« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010.06.30

家庭野菜工場 日記 6.30日 

Img_7428

Img_7426 4月5月の異常気象で日照不足と低温が続いたため、現在の様子がいつもと違う、本来ならば大きくなったレタスや野菜で緑いっぱいになってるはず。今年はご覧のようにチト寂しい風景。白いネットの中は、まだ中途半端でネットの高さまで達していないレタス達、2枚目の写真は絵になるように昨日、1日かかってアレヤコレヤト考えながらたどり着いた補強工事、腰の周りを少し高めにしてみました。右に青いトレーにコップが見える、はじめはこんなモン、こんなに大きく育つんですよ!!

これがこの様に大きく育つ。いつもと違って茎部分が細い、でも立派なチマサンチュの葉が出来ている。残念ながら数枚の葉にハモグリの虫蔭を発見、無農薬なので致し方ない。

Img_7409

窓際栽培も、一旦、寂しかったが徐々に緑の葉が大きくなってきて又、にぎやかになりそうです。夏場はレタス栽培は難しいですが、室内の冷房に助けられて、外のレタスよりましな形になるのがわかりました。写真の下の段、5月26日にテレビロケの収録時に種を蒔き、スポンジ苗をブラコップに入れ栽培層に移植のシーンに使われたチマサンチュです。梅雨に入り、種から1ヶ月ちょっとでここまで成長しました。 放送は三度見送られ、7月2日 テレビ朝日「ワイド・スクランブル」の番組の中で放送される予定です。

レタス栽培方法を詳しく知りたい方はこちら→ レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て をご覧ください。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html 

私の栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、その方がお得です。

| | コメント (0)

スイカの水耕栽培実験

Img_7442 スイカの水耕栽培実験、私の栽培方法でスイカが育つかどうかの実験です。栽培する場所がないので、トマトの雨よけ用の天井部分に板を渡し、100円ショップのピッチ入れとトレーで水耕栽培装置として板の上に設置しました。そしてスイカのはずですが、同じ茎から全く違う葉がでています。買った苗が接木苗なので、根の下の部分が向こう側に伸びていきます。カボチャかもしれません。手前にスイカがぶら下がっています。

Img_7444 スイカらしくなって来ましたが、小さいスイカのようです。

Img_5776

連休明けに買ってきた苗、昨日の里芋とスイカの苗、買ってきてから10日以上経過、スイカの葉と違う形の葉が見える。液肥につけていたら基の苗の葉が出てきたのと思う。手前はスイカの葉とわかるが、蔓がだいぶ伸びている。

| | コメント (0)

2010.06.29

シシトウを水耕栽培で

Img_7398

市販のシシトウ苗を水耕栽培で育てています。従来ならば市販の苗を水耕栽培するには、ポットより苗を取り出し土を取り去り、根を消毒といった難しい難儀な行程を踏んでいました。私も以前そのような事を何度も重ねた事があります。そのうち何割かは根を傷め途中で枯れてしまうもの、なかなか成長しないものがあり、難しい事でした。私が考案した方法はそんな面倒な事をせず、今ではポットから抜け出した土付きの苗をそっくりそのまま使いますので失敗はゼロです。用土はバーミキュライトと椰子殻繊維を半分ずつ混合のもの、土作りに悩むこともありません。セットした後はすぐに成長が目に見えて良いことに気が付くはずです。トマトのゴミ箱栽培と同じ方法、色々な果菜類に応用できます。この水耕栽培には必ず水耕栽培専用肥料をお使いください。ハイポネックスは違いますよ・・ ハイポニカをお使いください。

市販の苗を水耕栽培にする方法は カボチャの水耕栽培 を参考にしてください。バーミキュライトとパーライトを使った二種類混在しておりますが移植の感じがわかるとおもいます。

 私の栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、 

| | コメント (0)

里芋の水耕栽培

Img_1088 里芋の水耕栽培、芋類を水耕栽培する人はほとんどおりません。水耕栽培では不可能と思われています。先日ジャガ芋水耕栽培の収穫をアップしました。里芋も、ジャガ芋も、私のレタス水耕栽培方法と同じ方法でザルを使っています。芋の出来るある程度の体積が必要で、一握りのバーミキュライトでは不可能です。どうしても芋の出来る層が必要で、用土が多くなります。ジャガ芋もそうですが土作りや、肥料に悩む必要はなく、レタス水耕栽培と同じです。この里芋収穫は秋になり長期戦になります。里芋が出来るという保証はありません。結果は誰も知らないのです。あくまでも実験栽培です。

Img_1089

| | コメント (0)

2010.06.28

カンパリトマト ゴミ箱水耕栽培記録 3..28日

Img_7355

ゴミ箱を使ってカンパリトマトを水耕栽培しています。数万円もする水耕栽培装置と違って100円ショップのゴミ箱が水耕栽培です。性能負けません。脇芽もほとんど取らず、うっそうとしてきました、脇芽からのトマトの実も沢山付いています。現在8房まで実が付いているのを確認しています。今日1段目のカンパリトマトが色づき始めたのを発見しました。隣の横浜新撰組トマトは昨年と同じように順調で、5房まで実をつけています。ここの所液肥の消費が激しく、朝1リットル、昼に1リットルの消費です。もう給水タンクが必要になりました。

写真クリックで大きくなります。

Img_7362

このカンパリトマト、他のトマトと比べると実の付きが早く脇芽の発生も旺盛です。すでに中玉を超えた大きさまで大きくなりました。直径50ミリを超えました。

これまでのトマトゴミ箱水耕栽培記録→ご覧ください

2009年は 09ゴミ箱トマト水耕栽培

2008年は a トマト横着な水耕栽培

| | コメント (0)

島唐辛子の水耕栽培 の記録をマイフォトに

20071106_048

島唐辛子、今ブームの島らーで島唐辛子を栽培している方が多い、自分で島らーを作ってみようと栽培もブームなのか。そう言えば春先の苗売り場も島唐辛子が沢山並んでいた。 栽培初めて見たものの、なかなか成長しないで悩んでいる方も多いみたい。このサイトにも島唐辛子のページを覗いている方も大勢、今年は栽培していないが過去に栽培した写真を集めてアップしました。参考になればと思います。島唐辛子 初めての栽培記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/shima/index.html 

| | コメント (0)

2010.06.26

種から1ヶ月でここまで育ちました。

Img_7269

Img_7285

種から1ヶ月、5月26日にテレビロケで種蒔きのシーンとスポンジの苗をコップに差し込み栽培層に移植するシーンで使用した現物です。その日からちょうど1ヶ月スポンジに蒔いた種も移植が済み、順調に成長しています。スポンジ培地から移植した苗も葉にチマサンチュ特有の凹凸が出てきました。上の写真は軒下棚栽培、下は室内栽培の様子です。いずれテレ朝ワイド・スクランブルで放送予定です、放送日がわかればお知らせします。 チマサンチュは比較的暑さに強く、レタス栽培に向かない夏場に栽培できる希少な種類です。

| | コメント (0)

NHK教育 テレビテキストに「いつでもレタス」紹介される

Img_6981

Img_6982

NHK テレビテキスト「ゼロからはじめるブログ」にいつでもレタスが載ります。6月まで中高年のパソコン教室が7月より番組は新たにブログ編に変わります。その本の記事の中で「いつでもレタス」がブログの達人として紹介されます。私は達人ではありませんが記事が一つのものを追いかけ読者の数も多く、大勢の人に影響を与えていることで選ばれたようです。 

6月26日発売、書店・スパー・パソコンショップ等で販売されます。

| | コメント (0)

2010.06.25

家庭野菜工場 日記 6.2日 に蒔いたレタスの種はここまで育ちました。

Img_6324

6月2日に蒔いた種は23日目になります。

写真は6月2日です。 4種のレタスと、キュウリの種

Img_7202

チリメンチシャ移植後5日経ちました。葉がコップから出始めました。

Img_7222

島チシャ菜です。成長がゆっくりのようです。

Img_7221

アカチマ、コップから葉が飛び出しました。葉が細く徒長のようです。暑すぎるのでしょうか。

Img_7203_2

グリーンウエーブ、葉の数がこれから増えて来ます。どれもコップに頼りながら成長します。この栽培の欠点でもあり、長所です。

Img_7232

同じ日に蒔いたキュウリです。6粒蒔いて4株の苗が出来ました。成長にばらつきがあります。

| | コメント (0)

2010.06.24

メタボGパンから メタボジャガ芋が出来ました。

Img_7149 使い古しのGパンを使ってジャガイモ栽培、庭で何回かトライするも栽培はいまいち、今回はGパンの腰の部分を使って栽培してみた。88センチの腰回り、メタボなGパンでメタボに育つことを願っていた。今日は収穫記です。

Img_7154 まず、葉の部分を茎の根本から取り去ります。

Img_7162 用土を丁寧に刷毛で取り除きます。細長いジャガ芋でメークインのようです。ノギスで長さを見てみると10センチ以上もあるメタボに育っています。まるまると太っています。

Img_7169 用土を取り去る為に社会の窓、チャックを開けます。

Img_7184

大まかの用土を取り除いて持ち上げて見ました。茎から根の部分はこんな状態です。小さいジャガ芋がコロコロと落ちていきます。

Img_7198

根の部分から全部取りました。普通の大きさのジャガ芋が小さく見えます。

Img_4263

4月4日、台所の野菜籠に小さな芽が出始めたジャガ芋1個を発見、最初はここから始まりました。

このジャガ芋栽培、肥料もレタスやトマトと同じ希釈液、この方法(ザル)を使って栽培すれば、どこでも栽培出来ることになります。屋上やベランダ、世界中の畑がない所でも、狭い場所でも、ザルを置く隙間があれば食料として誰でも栽培出来ることになります。

| | コメント (0)

2010.06.23

家庭菜園を家の中で 色々な野菜が作れます

Img_7091

朝からの雨、本降りになっている。梅雨に入って日照時間が短く、レタス類の成長に影響が出てくる。致し方がない。それでも窓際のレタス類は食べられるように育つだろう。コップに移植したレタス類はコップを超えて葉を延ばしている。

Img_7093_2

棚の上段、左側 レタスではないがミニ・チンゲンサイ白いパーライトをお茶パックに、連結ポットの組み合わせ。

Img_7094_4

チリメンチシャ、

Img_7095_3

グリーンウエーブ、葉がコップからはみ出し始めた。

Img_7096

チマサンチュ、5.26日テレ朝ワイド・スクランブル 収録時テレビアナウンサーとスポンジタワシをブロック状に加工して種を蒔いたシーンを録った。 6月12日にブラコップに差し込み栽培層に移植それから10日でほとんどがコップより葉が飛び出し始めた、これからの成長が早くなり倍速モードとなります。

Img_7097

これもテレ朝ワイド・スクランブル 収録時テレビアナウンサーとスポンジ苗をコップに差し込み栽培層を作り液肥を入れ移植した。これから葉数が増えわんさかわんさかなるのを待つ。

レタス栽培方法を詳しく知りたい方はこちら→ レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て をご覧ください。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html 

私の栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

2010.06.22

家庭野菜工場は100円ショップのザルで沢山収穫します。

Img_5575

Img_5851

家で出来る野菜工場を発信しています。NHKの家庭菜園の裏技教えますに出演、まだ誰も知らない超簡単水耕栽培です。装置は台所のザル 密植出来き沢山収穫 自分で作るから完全無農薬、構成原理は特許です葉野菜根野菜ネギ類豆類果菜類蔦類(←クリックで代表的な栽培記録が見られます)と色々な野菜の栽培実験の様子をご覧ください。書籍・いつでもレタスー横着じいさんの超かんたん水耕栽培 が原点です。写真はベランダ軒下と室内窓際栽培の様子です、写真クリックで大になります、狭い場所でも沢山収穫します。肥料はイポニカ1種類だけです。著作権についてこのWebサイトに提供している映像、画像、写真、文書(栽培方法)などの著作権は、私「いつでもレタス」に帰属します。「いつでもレタス」はネーミング登録済みです。ホームページ上に掲載されている文章(栽培方法)、写真、画像などは、原則として第三者ホームページへの転載は許諾しておりません。特別な事情がある場合には、事前に連絡いただきリンクで対応させていただいております。

| | コメント (0)

カンパリとトマト ゴミ箱水耕栽培記録 6..22日

Img_7088

ゴミ箱を使ったトマトの水耕栽培、今年はカンパリトマトも加わりました。スパーで種ほしさに無理して買ったトマトですが、トマト種を買うより遙かにお得です。種はトマト1個より数十個とれますので、残りは生で食べたり、レタスに入れたり色々と利用できます。そして種を取り出し、種に加工して発芽させ、発芽したらしめたもの、トマトの生命力は凄く、ほとんど苗となります。

Img_7073

ゴミ箱で育つカンパリトマト、写真で6房のカンパリトマトが見えますが蔭に1房あります。中央の幹に三段3房、幹からの脇芽4本に各一段目に4房ずつ実がなっています。写真クリックで大きくなります。 

Img_7078_3

こちらは横浜新撰組トマト、昨年と同じように育っております、今年はカンパリトマトが加わったので実の付くのが悪く見えるが、カンパリトマトが優れているからと思います。

とりあえず一旦アップしておきます。

 

| | コメント (0)

2010.06.21

家庭野菜工場 日記 6.21日

Img_7010

Img_7037

午前中突然の大雨、予報では曇りから晴れであったが、午前中外出で大雨の中の外出、昼過ぎに帰る頃はカンカン照りで蒸し風呂のような暑さだった。

19日室内の大きくなったレタスを撤収、20日には遅れていたレタス苗4種を栽培層に移植した。しばらくはこのまま成長を待つ。昨日移植したレタス類を移動しようと思ったが、面倒でそのままにして、気が向いたら並べ替えよう。暑さで意欲もなくなってしまう。

| | コメント (0)

家庭野菜工場 ミニチンゲンサイ

Img_7042

Img_7043

ミニ・チンゲンサイ6月17日に移植しておりました。今回は又違った組み合わせの栽培です。二枚目まで今日、21日の写真です。Img_6873半透明ボックスを逆さに虫除けとした。

Img_6877今回は黒の連結ポット5×5を一ポットずつに切り分け、栽培層にバーミキュライト、 黒のポットに白いパーライトを使うことにしました。移植した日17日の写真。

以前のミニチンゲンサイの記録を見ることが出来ます。 → 08.10ミニチンゲンサイ栽培記録

| | コメント (0)

2010.06.20

家庭野菜工場 日記 6.20日 苗が出来たので移植しました。

Img_6324

6月2日に5種の種をスポンジ培地の上に蒔いた、チリメンチシャ、島チシャ菜、アカチマ、グリーンウェーブ、キュウリです。上からトイレットペーパーを被せ、発芽を助ける。

Img_6984_2

種を蒔いてから2週間は過ぎてしまった。横着じいさん相変わらずズボラです。ちょっと育ちすぎの苗もあります。中には倒れてる苗もあります。

Img_6988

グリーンウェーブです。今回は透明のブラコップを使います。

Img_6990

アカチマです。一層に納めるため少し大きめの栽培層です。B5の面積です。

Img_6994

島チシャ菜です。

Img_6996

チリメンチシャです。2層に分けました。レタス4種類栽培層に移植、夏に向けての生育となります。

Img_6997

レタスではありませんが、一緒に蒔いたキュウリです。18日に連結ポット4×4を切り分け野菜用土に移植しており、本葉も出ております。

初めてこのサイトに入り、レタスの栽培方法を詳しく見たい方は、こちらをクリックしてみてください→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全てhttp://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html 

| | コメント (0)

窓際で野菜工場 6月20日

Img_6977

前日の窓際の様子とだいぶ変わりました。下の段の大きく育ったチマサンチュとサニーレタスがありません。

下の段左二層はロケの時に買ってきたスポンジタワシをテレビ局のレポーターが加工して培地を作りました。それに種を蒔き2週間過ぎて、先日私がコップに移植しました、幼い苗もコップの中で順調に生長しています。左側はロケ収録時レポーターがスポンジ培地よりコップに移し栽培層に移植、それから20日チマサンチュもココまで大きくなりました。日が経つと葉の枚数も増え葉の表面サンチュ特有のに凹凸が出てきます。

Img_6980

Img_6930

昨日の朝の様子です。チマサンチュとサニーレタスがなぜかうっとうしく感じられます。次のレタスも育てるのに、場所も必要です。下の段全部撤収収穫することにしました。

Img_6932

昨日撤収後の写真、わんさかしていた出窓も久しぶりにそとからの光が沢山入ります。下の段に全部収穫されたチマサンチュとサニーレタスがボールに整理されて入っています。

初めてこのサイトに入り、レタスの栽培方法を詳しく見たい方は、こちらをクリックしてみてください→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全てhttp://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html 

| | コメント (0)

2010.06.19

Gパンでジャガ芋栽培は出来るか

Img_6944

ジャガ芋を水耕栽培しています。まるで水耕栽培と違うという人がいると思います。私のレタス栽培と同じ構造で、違うのは用土を沢山使います。レタスの水耕栽培は一株あたり一握りのバーミキュライトや他の用土です。ジャガ芋は土の中で育つもの、その為用土をの部分を大きくしました。最初は百均のザルを使っていましたが、適当な大きさのザルがなく、Gパンの腰の上の部分を使いました。

Img_6945

雨上がりの午後に異変に気が付きました。Gパンの一部が盛り上がっているのです。最初は平らにしたつもりで指で盛り上がった所を静かにどけて見ると、

Img_6948

何か白いものが出てきました。

Img_6951

それもでかい、さらにかき分けてみるとジャガ芋が、ザクザクと迄いきませんが、収穫指定医ものかわかりません。

Img_6953

百均のノギスではかってみました、8センチ位 左奥はもっと大きい、

Img_6955

9センチ以上の大きさです。

Img_6957

収穫期まで覆土しておきます。とにかくびっくり、目から鱗です。台所で芽が出た小さいぢゃが芋から、なぜか立派なジャガ芋が出来るとは。

とりあえず一旦アップします。

| | コメント (0)

2010.06.18

家庭でキュウリの水耕栽培

Img_6927

Img_6925

キュウリの水耕栽培、なにも高価な水耕栽培装置を買うことなどない。100円ショップの資材で高価な装置に負けない性能を発揮する。水耕栽培装置と言って業界では難しい事、複雑な構造を考えすぎている。この構造、レタス水耕栽培のザルを使う方法と同じなのです。

100円ショップの保冷バック、これも立派な水耕栽培装置、この苗は市販の苗を使用しました。買ってきた当時は本葉が三枚ほどの幼い苗、しばらく液肥につけ大きくなってから移植、保冷バックのファスナーを閉めて最後の所より茎(蔦)を出すのである程度大きくならないとやりずらい、二枚の写真とも大きくなり過ぎか、市販の苗で土を付けたまま水耕栽培出来るので簡単に水耕栽培できる。又、水耕栽培の結果を得られるので、収穫の楽しみも倍増する。詳しい栽培方法は、キュウリの変形水耕栽培 と キュウリの水耕栽培 07 ご覧ください。 雨の時は上からビニールで覆うように工夫も必要です。

http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/kyuri/index.html

http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/kyuri2/index.html

| | コメント (0)

2010.06.17

家庭で野菜工場 テレビ放送 延期のお知らせ

Img_6882_2

6月18日テレビ朝日「ワイドスクランブル」番組内で私の栽培が放送されると予告しましたが、局側の都合で延期すると連絡入りました。W杯サッカーが初戦の勝利で俄然話題が沸騰し、局側でも想定外の人気で、サッカーの話題で特番を組むほどです。そんなわけで、私の話題は後で放送となったようです。写真は明日の番組に出演予定のチマサンチュです。今日の夕方ADさんが取りに来て、明日の番組に写るはずでした。何とかカントか、見栄え良くしたのに残念!!Img_6884_3

| | コメント (0)

2010.06.16

家庭で野菜工場 テレビで放映されます。

Img_6807

Img_6808

室内窓際の野菜栽培、4月の低温日照不足で育ったレタス、徒長に育って茎が伸びすぎ、天候の回復とともに葉が大きくなりご覧の写真のようになりました。自分の家での消費には全く違和感なく美味しくたべています。先月26日ここでテレビ朝日ワイド・スクランブルのロケが行われました。翌々日の28日に放送予定が大きなニュースが重なり、6月18日の放送となりました。

Img_5964

5月26日、この窓際でロケの収録しました、今日の窓際はすっかり変わっている。レタスの一番綺麗な時とは違い、疲れたようなレタスが映像となりました。カメラマンの腕で綺麗に写っていると思います。三脚と照明を使いしっかりと撮影するプロのカメラマン。いつもテレビ収録の時は最盛期の綺麗なレタスは写りません。

Img_5957

外、軒下の様子を撮影するカメラマン。この後地元の商店街へ移動、レポーターの局アナと一緒に百円ショップで水耕栽培の資材を購入するシーンを録るために、百円ショップ内でロケを行いました。その後家に戻り、家の中で収録、居間がスタジオに変わり、照明数本、レフ板とカメラと足の踏み場もないほどの中で、時間をかけて丁寧にカット録り。 私のシーンでは台詞も忘れ、ガチガチでした。レポーターと一緒に買ってきた資材の加工の様子を撮影、スポンジタワシから培地にするためカット作業、種蒔き、ブラコップの加工、、パーライトを用土にした栽培層の作り方、移植の方法、そして大きく育ったチマサンチュの収穫、レポーターがそのレタスを食べる迄をきめ細かく録りました。 放送は6月18日金曜日午前11時25分~午後1時05分までの番組内で放送されます。情報番組内の放送ですので、重大ニュースなどで番組構成が変わり放送が延期される場合があります。

| | コメント (0)

トマトゴミ箱水耕栽培 一部移動し 昨日の続き

Img_6831_2 昨日の投稿では、雨よけビニールに移動した写真がありませんでした。このビニール3年ぶりに覆います。強風時あおられて、ビニールがバタバタと強い音が発するのでやめていました。3年もすれば音の害も忘れ?復活することに、手前2株は小学校低学年の朝顔やミニトマト栽培に使う学校ようプランターです。むこう二つは市販の苗ミニトマト、中玉トマトです。テレビ朝日ワイド・スクランブルで市販のトマト苗を私の栽培方法で移植シーンを収録する予定でしたが時間が無くそのシーンは収録なしでした。百円ショップの小さい籠(ピッチ入れ)で水耕栽培してます。苗を買ったのが25日水耕栽培に変換した日は30日です。

Img_6170

Img_6835

市販の苗と小学校のプランターでは市販の野菜用に作られた一番安い土を使用した。移植後2週間でここまで成長しました。写真クリックで大きくなります。

これまでのトマトゴミ箱水耕栽培記録→ご覧ください

2009年は 09ゴミ箱トマト水耕栽培

2008年は a トマト横着な水耕栽培

| | コメント (0)

三浦半島の天気 6.月16日 晴  降水 70% 明日 10%

予想気温 26度/22度 

朝から小雨が降ったりやんだり、露らしく蒸し暑い

| | コメント (0)

2010.06.15

トマトゴミ箱水耕栽培 一部移動し整理しました

Img_6789

トマトゴミ箱水耕栽培、梅雨入り後早くも中休み?  昨日雨が降らなかったらやるはずのトマトの雨よけ作業、しばらくだめとあきらめていたが、運良く晴れた、午前中は言うことの聞かない体に鞭を打って雨よけビニールを張った。3年ぶりのトマトの雨よけ、写真の場所で七株のトマト、ジャングル状態も少しすっきり、成長が旺盛で毎日脇芽の保護作業が必要です。真ん中がカンパリトマトです。実が付くのが一番早く実が大きくなるのも早く感じます。各写真クリックで大きくなります。

Img_6746

昨日の写真、狭いところに7つの水耕栽培装置がひしめき合っていた。4つを裏のトマト雨よけビニールの下に移動しました。丈が伸びて移動が大変で、ほとんど痛めず作業が終わった。未だ脇芽は一本も取ることなくのばし放題、根の部分から多数の脇芽が生まれてくる。

これまでのトマトゴミ箱水耕栽培記録→ご覧ください

2009年は 09ゴミ箱トマト水耕栽培

2008年は a トマト横着な水耕栽培

2007年は ごみ箱トマト水耕07

2006年は 2。ゴミ箱水耕栽培記録 

| | コメント (0)

2010.06.14

家庭野菜工場 日記 家の中とベランダ軒下栽培

Img_6734

Img_6763 昨夜からの雨だろうか、雨がやむのを待っていたが、午後1時迄やまず、外の写真は雨の中での撮影です。週初め5月末から6月初めに蒔いた種も次から次へと移植期が来ている。ここ一週間で大きく様子が変わると思います。

Img_6761

何とか綺麗になったチマサンチュ、4月の低温日照不足で茎が細くやや徒長気味です。

| | コメント (0)

お茶パックにパーライトの組み合わせミニチンゲンサイ栽培。

Img_6750

Img_6753

昨日ミニチンゲンサイを移植しました。5月30日に小さいお茶パックに一握りのパーライトを入れチンゲンサイの種を蒔いた。それから2週間、栽培層に移植しすることに、ここからハイポニカ肥料を使うことになります。今回は黒の連結ポットを一つずつ切り分けお茶パックのホルダーとしました。丸型ザルのトレーといつものトレーに7カブずつ入れました。見た目あまり綺麗ではありません。一つずつ独立しているので世界一小さい畑かもしれません。

Img_6149_4

5月30日小さなお茶パックを裏返し、一握りのパーライトをいれその上に地な減殺の種を二粒ずつ蒔き、種の上にパーライトの粉を軽く覆った。

Img_6630_2

種を蒔いて2週間、しっかりとした苗が出来た。ここから栽培層に移しハイポニカ肥料を使います。種の袋のようなチンゲンサイになるでしょうか。お茶パック、パーライト、連結ポットの組み合わせは初めてです。以前のミニチンゲンサイの栽培記録を見ることが出来ます。スポンジに種を蒔き、ブラコップをつかいました。

08.10ミニチンゲンサイ栽培記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

| | コメント (0)

2010.06.12

チマサンチュ種蒔きから17日 移植から17日目

Img_6655 

Img_6652

5月26日、テレビ収録の為に百円ショップのスポンジタワシの堅い部分を取り去り、柔らかい部分を20ミリ~25ミリ角にカット、切り込みを入れることなく、スポンジにたっぷり水を含ませその上に種を蒔いた。種の上に覆土の変わりにトイレットペーパーを被せ、スポイトで水滴を落とし、濡らし種の乾燥防止とした。この部分詳しくテレビで流れると思います。

Img_6662

種蒔き(収録日)から17日目栽培層に移植することに。栽培層4個に水切りネット、バーミキュライトを用意して移植作業開始、

Img_6664

2ブラコップに予め、底の部分に穴を、今回は市販のタワシを加工した為、大きさがバラバラのスポンジ、いつもの穴の大きさでほとんど良かった。

Img_6665

種蒔きしてから今日まで好天に恵まれ苗の生長は良く根が良く張っていた。元気な苗となっている。

Img_6680

今回、市販のスポンジタワシを利用したため、大きさは一定ではなくバラバラです。種は平等に発芽してくれました。発芽率100パーセントでした。写真のような形もありました。レポーターの方本当に大丈夫でしたね!

Img_6681

豆腐のタッパーに12ブロックに種を蒔き全ブロック使う事が出来ました。今回は移植時に一本ずつに間引きして移植しました。

Img_6667

スポンジ苗を箸で挟んでコップの中へ、底部の穴から根とスポンジを出す。スポンジの出す部分は2ミリ~3ミリ位。ブラコップとスポンジの隙間にバーミキュライトを入れて栽培層にセットする。

Img_6685

左側、26日今日の移植と同じようにレポーターと一緒にテレビカメラの前で移植作業の収録しました。今日移植した苗よりも幼く、根もまだそんなに大きくはありませんでした。だいぶ大きくなり葉もしっかりと、チマサンチュらしくなりました。

レタス栽培方法を詳しく知りたい方はこちら→ レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て をご覧ください。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html 

 私の栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

2010.06.11

窓際で野菜工場 6月11日 百円ショップの資材で野菜工場

今年の春 レタス栽培は厳しい年でした。4月5月の低温と日照不足でただでさえ日照時間が短い我が家にとって日照はほとんど無いに近い状態でした。まだその影響を引きずっています。

Img_6618

窓際で栽培中の全部、写っています、大きくなったチマサンチュとサニーレタスは徒長気味に茎が細い、葉は大きくなるが、葉数が少なく葉が大きくなると重みで倒れてしまう。早く次の代が成長しないと大きくなったレタスは塔が立つてしまう。移植した後は半分以上軒下棚栽培に移されます。

Img_6616 倒れたチマサンチュはここの所の好天で葉も倒れたところより生長始めている。コップから曲がって曲がって茎が持ち上がり成長して葉も大きくなった。自家消費にはいっこう差し支えない。

Img_6620

成長期に天気が良ければコップだけで十分茎を支える事が出来るが、今年はもう一段倒れ防止に花透明ボックスをくりぬいて使ってみた。倒れることなく上に成長しました。周りの葉大きくなって葉の重みで外側に、葉の数が少ない。各写真クリックで大きくなります。一昨日より急に来訪者が増えました、テレビ各局で水耕栽培工場が話題になっております。

未だ私のレタス栽培方法がわからない方はこちら→ レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て をご覧ください。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html 

 私の栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

2010.06.10

カンパリトマト栽培 スパーのトマトから栽培しています

Img_6598

昨日は「いつでもレタス」への訪問者は10500人、アクセス数は13500と異常でした。いつもの10倍のアクセス、テレビでの何かの放送で検索して入って来たようです。いつも入らないコメントやメールでの問い合わせ、直接電話をかけてきた人もおりました。

カンパリトマト、2月に近くのスパーで買ってきたカンペリトマト、普段高級果物は買わない主義、カンペリトマトの種は普通のルートでは手に入らない。農家でも苗になったトマトの苗を買い栽培するのが普通です。種で買うよりトマトの実で買った方が絶対安いです。

Img_3202Img_3224

2月15日カンペリのトマトを買ってきました。肉厚が大きくトマトとしては堅いトマト、甘みも多く、ヤッパリ高級トマト、房付きのまま収穫するらしい。そんなトマトを作ってみたく種を取り出し、作ってみました。写真2枚目はぼけている写真を使いました。トマトの栽培は是非私の栽培方法を使ってみてください。 

これまでのトマト栽培記録→ご覧ください

2009年は 09ゴミ箱トマト水耕栽培

2008年は a トマト横着な水耕栽培

2007年は ごみ箱トマト水耕07

2006年は 2。ゴミ箱水耕栽培記録 

| | コメント (0)

いつでもレタス レタス栽培沈滞中

Img_6582_2

Img_6586

ここしばらく外の軒下栽培の様子が載せていません。5月29日に15層ものレタス類を一挙に撤収、もの毛の殻になったようで、次のブラコップに移植すれば少しはにぎやかになるかもしれません。現在室内で育苗中のレタス類が18層ぶんあり、間もなく順次軒下の棚に移されます。1枚目と二枚目同じ写真、左のトマト、実験栽培思ったようにいかず、このまま進めばどうなるか、もう一層同じ事をしているがどちらも同じように成長している。

Img_6588

1枚目の写真に白いネットの中に二層ずつのレタスが入っております。種から約1ヶ月、そろそろ成長が倍速モードに入ると思います。

レタスの種からの栽培方法は Img_6589 レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧ください。

| | コメント (0)

三浦半島の天気 6.月 10日 晴  降水 20% 明日 0%

予想気温 25度/18度 

日差しが強くギラギラと、風5メートル位か、

| | コメント (0)

2010.06.09

ゴミ箱を使ってトマトの水耕栽培

Img_6539

100円ショップのゴミ箱を使ってトマトの水耕栽培。この栽培方法は素晴らしい。電気を使うことなく、買ってきたトマトの苗をポットから抜いてそのまま使う。これまではポットより取り出し土をきれいに取り去り、根を消毒のため水道の流し水で一昼夜、完全に消毒してから栽培層に移すということでした。そんなことを私も何回か挑戦しました。どうしても完全とは言えずだいぶ失敗をしてしまいました。このゴミ箱水耕栽培からは100パーセント成功します。今年は自分で食べたトマトの種から栽培です。スポンジに種を蒔くことから始め、双葉になった頃に連結ポットを使いバーミキュライトと椰子殻繊維の混合土に移し、土ポットと同じように育てます。写真では脇芽も大きくなり花も咲き始めています。脇芽を取ることなくそのまま生かします。幹の下はジャングル化になってきました。

Img_6566

私はプランターや庭の土栽培が大の苦手、同じ苗でも土栽培はご覧の通り、こちらはポットから移植したのが十日ばかり遅い、水耕栽培すればこの違い上手い下手の差はない。誰でも出来ることです。

| | コメント (0)

窓際で野菜工場 6月9日

Img_6535_2 今朝の窓際栽培の様子。今年4月5月の低温日照不足でいつもの月とは違う光景、下の段二つの栽培層も影響を受けている。徒長に育ち茎が伸び葉数が少ないが、ここのところの好天が続いたので葉も大きくなっている。上の段に育苗中のレタス類が移植を待っている。

Img_6523_2 現在育苗中のレタス類が18層分あります。写真クリックで大きくなります。左側青いトレーに

Img_6530

4種のレタス、各12ブロックずつあります。

Img_6565

レタスの他にキュウリもスポンジ培地の上に凹みをつれて置いておけば写真のように、未だ種のまま、発芽開始、種から頭を持ち上げてる瞬間、双葉になるところ、ほぼ双葉になったところ、とスポンジ培地に種を蒔けば植物の生命誕生も見ることが出来る。写真大きくしてみてください。

 私の栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、 

| | コメント (0)

三浦半島の天気 6.月 9日 雨  降水確率 50% 明日 0%

予想気温 21度/17度 

昨日に続いて今日も朝から小雨、 少し日照がほしいです

| | コメント (0)

2010.06.08

テレビに映ります チマサンチュ また、変わった栽培です

Img_6532

5月14日にスポンジ培地に種を蒔き5月26日日に移植、移植には少し早すぎたようです。 私の栽培方法をテレビで使いたいと話が入りました。種蒔きからコップに移植、そして収穫して自分で作ったレタスを食べるといった一連の事をまとめて撮りたいと要請され、それに向けて準備していたものです。移植した当時は双葉になり、本葉がでかかった頃、それから11日、成長が進みチマサンチュの葉がコップからはみ出して来ました。ここから先は成長が倍速モードです。種から二ヶ月前に立派なサンチュになりそうです。テレビ局ディレクターの意向でザルにパーライトを敷いています。ブラコップの中もパーライトです。パーライトが藻で緑色になるはずだが? なぜか成長が早い?

Img_6066

移植(収録日26日)で写真は28日撮影のもの11日経過でこれだけ成長しました。全て室内で栽培。放送日は5月28日でしたが、  放送当日は重大ニュース(普天間問題、福島党首の罷免、相撲と暴力団、北朝鮮の魚雷確定発表)各局も報道番組で特番が組まれ普通のニュースもはねのけられるほどの勢いで、当然放送日は伸びてしまいました。

| | コメント (0)

チマサンチュ水耕栽培 なぜか異変

Img_6531

Img_6519 窓際下の段 左の栽培層、日照不足と低温で徒長したサンチュの茎が伸び葉の重みで曲がりながら倒れてしまった、ここのところ天気が持ち直し息を吹き返したのか、倒れた茎から思い出したかのように葉が出てきた。私が横着な事で出来たこと。きちんと手入れしていればこの様なことは見られない。

『いつでもレタスー横着爺さんの超かんたん水耕栽培』の本が出来たことも、横着故に出来た考案かもしれません。

| | コメント (0)

三浦半島の天気 6.月 8日 雨  降水確率 80% 明日 50%

予想最高 21度 最低温度 17度 

今朝から久しぶりの小雨、庭の植物にちょうど良い降雨です。

| | コメント (0)

2010.06.07

家庭野菜工場 日記 種蒔きから5日目

Img_6483

今日の窓際の様子です。本来ならば、大きくなったレタスの葉が窓いっぱいになっているはずでしたが、4・5月の低温と日照不足で育ち方が異常でほとんど撤収してしまいました。下の段こんもりと広がったチマサンチュとサニーレタスもいつもと違います。

Img_6500_2 6月2日に4種のレタス類とキュウリの種を蒔きました。今日で5日目ほぼ発芽しております。これからブラコップに移植する分は15~18層分くらいあります。色々な方法で栽培したいと思います。

種蒔きの詳しく知りたい方は、レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て をご覧ください。私の野菜栽培方法が詳しく載せています。

 私の栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

Gパンでジャガイモ水耕栽培

Img_6464

前回のジャガイモ栽培の記事から一週間です。一週間前と、葉の部分はほとんど変わりがないようです。今は、根の部分が大きくなっているのでしょうか、液肥は毎日朝晩500ミリリットルずつ消費しています。こんなんでジャガイモは作れるでしょうか? 別にGパンでなくてもいいわけでして、手元に適当なザルがなく使い古しのサイズが合わなくなったGパンを使ったまでです。この大きさのザルは百均ショップにはありませんでした。

| | コメント (0)

2010.06.06

市販のシシトウ苗を水耕栽培に

Img_6460

市販のシシトウ苗を水耕栽培にします。従来ならば市販の苗を水耕栽培するには、ポットより苗を取り出し土を取り去り、根を消毒といった難しい難儀な行程を踏んでいました。私も以前そのような事を何度も重ねた事があります。そのうち何割かは根を傷め途中で枯れてしまうもの、なかなか成長しないものがあり、難しい事でした。私が考案した方法はそんな面倒な事をせず、今ではポットから抜け出した土付きの苗をそっくりそのまま使いますので失敗はゼロです。セットした後はすぐに成長が目に見えて良いことに気が付くはずです。トマトのゴミ箱栽培と同じ方法、トマトは今ジャングル化に向かっております。色々な果菜類に応用できます。この水耕栽培には必ず水耕栽培専用肥料をお使いください。ハイポネックスは違いますよ・・ ハイポニカをお使いください。

市販の苗を水耕栽培にする方法は カボチャの水耕栽培 を参考にしてください。バーミキュライトとパーライトを使った二種類混在しておりますが移植の感じがわかるとおもいます。

 私の栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、 

| | コメント (0)

ロケから11日目です。 種を蒔いて11日・移植してから11日目

Img_6481

テレビ局のロケが行われたのは5月26日、放送予定日が5月28日でした。当時、重要なニュースが色々と重なっており、(沖縄普天間問題、福島大臣の罷免問題、北朝鮮問題、相撲の特別席と暴力団の関係など)収録中に担当したディレクターはたぶん28日には放送出来ないと思っていたようで、ブログでの放送日は伏せてほしいと言われていました。案の定ヤッパリ放送は延期となりました。近日中に放送になるとおもいます。この写真は百円ショップより買ってきたスポンジタワシを加工しブロック上に種を蒔くシーンで使われたもので種から11日目です。右のコップが移植するシーンに使われ、左の苗の大きさが11日目でこれだけ成長したことになります。

| | コメント (0)

2010.06.05

トマトゴミ箱水耕栽培 カンパリトマト 脇芽も取らず

Img_6436

スパーで買ってきたカンペリトマト、高級トマトということで高価なトマトでした。そのトマトから取り出した種から栽培しております。このゴミ箱水耕栽培成長が凄いです。庭やプランター栽培と比べても数倍の凄さです。ゴミ箱水耕では未だ一本も脇芽を取っていません、根本からも何本も脇芽が出ておりますがその一本から蕾が出て花が咲いております。すでに一段目には花から実となり24ミリの実と生長しております。根元あたりはわんさかわんさかとうっとうしくなってきました。液肥の吸い上げも激しくなって来ました。

Img_6418

一段目のトマト今日は直径24ミリと成長しております、前回6.2日では15ミリと記事にしました。グングンドンドン成長しております。写真は一段目の最初の実です。クリックして大きくして見てください。

| | コメント (0)

2010.06.04

お茶パックで水耕栽培

Img_6389

ミニ・青梗菜とサラダ菜 お茶パックを使って水耕栽培します。すでに5月30日にお茶パック一袋に一握りのパーラライトをいれザルの上にセット、ザルの下はトレーが水を入れてあります。3日で発芽今日で6日目です。このお茶パック栽培も、素晴らしい効果を発揮します。高級な高価な水耕栽培装置と遜色なく育ち、面積あたりではお茶パックの方が優れています。百円ショップでお茶パックは40枚から80枚位の量があります。お茶パック一枚が立派な水耕栽培装置となるのです。Img_6400Img_6399                      

下の二枚はアップした写真です。パーライトの上に直まきしてパーライトの粉で覆っていました。これまでのパーライトを使った栽培をご覧ください。豆の栽培にもてきしています。パーライトでレタス水耕栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/pa/index.html 

| | コメント (0)

三浦半島の天気 6.月 4日 晴  降水確率 10% 明日 0%

予想最高 24度 最低温度 17度 

| | コメント (0)

2010.06.03

ミニ・青梗菜(チンゲンサイ)簡単水耕栽培で 種から6目

Img_6352

ミニ・チンゲンサイを簡単な水耕栽培で作ってみよう。写真は種から6日目です、今日の写真です。種蒔き後好天が続き、成長が早く感じられます。

以前のチンゲンサイの成長記録は08.10ミニチンゲンサイ栽培記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html をご覧ください。

| | コメント (0)

家庭野菜工場日記6月3日 先月26日ここでロケがありました

しばらくの間ちょっと寂しかった窓際の栽培、徐々に復活しそうです。先月の26日我が家の軒下栽培と窓際のここでテレビ局の収録がありました。写真下の場所で種蒔きからコップに移植、そして収穫し取ったレタスを食べるといった流れをこの場所で収録しました。上の段、青いトレー二つと豆腐のタッパー二つが使われた。

Img_6343

Img_6336_2

百均のスポンジタワシからスポンジのみカッターナイフで切り取り、培地ブロックにしてから種を局アナと一緒に豆腐のタッパーに種を蒔いた、一週間すぎました。確実に双葉になり成長しています。種も広がりいいあんばいです。

Img_6337

ブロック苗をコップに移植する場面に使われたチマサンチュの苗、上の苗と同じくらいしかなかったがもうコップの縁まで届く位まで成長しました。テレビの演出上、バーミキュライトでなくパーライトを使用、バーミキュライトはテレビに映ると土に見えるため土でないこを強調したようです。NHKの『家庭菜園の裏技教えます』もそうでした。

| | コメント (0)

三浦半島の天気 6.月 3日 晴  降水確率 0% 明日 0%

予想最高 23度 最低温度 15度 

| | コメント (0)

2010.06.02

家庭野菜工場 日記 種蒔き

Img_6324

3月4月はこれまでの日照時間は記録を取り始めて最小の日照時間であったと今朝のニュース。野菜の高騰がありました。我が家庭野菜工場も大変な影響です。いつもなら軒下の栽培棚や室内栽培もいっぱいのレタス類があるはずでした。某テレビ局で私の栽培方法を放送したいと申し入れがあり、出来るだけ見栄えがいいように撤収を延ばしに延ばして来ました。ロケも終わり、ほとんど撤収して、残りは後あと僅かです。残ったレタスもいつもの勢いのあるレタスと違います。新たな気持ちで種まきです。いつものにぎやかな棚になる頃はに真夏になった頃です。

チマサンチュのような葉レタスの栽培は レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html ご覧ください。

| | コメント (0)

トマトゴミ箱水耕栽培 カンパリトマトに実がつきました。

Img_6307_2

カンペリトマトをゴミ箱で水耕栽培しております。ここのところ急に成長が激しく、根本付近は脇芽がいっぱい出てきております。写真右が『カンパリトマト』、左は『横浜新撰組』どちらも樹勢激しく栄養は行き渡っているようです。

Img_6330_2

今日カンパリトマトに実が付いているのを発見、15ミリの玉になっています。一段目の房に15個の実と花蕾が付いています。

Photo

カンパリトマトとは、ビタミンAやCが多く含まれて栄養価が高く甘さが高くフルーツトマトに分類されるトマトだそうです。酸味もほどよく、大きさは中玉トマトに分類され、写真のように房のままで収穫できることから、房摘みトマトとも言われております。又、皮が固めで歯ごたえがあり、糖度(甘さ)も高いため、おやつとしても人気がある品種です。
一般の人には種の入手は難しく、なかなか手に入りにくいトマトだそうです

これまでのトマト栽培記録→ご覧ください

2009年は 09ゴミ箱トマト水耕栽培

2008年は a トマト横着な水耕栽培

2007年は ごみ箱トマト水耕07

2006年は 2。ゴミ箱水耕栽培記録 

| | コメント (0)

2010.06.01

ミニ・青梗菜(チンゲンサイ)簡単水耕栽培で 種から4目

Img_6272

ミニ・チンゲンサイを簡単な水耕栽培で作ってみよう。写真は種から4日目です。買ってきたばかりの種一ブロック二粒ずつ種を蒔きました。発芽率は100パーセント、プランターや庭の栽培では発芽率を確認するのは難儀ですが、白いスポンジの上なのではっきりと確認出来ます。種袋には30日で収穫までいけるように書いてありますが、我が家は2時間半から3時間くらいの日照しかありません。培位日時が必要と思われます。

Img_6075

種蒔き当日5月28日適当なタッパーにスポンジ培地15ブロックに二粒ずつ種をスポンジの上に置いた。

Img_6076

種の上にトイレットペーパーを被せ、スポイトで四隅より水滴を垂らし種が浮き出るようにしっかりと濡らす。

Img_6159

種蒔きから二日目発芽が始まる。写真に日付はないが5月30日の写真。

Img_6230_2 3日目です。未だ発芽するも揃ってはいません。双葉になるところ、ようやく発芽したばかりなど、スポンジの上の様子が楽しめます。

以前のチンゲンサイの成長記録は08.10ミニチンゲンサイ栽培記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html をご覧ください。

種蒔きの詳しく知りたい方は、レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て をご覧ください。私の野菜栽培方法が詳しく載せています。

| | コメント (0)

三浦半島の天気 6.月 1日 晴 降水確率 0% 明日 10%

予想最高 20度 最低温度 13度 

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »