« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010.11.30

ベランダで野菜工場 11.30

Img_0533_4

Img_0521_3

Img_0524_3

Img_0522_2

Img_0525_2

今日の軒下ベランダ栽培の様子です。

Img_0523

Img_0526

三つの防虫ネットカプセルが棚の上段にあります。10月13日に種まきの六種のレタス類です。後二週間くらいでネットから出られるでしょうか?

| | コメント (0)

2010.11.29

Img_0487_3

Img_0495_4

Img_0496_3 昨日28日は北陸地方石川県のテレビ局が我が家に収録に来ました。10時から14時の時間びっしりと時間をかけ、在京テレビ局と同じように丁寧にコマドリで収録していきました。12月中旬に放映されるそうです。残念ながら我が家では見られません。昨日は立派に成長した頃できれいな映像が撮れたと思います。

| | コメント (0)

窓際水耕栽培が窓いっぱいに

Img_0473窓際で水耕栽培のレタスや野菜で窓一面が葉でいっぱいになりました。 上の段左、聖護院大根右が高菜、下の段左からアカチマ、ガーデンレタスミックス、チマサンチュ柱の右にアイスプラントです。

| | コメント (0)

2010.11.26

冬季の野菜水耕栽培方法 保温装置でバッチシそだちます

Img_0432  これから気温の低下とともにレタス栽培は難しくなります。この栽培は寒い時でも栽培できる方法です。 この簡易ビニールハウス高さ110センチ棚が四段あります。一番下にクリーム色のバンジュウ(箱)が二つ重なっています、下の箱には28度の水があり上の空箱から暖められた空気が上昇、夜間このビニールハウス内は外気温度より3度~7度温かい。

Img_0430

Img_0431他のビニールハウスの一番下の段にも水槽があります、28度に水温が設定された観賞魚用ヒーターが入っています。 夜間、温かい空気が逃げないように前面のファスナーを閉じれば、外気温度より温かい空間ができます、その温かい空間で真冬でもレタスなど葉物野菜が育ちます。写真クリックで大きくなります。三枚目の写真水温計が28度を示している。 寒さによりヒーター付近だけ温かくなる場合があります。エアーレーションで掻きまわようにすれば一様に温度が保てます。

| | コメント (0)

2010.11.24

ベランダ水耕栽培工場 レタス作り

Img_0293

今日は放射冷却でだいぶ気温が下がりました。簡易ビニールハウスは内側が結露で真っ白になっていました。九時半でようやく太陽が当たってきました。

Img_0312

三つの簡易ビニールハウスが並んでいますが、真中の棚はレタスが栽培されています。白いネットは防虫ネットカプセルです。この中に発達途中のレタスが育てられています。

Img_0318ネットの中をのぞいてみましょう。リバーグリーンとガーデンレタスミックスが成長中です。ここまで葉が大きくなると成長が早く進みます。

Img_0317

チマサンチュとチリメンチシャです。

Img_0319

サニーレタスとマノア(げんこつ大半結球レタス)です。次から次とレタスができてきます。これからの季節、レタスは夏より作りやすい季節です。色あでやかな色が出てきます。

チマサンチュのような葉レタスの栽培は レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html ご覧ください。

私の栽培方法はこれまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、その方がお得です。 レタス水耕栽培の詳しい説明書とブラコップ加工見本が付いています。

| | コメント (0)

2010.11.22

レタス水耕栽培、いろいろのレタスが育ちます。

Img_0250_5

Img_0248_5

Img_0247_2

Img_0246_2

昨日、防虫ネットカプセルから出したレタス四種塁です。9月22日に種まきのものです。軒下の棚でネットに守られて虫の害もなく育ちました。

| | コメント (0)

軒下野菜水耕栽培 野菜四種です。

Img_0239

Img_0238

Img_0240

Img_0241

昨日まで、防虫ネットカプセルの中で育っていた四種の野菜です。聖護院大根、高菜、水菜、春菊の四種類です。ネットの中にいたにもかかわらず、高菜にアブラムシがついていました。どこから侵入したのかわかりません、さほどの影響はなさそうです。他の三種は虫の害はありません。各写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2010.11.21

家庭野菜工場 防虫ネットから出しました

Img_0153

Img_0220

今日、9月に蒔いたレタスや野菜類を防虫ネットから出しました。ネットが小さくもうネットの天井に届いています、これ以上ネットの中ではきゅうくつです、成長に差しさわりが出ます。10月に蒔いた分はまだネットの中です、三つ六層あります。下の写真 簡易ビニールハウスが久しぶりでにぎやかになりました。左が野菜類、右がレタス類です。各写真クリックで大きくなります。 防虫ネットカプセルの中は葉がコップからはみ出しこれから成長が速くなります。上の写真今朝の写真、下の写真がネットから出した写真、野菜左の棚とレタス右の棚に分けてみました。

Img_0211

Img_0213

Img_0210_2

| | コメント (0)

レタス水耕栽培進行中 種から5日目です

Img_022116日に蒔いた種も5日目になると双葉がはっきりとしてきました。左チマサンチュ、右がチリメンチシャです。

| | コメント (0)

2010.11.19

窓際野菜工場 11月19日 レタスがこんなに大きく・・・・

Img_0082

Img_0108_2

窓際の三種類のレタスがこんなに大きくなりました。外はすっかり冬の様子、ガラス越しに入る太陽や空の光りで大きくなったようです。わずかな日照ですがハイボニカ肥料に助けてもらっていると思います。窓際右に見うるアイスプラントも倍速モードの成長となってきました、日に日に成長が確認できます。

私の栽培方法はこれまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、その方がお得です。 レタス水耕栽培の詳しい説明書とブラコップ加工見本が付いています。

| | コメント (0)

テレビ局放送用のレタス種が発芽しました。

Img_0104

11月16日 地方のテレビ局が取材を兼ねて収録の打ち合わせに我が家に来ました。その収録に使うレタスの苗を作るためにその日に種をまきました。市販のスポンジたわしを加工して培地を作り、その培地に種を・・・・ 今日で三日目発芽が確実に確認できるようになりました。これだけ発芽していれば枯らさなければ十分の量と収録までに苗となっているでしょう。

| | コメント (0)

2010.11.17

家庭野菜工場 寒くなり、外の栽培に保温装置をつけました

Img_0041 秋の日差しもほんの僅かしかなかったようです、すっかり冬の気候となってしまいました。12月1日より保温装置を稼動するつもりでしたが、10度を割る日が続くようで一昨日より保温装置を入れました。今日は朝から雨模様、レタス等はビニールハウスにはいったままです。写真各ハウスの下に黄色とクリーム色の箱があり28度のお湯(水かも)があり外気温度より数度暖かくなります。内側には結露が発生して、温度差があるのがわかります。

Img_0033

窓際も一時緑が少なく寂しい様子でしたが、徒長に育ったレタスもここに来て大きな葉となりました。苗の時に徒長だったため腰が弱くしなだれていましたが、ビニールケースを加工して支柱の役をして格好をつけています。

Img_0045_2

Img_0009

左が窓際のアカチマ、右は外のアカチマです。同じ苗ですが日照が違うと色合いがだいぶ違います。窓際のアカチマをハガキの大きさと比べてみました。室内でも十分大きくなるのがおわかりと思います。各写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

アイスプラント株間を開けました

Img_0052

Img_0053

Img_0055 アイスプラント、発育が非常に遅く感じていたが急に成長が早まりました。ハガキ2枚の面積に8株でしたが、葉と葉が重なり超密植状態になっています。今日一つの栽培層から二つの栽培層に、まだ大きくなったらさらに株間隔を大きくしたいと思います。初めて目にする植物なので食べずにこのまま見守りたいと思います。根が非常に弱く、ヨーグルトの容器を持ち上げると根本からぐらぐらと抜けそうな感じです。補強の意味で根本にスポンジを詰めて見ました。

| | コメント (0)

2010.11.16

某テレビ局収録のためレタスの種を蒔きました。

Img_0032 ある地方のテレビ局からオファーがあり、今日、我が家に下調べ取材にに参りました。わざわざ私の栽培方法収録するための打ち合わせの為です。在京のテレビ局と違い時間的に本当に遠方からの取材です。朝7時前に自宅を出て、何回も何回も乗り換えて三浦半島の我が家まで訪ねて参りました。 在京テレビでは放送されませんが、全面的に協力することになりました。12月中旬のオンエアーを予定していることのこと、収録は約2週間後くらい、その為にスポンジ培地にレタスの種を蒔きました。今回は最初から100円ショップのタワシを使うことにしました。うまく発芽して苗になることを願うだけです。

| | コメント (0)

2010.11.15

窓際水耕栽培、徒長気味の苗も格好つけました

Img_0004 9月22日に蒔いたレタスの種、猛暑日の連続でまともな苗とは言えなく徒長になりました。10月初めに栽培層に移植、何とか格好が付いたようです。上の段は聖護院大根と大葉高菜です。部屋の中でどのくらい大きくなるか実験しています。

Img_0006_2

P1020116_2 写真クリックで大きくなります。右の写真アイスプラントです、ここ二日で急に大きくなりました。

| | コメント (0)

2010.11.12

家庭野菜工場 無農薬栽培

Img_1541_2

我が家の家庭菜園野菜工場です。簡易ビニールハウスは近所のホームセンターで一組3980円4段ありますが一番下は資材置き場と水槽になります。この水槽強い風で飛ばされないように重りの役目、又厳冬期の保温用のお湯が入り、氷点下でも数度ハウスの中の温度を上げることが出来ます。白いネットが見えますが、防虫ネットカプセル(ネーミング登録済み)です。このネットで無農薬で栽培することが出来ます。防虫ネットは100円ショップの洗濯用品売り場にあります。「超大型洗濯ネット」の商品名があります、防虫ネットで使うために「ランドリーバック」と組み合わせて使うとカプセル上になり使いやすくなります。(コメント欄にお問い合わせがありましたのでここでお答えします。)

白い防虫ネットの中は好天が続き好調に成長しています。春から初夏に向かっての成長と比べるとだいぶゆっくりとした成長です。

Img_1537

Img_1517 9月22日蒔いたガーデンレタスミックスとチマサンチュ左の写真 はネットの中で虫の害もなくきれいに育っています。隣は10月13日に蒔いたサニーレタスとマノアです。徒長することなくしっかりと成長しています。コップの縁から葉が出たのも見えます。

Img_1519

Img_1529 同じ日に蒔いたチリメンチシャ、チマサンチュ、リバーグリン、ガーデンレタスミックスです。どれもしっかりと成長しています。白いネットの中でファスナーを開けないと中の様子がわからないのが残念です。

| | コメント (0)

2010.11.11

市販のレタス苗も水耕栽培すれば失敗は少ないです。

Img_1496

いつも緑のレタスや野菜の写真ばかりです。今日は赤い色のレタスもアップしてみました。今年は異常な猛暑が連日続きレタス類は打撃を受けました。我が家のレタスも食するのが少なく、急遽市販の土付きの苗を買って来ました。9月中旬頃です。買ってきてから1ヶ月も経たないうちに玉レタスを食することができ、我が家のチマサンチュと交互に食しております。根本から掻ききって収穫してますので獲った後がわかります。赤いレタスはレッドリーフレタスで色合いに混ぜています。どちらも6株以上ありますので、二人で十分な量があります。

Img_8420

Img_0120

下の写真は市販の土付き苗を水耕栽培用に移植する様子です。写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2010.11.10

大根と高菜を窓際で栽培実験中

Img_1443 猛暑が続き10月に入っても夏日が続きました。9月に蒔いたレタスや野菜も徒長気味からようやく形が良くなってきました、今日の窓際の様子です。賑やかになってきました。下の段レタス三種 チマサンチュ、ガーデンレタスミックス、アカチマです。上段は聖護院大根と、大葉高菜です、どちらも大型野菜で室内で初めての挑戦です。大根が出来ればいいのですが・・・・

私の栽培方法はこれまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、その方がお得です。 レタス水耕栽培の詳しい説明書とブラコップ加工見本が付いています。

| | コメント (0)

アイスプラント 水耕栽培

Img_1435_2

Img_1436

Img_1437Img_1438  アイスプラント、なじみのない名前で、どうもレタスの種類に入るらしい。栽培方法も知らない外国のレタスらしい。食べると塩の味がするという。真偽のほどはまだ知らず、とにかくゆっくりと成長していたが、ここ数日秋の日差しが良く急に育ちが良くなった感じがする。いつ頃が食べ頃か全くわからない。横着爺さん文献成るもの読むのもおっくうでならない、こんな育て方で成長したが、もっと丁寧な栽培方法があるかもしれない。とにかく『いつでもレタス』式栽培方法は何でも育ってしまう。面倒な土作りもなく、1種類のハイポニカ肥料だけで何でも育つ不思議な栽培方法である。写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2010.11.08

家庭野菜工場 日記11月8日

Img_1414

Img_1415Img_1416 窓際でちょっと大型の野菜栽培実験です。二段の棚 上段に聖護院大根と高菜の栽培です。この場所の日照は9時~お昼までです。どこまで成長するか楽しみです。どちらもお茶パックにバーミキュライトをいれ種を蒔きました。コップは倒れ防止に大きいブラコップを使っています。大根の方は栽培層に豆腐のタッパーを使っています。写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2010.11.07

軒下ベランダ水耕栽培実験中のレタス類です。

Img_1378_2

前回の記事の続きです。前回は野菜類でしたが今回はレタス類です。種蒔き日の写真は省略します。

サラダ菜です。聖護院大根と同じ防虫ネットの中に入っています。左側に大根の葉が見えます。

Img_1379

ガーデンレタスミックスです。一つの栽培層に6カップ分の苗が入ってます。色が付いてきました、同じ苗の室内栽培は、弱々しく色が付いていません。

Img_1380 チマサンチュです。

Img_1386 アカチマです。

Img_1387 アイスプラントです。どんな野菜かレタスか私にとって未知のレタスです。こんな栽培方法で良いかもわかりません、ヨーグルトの空き瓶を使っていますが、成長は栽培方法が合わないのかゆっくりです。窓際に置いています。

| | コメント (0)

2010.11.05

ベランダ野菜工場 寒くなりました 今日の様子です

Img_1306 横着じいさんの野菜工場です。朝9時を過ぎてようやく日が当たってきました。この時期の日照はお昼までです、お昼を過ぎると陽が山陰に隠れてしまいます。今朝は放射冷却で気温が10度を下回りました。簡易ビニールハウスは結露で白くなってます。

| | コメント (0)

軒下ベランダ水耕栽培実験中の野菜類です。

9月22日に秋用のレタス類の種蒔きを行った。暑さのため秋用は2回目になります。種を蒔いて10月に入っても夏日が続き、苗が徒長気味に育ったのもありまし。10月2日あたりでほとんど水耕栽培層に移しました。今日はその野菜を見てみます。P1010968 Img_1320P1010951Img_1329

P1010977_2Img_1314 P1010954Img_1319

P1010956 Img_1317 5種類の野菜、写真がうまく並んでれば左側種蒔き9月22日、約1ヶ月半でここまで育ちました。種を蒔いたあとも夏日が続き、苗までの生長が少し影響ありましたが、春先と違って日が短く日没も早く成長も春先とは成長の早さが違うようです。後1ヶ月でどこまで育つでしょうか? 各写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2010.11.03

家庭野菜工場 日記 11月3日

Img_1190

今日の軒下ベランダの様子。天気も良く秋の日差しが白いネットに差しています。こんな日が続けば成長が悪かったレタス類も挽回出来るかもしれません。

| | コメント (0)

秋のしゃがいも水耕栽培 じゃが芋百日というけれど・・・・

Img_1230

Img_1234

Img_1236

じゃが芋百日というけれど、それまで後1ヶ月、猛暑が長く続いたことで成長が芳しくなく、先日の台風の潮風ですっかり葉が枯れてしまいました。葉が枯れてはこれ以上続けても意味がないと思い30日前に撤収することにしました。写真はパーライトを使ったじゃが芋です。10月の初めにちょっと覗いて見ましたがじゃが芋の形は確認出来ませんでした。今日撤収することで引き抜いてみました、ご覧のようにかわいいじゃが芋が出て来ました、大きいもので5㎝位でした。

Img_1244

Img_1245 こちらはバーミキュライトと椰子殻繊維半分ずつの用土です。数が多いですが後1ヶ月もすれば大きくなったと思いです。残念ながら仕方ありません。ザルを使ってジャガ芋の水耕栽培、大成功とは言えず、とりあえずこんな方法でもジャガ芋が出来ることがわかりました。

Img_1254

Img_7184 左は今回収穫撤収時のじゃが芋 右の写真は今年春のじゃが芋水耕栽培で収穫したじゃが芋、大きいもので10センチ以上の大きさでした。

| | コメント (0)

水菜の水耕栽培、

Img_1211

Img_1197 水菜の水耕栽培、お茶パックにパーライトを組み合わせた水菜の水耕栽培、こんなに育ち、芯から爆発的に水菜の茎が出ています。

その後を次の水菜が、後1ヶ月半くらいで同じくらいまで育つでしょう。

| | コメント (0)

2010.11.01

家庭野菜工場 日記11月1日

Img_1169 10月も終わり今日から11月です。後2ヶ月で新しい年になります。今年の秋は真夏の続きで秋の気候がなかったように感じました。レタスや野菜栽培がだいぶ狂ってしまいました。 今日から窓際の様子が変わりました。スポンジに蒔いたレタスの苗が6トレーありましたが昨日移植して、外の軒下で育てることにしました。日照不足であまり良くなく少しでも光の強い外としました。変わりに大葉高菜を持ってきました。上段に大根と高菜の野菜類、下の段にアカチマ、ガーデンレタスミックス、チマサンチュのレタス三種です。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »