« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.30

ネギの水耕栽培 室内で出来ます。

20090530_005

20090530_006

20090510_22_041 20090510_22_046

ネギの水耕栽培、今回は麦茶パックにパーナイトを使った方法とスポンジ培地に種を蒔く方法を同時にしました。種蒔きが5月22日、一週間過ぎました。どちらも今年になって買った種ですが発芽率が悪いようです。麦茶パックは後日藻の発生防止にアルミ箔を巻く予定です。スポンジ培地はなんなかの形で移植しなければなりませんが、めんどくさそうです。パーライトでネギの栽培は初めてです。 以前の室内ネギ栽培の様子を知りたい方は、こちら→ 窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html をご覧下さい。見事!室内でも本格的に栽培出来る様子をご覧下さい。

20090430_006 本日、マイフォト バジル栽培記録に 09.2 バジル 生長記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/bajiru/index.html に写真追加しました。バジルは発芽すればほとんど栽培成功する様子をご覧下さい。この写真よりもっと大きくなっています。

| | コメント (0)

2009.05.29

NHKテレビ放送された 種蒔きがこんなに大きくなりました。

20090529_012

4月27日のNHK朝の「生活ほっとモーニング」家庭菜園特集で土をつかわない栽培方法で紹介されました。収録は4月21日 放送から1ヶ月少し立ちました。テレビカメラの前で種蒔きをしましたがその種蒔きが、室内だけでこれだけ大きくなりました。途中、コップに移植し、間引きもありましたが、生長が著しく良く、順調です。種蒔きからの日数が少ないためまだ葉数は少なめですが、これから葉もドンドン!グングン!増えるでしょう。各写真クリックで大きくなります。

Nhk1 20090420_29_030

下二枚の写真はテレビよりデジカメに撮った画像です。放送当日テレビで全国に放送されました。沢山のかたがご覧になり、録画したと思います。 種蒔き後の記録をマイフォトに載せました。関心のある方はご覧下さい。→ NHKカメラの前で蒔いた種の生長 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/nhk/index.html  スポンジ培地からの分も後からご覧下さい。レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html スポンジ培地の使い方、プラコップの加工方法もこちらでご覧いただけます。

毎日大勢の方が初めてこのサイトに訪れています。  土をつかわないで、ザルとトレー、コップが水耕栽培装置となり、色々な野菜が誰でも確実に収穫できる、画期的な栽培方法です。土の種類や肥料に悩まされることなく、1種類の肥料で何でも栽培出来る不思議な栽培です。

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、
いつでもレタス ショップから お知らせ 
連休からハイポニカ肥料が注文に追いつかず、品薄状態が続いていました。メーカーより増産体制に入り、注文に十分対応出来ることになりました。と連絡が入りました。いつもの通り出荷出来ますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2009.05.28

ごみ箱水耕栽培 中玉トマトすこぶる順調です。

20090528_001_2

20090528_003 20090528_005

ごみ箱をつかった中玉トマト水耕栽培、生長が順調です。今年はトマト類はスパーや八百屋さんから食べるために買ったトマトの種と昨年自家採種した種をつかっています。市販のトマトとても美味しくなっています。この種からトマトが出来るか出来ないかはまだ分かりません。他に去年のカラフルプチトマト・フェローも種を採種して育っています。他に中玉とも普通のトマトとも言えないトマト、美味しかったので種を採種、それも仲間に入っております。

ごみ箱水耕栽培に移してから一週間過ぎました。生育が旺盛で脇芽も十本もあります。脇芽も取らずそのまま育てようと思いましたが、これでは脇芽が多すぎます。多少掻き取りしなければなりません。

20090528_010 20090528_011

左、カラフルプチトマト・フェローです。このトマトで料理につかうと美味しい料理が出来るのが分かりました。  右が3月にスーパーから買ったトマトです。横浜JAのブランドが付いていたと記憶があります。各写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

インゲン栽培 横着じいさんの横着インゲン水耕栽培

20090528_013

20090528_014 20090528_016

今日は朝から雨です、横着じいさんの横着栽培、インゲンです。

コンクリートの上にモッコリとインゲンの葉が生い茂っています。

写真のみの栽培面積はたったのB5サイズ二枚程度です。

連結ポットに種を植えある程度大きくなったら移植するはずでした。

NHKの番組、『家庭菜園の裏技を全てお見せします』で私の栽培方法が放送されました

その為、自分の時間がだいぶなくなりました。この年になって多忙を極めています。

未だにたった一人で全て裁いていますので、

私の栽培の手入れもおろそかになっています。

それでも液肥さえあげていればドンドン!グングン!育っています。

まともには育っていないようですが、それでも相当数の花が咲き、

花の中からサヤが出てきました。各写真クリックで大きくなります。

インゲンの水耕栽培の以前の記録は7。インゲンの水耕栽培 と 窓際でインゲン栽培

があります。赤字をクリックで見ることが出来ます。家の中でも栽培できますよ!

| | コメント (0)

2009.05.25

コンクリートの上でインゲンの水耕栽培

20090510_25_026

20090510_25_038

コンクリートの上でインゲンの栽培、まるでコンクリート上でインゲンが育っているいるようです。インゲンの根の下は1㎝もありません、それでもインゲンの葉はモッコリと生い茂っています。葉の下はインゲンの花が真っ盛り、これから花の中からサヤが出てきて美味しいインゲンとなります。畑や土がなくてもインゲンはドンドン グングン出来てきます。

以前、室内でインゲン水耕栽培があります。参考になるかも知れません。興味のあるか方はご覧下さい→窓際でインゲン栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ingen3/index.html 家の中でもインゲンが栽培出来る様子をご覧下さい。

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、
いつでもレタス ショップから お知らせ 
連休からハイポニカ肥料が注文に追いつかず、品薄状態が続いていました。メーカーより増産体制に入り、注文に十分対応出来ることになりました。と連絡が入りました。いつもの通り出荷出来ますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0)

ネギの水耕栽培 室内で出来ます。

20090510_22_041 20090510_22_046

20090510_25_019 20090510_25_022_2 5月22日ネギの種を蒔きました。九条太ネギです、右側と左では種のメーカーが違います。左側はお茶パックにパーライトをつかって栽培です。右側はスポンジ培地をつかっての栽培です。ネギの栽培は久しぶりで昨年ブログには登場していないと思います。種蒔きから3日目種が発芽しました。ネギの発芽はおもしろい現象でが見られます。上は種蒔き当時、下側は種蒔きから3日目です、発芽したようです、右が発芽の数が少なく遅いようです。  これからどのように室内で栽培されるのでしょう。以前の室内ネギ栽培の様子を知りたい方は、こちら→ 窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html をご覧下さい。見事!室内でも本格的に栽培出来る様子をご覧下さい。

| | コメント (0)

2009.05.23

完全無農薬でレタスを育てよう

20090510_23_064_2 

初夏と思わせる気温です、家庭菜園家にとって虫との戦いが始まっています、有機栽培は無農薬と思いこんでいる人が大勢おります。有機栽培農家も虫と戦っております。我が家も冬の栽培には無防備でほとんど虫対策はしておりませんでした。5月入って防虫ネットカプセルを使い始めました。何故か白いネットは不格好です、見た目も綺麗ではなく不釣り合いです。各写真クリックで大きくなります。

20090510_23_049

今日、冬栽培のレタスの様子を細かく見たところ、葉の陰に沢山のアブラムシ!を発見しました。目に見える範囲は取り去りましたが、まだまだいるようです。先日荒治療で他のレタスに25度焼酎を飲ませました、ある程度きいたようです。今回は全部の虫に焼酎を飲ませることが出来ていないようです。小さいスプレーが必要です。

20090510_23_050 20090510_23_051

一方白いネットの中は、綺麗なレタスが育っています。農薬を使うことなく百円ショップの資材を使うことで虫のない環境で育てることができます。ネットの外は虫がいる環境です。

20090510_23_052 20090510_23_055

防虫ネットカプセルの中は虫一匹いない別世界です。写真1枚目の中段は虫がいますが上段の防虫ネットカプセルの中は虫のない完全無農薬野菜が育ちます。

20090510_23_058

20090510_23_059_2

外から見たネットカプセルです。ブカッコウですが性能は凄いです。

いつでもレタス の記事は全て私のオリジナルです。栽培方法やこの栽培方法を無断で記事にすることは著作権に触れる事があります。私の写真を無断で自分のホームページに貼り付ける事も著作権に触れますのでおやめ下さい。詳しい栽培方法や解釈を載せている方がおりますがおやめ下さい。

20090506_001 ←左の本からお越しの方、又、今日、初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

その他十数種類の栽培実験が記録として見ることが出来ます。左袖のマイフォトからご覧下さい。

全て私のオリジナル栽培です、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、
いつでもレタス ショップから お知らせ 
連休からハイポニカ肥料が注文に追いつかず、品薄状態が続いていました。メーカーより増産体制に入り、注文に十分対応出来ることになりました。と連絡が入りました。いつもの通り出荷出来ますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2009.05.21

室内窓際栽培 生長が早いです。

20090510_21_036 

我が家の出窓はは南東と南西の角に位置しています。写真左側が南東側です。日照時間は三時間半くらいしかありません。南東側にはひさしがなく空の明るさはいつも受けています。南西側にパパイヤが陣取っており、昨年まではパパイヤの場所でインゲンやネギなど色々な物が育ちました。

今日は21日、先月の21日にNHKのテレビ収録が我が家であり、その時に種蒔きしたレタスがいつも以上に生長しました。

20090510_21_020 20090510_21_031

栽培層に種蒔きのときに付けたタグが見えますが、サニーレタスと書いてありますが、サンチュの間違いです、種蒔き時よりそのまま付けていますのでご了承下さい、種蒔き4月21日、この栽培層に移植したのが5月6日です。種からちょうど1ヶ月でこれだけ生長したことになります。凄い成長ぶりです。右側の写真物差しで23㎝のところに葉の先があり、スポンジ培地の高さを見ても20センチ以上生長したことになります。種からずーとこの場所だけで育てました。参考に5月7日と4月29日のブログをご覧下さい。このまま下へスクロールで見ることが出来ます。

20090510_21_026 20090510_21_027

20090510_21_028 同じ角度から下、水平面、上 から撮った写真です。本来ならば、根から下の方に15㎝以上の土の層がないとここまで育つのは難しいですが、この栽培方法では土に当たる部分が1㎝もありません。それでもこれから    ぐんぐん!どんどん! まだまだ大きく育ちます。

20090506_001 ←左の本からお越しの方、又、今日、初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

その他十数種類の栽培実験が記録として見ることが出来ます。左袖のマイフォトからご覧下さい。

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、
いつでもレタス ショップから お知らせ 
連休からハイポニカ肥料が注文に追いつかず、品薄状態が続いていました。メーカーより増産体制に入り、注文に十分対応出来ることになりました。と連絡が入りました。いつもの通り出荷出来ますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2009.05.20

冬に蒔いたレタスと春に蒔いたレタスの入れ替え時期です

20090510_20_026 20090510_20_025

ベランダ軒下栽培は暮れから正月に蒔いたレタス類と、3月に蒔いたレタス類との入れ替えの時期、古い物はすっかり生長してワンサカ、ワンサカと生い茂ってる状況3月4月に蒔いたレタス類は白いネットの中、で虫の害もなく新緑の彩りで生長しています。

20090510_20_02320090510_20_021 20090510_20_024

防虫ネットカプセルの中は綺麗な新緑のレタス類が見えます。気候・気温も良いのか、倍速モードで生長しています。ネット中の写真1枚目は、テレビでスポンジの苗を移植する場面がありましたかその時に移植した苗もここまで育ちました。少し生長が遅く感じられます。テレビの演出上で 『土を使わない栽培』 と云うことでコップの下にはバーミキュライトがありません。これまでこの方法でも何度も栽培しており少しばかり生長が遅いです。

初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

ショップでお分けしておりますスポンジは、水耕栽培専用に開発されたスポンジで、25㎜角に切断され、1つ1つにH型の切り込みが入って根が浸透しやすく加工されています。一枚が150ブロックあります、そのまま加工することなく使用できますのでお買い得です。最初はスポンジ培地で栽培を始め、その後はスポンジ培地を使わない栽培方法もあります。 
市販のスポンジタワシでも栽培することができますが、品質が一定ではなく中には栽培に適さないものもあります。

| | コメント (0)

2009.05.19

いつでもレタス 移植作業

20090510_17_015 20090510_17_013

5月1日にスポンジ培地に蒔いた種も2週間を超えました、それ以前に水中発芽という実験もしており、水中から拾い上げた発芽した苗も普通に育ちました。後日水中は発芽について投稿したいと思います。写真右が水中発芽の苗ですが、これで目的達成です。後は普通に私なりの栽培方法に移行します。

20090510_18_012 20090510_18_014

20090510_18_020 20090510_18_018

20090510_18_019

今日の作業は延び延びになっていた5月1日に蒔いたレタス類の移植作業です。これまでと違った方法を使っています。横着じいさん 色々と実験をしております。これまでのブログでは写真では載せていますが、すでに沢山のかたが気が付いて実行に移しております。基本さえ分かれば皆さんも色々と試すことが出来ます。

毎日、沢山の人が新たに私のサイトを見にきております。

最初はやっぱり基本から始めて頂きたいと思います。

初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、
ショップでお分けしておりますスポンジは、水耕栽培専用に開発されたスポンジで、25㎜角に切断され、1つ1つにH型の切り込みが入って根が浸透しやすく加工されています。一枚が150ブロックあります、そのまま加工することなく使用できますのでお買い得です。最初はスポンジ培地で栽培を始め、その後はスポンジ培地を使わない栽培方法もあります。 
市販のスポンジタワシでも栽培することができますが、品質が一定ではなく中には栽培に適さないものもあります。

| | コメント (0)

2009.05.18

バジル栽培 サンチュの葉と同じ大きさです

20090510_18_031

20090510_18_032

バジル栽培です、手入れもせず 液肥がなくなってから液層に補給するのみ、我が家では食べる習慣がないので(食べ方が知らない、ピザ屋さんからピザを取った時にちょっと経験するのみ)どこまで育つかを見つめるだけになりそうです。チマサンチュと並べてみました。ほぼ大きさは同じくらいのもあります。これが普通でしょうか? コップで育てたかったが、お茶パックから初めた為、成り行きで小さいポットを使うことになりました。

| | コメント (0)

2009.05.17

ごみ箱水耕栽培 中玉トマト移植しました

20090510_17_051

ごみ箱を使った水耕栽培、ごみ箱での栽培は今年で4回目(四年目)になります。毎年大成功です。高価な市販の装置にも負けない収穫があります。資材はごみ箱とそれを受ける液層(写真ではピンクのトレー)だけです。こんな装置ですが、理にななった水耕栽培装置になります。

今年の苗はスパーの野菜売り場で買った中玉トマト、美味しく食べたトマトから種を取り出し、種を作りました。美味しく感じたトマトの種を取れば、高価なトマトの種となります。今日現在のトマトの苗は自家採種の種ばかり、もしかしたらトマトの木だけで実がならない可能性も大いにありそうです。 種やさん色々と種の加工をして一代限りの種を使っていると聞いたことがあります。

20090510_17_039 20090510_17_046

20090510_17_053

他に先日ホームセンターで買ったキュウリ二株、シシトウ一株、トマト二株(イタリアン料理用トマトと中玉と大玉の中間くらいのトマト自家採種)を水耕栽培用にセットしました。

| | コメント (0)

窓際の小さな小さな家庭菜園 5.17

20090510_17_002

20090510_17_003

20090510_17_008

5月6日に室内窓際栽培はバジルを残して撤収収穫しました。しばらく寂しい景色でしたが少しずつ復活してきました。NHKのテレビカメラの前で種を蒔いたレタスもコップの縁を越えだいぶモサモサしてきました。種蒔きは4月29日、27日も参照 今日は栽培層の下から写真を撮ってみました、コップの下は8㎝くらいしかありません、これでも根はしっかりとしています。このザルとトレーが水耕栽培の装置になります。面積はB5サイズ しかありません、種蒔き時も層でしたが10ブロックあり、狭い場所でジャングル状態のようになります。不思議な不思議な栽培方法です。現在のバジルの様子、葉も大きくなり過ぎ、脇芽も盛んに増えてきました、ますますどうなるのでしょう。

毎日、新しい方がこのサイトを見に来て頂いております。沢山の栽培実験をこれまでしてきました、その様子を左のマイフォトでご覧いただけます。これまで菜園誌に書かれていない栽培方法です。ほとんどの野菜は簡単に確実に栽培出来ることが分かると思います。時間のあるとき少しずつご覧下さい。 きっとおわかりになると思います。ド素人が考え出した栽培ですので簡単に誰でも栽培出来ます。

 初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、
ショップでお分けしておりますスポンジは、水耕栽培専用に開発されたスポンジで、25㎜角に切断され、1つ1つにH型の切り込みが入って根が浸透しやすく加工されています。一枚が150ブロックあります、そのまま加工することなく使用できますのでお買い得です。最初はスポンジ培地で栽培を始め、その後はスポンジ培地を使わない栽培方法もあります。 
市販のスポンジタワシでも栽培することができますが、品質が一定ではなく中には栽培に適さないものもあります。

| | コメント (0)

2009.05.15

20090510_15_002

20090510_15_005

窓際栽培も一旦整理され寂しくなりましたが、NHKテレビで種蒔きしたレタスもワンサカ、ワンサカとしてきました。ガラス越しの太陽の光を受け順調です。残ったバジルは大きくなりすぎております。

20090510_15_006_4 

5月1日に蒔いたレタス類もすでに移植しても良い頃になっていますが、担当者が移植する時間がなく、放置されています。 その前に移植しなければならない苗もいくつもあります。外の棚栽培も相当数撤収しないと場所がありません。

初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、
ショップでお分けしておりますスポンジは、水耕栽培専用に開発されたスポンジで、25㎜角に切断され、1つ1つにH型の切り込みが入って根が浸透しやすく加工されています。一枚が150ブロックあります、そのまま加工することなく使用できますのでお買い得です。最初はスポンジ培地で栽培を始め、その後はスポンジ培地を使わない栽培方法もあります。 
市販のスポンジタワシでも栽培することができますが、品質が一定ではなく中には栽培に適さないものもあります。

| | コメント (0)

アブラ虫に焼酎を飲ませる実験

20090510_15_012 20090510_15_013

撤収して、片づけようとしたサラダ菜にアブラムシが・・・・  かねてからアブラムシに焼酎をのませると良いよ、と受講生の方から聞いていた。 試してみる見る必要があると思いながら、ようやく気候もアブラムシに良いのか、発見! 35度の焼酎が良いと効いていたが、酒に弱い私は25度の焼酎、スポイトに吸い込ませアブラムシに薄めることなく一滴ずつ落とした。しばらくうごめいていたが、ほとんど落下、下の葉に落ちたアブラムシは動きがなく死んだ様子、残りはどこに行ったかバーミキュライト上に落下したのか分からず、写真の茎には一匹もいなかった。 何度も実験してみる必要ありです。  葉や茎に影響はまだ分かりません。今日はあえて写真を小さく載せました、クリックで大きくなりますが・・・・ 

| | コメント (0)

2009.05.14

バーミキュライトが店頭から消えた

20090510_14_010

シシトウとキュウリの苗をホームセンターから買ってきました。

最近、バーミキュライトがどこも売れ切れているらしい、とインターネットウエブ上で云われています。いつも行く百円ショップを数軒廻りましたがどこもありません。NHKで家庭菜園の番組が放送されてからのこと、どの店も多量に在庫を置いている店はありません。せいぜい10袋くらいしか見かけない。 中途半端な記事ですが、今日はこれで終わります。

| | コメント (0)

2009.05.13

安全!安心!軒下水耕栽培(ベランダ)

20090510_13_013

20090510_13_011

軒下栽培の写真は久しぶりの投稿です。しばらく手入れもせずただ食べる分を摘み取っておりました、ほとんど減っている様子はありませんがだいぶ栽培層が減っております。昨日の室内で苗を成育中のものも室内だけでは場所がなくまだまだ思い切ってこの棚から整理する必要があります。まだまだ真っ盛り、摘み取っても摘み取っても どんどん!ぐんぐん! 葉が生い茂って来ます。レタスの種類を選べばレタスに関しては自給自足が可能です。

20090510_13_014 20090510_13_018 20090510_13_019

20090510_13_02020090510_13_021 

棚栽培の一番上には白いネットがあります、この中ではこれからのレタスが無農薬で育っています。防虫ネットカプセルと命名してネーミングとして登録してあります。著作権としても知的所有権に登録済みです。ネットに守られ綺麗に生長しております。しばらくの間このネットの中で生長することになります。各写真クリックで大きくなります。

初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、
ショップでお分けしておりますスポンジは、水耕栽培専用に開発されたスポンジで、25㎜角に切断され、1つ1つにH型の切り込みが入って根が浸透しやすく加工されています。一枚が150ブロックあります、そのまま加工することなく使用できますのでお買い得です。最初はスポンジ培地で栽培を始め、その後はスポンジ培地を使わない栽培方法もあります。 
市販のスポンジタワシでも栽培することができますが、品質が一定ではなく中には栽培に適さないものもあります。

| | コメント (0)

バジルの水耕栽培 葉がこんなに大きくなって良いの!

20090510_13_003

私にとって初めてのバジル栽培、葉はこんなに大きくなるものか知りませんでした。大きいもので幅が12センチ、長さが13センチ、丸く裏側に反っているのではかって見た、我が家は食べる習慣がなく、家内もレタスと違って食べようとしない、しばらく様子を見ながら栽培を続けて見ます。

20090510_13_004 写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

パパイヤ栽培 5.13

20090510_13_001

パパイヤの栽培、昨年の7月家族で食べたパパイヤの種、  1つあたり500粒位の種が入っていたと記憶している。その内100粒くらい、水洗いし乾燥させ、種にしたものを発芽させた。冬は越せないとあきらめいたが、外のビニールハウスで栽培していたものは凍結してしてしまった、生き返る事はなかった、 室内の栽培は何とか生き延びた。 今では葉もだいぶ生い茂ってきた。木の曲がり具合も何故か南洋の海岸に見られる木のようで癒されます。パパイヤは雄の木と雌の木があり一対になって実がなるという、左は雌の木と思われるが冬は越したが今になって風前の灯火となっている。   昨年の8月に種からの記事が載っているので感心のある方はバックナンバーより昨年の8月の記事をみてください。 この栽培も肥料はハイポニカ肥料五百倍希釈液だけです。

| | コメント (0)

2009.05.12

家の中の家庭菜園

ハイポニカ肥料ご注文の方へ急激な注文も少しずつ元に戻りつつあります。今週中には平常通りの発送が出来るかと思います。ご注文をなさってまだ代金未決済の方はどうぞ振込をお願いします。順次発送させて頂きます。  いつでもレタス ショップより。

ようやく一息ついた感じですが、今日カルチャースクールから帰ってからの後始末はまだで御座います。 毎日沢山の方が訪問され、NHK放送後からは日に3000人の訪問者 アクセスは59750の日もありました、現在は1500人くらいの来訪者で推移しております。にもかかわらず、ブログを休みがちです。メールでフログ更新楽しみにしています・・・・・ と   今週いっぱいはまだ忙しい日が続きそうです。出来るだけ写真のみでも掲載したいと思っております。

今日の様子を写真を羅列してみます。

20090510_12_001_2

室内メインの栽培場所です。 左側北東に面しており、柱から右側は南西に面しております。民放放送、NHKでこの場所が写されています。先日生長したレタス類は撤去されバジルのみ大きくなっています。

20090510_12_004

棚の上段左上に5月1日に蒔いたレタスが4種類スポンジ培地で育っていますが、1つ手前右は古い種を水中発芽させて 発芽したもののみ 拾い上げて苗になれば良いと    実験しております。発芽率五分の一程度、芽を出しても苗になるのはその内の一部です。6株くらい出来れば良いと思っています。他は2週間目途に移植たいと思っています。

20090510_12_006

これも古い種ですが、発芽率が良いので通常道理種蒔きして、普通に育っています。チリメンチシャで好きなレタスです。葉が扇子のように広がり肉厚もあり育てやすいレタスです。

20090510_12_013

下の段で大きくなっており、頭はつっかえてこれ以上伸びることが出来ません。葉も大きく通常の一倍半から二倍以上葉が大きくなっております。我が家では食べる習慣がありません。

20090510_12_021_2

 

バジルの隣、NHKの放送時震える手?で種を蒔きました。画面一杯に映りました、その時が4月21日、放送日が27日 この栽培層(ザルとトレー)に移植したのが5月6日です、 今日で種蒔きから3週間になります。ここまで育ちました。後1ヶ月で食べ頃になると思います。

初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、

| | コメント (0)

2009.05.07

NHKカメラの前で蒔いた種も苗になり移植しました。

ハイポニカ肥料を注文された方にお知らせです。 

NHKの全国放送後、注文が非常に多くなっております。連休前に十分確保したつもりでしたが、予想をはるかに超える注文数です。連休5月2日までに決済がお済みのかたまでは、発送しまして、在庫がなくなりました。3日よりの6日までの注文は9日又は10日の発送を予定しております。メーカーにも非常に多い注文があり、当ショップへの割り当てが十分出来ないと連絡が入りました。しばらくの間この様な状態が続くと予想されます、注文は受付しますが、支払い方法を後払い(コンビニ店支払い)をご選択頂き、商品到着後代金支払いをお勧めします。よろしくご理解頂けますようお願い致します。

20090507_001

20090507_004

3日続きの荒天土砂降り、賑やかだった窓際栽培のレタス類は、バジルを除いて全て撤去され、次の苗に移ろうとしています。昨日NHKカメラの前で種を蒔き(4月21日)昨日で2週間、昨日移植するはずが荒天のため今日部屋の中、窓際で移植作業をしました。

20090506_003 20090506_009 20090506_010 20090506_012 20090506_014 写真クリックで大きくなります。各写真窓際で移植作業の様子。 今日、初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全てて http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.htmlをご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。 チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。   この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。 ←クリックで本の立ち読みができます。 ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/

最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、いつでもレタス ショップから お知らせ 現在ハイポニカ肥料の在庫が有りません、テレビ放映の影響もあり沢山の注文がはいっております。入荷次第代金決済がお済みのかたから順次 発送しますので宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2009.05.06

チンゲンサイ 室内水耕栽培撤収しました。

20090505_003

20090505_005_2

20090505_029_2 種から室内栽培していた青梗菜、撤収しました。移植を待っている苗も行く場所がなく、またチンゲンサイにハモグリの虫が発生、どうもテレビで大宣伝している虫除け効果もなく、だいぶ目立ってきたので、窓際にはバジルを除いて撤収しました。新しい苗に出来るだけ影響のないようにしたいと思います。各写真とも根本はごく細く育っています。六株でハガキ二枚の面積です、大変な蜜植です。

20090506_001 ←左の本からお越しの方、又、今日、初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、
いつでもレタス ショップから お知らせ 
現在ハイポニカ肥料の在庫が有りません、連休明けに入荷予定ですが、テレビ放映の影響もあり沢山の注文がはいっております。入荷次第代金決済がお済みのかたから順次 発送しますので宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2009.05.05

ミニ大根 収穫詳細

20090505_001

ミニ大根、しばらく前に収穫撤収と思いながら大根の部分をもうしこし大きくしようと思いながら今日まで引っ張ってきました。しかしいつの間にかハモグリの虫が発生時々葉から葉がして退治していたがちょっとの隙にだいぶ藻繰り込まれてしまいました。今日撤収としました。

20090505_011 20090505_017_2

今回の栽培は、スポンジ培地に種を蒔き苗になったところでコップに移植、そのコップは底と周りに穴を開けバーミキュライトを1㎝くらい敷き苗を移しコップとスポンジの間をバーミキュライトを入れたコップをバーミキュライトが敷き詰た栽培層に設置したものです。写真二枚目は栽培層から取り出したミニ大根、鉛筆を比較のため横に。三枚目は大根を引き抜きコップの中、コップの底に多数の穴が空いている。

20090505_018 20090505_024

スポンジ培地に種を蒔き、そのスポンジを突き破り大きくなったのが分かります。コップの底が当たり伸びる隙間がなく底部がふくらみヒョウタン状になっている。三枚目スポンジ培地を切って見ました。四枚目百均の小さなザル付きトレーで育ったミニ大根六本全部、したに取り除いたスポンジが、写真クリックで大きくして真ん中のコップを見てください、底部の穴が良くわかります。 

| | コメント (0)

2009.05.04

種まきから三つ日目です

20090504_002

今日の室内栽培の様子です。

ほとんどが大きく成長しました、種から育て始めたレタス類も置く場所がありません、室内栽培のものわ、撤収することになります。外の軒下の棚も入る余地がありません。20090504_030

5月1日にまいた種も三日めです、相変わらず古い種は発芽率が悪いようです。左下のミニレタス、発芽率が悪いのがわかっていたので水中発芽させております、何粒か発芽してます、

20090504_031

5月1日の二日前に蒔いたチリメンチシャ、数年前の種ですがほとんど発芽しました。

20090504_014

テレビで種まきしたシーンのサニーレタスです、明日で二週間になります、移植の時期が来ています。栽培層に移植しても置く場所がありません。室内で大きくなったものから撤収することにします。

今日、初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、  

| | コメント (0)

2009.05.02

軒下栽培棚 こんなに育つんです!

20090501_030

20090502_012 昨日、数種のレタス類を栽培層に移植しました。それに伴い最上段に設置しますので、これまで居座り続けたレタス類を移動しました。最近の暖かさでレタス類の葉の増殖は激しく、葉を採ってもても採っても減る様子はなく丈が伸びている、棚の段の高さを超え、天井まですでに達している。葉も大きく、肉厚もあり美味しい食べ盛りです。これから種を蒔けば暖かさも手伝って五六十日くらいで食べ頃になります。是非皆さんも挑戦して下さい。

土を使わない栽培ですから室内でも栽培し室内で収穫できます。レタスの室内栽培http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/heya/index.html  

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、 

| | コメント (0)

一日の日は種蒔きから

20090501_010 

20090501_001

一日の日はよく種蒔きの日にします。去年買った種で発芽が心配ですが、今年になって買って種は手持ちが少なく、あるもので 蒔いてみました。ミニレタスは前回発芽率が非常に悪く水中発芽としました、発芽したものだけをスポンジ培地に受け止めて栽培してみます。

グリーンウエーブ、サラダ菜、サニーレタスです。種の蒔き作業方法から移植の仕方など詳しく知りたい方は→こちらからレタス水耕栽培毎日記録の詳細全て をご覧下さい、http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html

昨日一日は、これまでのスポンジ培地苗や、お茶パック苗を栽培層に移植しました。昨日移植作業は7層です。

20090502_003 20090502_004 20090502_006 20090502_005

移植がすんだ栽培層は防虫ネットカプセルの中にいれ、虫からまものます、 20090501_028 強風で毛虫が飛んで来ました。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »