« 窓際野菜工場のすばらしさ | トップページ | 家庭野菜工場 2010年3月4日 »

2010.03.03

家庭野菜工場 二日で発芽

Img_3658_2

今朝も寒い朝でした。ベランダ軒下の様子です。簡易ビニールハウスの中は一番下におかれた箱(黄色やクリーム色)に温水が25度~32度になっております。その温度差で結露で白くなっています。その右のハウス

Img_3662_2

一番上には防虫ネットカプセルが、一番下段にクリーム色の箱が見えます

Img_3664_2

箱は二段に重ねてあり下の箱には30度位に保たれた温水が入っており床暖房のようになっております。100円ショップで買ったふた付きのボックスか二つ並んでます、ボックスの中は非常に暖かく発芽温度が25度以上のものでも発芽させることができます。二つの箱の蓋を開けてみます

Img_3665_3

右の箱にはトマト2種類が、カンパリトマトと横浜新撰組トマト入っています。左の箱の中は一日に蒔いた冬瓜とキュウリの種、

Img_3691_2

一昨日蒔いた種ですが、キュウリは発芽が始まったようです、二日目です。

Img_3695_2

キュウリの種に近づいて見ると種から白い根らしきものが出てスポンジに潜り込もうとしております。各写真クリックで大きくなります。

Img_3686_2

同じ日に蒔いたレタス5種類は居間のスチール棚の上で昨日より発芽しております。ふた付きのタッパーを使っておりますので種を覆うトイレットペーパーは使っておりません。ふた付きのタッパーを使うと発芽が早まるようです。

|

« 窓際野菜工場のすばらしさ | トップページ | 家庭野菜工場 2010年3月4日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 窓際野菜工場のすばらしさ | トップページ | 家庭野菜工場 2010年3月4日 »