽の光を受けて緑がこくなります、虫との戦いが始っています。外の大きい葉から掻きとってレタスとして食しています、取っても取っても中心から葉がどんどん生まれてきます。どの写真も次に向かって進行中です。もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て

| | コメント (0)

収穫しても収穫しても減りません

20110503_007_2 今日の軒下ベランダ栽培の様子、棚の下に此処から収穫したレタスがザル写っています。

20110503_010_2 収穫したばかりのレタスです、六種類以上あり70枚くらい収穫しました、平面的に写っているので沢山には見えません。上の写真のどこから収穫したか分かりません、収穫しても収穫してもレタスの量はなかなか減りません。

| | コメント (0)

2011.05.03

我が家にリスの出没

我が家に出没するリスを追いかけ写真と動画に収めました。

| | コメント (0)

2011.05.02

室内栽培 覚え書き

20110502_021

今日の室内窓際の様子です すっかり見通しが良くなりました

20110501_054 昨日の写真です 上の段レタス全部撤収して次の栽培実験に備えます 私の記録は全て写真のみです 覚え書きのための記事です

| | コメント (0)

2011.05.01

ベランダレタス栽培 育ちすぎです

20110501_060_2

マンションで栽培するための実験栽培で いつもより倍の数を栽培をしています。 同じ種をバーミキュラストとその代用の物と比べるためです。この写真を見る限りほとんど変わりなく成長しております。昨年から春にかけてはだいぶまず思った通りいかずでしたが、レタスや葉野菜などはこれでいけると思います。これまでも何気なく記事にしていますが はっきりとした説明はもう少しお待ちください。 まずはスポンジ培地に種を蒔くことから始まるのは同じです。

「いつでもレタス ショップ」で扱い中のハイポニカ肥料A液とB液各1リットル、スポンジ培地150株書籍 : いつでもレタス ! 三点セットの写真です。   レタスの栽培方法の取り扱い説明書と見本のブラコップが同梱されます。 誰もが体験したことのない栽培で、これまでの菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。

テレビにも出演 

ヤジウマテレビ http://www.youtube.com/watch?v=y3FlbXRZjcg&feature=player_embedded 

エコ番組 http://www.youtube.com/watch?v=ZpEWEOwcns0&feature=related 

他にNHKに3番組出演 フジテレビも安藤優子の夕方の番組 テレビ朝日は4番組に出演しています。

| | コメント (0)

マンションで栽培するための実験 成功していますがさらに続いています

20110501_010_2 4月16日に実験用の種を六株ずつ蒔いておいた いつものスポンジ培地、そのスポンジを2等分にして高さを半分にして使って見ること、そして8枚重ねのガーゼ雑巾を25ミリ角位に切り二つ重ねて種を蒔く方法、(緑の連結ポット) 種から2週間移植することにしました。

20110501_037_3

これからはレタス栽培と葉野菜の場合はできるだけバーミキュライトやパーライトを使わず栽培します。栽培後のゴミ処理が楽になるため、また全て室内での作業ができるためです。4月26日の記事の通り、ほとんど台所用品を使うことに目標にします。今回は水苔を使いますが栽培後に燃えるゴミとして処理できるので良しとします。 こんな風になりました。写真クリックで大きくなります。

20110501_050 20110501_049_4 スポンジ培地2等分の苗が二ブロックあまりました、1カップずつ独立した栽培層と考え、栽培します、とりあえずコップ2個1組で使います。この場合写真の豆腐のタッパーには液費は入りません。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »