« 家庭野菜工場 日記 9.18日 | トップページ | 結球レタスの水耕栽培 市販の土苗を使用 »

2010.09.19

ザルを使ったじゃが芋水耕栽培 9.18日 土寄せ?作業しました

P1010888

P1010889 猛暑の8月から始まったジャガ芋栽培、発芽して緑の葉が出てから移植、9月1日でした。8個のうち6個がすくすくと暑さに負けず育っています。水耕栽培で土寄せ?など必要ないと思いますが、なぜか用土が沈んだようで土寄せの真似をしてみました。

P1010890

P1010887

一つだけパーライトを使っています。

P1010900

P1010901椰子殻繊維とパーライト半分ずつの混合土、白いパーライトは椰子殻繊維の色素で同じ色になります。

P1010903

8株の内4株分の写真、丈が60センチにも伸びたのもあり、成長の早さに驚きです。こんな方法でジャガ芋が出来れば食糧危機に一応対処出来るわけで、種になる芋と肥料があれば畑など必要なく、適当な用土や用土に変わるものがあれば気候が合えば世界中どこでも栽培出来ることになります。今回も春の栽培に続いてじゃが芋が出来るような気がします。

|

« 家庭野菜工場 日記 9.18日 | トップページ | 結球レタスの水耕栽培 市販の土苗を使用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家庭野菜工場 日記 9.18日 | トップページ | 結球レタスの水耕栽培 市販の土苗を使用 »