« ベランダ水耕栽培工場 レタス作り | トップページ | 窓際水耕栽培が窓いっぱいに »

2010.11.26

冬季の野菜水耕栽培方法 保温装置でバッチシそだちます

Img_0432  これから気温の低下とともにレタス栽培は難しくなります。この栽培は寒い時でも栽培できる方法です。 この簡易ビニールハウス高さ110センチ棚が四段あります。一番下にクリーム色のバンジュウ(箱)が二つ重なっています、下の箱には28度の水があり上の空箱から暖められた空気が上昇、夜間このビニールハウス内は外気温度より3度~7度温かい。

Img_0430

Img_0431他のビニールハウスの一番下の段にも水槽があります、28度に水温が設定された観賞魚用ヒーターが入っています。 夜間、温かい空気が逃げないように前面のファスナーを閉じれば、外気温度より温かい空間ができます、その温かい空間で真冬でもレタスなど葉物野菜が育ちます。写真クリックで大きくなります。三枚目の写真水温計が28度を示している。 寒さによりヒーター付近だけ温かくなる場合があります。エアーレーションで掻きまわようにすれば一様に温度が保てます。

|

« ベランダ水耕栽培工場 レタス作り | トップページ | 窓際水耕栽培が窓いっぱいに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベランダ水耕栽培工場 レタス作り | トップページ | 窓際水耕栽培が窓いっぱいに »