« 高菜の水耕栽培 室内でも大きく育ちます | トップページ | 100円ショップのザルでジャガイモを作ろう »

2011.04.20

レタス水耕栽培 とんでもないないものを使った結果

2月19日にレタス7種類の種をスポンジ培地に12ブロックずつ蒔き、3月5日に移植6種類の苗をいしょくしました。6ブロックをこれまでバーミキュライト残りの6ブロックをとんでもないものをトレーに敷き、コップとスポンジ培地の間に水苔を細かく刻み椰子ガラチップと混ぜいれました。下の写真は移植日3月5日の写真です。

20110305_016_2 写真を見ると上の列に青いものが詰めています、サニーレタスとチリメンチシャです。コップとコップの間には椰子ガラチップが敷き詰めました、コップの下はとんでもないものが敷いてあります。そして3月26日の写真です。

20110326_005_2

上の列がこれまでのバーミキュライトを使ったこれまでの栽培 下の列が上の写真 水苔と椰子ガラチップを使った栽培、この時点では下の列がほとんど上の列より成長しています。なんと素晴らしいことか !  今日、各々並べて写真に撮りました。

20110420_048

半結球ミニレタス、右が水苔と椰子ガラチップを使った栽培、大きさがだいぶ違っています。

20110420_049

結球レタスグレードトーク 結球レタスはこの栽培で結球するには無理と分かっている、でも結球しなくてもおいしい葉ができる。

20110420_050_2

チリメンチシャ 右が水苔椰子ガラチップを使った栽培、右も左も同じ成長に見えます。

20110420_054

サニーレタス 右が水苔椰子ガラチップを使った栽培、右が少しばかり育ちが遅い感じです。

20110420_055

赤チマサンチュ 右が水苔椰子ガラチップを使った栽培、右が少しばかり育ちが遅い感じです。

20110420_056

チマサンチュ 右が水苔椰子ガラチップを使った栽培、右が少しばかり育ちが遅い感じです。 これらを見るとやはりバーミキュライトを使った方が良いようですが、プランターを使って土栽培よりもはるかに成長が早く 密植できるためこの栽培でも十分栽培できることが分かります。 先ずはスポンジ培地にレタスの種を蒔きましょう。

|

« 高菜の水耕栽培 室内でも大きく育ちます | トップページ | 100円ショップのザルでジャガイモを作ろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高菜の水耕栽培 室内でも大きく育ちます | トップページ | 100円ショップのザルでジャガイモを作ろう »