« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009.06.28

家の中でニラ栽培 成功するかもしれません。

20090628_005

家の中、窓際でニラの栽培を試みています。 ネギ類は何度も栽培していますが、ニラは初めてです。写真に大葉ニラ6 3 とタグがありますが6月3日に種を蒔きました。今日で二十五日になりました。しっかりと生長しているようです。種から2ヶ月で相当生長しそうです。家の中でも色々な野菜が作れることが分かりました。

20090628_003

こちらは九条太ネギです。種蒔きが5月22日、お茶パックに真っ白なパーライトを一握り入れ、直播きです。この栽培方法、か弱いネギの腰のため、透明の封筒を筒にして倒れ防止としています。筒の先端を超えたネギもみられます。これから根本が太くなるのが楽しみです。

以前の室内ネギ栽培の様子を知りたい方は、こちら→ 窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html をご覧下さい。見事!室内でも本格的に栽培出来る様子をご覧下さい。

| | コメント (0)

2009.06.27

トマトゴミ箱水耕栽培 今年の種はスパーのトマトから

20090627_024

20090627_016_2 

今年のトマト栽培はスパーで買って食べたトマトから種を取り出して栽培しています。

ごみ箱水耕栽培は昨年と変わらず凄い勢いで生長しています。今年は3月と4月に買ったトマトの実から種を取り、発芽させ栽培していますので、昨年よりも少し遅い育ちです。昨年はミニトマト、今年は中玉トマト、一房の実の数はだいぶ少ないですがすでにピンポン玉大を超えた大きさもあります。写真クリックで大きくなります。 昨年のミニトマトごみ箱水耕栽培記録をマイフォトにアップしております。横着な栽培方法ですが凄い数のトマトが採れる様子を見ることが出来ます。→

a トマト横着な水耕栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/08tomato/index.html をご覧下さい。

| | コメント (0)

2009.06.26

横着じいさんの水耕栽培 今荒れています。

20090626_030 20090626_044

現在、横着じいさんの水耕栽培畑は大荒れの状態、毎日多量のレタスを消費している、レタス類はどんどん出来てくるが葉をちぎり取った所の茎が丸出し、どんどん伸びて醜い形になっている、塔が立ち花も咲き種も採種可能となっている。 写真は左側と右側から撮った写真で同じ場所です。   写真クリックで大きくなります。

20090626_011 20090626_019 20090626_041

チマサンチュ、新菊、バジルが咲いています。百均ショップのザルとトレーを水耕栽培装置とすることで生育旺盛な野菜栽培が狭い場所で大量に栽培出来ることが分かります。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

野沢菜の水耕栽培 実験 6月26日

20090626_001

野沢菜の水耕栽培実験 

20090625_051_2 20090625_053_2

20090625_055

野沢菜の栽培実験 野沢菜は相当大きな葉になり丈も相当大きくなると想像しています。生の野菜のままで見たこともなく、レタスの栽培と同じように蜜植には出来ないと思い、一株ずつ独立し、大きくなるに従って間隔を開けようと考えています。そこまで生長すれば良いのですが・・・・  昨日1ポット一株ずつに間引きしました、この栽培方法の欠点である根本が安定しないため 透明のプラコップの底を抜き、とりあえずの倒れ防止筒としました。1枚目大きな写真が今日の写真です。下三枚は昨日の作業、根本から引き抜き   間引きしました。

20090626_028

室内窓際でも栽培実験中、家の中で野沢菜が栽培できたらどんな風になるだろう????

各写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2009.06.23

ニラ栽培 窓際でニラの栽培を試しています

20090623_002 20090623_003

これまで色々な野菜を家の中、窓際で栽培実験してきました。窓際でも簡単に栽培出来ることが分かりました。すでに多くの人がこの栽培方法を取り入れて、数種類の野菜を自給自足を楽しんでいる方が大勢おります。

ニラの栽培種からは初めてです。どのような方法が良いかわかりません、とりあえずスポンジ培地に種を蒔くことから始めました。種蒔きが6月3日、今日で約20日になります、結構育つものです。

20090604_002 20090604_003

6月3日トーフのタッパーに18個スポンジ培地、1ブロック8粒の種を蒔きました。

20090618_058 20090618_063

6月18日に栽培層に移植、この日まで何か変わった方法で栽培したいと毎日考えていたが、良い案が浮かばず、当日になって2リットルのペットボトルを二つに輪切りして倒れ防止用に使う事に決め写真のように移植した。9ブロックずつ二つの囲いで育てることに、翌日にスポンジ培地が裸のままの所へ、バーミキュライトの粉を振りスポンジ培地を覆った。 栽培してみるとネギと全く同じように育つ、生育はニラの方が早く、茎? 葉? が太く感じられます。 家の中でニラが栽培出来るとは不思議な栽培です。

どのように育つか興味のある方はネギの栽培記録をご覧下さい。

ニラの栽培経験はなく、ネギの栽培記録をご覧下さい。窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

2009.06.22

野沢菜 水耕栽培実験 進行中

20090622_045 20090622_070

 家の中で野沢菜の栽培できたら快挙になるが、これまでレタスから始まり、色々な野菜を家の中で栽培して収穫するまでになっている。レタス類なら自給自足が完全に可能となった。

 野沢菜の種が手に入りましたので、私の栽培方法でどこまで育つか栽培実験してみます。種を蒔いたのが6月入ってから、本来は春先に種を蒔いて、早いところでは収穫時期となっている頃です。気温が高くまともには育つとは思いませんが、進行してみます。栽培は家の中窓際と、 外の軒下簡易ビニールハウスの棚上段に設置した。まもなく間引きして1ポット1株とします。写真は移植後4日目、順調に生長しています。

20090618_078_2 20090618_105

種蒔きはレタスのスポンジ蒔きと同様に、1ブロック二粒ずつ、ほとんど発芽、6月3日に種蒔き、6月18日写真のようなポットに移植、いつも使っているプラコップより少し大きめ、ポットの下にバーミキュライトと椰子殻繊維混合土を1.5ミリ程度敷きその上にスポンジ苗を置き隙間に同じ用土を詰めた。 

| | コメント (0)

キュウリの水耕栽培 いい加減栽培です。

20090622_074

うどん粉病がますますひどくなりました。今日は雨が当たり葉の表面は異常なく見えますが、雨の当たらない葉は白く見えます。毎朝ストチュウ希釈液を散布していますが、少しはうどん粉病を拡散するのを阻止しているかもしれません、日中この緑の葉が真っ白になって見えるときは撤収も考えたりします。しかしこの葉の下は確実にキュウリが出来ています。先日スパーで買う同じ大きさのキュウリを一本収穫しました。それから数日たちますが葉の下には次から次へとキュウリが出来ています。別に支柱を立てることなくコンクリートの上にはわすだけでキュウリが出来るのが分かります。

20090622_075

葉の下は次ぎから次とキュウリが出来てくる、これならベランダのでも、ビルの屋上、洗濯乾し場など色々な所で栽培できる。

20090615_046

第一回目に収穫したのはキュウリ、6月15日でした。

今年はミツバチが少なく受粉が難しいと感じています。

これまでのキュウリの水耕栽培記録は キュウリの変形水耕栽培  

キュウリの水耕栽培 07 があります。普通の栽培方法と違いますので ご覧下さい。

| | コメント (0)

2009.06.21

家の中 窓際が畑になります。

20090619_21_006

今日は朝から雨です。時折強い雨が窓にたたきつけます。ひさしのない窓で弱い雨でもガラスをぬらします。今朝の窓際の様子です。

右側からパパイヤの葉が伸び出してきました。全景を取るとパパイヤの葉がどうしても映るようになりました。

20090619_21_009

サニーレタスのはず、日照不足で色も消え、徒長気味に育ちました。ハガキ二枚大面積のトレーとザルでこんもりとなってきました。そろそろ食べてやらないと、葉が老化してしまいます。

20090619_21_008

九条太ネギ栽培、室内の栽培は何度もトライしており、出来上がりが楽しみです。

20090619_21_001_2 

20090619_21_002

インゲンの室内栽培、豆類を室内で栽培することなど考えもしなかったし、栽培できると誰もが思っていたでしょう。すでにこの栽培で何度も経験しており、それなりの収穫実績があります。小さなお茶パックに一握りのパーライトを入れその中での栽培になります。百均のザルを水耕栽培装置として活用すれば誰でも簡単に色々なインゲン栽培が可能です。真っ白なパーライトから茎が伸びています、これまでこの様な光景を見たことはないと思います。夏でも栽培できますから、皆さんトライしてみませんか。

まだ途中、追加します。

| | コメント (0)

2009.06.18

梅雨時のレタス栽培。

20090618_085 20090618_095

20090618_083 20090618_094

6月1日に蒔いたレタス類の種、移植しました。二週間以上経ってしまいました。

現在簡易ビニールハウス内には、虫の害がありません、防虫ネットカプセルから出されたレタス類も全く虫による害は見当たりません。

20090618_087 20090618_088 今回は根の伸び方が良く、写真のようにスポンジより飛び出した根の勢いを感じます。

20090618_091 20090618_096

20090618_100 20090618_103

写真クリックでおおきくなります。どのレタスを見てもアブラムシの姿は見当たりません。ハモグリも見当たりません。何が効いているか分かりません。 昨年効き目がなかったノーマット式蚊取り線香が効いているかもしれません。昼夜かまわず前のファスナーをオープンです。 このまま虫が寄りつかないようにしたいものです。

レタス水耕栽培方法を詳しく連続写真で説明しております。興味のある方はご覧下さい。

レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。

窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html

バジル栽培記録に 09.2 バジル 生長記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/bajiru/index.html 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

モロッコ(インゲン)撤収

20090618_065

20090618_066 20090618_076

移植時期を逃したモロッコ、種蒔き用連結ポットに種を蒔いたまま、そのまま育ってしまいました。下手に移植するよりも好成績、三度目の収穫です、これで撤収することに、小さいサヤも全部です、小さいサヤは特別に美味しいです(軽く茹でてマヨネーズ) お試しあれ。写真クリックで大きくなります。 種を蒔けば水遣りだけで(ハイポニカ肥料五百倍希釈液)誰でも出来ることが分かります。 室内窓際でもモロッコは簡単に栽培出来ます。  参考に室内栽培実験をご覧下さい。

窓際モロッコ栽培 パーライト編 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/morokko/index.html 

| | コメント (0)

2009.06.15

パパイヤ栽培 二回目移植しました

20090615_003

昨年の7月より家族と食べたパパイヤの実から種を取り出し、種にして栽培しています。相当数発芽、苗も五六十株くらい出来たが、今年の3月まで残ったのは二株(二本)一本が暖かくなりかけたときにご臨終、この一本だけが残った。ここの所の暖かさで葉が増え、大きくなり樹丈も八十㎝となりました。これまでの小さいポットの底が膨らみ丸みが出てきて安定感がなく、昨日大きめのプランターに移し替えました。底の周りに穴を開け、トマトの水耕栽培と同じ方法で移植がすみました。すっかり安定しております

移植は昨日、こんな小さなポットで良く、ここまで大きくなったものだ、窓におっ掛かりながら生長したのが分かります。クリックで大きくなります。 パパイヤの栽培は簡単です。まもなくスパーに出回ると思います。種を取って栽培してみましょう。

20090614_027 20090614_026 20090614_028

| | コメント (0)

ハーブの水耕栽培

20090614_001

20090614_005

ハーブ類は非常に苦手、レモンバームとペパーミントを豆腐のタッパーとお茶パックを使って少しばかり試してみた、レタスのようにはいかず、発芽まで日時がかかり、生育もゆっくり、いつ種を蒔いたが写真を探したが見つからずじまい、もっと種の粒を多くした方が良いようだ。

レモンバームは何とか形になったようで、ペパーミントはまるで駄目、私の栽培方法では駄目なのかもしれない。

| | コメント (0)

2009.06.13

トマトゴミ箱水耕栽培 仲間がはいりました

20090613_001

20090613_006

20090612_015_2 20090612_019

ごみ箱水耕栽培の仲間に、大玉トマト、ナスの水耕栽培が仲間に入ります。昨日、定期検診の帰りにホームセンターに立ち寄りました。すっかり野菜の苗はなくなっておりましたが、数鉢の12㎝の大きなポットに入った桃太郎、長茄子の苗が残っていましたので、買って帰りました。三時間ほど底部を液肥につけ夕方、水耕栽培式に変換移植しました。まだどこに置くか定位置は決まっておりません。とりあえず、動かせる間は太陽の当たる場所に移動しながら育てます。

昨年のトマト水耕栽培は →http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/08tomato/index.html

昨年のトマトゴミ箱水耕栽培をマイフォトにアップしました。横着栽培でほとんど脇芽を取らずに横着に栽培した様子です。a トマト横着な水耕栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/08tomato/index.html

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

どしょうインゲン横着栽培 収穫しました。

20090608_023 20090612_026

6月9日にモロッコインゲンを収穫しましたが昨日夕方どぢょうインゲンを収穫しました。栽培したのはコンクリートの上、種を蒔いたまま、移植の時期を逃し、そのまま水遣りを、雨がまともに入る栽培層でだいぶ雨水が入りましたが、小降りながらこれだけ取れました。あと2回くらい取れると思います。画像クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2009.06.11

レタスの水耕栽培 6.11

20090611_007

今回育ったレタス類、屋外、室内とも育ち方がいつもと違い、弱々しく徒長気味です、それでも葉の大きさはいつもと替わりません。太陽をまともに受けて緑が濃くなった葉もあり、梅雨入りは残念です。向こう側中段の冬からのレタス再生栽培は、葉もしっかりとまだ食べ続けております。焼酎でアブラムシ退治はとりあえず成功しているようです。焼酎で虫退治は効かない人もいると報告受けています。アブラムシが発生したら又、焼酎攻撃してみます。

20090611_033 20090611_034

この二枚の写真は裏側、室内から撮った写真、先日防虫ネットから出したレタス類です。ビニール越しで取っていますので見にくいと思います。葉の大きさは申し分ありません。日が当たるとしっかりしてくるかと思います。

この栽培方法は ここを→ レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て をご覧下さい。

昨年のトマトゴミ箱水耕栽培をマイフォトにアップしました。横着栽培でほとんど脇芽を取らずに横着に栽培した様子です。a トマト横着な水耕栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/08tomato/index.html

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

2009.06.10

トマトのゴミ箱水耕栽培 09年 6月10日

20090610_028

20090610_014 20090610_013 20090610_012

 今年もトマトごみ箱水耕栽培をしています。今年はいつもより遅い立ち上がりです。5月にカルチャースクール数カ所あり、その数教室の真ん中あたりでごみ箱に移植しております。今年のトマトは自分で食べたトマトから種を取り出し、その種を使ってさいばいです。トマトの種の種類は明白ではなく、分かっているのは写真に三本並んでいますが、右側昨年栽培のカラフルプチトマト・フェローです。左二本は今年の3月にスパーや八百屋で食べるために買ってきた中玉です。中玉よりも大きいのがありましたので、出来るトマトを見ないと分かりません。ごみ箱式水耕栽培に移植した日に庭にもカラフルプチトマト・フェローと中玉一本土栽培に移しております。生長はやはり水耕栽培が勢いが良く葉の数、脇芽の数で圧倒しています。これからますます差が出てくると思います。各写真クリックで大きくなります。

過去のトマトごみ箱水耕栽培の記録を見ることが出来ます。ごみ箱トマト水耕07  http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/tomato07/index.html  百円ショップのごみ箱が水耕栽培装置として使われています。誰がやっても同じ栽培結果が出ると思います。

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

2009.06.09

横着じいさんの横着栽培 インゲン栽培

20090606_049_2

種を発芽させ、そのまま軒下のコンクリートの上、百均のザルで育っているインゲンです、発芽のまま移植されずにそのまま育ちました。葉が小さく、昨年の室内栽培よりも葉が小さいです。でも確実にインゲンは出来ていました。

20090608_019 20090608_016

20090608_023 20090608_044

葉の下ではモロッコインゲンとドジョウインゲンが、モロッコは今日のツマミ(アテ)マヨネーズで頂きました。収穫より二十分位で腹の中におさまりました。ドジョウインゲンも2日ほど手収穫出来るでしょう。  インゲン栽培を室内窓際で栽培した記録があります。家の中でもインゲンが栽培できる様子をご覧下さい。窓際モロッコ栽培 パーライト編 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/morokko/index.html 室内でも色々な野菜ができます。

| | コメント (0)

バジル水耕栽培

20090608_033

バジル水耕栽培、バジルの栽培方法を知らない私ですが、いつもの私流の栽培で試してみました。我が家では食べる習慣がないため、そのまま自然育っているようで、塔が立ち花が咲き始めました。写真右側はつい先日まで室内栽培、花が咲いている、左は外の軒下栽培です。

| | コメント (0)

2009.06.07

防虫ネットの中は 緑いっぱいでした

20090607_021_2 20090607_022

10日ぶりの太陽です、室内、屋外とも生長に元気がありません、室内のサンチュは徒長気味に大きくなっています。今朝の軒下棚の様子です、久しぶりの好天で防虫ネットの中で育ったレタス類を外に出してやることにしました。

20090607_029

右側の棚、上段に白い防虫ネットから中のレタスを引き出します。ネットの下にはバジルが大きくなって花も咲いています。

20090607_030

引き出してみるとすっかり大きくなっています。日照不足か、右側のチリメンチシャは徒長気味で茎が伸びすぎています。葉は大きくなっており、自分の家で食べるには申し分ありません。

20090607_035

中央の棚、ネットを明けてみるとこれも中はネット一杯に育っています。

20090607_037

ネットから出してみると大きくなったレタスが 私の手のひらよりも大きくなっています。これからネット越しでなく直接太陽を浴びることになりますが、天気予報が明日から又雨模様になるそうです。

20090607_041_2

又、新しい緑が加わりました。写真左下に虫除けのためノーマット式蚊取り線香が見えます、エンジ色と、隣の棚白い色のノーマット式蚊取り線香が見えます。 

レタス水耕栽培方法を詳しく連続写真で説明しております。興味のある方はご覧下さい。

レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。

窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html

バジル栽培記録に 09.2 バジル 生長記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/bajiru/index.html 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。これまで発刊された菜園誌や専門書にも書かれていない栽培方法です。家庭菜園ド素人が考え出した確実に栽培・収穫出来る画期的な栽培方法です。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

九条ネギ 室内栽培

20090606_056 20090606_057

20090606_058 20090606_061

20090606_063 20090607

室内窓際で栽培中の九条ネギ、お茶パックに藻が付くのを防止するためアルミ箔で底の部分を遮光しました。すでに緑色に変色しているのもあり、タイミングが遅かったようです。写真六枚はアルミ箔を巻く様子です。ネギの室内栽培実験は → 窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html をご覧下さい。室内でもネギが栽培出来ることが分かると思います。

| | コメント (0)

うどん粉病 対策 又白い斑点出てきました、

20090607_003 20090607_004

20090607_007 20090607_008_2

うどん粉病、全快までの投稿で、うまくいったかのように見えたが、その局部だけで、次が次ぎえとでてくる始末、葉一面に斑点を傷薬で処置しても一面が黄色に変色することになる。今日は濃いめのストチュウを裏表に散布した。効き目がなさそうだが、しばらく様子を見ることにします。

| | コメント (0)

2009.06.06

インゲンの無頓着栽培

20090606_047

我がやの軒下栽培、無造作に棚栽培されているようです。中段にはすでに2ヶ月以上摘み取られたレタスの栽培層が見えますが、まだまだ、レタスのは一枚、一枚ずずつ掻き取れば立派なレタスの食材になります。現在アブラムシの退治方法もこれで試しています。下のコンクリートに移植時期を過ぎてしまったインゲンがこんもりと盛り上がっています。葉の形はやや小さくそだっている。

20090606_041 葉の下は花からサヤとなり大きくなり、すっかりインゲンの形となっている。こんな横着な栽培でも、自分の土栽培よりも沢山のインゲンが取れそうだ。写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

うどん粉病 対策 これいいかも その後

20090606_053

20090606_021

20090606_034

今日は雨、昨日もほとんど雨模様でした。もう梅雨の走りのようです。

うどん粉病 対策 その後 先日キズグスリでうどん粉病の真っ白な粉を吹いたような物が消えてなくなっているが、その局部が変色して傷跡に見えます。よーく見ると次に出てきそうな形跡も見られます。

| | コメント (0)

2009.06.03

うどん粉病 対策 これいいかも

20090603_003

うどん粉病、葉の上に白いうどん粉をこぼしたように白くなる、毎年このうどん粉病で悩まされ、ひどくなれば栽培途中で撤収したこともしばしばありました。早くもキュウリの葉にうどん粉病が発生しました。今回は一般家庭の常備薬キズグスリを使ってみました。写真は昨日の朝7時半ごろです。

20090603_004 20090603_006

20090603_007 20090603_008

20090603_010 20090603_013

うどん粉病は何で発生するか全く知らない横着じいさん、理屈はどうでも菌に間違いなし、それなら殺菌の薬キズグスリが良いだろうと綿棒にキズグスリを垂らしうどん粉病の局部を殺菌することに、綿棒にキズグスリをしみこませ局部をこすりつけ薬を葉の中に浸透させた葉の表面が紙ヤスリ状のため綿棒はご覧の通り、朝一度この作業を済ませ昼過ぎに少し白い物が浮いてきたのでもう一度、同じ事をした、写真7枚目 写真クリックで大きくなります。

20090603_033

今朝はほとんど白い物は消えていた。仕上げとしてストチュウをたっぷり葉の表面に散布した。

キュウリの雌花が盛んに咲くが、今年はミツバチをほとんど見かけない、せっかく雌花が咲いても空振りに終わりそうです。

| | コメント (0)

アブラムシに焼酎を飲ませる実験 その後

20090510_23_048_2

20090510_23_049 20090603_030 

焼酎瓶より少しばかり分けて頂いた25度焼酎をスポイトを使ってアブラムシにストレートで飲んで貰う もったいない実験その後です。 二枚目葉の付け根部分にたむろするアブラムシ、薄めないでストレートで、案外氷を入れて冷たいオンザロックの方が聞いたもしれない。 三枚目同じ層の今日のレタス、どの株にもすっかりアブラムシの姿は見えません。

先日4月23日にレタスに着いたアブラムシに焼酎を飲ませたと、記事にしました。ひとかたまりにスポイトを使って一滴~二滴ほど垂らしておいた。何回か見つけるたびに飲ましていた。いつの間にかアブラムシは消えている。 この実験は撤収するはずのレタスを使っているので茎も太いし結構丈夫なレタスです。 茎や葉の影響は気がかりだったが今のところほとんど影響はない。 試して見たい方は自己判断で、この方法が良いか悪いかはあくまで自分で判断して下さい。 

| | コメント (0)

2009.06.01

6月1日 いつでもレタス 水耕栽培実験場

20090601_073

6月1日 我が家の軒下、ここが横着じいさんの野菜水耕栽培実験場です。 冬の栽培野菜と春の野菜栽培の入れ替わり時です。あまりにも綺麗と言えません、それでもここから葉を掻き取ってレタス野菜としてまだまだ重宝しています。各棚の上段には白い防虫ネットが見えます。2月から3月にかけて春に向けてレタス栽培として、種を蒔きブログの記事としました。 白いネットは防虫ネットカプセルとして何回か紹介しています。中にはすっかり大きくなったレタスもあります。育ちが徒長気味にのもあります。自家消費ですから形はヘボでも無農薬の綺麗なレタスが食べられるのです。

20090601_064 20090601_066

20090601_07020090601_068_2

防虫ネットカプセルの中をのぞいて見ました。どれも虫一匹付かない綺麗なレタスです。写真クリックで大きくなります。肥料をのぞいてすべて百円ショップの資材ばかりです。色々なレタスが無農薬で綺麗に育てることが出来ます。

20090601_065

次に続くレタス類も防虫ネットカプセルの中で育っています。

レタス水耕栽培方法を詳しく連続写真で説明しております。興味のある方はご覧下さい。

レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。

窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html

バジル栽培記録に 09.2 バジル 生長記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/bajiru/index.html 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

6月1日 室内栽培の様子

20090601_078

20090601_004 20090601_079

20090601_083 6月1日室内栽培の全景です?  写真2枚目 4月21日にテレビカメラの前で蒔いた種こんなに大きくなりました。だいぶ大きくなってからの間引きで葉数が少ないようです。光を受けて緑が黄緑にうつりました。3枚目 バジルです。途方もなく大きくなって食べるのも限界があり、増殖中です。4枚目 パパイヤ栽培です。

家族で食べた種を百粒ほど蒔いたら、60本ほど発芽しました。ほとんど知人に貰われて行きましたが、二本我が家に残しました。冬は越さないと思っていましたが、最近の暖かさで葉が増え、葉も大きくなり、広がり、だいぶ面積が必要となっています。パパイヤが置かれている場所は、インゲンやネギその他の野菜の室内栽培の場所です。   パパイヤと言えば沖縄では野菜の種類、実が青い内に千切りにされてモヤシ状にして野菜売り場で売られています。モヤシと同じ使い方で食べられています。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »