« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.28

カンパリ トマト 水耕栽培記録 2.28

カンパリ トマト水耕栽培 

Photo_2

種からの栽培ですが元々の種は写真のトマト、近くのスパーで1パックだけ果物の棚のコーナーにあった、このスパー結構高価な果物を置いてある。昨年は時季はずれのパパイヤをゲットした棚である。 今回は買ってきたトマトから同じ種類のトマトを作るプロジェクト。 高価な種を買うより一粒あたり十分の一から百分の一でゲットすることになる。

Img_3563_4

2月21日スポンジ培地にセット(レタス栽培と同じ培地)今日が一週間、昨年までは発芽するまでだいぶ日数が必要だったが、発芽温度を変えることで二日で発芽、一週間で写真のように大きくなりました。まもなく一回目の移植となります。

Img_3565

左側半分がカンパリ、右が横浜新撰組トマトもうどちらも同じように育っている。 今年もゴミ箱水耕栽培が大活躍すると思います。 100円ショップのゴミ箱が水耕栽培装置です。専用の装置よりゴミ箱の方が電気を使わずエコで性能が良いのはなぜでしょう。

ゴミ箱水耕栽培これまでの記録をご覧ください。

2008年は a トマト横着な水耕栽培

2007年は ごみ箱トマト水耕07

2006年は 2。ゴミ箱水耕栽培記録 

2009年はまだ未編集です。 

| | コメント (0)

2010.02.26

家庭野菜工場 1月7日に蒔いたレタスは・・・

1月7日に七種の種をスポンジ培地に蒔きました。Mltimg001_220日に移植しましたが2月に入って天候不良で発育が遅れておりました。ようやく成長が倍速となりました。 写真は今日の写真。 今日当地は春の嵐、雨風強く雨がやんでいる隙に撮りました。下の写真と配列が同じです。写真クリックで全体で大きくなります。一ヶ月ちょっとでこれだけ成長しました。

Mltimg002

1月21日投稿写真です。上の写真と配列は同じです。

| | コメント (0)

カンパリとトマト 水耕栽培記録 2.26

Img_3490_3

Img_3492

カンパリとまと種から5日目です。今年の発芽は早く、昨年までの温度設定が低く設定していた為と思います。2枚目の写真右側横浜新撰組トマトも大体同じように発芽している。

買ってきたトマトより種の作り方はもmixi の私のページ フォト に載せてあります。http://mixi.jp/view_album.pl?id=34271549&mode=photo&owner_id=18527983 ご覧ください。

| | コメント (0)

2010.02.25

いつでもレタス 家庭野菜工場のすばらしさ

20075_2jpg

この写真はある日の初春の写真です。安価な棚が野菜工場になります。資材は100円ショップの物、これでも水耕栽培です。装置はザル状のものです。電気を使わずエコで高価な装置より優れています。特許取得済みで簡単な原理です。誰でも同じ栽培結果が出ます。当の私も家庭菜園知識はありません。写真下右に枝豆が見えます。上の白い袋は防虫ネットカプセルです、袋の大きさまでネットの中で育てます、これで無農薬栽培です。写真の棚は奥行き40㎝幅が1メートル、二つ合わせても約畳半畳位、棚は4段こんな狭い場所でいろいろな野菜が作れます、レタスから初めて葉野菜、根野菜、豆類、蔦類、果菜類、等々(分類は私流です)いろいろな野菜を作りました。いまだに家庭菜園素人の私が作る家庭野菜工場です。(別途肥料代必要)写真クリックで大になります。

←左マイフォトにこれまで栽培実験した記録がたくさんあります。興味のある方はご覧ください。

| | コメント (0)

ウオータークレソン水耕栽培

Img_3478

Img_2853_2 1月7日の種まき下の写真は1月31日途中お茶パックより黒い連結ポットに移植、お茶パックがすっかり藻で覆われてしまったため、移植してから元気を取り戻したようです。葉もそれらしき担ってきました。これから日増しに暖かくなります。目新しい栽培方法に挑戦していきます。

| | コメント (0)

カンパリトマト 商品から種を作り栽培する 

カンパリトマト スーパから買ってきたカンペリトマトからカンパリトマトを栽培するという計画、例によって途中でだめになれば記事はおしまいに、昨年はカゴメブランドのトマト横浜新撰組トマトを買ってきたトマトから成功している。横浜新撰組トマトは大きめの中玉トマト、カンペリトマトはそれ以上大きい粒である。21日にスポンジの上に種を置き23日に目視で発芽確認昨日24日の記事となりました。今日は双葉になる前の様子を見ることができた。茎が伸びる前は二つ折になり、それが伸びて双葉になるようです。写真クリックで大きくなります。

Img_3464 Img_3471

今年は半透明ボックスの下は相当暖かい温水となっており、現在の外気温度では発芽不可能と思います。

| | コメント (0)

2010.02.24

カンパリとまと 水耕栽培

Photo_2

カンパリトマトとは、ビタミンAやCが多く含まれて栄養価が高く甘さが高くフルーツトマトに分類されるトマトだそうです。酸味もほどよく、大きさは中玉トマトに分類され、写真のように房のままで収穫できることから、房摘みトマトとも言われております。又、皮が固めで歯ごたえがあり、糖度(甘さ)も高いため、おやつとしても人気がある品種です。
一般の人には種の入手は難しく、なかなか手に入りにくいトマトだそうです。写真のカンパリトマトの種を2月21日に蒔き昨日発芽を確認今日は相当数の発芽(根)を確認しております。種は自分で作り(採種)ました。 

Img_3444_2 Img_3459_4

発芽調べも兼ねて相当数の種を蒔いた。昨年の『横浜新撰組トマト』カンパリの方が1日早く発芽、発芽までレタスと変わりなく芽を出したのは驚きです。

| | コメント (0)

2010.02.23

家庭野菜工場 いつでもレタス式 2月23日

2月に入っていっこうに太陽が隠れて暗い日が続きました。ようやく春らしい日が続くとのことです。 2月初めに移植しようと1月中旬に準備始めましたが、自分の体もゆうことを聞かず、天気も悪く移植作業はのびのびとなっておりました、昨日ようやく室内の苗すべてを移植しました。室内の苗はほとんど徒長気味に育ったため、外の軒下で栽培することになりました。それに伴い今まで軒下の防虫ネットカプセルの一部を室内の窓際に移動しました。

Img_3337_3 Img_3373

写真1枚目が22日午前の写真 2枚目が今朝の写真 天候不順で日照不足、軒下とは言え外で育ったレタスは遙かに元気が良い。

Img_3427

昨日より防虫ネットが二つ増え、ここから窓際に移動したレタスもあり、九層増えました。古い栽培層もだいぶ撤収されました。

Img_3384 Img_3385 Img_3405

Img_3406 Img_3415 Img_3407 Img_3416 Img_3417

窓際の苗を昨日移植しました。ごらんのように徒長気味です。天気次第で食べられるまで成長を願います。

寒い2月からのレタス栽培 種から七週間でレタスができる栽培記録を動画にしてみました。

value="http://www.youtube.com/v/QxbIcHjuQJI&hl=ja&fs=1">

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

2010.02.18

家庭野菜工場 寒さで成長が遅れています。

Img_3282

Img_3301 Img_3293

Img_3285 投稿が一週間以上空いてしまいました。連日の寒さで横着じいさん、すっかり引きこもっております。ただ水遣りだけは欠かすことなくしております。と言うよりこのビニールハウス内はほとんど液肥が減りません。一番下の保温用水槽の水が蒸発量が非常に多くなっております。そして、どういう訳か液肥の水位が増えています。連日の寒さで結露が大変多く、葉に朝露のようにいつもびっしょりです。この露が葉から根の方にしたたり落ち水位があがるのではないかと思ってやります。防虫ネットの中を見てみると少しずつですがしっかりと成長しており、天気が回復すれば一気に成長すると思います。各写真クリックで大きくなります。

寒い2月からのレタス栽培 種から七週間でレタスができる栽培記録を動画にしてみました。

http://www.youtube.com/watch?v=QxbIcHjuQJI

| | コメント (0)

2010.02.09

家の中の野菜工場 順調です

Img_3094

Img_3101 Img_3102

三日空いての投稿、前回の室内の写真に比べてだいぶ成長しました。下の段にお茶パックに直まきのリーフレタスグリーン、アカチマ、チリメンチシャ と ふた付きタッパーに5種類のレタスがあります。どちらも種まきから2週間すぎました、移植するつもりが できずにいます。そのためかお茶パックのレタスの方が成長が早く葉の大きさはタッパーの方より大きくなっています。写真クリックで大きくなります。

昨日マイフォトに 08.2真冬のレタス栽培 をアップしました。2月中旬に種を蒔いて八週間二ヶ月足らずですっかり大きくなるレタスの生長記録です。写真のこの場所だけで育つ様子をご覧ください。 種まきスポンジ培地の使い方などは レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て の前半をご覧ください。

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、レタスの栽培方法の説明書とブラコップの見本がついております。

| | コメント (0)

2010.02.05

家庭野菜工場 ベランダ 防虫ネットの中は?

Img_2983

この冬一番寒い朝でした。日本国中すっかり寒波に覆われております。外での野菜栽培は大変です。それでも私のベランダ野菜工場はしっかりとレタスが育っております。この寒さと日照時間が短いので成長はゆっくりです。ネットの中は1月7日に種まきしたレタスが生長しております。ネットの中をデジブックでぞいて見ましょう。 写真36枚です。

| | コメント (0)

2010.02.02

家庭野菜工場 家の中は成長が早いなぜ?

Img_2864_3 Img_2883_3

家の中、窓際で栽培中のチリメンチシャ、移植して12日すぎました。同じ日にお茶パックを使った水耕栽培をベランダでしております。

Img_2892_3 Img_2910_5

種まきと移植は全く同じ日、並べてみると歴然とした差があります。外のベランダでは同じ日レタスが数種類のあり、どれも同じように成長しています。 室内の暖房の影響かもしれません。外の成長はいつもの年と変わりません。

以前のブログはバックナンバーの各月をクリック 1月前回のブログはここをクリックhttp://azcji.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/index.html してください。

1月31日 いつでもレタス野菜工場の当日現在の様子です。栽培中の野菜やレタスすべてが詳しく見られます。 デジブックに室内とベランダを二つに分けてあります。

窓際工場のすべて H22.1.31-1 1月31日現在

デジブック

ベランダ工場のすべてH22.1.31-2 1月31日現在

これから私の栽培方法を取り入れて栽培したい方は、左袖のマイフォトよりレタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をごらんください。 

←のマイフォトからいろいろな栽培した野菜の栽培記録を見ることができます。レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て ルッコラ栽培 レタスの室内栽培 09.2 バジル 生長記録 08.10ミニチンゲンサイ栽培記録 1.2京ネギの栽培実験 ごみ箱トマト水耕07 等々まだまだたくさんあります。途中失敗作もありますのでご承知の上ご覧ください。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、  見本のコップと私が作った栽培方法の説明書が一緒に同梱されます。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »