« チマサンチュ種蒔きから17日 移植から17日目 | トップページ | 家庭野菜工場 日記 家の中とベランダ軒下栽培 »

2010.06.14

お茶パックにパーライトの組み合わせミニチンゲンサイ栽培。

Img_6750

Img_6753

昨日ミニチンゲンサイを移植しました。5月30日に小さいお茶パックに一握りのパーライトを入れチンゲンサイの種を蒔いた。それから2週間、栽培層に移植しすることに、ここからハイポニカ肥料を使うことになります。今回は黒の連結ポットを一つずつ切り分けお茶パックのホルダーとしました。丸型ザルのトレーといつものトレーに7カブずつ入れました。見た目あまり綺麗ではありません。一つずつ独立しているので世界一小さい畑かもしれません。

Img_6149_4

5月30日小さなお茶パックを裏返し、一握りのパーライトをいれその上に地な減殺の種を二粒ずつ蒔き、種の上にパーライトの粉を軽く覆った。

Img_6630_2

種を蒔いて2週間、しっかりとした苗が出来た。ここから栽培層に移しハイポニカ肥料を使います。種の袋のようなチンゲンサイになるでしょうか。お茶パック、パーライト、連結ポットの組み合わせは初めてです。以前のミニチンゲンサイの栽培記録を見ることが出来ます。スポンジに種を蒔き、ブラコップをつかいました。

08.10ミニチンゲンサイ栽培記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

|

« チマサンチュ種蒔きから17日 移植から17日目 | トップページ | 家庭野菜工場 日記 家の中とベランダ軒下栽培 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チマサンチュ種蒔きから17日 移植から17日目 | トップページ | 家庭野菜工場 日記 家の中とベランダ軒下栽培 »