« 台風が通過しました。 | トップページ | 家庭用野菜工場 冬バージョンへ »

2009.10.11

トマト 種の作り方

トマトの種の作り方を教えてくださいとコメント欄に書き込みがありました。

トマトといってもいろいろなトマト、各地方によっていろいろなブランド名がつけられ、多種多様です。 いつも同じブランド名のトマトが店頭に並ぶとは限りません。 みなさんがこれはおいしいトマトと思ったトマトを作ってみてはいかが? おいしいトマトの種は高価で一粒で百円以上のもあります。専門家でないと種を作れないと思っている方がほとんどです、 トマトの種を作る方法を紹介している雑誌や専門誌は少ないです。 各出版社のスポンサーとの兼ね合いで紹介出来ないのかも知れません。菜園誌には種メーカーがスポンサーに必ずついています。 ただ、トマトの品種改良が進み完熟したトマトから種を取り出し栽培しても必ず実をつけるとは限らないかもしれません。 

20090304_02420090304_025 20090304_026 20090304_028

20090304_029 20090304_030 20090304_031 20090304_032

20090305_036 20090305_037 20090305_038 20090305_039

20090305_040   各写真クリックで大きくなります。

このトマト今年のゴミ箱水耕栽培方法でたくさんの実をつけてくれました。カゴメ ブランドのトマトです。 写真を見ていただければすべてお分かりと思います。完熟したトマトを割り、種を取り出します、種はぬるぬるしたものにおおわれており、本来はそれを取り除くそうですが、ざっと目の小さいザルで洗います。完全にはぬるぬるしたものは取り去る必要はなく、新聞紙で挟み上から手で押さえつけ、二日ほどで新聞紙は完全に乾燥します。 新聞紙を広げ種は新聞紙にぴったりと張り付いています。一粒ずつ、串の先や箸などではがしとります。これでトマトの種は出来上がりです。 誰でも簡単にトマトの種は作れます。 おいしく思ったトマトは種を取って来年の春より栽培してみましょう。

|

« 台風が通過しました。 | トップページ | 家庭用野菜工場 冬バージョンへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風が通過しました。 | トップページ | 家庭用野菜工場 冬バージョンへ »