« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009.07.28

トマトごみ箱水耕栽培 

20090727_114

トマトごみ箱水耕栽培今年は自分で食べたトマトの実から種を取り出し、その種をごみ箱で栽培しております。この方法、食べたトマトが美味しいと思ったら種を取り出し保管しておけば、次のシーズン又、初夏であれば、種を取り出し翌日に種を蒔けばに同じものが同じ年に食べることが出来ます。

昨日より天気が荒れ出しました。赤くなったトマトは食べる分だけ取って食していましたが、風雨が吹き付けると赤くなったトマトはほとんどが実が割れてしまいます。雨が当たらないうちに収穫しました。

20090727_120

カゴメ中玉トマト、横浜新撰組トマト、イタリアントマト 三種のトマトです。ピーマンも一株水耕栽培で収穫したのものです。シシトウは庭で普通の土栽培野です。

| | コメント (0)

野菜工場 家の中で野菜栽培が現実に

この記事は今年の記事ではなく2007年の7月 ちょうど今頃の時期の記事です。そのまま転記してみました。種蒔きから少しばかり追ってみます。現在栽培始めた方、これから初めてみたい方の参考になればと思っております。

2007.07.21

家の中で野菜栽培が現実に

20070716_20_016_1 20070716_20_037_1

天候不順で窓際のレタスが元気がない、ひょろひょろと成長している。二日ばかり短い時間だが太陽が当たった、気持ち元気が出たようだ。昨日百均のダイソーへ、園芸コーナーの種売り場に7月~10月にまく野菜の種があった。袋には7月~10月にまく野菜と強調した文字が、レタス類三種と小カブの種を購入した。早速種まきとなった。写真クリックで大きくなります。北側の風呂場の出窓タイルの上にセット、発芽を待つことになる。

私の栽培方法は種まきから収穫までマイフォトで見ることができます。 水耕栽培鉢式レタス栽培の基本 詳しく写真で見ることができます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/haci/index.html  今年の春よりこの窓際だけで栽培した 窓際でレタス栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/madogiwa/index.html 窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html 窓際でインゲン栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ingen3/index.html の記録を写真で見ることができます。

土を使うことなく室内で清潔に栽培、収穫して完全無農薬野菜として食べることができます。家の中で野菜栽培が現実になりました。肥料はハイポニカ肥料五百倍希釈液のみです。最近良い虫除けの薬が店頭に列んでいます、天然素材で作っているため安心して使えるようです。この出窓にも置き始め効果が出ているようです。

2007.07.22

家の中でレタス栽培

20070716_22_053 20070716_22_054 20070716_22_055 20070716_22_056

真夏のレタス栽培は難しい、前回6月15日に種まきしたレタス五種は梅雨に入りほとんど日照もなく苦戦している、春の時期なら収穫期に入っている頃、未だに中途半端に育っている。一昨日百均で二袋百円の種を購入早速その日に種を蒔いた、一日で発芽が見られ今日で丸二日ほとんどの種が発芽したようだ、新しい種は気持ちよいほど発芽してくれる、これから猛暑をむかえるが、耐えて育ってくれるかが気にかかる。そろそろ梅雨明けになる、日照不足はなくなるだろうが昨年のように育ってくれよと期待するしかない。この写真の分は外のベランダの下棚栽培になりそうだ。

20070715_054 20070716_20_004 20070716_21_001 20070716_22_003

レタスの収穫は5日ほどストップしているが、トマトやキュウリは毎日の収穫はないが食べる分は確保できている。ミニトマトと大玉トマトはほとんどがゴミ箱水耕栽培や保冷バック栽培のもの、中玉トマトはプランター栽培や庭栽培のもの、今日もキュウリが葉の陰で見えなかったものが家内から言われ二本を収穫した。どうも目の視線の高さが違うため見えなかった。明日にトマトが一昨日くらい採れそうだ。

2007.07.26

家の中で家庭菜園

20070726_075 20070726_076

20070726_078 20070726_071

ダイソーの園芸コーナーで買った7月~10月にまく野菜種、レタス類三種と小カブの種、ほとんどが発芽した、窓際は先客がいておく場所がない、外の軒下の棚に暫く置くことに、ここ数日直射日光が強く、棚の上にヨシズをかけて強い日差しをさえぎることにします。現在モヤシ状になることなく良い苗ができそうです。数日で移植することになります。写真クリックで大きくなります。

2007.07.31

真夏のレタス栽培 移植7月31日

20070731_002_2 20070731_003  20070731_069 20070731_076

7月20日に100均ショップダイソーで夏蒔きの種を4種サニーレタス、レタスサラダミックス、水菜、時無し小カブを手に入れた。発芽率も良くスポンジ培地60個に蒔いた種はほとんど発芽して、無駄なスポンジはなく60個全部使えることになった。モヤシ状になることなく水菜サラダはすでに本葉もでている。今日は栽培層に移植した、麦茶パックを使った栽培も水菜、サニー、カブを各4株づつとした。各写真クリックで大きくなります。4枚目の写真は麦茶パックを使った栽培、原則的に一パックづつ分離でき、色々な容器に移すことができる。

私の栽培方法は種まきから収穫までマイフォトで見ることができます。 水耕栽培鉢式レタス栽培の基本 詳しく写真で見ることができます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/haci/index.html  今年の春よりこの窓際だけで栽培した 窓際でレタス栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/madogiwa/index.html 窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html 窓際でインゲン栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ingen3/index.html の記録を写真で見ることができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカと書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、あなたの町や市であなたが最初の挑戦者です。いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見つかるかもしれません、簡単で多収穫が期待出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

| | コメント (0)

2009.07.26

トマトごみ箱水耕栽培は素晴らしい

20090726_032

今年のごみ箱水耕栽培は、スーパーの中玉トマト、カゴメブランドのジューシートマト、種を取り出し種からの栽培です。中玉トマトでも粒が大きくできあがります、昨年のミニトマトと違って一房が8個~10個位です。今年は脇芽の整理も一切やらず、出放題に任せています。

何か、物足りなく感じ沢山の粒がなるようにミニトマトを作ります。すでに市販の種はなく、又スパーのミニトマトから種を取り出しスタートしました。6月の23日に種を取り出し25日種蒔きです、昨日苗を水耕栽培用に小さな取っ手付きのカゴに移植しまし20090726_023 た。

だいぶ遅れてのスタート実を沢山付けてくれるでしょうか。

| | コメント (0)

小さな小さな 野菜工場 夏の野菜栽培進行中 7.26

20090726_009

 家の中の小さな野菜工場です。小さなザルを使えば家庭の中でも立派な野菜が出来ます。ザルが水耕栽培の装置です。市販の数万円する装置よりも沢山の栽培収穫出来ます。

夏は高温のため種から野菜作りは難しい時期です。7月1日に種を蒔きましたが移植が一週間ばかり遅れて移植しました、移植から一週間以上たちました。コップの縁より葉が飛び出すまでに育ちました。後1ヶ月で食べられるまで生長するでしょうか?

20090726_010 20090726_011

20090726_012 水菜、チマサンチュ、シャオパオです。棚の上段には九条ネギと大葉ニラです。

先日、家の中で野沢菜栽培を収穫撤収しました、種からの記録をマイフォトにアップしております。家の中でも野沢菜が出来る事が分かりました。その記録をご覧下さい。a野沢菜栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/nozawana/index.html その栽培方法は

レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て にあります。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html   シャオパオの栽培もあります。ミニチンゲンサイです。

08.10ミニチンゲンサイ栽培記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

2009.07.19

野沢菜の水耕栽培 実験 成功しました。

20090719_032 

野沢菜の水耕栽培、野沢菜はお新香でしかみていない、都会では野菜で売っていることはまれと言う。種が入手出来たので、栽培実験してみました。私の栽培方法のスポンジ培地に種を蒔くことから始めました。6月3日に種を蒔いてから45日、すっかり大きくなっている。まだまだ大きくなると思いますが、次の苗も置く場所がなく撤収収穫されることになりました。

20090719

野沢菜が家の中でも作れるとは・・・・

二枚目はスポンジ培地が付いた根の部分、45日でこれだけ大きくなる野菜は初めてです。

20090719_001 20090719_015 20090719_018 20090719_019 20090719_023

家の中3株、軒下に6株の野沢菜、B5サイズのトレーに6株と大葉になる野沢菜では超密植、家の中も同じく蜜植で栽培。家の中でも野沢菜の栽培が出来るなんて、不思議な事です。各写真クリックで大きくなります。

写真を見ても分かりますが、生長は外の軒下が少しばかり良かったようです。

| | コメント (0)

2009.07.18

小さな小さな 野菜工場 夏の野菜栽培進行中

20090718_010

家の中の小さな野菜工場です。企業の野菜工場と違って、家庭の中でも立派な野菜が出来ます。夏は高温のため種から野菜作りは難しい時期です。7月1日に種を蒔きましたが、先日予定よりだいぶ遅れて移植しました。発育不良ではなく、私の都合で遅くなりました。まだ移植しなければならない苗もありますが、16日に移植した中国採心、シャオパオ、サラダ水菜、チマサンチュをアップします。

20090718_042 20090718_040

写真1枚目に家の中、窓際全体です。ネギ、ニラ、野沢菜、インゲンも見えます。家の中でニラや野沢菜、インゲンなども種から作ることが出来ます。装置はご覧のように小さなザルです。20090718_039 20090718_037_3

| | コメント (0)

2009.07.16

ごみ箱水耕栽培 自動液肥補給装置

20090714_015

20090714_017

梅雨が明けて猛暑となりました。トマトにとって嬉しい季節ですが、トマト水耕栽培は水遣りが大変です。私の水耕栽培装置は至ってシンプル、数万円以上のメーカー製の装置と違って電気を使いません。脇芽の手入れも一切行わず、伸び放題です。脇芽からのトマトの実が沢山つき重みで枝が折れるので、支柱だけは取らなければなりません。この時期になりますとどうしても水遣りの装置が必要になります。昨年もいくつかの方法を考え出しました。今年は原点に戻って自然な形に戻りました。写真二枚目、小さなザルの脇に2リットルのペットボトル、このペットボトルからザルの底にある水がなくなるとペットボトルから自動的に水が補給されるようになっています。ペットボトルの底に穴を開けただけです。これで足りなければペットボトルを二本とすれば解決します。そこの水がなくなると ボコッボコッ と音を立てて水が補給されます。(水とはハイポニカ五百倍希釈液)

| | コメント (0)

2009.07.15

カゴメ のトマトから トマトを 作りました。初収穫です。

20090714_042

20090714_039 20090714_041

梅雨の明けた昨日カゴメトマト収穫しました。真っ赤に熟し水みずしいトマトです。

トマトのごみ箱栽培、今年は自分で食べたトマトの実から種を取り出し、その種をごみ箱で栽培しております。この方法、食べたトマトが美味しいと思ったら種を取り出し保管しておけば、次のシーズンに同じものが食べることが出来ます。20090304_024 20090304_026 同じ方法で、横浜JAトマトのブランで買ったトマトも実から種を取り出し栽培しておりますが、同じように成功しております。1枚目の写真、左にやや大きめのトマトがありますが、横浜JAトマトです。

下の写真3月に種を取り出した写真です。

| | コメント (0)

2009.07.11

野菜工場 トマトをごみ箱を使った装置で作る ジャングル状態

20090711_003 20090711_002

トマト作り、今年のトマトは自分で食べたトマトから種を取り出し、その種から作っています。トマトの種類はカゴメ中玉トマト、横浜ブランドが付いたトマト、イタリアン料理トマトの三種類です。この栽培方法、トマトの木が伸びる為にで出来た脇芽を一切取らず、そのままの状態、脇芽が伸びてその脇芽から又脇芽が・・・ドンドン増えて来ます。写真で写っている赤くなったトマトはカゴメ中玉トマト、ピンポン球の大きさを超えております。この写真に三種のトマトが写っていますが手前から、カゴメ、横浜、イタリアンです。すっかり混在してしまいました。

20090711_007 20090711_008

四枚目の写真は横浜トマト、普通の大きさのトマトで食べるときに1個を6等分して食べました。白っぽいトマトで実が大きくなりましたが、ようやく色づき始まりました。四枚目、脇芽からの横浜トマト、その向こうに見うるのがイタリアントマト、毎日実の数を増やしております。相当な数になりそうです。各写真クリックして大きくして見てください。

昨年は市販のミニトマトの苗からトマトを作りました、その行程をご覧下さい。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/08tomato/index.html

ミニトマトのためもの凄い数が生産されました。その一部始終をご覧下さい。

| | コメント (0)

2009.07.10

小さな小さな 野菜工場 インゲン制作

20090710_004

家の中、窓際でインゲンを作っています。家の中でも豆類の制作は出来ます。各写真クリックして大きくして見てください。詳細が分かります。

20090710_005 20090710_006 20090710_009

種を蒔く作業?が6月13日 まだ1ヶ月も経っておりません、日照不足で葉の色が黄色っぽかったのが梅雨の晴れ間の僅かの日照で緑が濃くなって来ました。だいぶ蕾がたくさん着いてきました。すでに花も咲いているのも見えます。 この装置百均のザルとトレー、お茶パック、土の変わりにガラスの発泡体を二株で一握りと省エネ栽培です。

下の写真は種蒔きの行程です。

20090613_020 20090613_024 20090613_028

百均ショップの小さなザルとトレーに小さなお茶パックを広げ、ガラスの発泡体(パーライト)をヤクルトの空き瓶一杯をお茶パックに入れる写真では12個 その上にインゲンの種を二粒ずつヘソを下に向けて入れ、パーライトの中に押し込みます。種がもー見えない程度でよい、全部済ませたら水道水をザルの底まで入れ、パーライトの上面が湿るのを確かめる。湿ったときに水がザルの底にあるくらいでよい。家の中でのインゲン制作なので樽はつるなしを選びます。日の当たる窓際でグングンドンドンと生長します。本葉が出たらハイポニカ肥料五百倍希釈液にすること。 この先まだいくつかの行程がありますが、ご覧になりたい方はこちら→ へどうぞ 窓際でインゲン栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ingen3/index.html や 窓際モロッコ栽培 パーライト編 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/morokko/index.html でご覧下さい。 家の中で清潔に色々な野菜制作が出来ます。 家の中に野菜工場が出現します。 予算は少しのお小遣い程度です。

| | コメント (0)

2009.07.09

野菜工場 窓際で色々な野菜が作れます。

20090709_033

最近、野菜工場がテレビの特集で話題になっています。様々な業界が興味を持ち参入をはかっています。不景気で使われなくなって空いた工場や倉庫に、野菜工場を多額の投資金額で野菜工場を設置してレタス類を造ると言うことです。そこで作られた野菜(レタス類)は一般価格の三倍くらいの売値です。 価格が高く消費が伸びず、苦戦をしているようです。野菜工場で作られる野菜の種類が限られた種類のみで、これから色々な野菜の種類栽培に多額の予算を使って野菜の種類を増やそうと研究しているそうです。

私の栽培方法は数年前から自宅でできる野菜工場を提唱しております。この窓際で色々な種類の野菜を作ることが出来ます、多額の費用をかけず、家庭にあるザルで簡単に野菜を作ることができます。

今日の我が家の出窓、野菜工場です。ネギやニラが二段の棚の上で、下の段には数種類の野菜が種から双葉になったところです。柱の隙間に野沢菜がすでに34センチにも生長しており、その右にはインゲンが蕾が沢山付けてきました。こんな所でも野菜を作ることが出来ます。

20090709_032

野沢菜、どこまで大きく育つか分かりませんが、現在根本より34㎝になりました。日照不足で葉数が少ないです。

20090709_057

外の軒下の野沢菜、大きさは測ることが出来ないが、室内より大きくなっているのは確かです。

20090709_022

これまで室内では不可能とされたネギやニラも種から作ることが出来ます。

レタス水耕栽培方法を詳しく連続写真で説明しております。興味のある方はご覧下さい。

レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。

窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html

バジル栽培記録に 09.2 バジル 生長記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/bajiru/index.html 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

2009.07.07

窓際の小さな家庭菜園 整理します

20090707_041

毎日の梅雨空 窓際にはほとんどお日様の日が当たりません、レタス類の育ちも外のレタスと同じく相当徒長に育っています。窓際のネギとニラをのぞいて全部整理しました。右側のパパイヤが大きくなりすぎています。

20090707_054

窓際のレタス整理でこれだけの葉レタスの収穫です。大きなボール一杯 しばらく外のレタスは必要ないようです。徒長に育ったレタスの茎がことのほか 美味しく根本から丁寧に取りだし レタスやみそ汁に入れて食します。

20090707_061

変わって 7月1日にトーフのタッパー九つに  スポンジ培地に使ってレタスや野菜の種を蒔きました。風呂場の出窓で発芽しましたが、早速南東窓際の強い光が当たる場所に移動してきました。 夏のレタス栽培はいつも難儀しますが、強い種類がどれか試します。

| | コメント (0)

パパイヤ 栽培窓際では狭すぎます。

20090707_043

昨年、自分が食べたパパイヤ 種を取り発芽させ、育たない冬も越し いつの間にか大きくなり過ぎ狭い場所での生育 葉も壁にぶつかり丈も変形してしまいました。この場所ではもう無理です。しばらく外に置くことにしました。この栽培、ハイポニカ肥料のみの栽培です。

| | コメント (0)

2009.07.06

7月1日に蒔いた種 発芽した芽は生長しています

20090706_019

梅雨のほんの僅かの時間、薄日が差しています。風呂場の出窓で発芽した種は生長しています。これからの暑さに向かって生長しなければなりません。ここは北東向きの窓、そろそろ光の強い場所に移動しなければなりません。

| | コメント (0)

野沢菜の水耕栽培実験

20090706_029

野沢菜の栽培実験、私の栽培方法で通用するか、試しています。6月3日に種を蒔き、1ヶ月過ぎました、レタス類の生長と比べると丈も葉も大きく生長しています。ネットを掛けていないので虫の痕が見えます。

20090706_040

2枚目の写真は出窓の隙間に3株の野沢菜です。外の軒下と同じくらいに育っています。

| | コメント (0)

2009.07.05

ごみ箱水耕栽培 トマト~種~苗~ごみ箱水耕栽培~トマト

20090705_069

今年のトマトの栽培は、自分が食べたトマトより種を取り出し、種を作り、発芽させ、苗を作り、ごみ箱水耕栽培方法です。又、今回は脇芽は一切取らずそのまま伸び放題です。左からカゴメのトマト、真ん中が横浜ブランドトマト、右がカラフルプチトマト・フェローです。横浜トマトは中玉ではなく普通サイズのようです。

20090705_065 20090705_073 20090705_074

トマトの栽培実例は a トマト横着な水耕栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/08tomato/index.html をごらんください。素晴らしい栽培方法です。

| | コメント (0)

7月1日に蒔いた種 4日目でほとんどが双葉になりました。

  20090705_022

7月1日に数種類の野菜の種をスポンジ培地に蒔きました。今日で4日目、ほとんどの種類の種が発芽して双葉になりました。予想どおり非常に発芽率が悪い種があります。古い種と、からし菜、自家採種の水菜です。

20090705_014_2 20090705_019

自家採種の種は種を莢からはずす時に大きいのを選んだ方が良いかもしれません。古い種はやっぱし・・・・

20090705_004

20090705_011

発芽率の良い中国菜心とシャオパオは同じ仲間のようで双葉でなく四つ葉の形です。各写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2009.07.03

色々な野菜種 一斉に発芽始まりました

20090703_032 20090703_033 20090703_025

20090703_024 20090703_030 20090703_022

20090703_029 20090703_021 20090703_027

7月1日に9種類の種を蒔きました、自分で採種した種も発芽、何となく嬉しい! 全部栽培不可能ですが何種類かは残して栽培してみます。

前回1日投稿の写真と同じ並び方です。この栽培の原点であるプラコップとバーミキュライトで栽培する予定です。

以前の栽培記録をご覧下さい。

レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html 

08.10ミニチンゲンサイ栽培記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

2009.07.02

美味しいトマトを自分で作ろう

美味しいトマトの種は高価です。必要な種は一粒で十分です。そして残りの種はほとんどが無駄になります。

今の季節、トマトが美味しい季節です。これは美味しいトマトだ! と感じたらそのトマトを作りましょう。これからでも遅くはありません。夏場はトマトはグングン生長します。家庭菜園のトマトが終わる時期にたわわな美味しいトマトができあがります。トマトの実から一週間で双葉に生長します。

20090623_01720090623_020

買ってきたトマトから種を取り出します。種を軽く水洗いして、乾燥させます。6月23日

20090625_038 20090625_068

6月25、乾燥した種をバーミキュライトと椰子殻繊維混合用土に任意の粒を蒔きます。

1日おいて乾燥した種を6月25日に蒔きました。

20090625_070

20090628_002_2

種を蒔いて3日目数粒ですが発芽始まりました。写真ピンぼけ スマン!

写真クリックで大きくなります。

20090702_036 この写真は今日7月2日、昨日写真取り忘れ。一週間でトマトのみから種を取り出し、種を作り、発芽させ双葉にまで進みます。

さあ、トマトを買ってきましょう、一週間遅れで一緒に栽培してみましょう。トマトは育てやすいミニトマトか中玉トマトを選びましょう。

トマトの栽培実例は a トマト横着な水耕栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/08tomato/index.html をごらんください。素晴らしい栽培方法です。

| | コメント (0)

2009.07.01

7月1日 色々な種を蒔きました。

7月1日、7月に入りました、梅雨真っ盛り、九州、四国、中国地方では豪雨となってだいぶ被害が出ているようです。 一日と言えば種蒔きをする月が多いです。今日も沢山の種類をスポンジ培地に蒔きました。各写真クリックで大きくなります。これだけの種類栽培する場所もなく、又発芽率の悪いものは苗になる前に処分とする予定です。

20090701_00120090701_005 20090701_011

20090701_014 20090701_020 20090701_022

20090701_030 20090701_027

今日種蒔きした中には、古くなった種もあります。又、発芽調べも兼ねています。せいぜい5種類くらい栽培層に移せれば良いと考えています。レタス類は暑さに弱く、これからの暑さに耐えられるのが何種類あるでしょうか?

そして、自家採種した水菜も種を蒔きました。

20090701_033 20090701_035

20090701_036

自家採種した水菜の種、市販の種より粒が小さく、発芽しない可能性もあります。

数年前より、日本の食料自給率が40パーセントを割込み、国の安全保障の問題となっておりますが、それ以前に野菜の種の自給率はもっとひどく、国内の種メーカーも 種の生産はほとんどが外国に頼っており、種の輸入が止まれば、 即、野菜が作れない状態になるそうです。

| | コメント (0)

ごみ箱水耕栽培 カゴメ トマトが色づき始めました。

20090701_065

20090701_064

20090304_024

ごみ箱水耕栽培中のトマトはカゴメブランドのトマトから採種した種から始まりました。近くのスパーより食べるために買ってきたトマト、そのトマトから種を取り出し、種として、種を作り、種を蒔き発芽させ育てたトマトです。近日中に連続写真をマイフォトにアップします。

最近、黄色のトマト、ミニトマトをトマトより種を取り出し種にして発芽させ苗作りをしています。黄色いトマトは本葉も出始めました。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »