« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009.04.30

バジル水耕栽培

20090420_30_006

バジルの水耕栽培、ポットを使ってしまい、水耕栽培らしくありません。2月に種を蒔きレタス栽培と同じ方法と考えていましたが、お茶パックに緑の藻が発生、止めるためにポットに移しました。移してからの生長は早く、又葉も想像以上の大きさです。種からの成長記録をマイフォトにアップしました。日付順に並ぶよう作業中です。こちら→09.2 バジル 生長記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/bajiru/index.html からご覧下さい。

20090420_30_007 20090420_30_008 20090420_30_015

一週間前に蒔いたハーブのレモンバームとペパーミントの種がようやく一部芽を出しはじめた。レタスや野菜の種は二・三日で発芽を見ることが出来るので、少々じれったい感じがする。ほんの少しばかりですがどのように育つかが楽しみです。

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、  

| | コメント (0)

2009.04.29

レタス 生長しすぎのようです

20090420_29_017

20090420_29_024

今日の室内窓際栽培と外の軒下棚栽培の様子です。テレビに映った映像は21日の収録、放送は27日、収録から8日目の写真になります。すっかり大きくなってしまいました。そろそろこれから育つものと入れ替えしなければなりません。今食べ盛りてす。

20090420_29_030 20090420_29_021_2

収録の時にカメラの前で種を蒔きました。左は種蒔きのシーンです、テレビから撮した写真で見にくいです。右の写真今日撮ったものです、生長が早いようです。

今日、初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

チンゲンサイ栽培記録もご覧下さい→08.10ミニチンゲンサイ栽培記録http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、  

| | コメント (0)

2009.04.27

NHK で紹介されました、

Nhk1

NHK朝の番組「生活ほっとモーニング」今日の主題は家庭菜園の裏技特集でした。話題は五つ、この中で私の栽培方法が非常に簡単にわかりやすくうつっていました。、専門の大学の先生も絶賛し、詳しく私の栽培の合理性を解説して下さいました。

写真は私と栽培中の野菜達、テレビをデジカメで取ったものです、手前に私の著書 横着じいさんの超簡単水耕栽培 が置いてあります。

NHKのホームページからもご覧いただけます。私の顔がはっきりと写っています。http://www.nhk.or.jp/hot/2009/04/27.html その2が私のコーナーです。

20090420_27_022 20090420_27_020

20090420_27_019 20090420_27_013 収録が21日、それから6日後の写真です、棚のレタスもだいぶ食べました、撮影までは立派にしておこうと食べる量を控えめに、終わった後は思いっきり食べました、それでもこの栽培層は減った様子も有りません。手に持っている栽培層、サラダ菜とサンチュです。ここまで大きくなっても重さはレタスの重さとトレーとザルの重さです。サラダ菜は蜜植のため結球せずこの様に葉が大きくなります。肉厚のあるレタスです。サンチュはテレビで写った栽培と同じ栽培方法です。最後の写真テレビで種を蒔くシーンがありましたが、6日目でここまで育ちました。

今日、初めてこのサイトにお越しの皆様、種から始めるレタスの作り方、連続写真で見ることが出来ます。次をクリック して下さい→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、  

| | コメント (0)

2009.04.26

土を使わない栽培方法として NHKテレビ27日放送されます。

NHKテレビ収録が5日前の21日、それから5日たちました。撮影まで最良の状態で保とうとつとめましたがすでに下り坂に入ったときでした。それでも野菜達は綺麗に写っていると期待してます。 昨日は低気圧の通過で大雨、外の写真は一枚も撮れませんでした。

20090420_26_010

我が家の畑です。低気圧の通過後、強い風が、時折相当強い突風も吹くときが有ります。何度も風に飛ばされたこともあり、つっかい棒をしています。 三つの小さな簡易ビニールハウスです。この三つのビニールハウス合わせて畳み一畳も有りません。家族で自家消費されるレタス類は十分まかなうことが出来ます。

20090420_26_011_2 正面真ん中のビニールハウス、ここがメインの栽培場所になります。棚の中にザルとトレーが一対の栽培層(百円ショップの物)があります、この栽培層が水耕栽培装置になります。電気を使わず故障も有りません。小さな小さな栽培層ですが相当の蜜植で育ちます。各写真クリックで大きくなります。

20090420_26_046

左側の栽培層、21日のテレビ収録時はもっと賑やかでした、撮影終了翌日より、ボチボチ撤収始めました。ちと隙間が空いてしまいました。ここは一度撤収したレタス類を再生する実験をしていました。一度撤収しても再びよみがえり沢山の脇芽がぐんぐん大きくなるのが分かり、以前のレタスと変わりなく美味しくいただけます。種から蒔くより早く成長します、根がすでに立派になっているためと思います。

20090420_26_063

種蒔きの様子を室内で収録しました。豆腐のタッパーにスポンジ培地を湿らせて入れます、スポンジの上に種を二粒ずつ置きます、そして種の上にトイレットペーパーを被せ、トイレットペーパーを濡らします、種の乾燥防止と早く芽を出す役目をします。種蒔きから5日でここまで育ちました。

20090420_26_031

スポンジの苗をコップの中に入れるシーンが写ると思います。「土を使わない栽培」と言うことで紹介されるためバーミキュライトですと、どうしても土に見えてしまうので、白いパーライトを使うことにコップに入れ、栽培層に直に置き生長させることにしました。これだけでも立派に育ちます。

20090420_26_035

上の写真、下のように育ちます。栽培層の中ザルがはっきり分かります。

だいぶ手抜きの栽培方法ですが、立派にレタス類は育ちます。テレビではこの方法を撮影しました。バーミキュライトを敷いてその上にコップを設置するのが私のお薦め、そうでないと光合成を液肥がもろに受けもの発生が早く、掃除もひんぱんにしなければなりません。

種蒔きから詳しい栽培方法を知りたい方はこちらからマイフォトから レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧下さい。種蒔き準備より収穫前までの生長過程が連続写真で見ることが出来ます。

全て私のオリジナル栽培ですので、これまで発刊された菜園誌等には書かれていない栽培方法です。 

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、  

| | コメント (0)

2009.04.21

NHKの収録が終わりました。

20090420_21_040

NHKが再び収録にきました。今回もNHKの取材はしっかりしています。まず取材の問い合わせ、メールと電話 その後担当ディレクターが下見取材、その後しばらくして、番組名と放送の趣旨、あらすじなど、これも電話とメールで確認、そして今日取材クルーが来ました。

まず外の栽培の様子、たっぷり時間をかけ葉を一枚一枚なめるようにカメラのレンズが動いていました。最初は三脚を使って次に肩に担いで撮っていました。

そして室内で種蒔きから移植までの様子、そしてインタビュー終わって室内栽培の様子、最後にコップに移植した栽培層を外のビニールハウスにセットして、収録を終わりました。

この様子は27日月曜日8時35分 「生活ほっとモーニング」 の番組内で (土を使わない野菜の栽培) 副題で放送予定です。 カメラがデジタルハイビジョン対応なので私のぼろが丸見えかもしれません。

| | コメント (0)

2009.04.19

野菜の室内栽培 大きくなりますよー

20090419_006

20090419_007 20090419_005

室内窓際野菜栽培、横着じいさんブログ投稿をさぼっています。にもかかわらず窓際の野菜達は益々元気です、左上のサニーレタスは葉が大きくなり葉の重みで倒れてしまいました。レジ袋で何とか支えています。右はバジルとチンゲンサイです。左下はミニ大根とリバーグリンです。ミニ大根葉が広がり大きくなり、大根らしきものが生長しています。バジルは葉がでっかくなってきました。

20090419_003

チンゲンサイは透明コップを使って栽培していますので根本の様子が良くわかります。私の栽培方法では根本がこの様になりますが、普通とは違うようです、多分。写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

水耕栽培 撤収しても又盛んに育ちます。

20090419_012

この写真に写っているレタス類や水菜は一度全て収穫が終わり、根本から切ったり、葉を全部取ってしまったもので、完全に坊主状態でした。そのまま液肥を与えておくとこの様に又生長します。種から育てるより早く成長しました。水菜は花も咲き種莢が一杯つけています。

20090419_022

再生チマサンチュの根本です。

| | コメント (0)

2009.04.15

春にむけてレタス栽培 すっかり大きくなりました。

20090415_003

20090415_020

しばらく投稿が出来ませんでした。今日の室内栽培の様子と軒下棚栽培のメインの棚です。暖かさが続き夏日にもなる日もあり、生長が著しく早くなってきました。室内のレタスも ワンサカ、ワンサカ状態です。右側のパパイヤもすっかり元気になり無事冬を越しました。

今一番自分的に注目はバジルです。葉も市販のものと変わらなく大きくなりました。後は葉数が増えるのを楽しみにしています。棚栽培の上段が室内栽培と同じ苗です。室内栽培が生長が良いのはどうしてか分かりません。

現在新しい栽培は、市販のスポンジ(タワシ)を使って苗を作っております。

20090415_033 20090415_032

4月8日にお茶のパックに一握りのパーライトを入れグリーンウエーブとチマサンチュの種を直播きにしました。今日でちょうど一週間発芽して双葉になり生長を続けています。写真クリックで大きくなります。

これまでお茶のパックと一握りのパーライトやパールライトを使った栽培を色々と実験しております。興味のある方はご覧下さい
パーライトでレタス水耕栽培  パーライトでレタス水耕栽培 収穫明細  ルッコラ栽培

窓際モロッコ栽培 パーライト編 まだ色々とあります。

    

| | コメント (0)

市販のスポンジで栽培してみよう。 新しい発見へ

 ここしばらく年齢の割に多忙が続いている、ブログの更新もままならない、写真もとり忘れる日もある。ボケが益々ひどくなり、今何をやっているかも忘れてしまう。
あくまでも私的に忙しいのであって、世間的に見たらあてはまらいかもしれない。
昨日で一段落、二日ほど外部からの予定がなく、少しばかりのんびり出来そうだ。
ブログも9日に投稿して5日ほど空いたことになる。

ある方の依頼でスポンジ培地を専用ではなく百均や、雑貨屋で買えるスポンジを使うことが出来ないか、と言うことで市販のスポンジを買って種を蒔くことになりました。ところが百均ショップ市内の三軒を廻ってみたところ純粋のスポンジ又はスポンジタワシが市場からないことが分かりました。勿論スポンジタワシは色々な種類のタワシがあり、どれもタワシの機能が付き、片面に固い面が汚れ落としの為に着いたものばかりでした。

五年前私がこの栽培を考え着いたときは、細長い細長いスポンジがタワシとして売られていた、それを自分で適当な長さ切って使用するスポンジがありましたが、すでに商品価値としてなくなっていつの間にかなくなっています。

そんな市販のタワシスポンジを加工して、水耕栽培用スポンジに変えて見ましょう。

20090408_034

市販のタワシ、堅めにおごれ落としようの固い部分が、その固い部分をカッターなどで切り取り、スポンジのみ使用する。

このスポンジ購入する前に種を発芽させておいた。

詳しい写真はマイフォトに載せました。新しい発見、方法を思いつきました。

水中発芽より市販のタワシで苗作り http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/tawasi/index.html :

現在制作中です。

| | コメント (0)

2009.04.09

室内窓際野菜栽培実験場

20090409_080

我が家の窓際栽培は非常に狭いところ、いつもの写真ではだいぶ広い場所のように見えます。少し離れて撮すすと良くわかると思います。こんな狭い場所で色々な種類の野菜栽培実験をしています。20090409_081

少しアップすると2枚目の写真になります。

| | コメント (0)

室内窓際野菜栽培

20090409_068_2 

室内窓際栽培のレタスや、野菜類です。外の生育と違ってはるかに大きく育っています。

サニーレタスです、葉も大きくなり外側に倒れかかっています。

20090409_074_3 

棚上段のチンゲンサイです。前回ミニチンゲンサイに挑戦しました。綺麗な出来具合で大成功でした。

20090409_075_2  バジルです、私には初めての挑戦です。このポットに移植したら急に生長が早くなった感じがします。

20090409_078_2   

下段左のミニ大根です。葉だけでも25センチも伸びました、虫の陰があり、葉にもぐっています。

20090409_070_2 

リバーグリンです。葉が広がりたくコップでじゃまされているようです。

前回ミニチンゲンサイ(シャオパオ()の栽培記録はマイフォトにあります。ここからでも見ることが出来ます。

http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/chingen/index.html 

| | コメント (0)

2009.04.07

バジルの水耕栽培

20090407_092 20090407_113_2

20090407_115 20090407

バジルの水耕栽培、お茶パックと一握りのバーミキュライトで栽培するつもりが、いつの間にかお茶パックが光合成で緑色になってしまいましたこのままだと黒く変色していくでしょう、その為小さなポットに移植することに、培土はバーミキュライトと椰子殻繊維の半分ずつの混合培土、移植した栽培層は半分は室内で栽培、残りの半分は軒下の栽培となります。バジルの葉もすっかりバジルらしくなりました。各写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

中玉トマト水耕栽培開始しました。

20090407_008

市販の中玉トマト、食べて美味しいトマトだったので種を採取、種らしく加工したのが発芽しました。一般のスパーで売られている中玉トマト、ひつのトマトから種を取り出し、(種以外は食べてしました。)濡れたスポンジ培地に漬けけておいたらほとんど発芽しました。4月1日の種蒔きです。

今年もごみ箱栽培の予定です。

| | コメント (0)

2009.04.04

家の中で野菜を育ててみませんか!

家の中でも野菜が作れます。野菜栽培の表現よりも作ると言った表現が適当かと思います。栽培の知識は必要なく、取説の説明のままプラモデルを作る間隔で誰でも野菜が出来てしまいます。家の中で土を使うことなく台所のザルや百円ショップの資材で見事な野菜を作って見ませんか!

20090404_026_2

私の家の中窓際で栽培している野菜です。写真は2月23日に種から蒔いた野菜がカーテン越しに新緑の葉が見えます。2月と言えば種を蒔いても気温が低く芽が出ない時期です。

種を蒔いて居間の天井近くは発芽温度に適した温度です。家のタンスや棚の上などで発芽します。

20090404_030 20090404_041

カーテン越しに見えた野菜、チンゲンサイ 左と ミニ大根です。透明コップの中で育つチンゲンサイ、これから根の付け根部分が太く丸くなってくるでしょう。右がミニ大根です、現在葉の部分が大きくなっており根の部分が大根らしくありません。

20090404_042_220090404_038

葉レタスのサニーレタス左とフリンジーグリンです。外のビニールハウスよりもはるかに生長が良いです。畑や菜園がなくても自給自足に一歩も二歩も近づいてきました。

 この栽培方法の詳細を公開しております。種蒔きより収穫期までの記録写真です、ご覧になっていない方で興味のある方はこちらから見ることが出来ます。→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html です。

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、  

| | コメント (0)

2009.04.02

春にむけてレタス栽培 家の中でチンゲンサイも生長しています。

20090402_013

20090402_014

20090402_005_2 20090402_007 20090402_010

春にむけてのレタス栽培、4月に入りました、窓際のレタス栽培も外のビニールハウスよりもはるかに生長が早く不思議です。チンゲンサイは透明のプラコップで育てています、根本の様子が良くわかり、又プラコップのはたきも良くわかります、プラコップに支えられているのがわかります。
3月31日にはチマサンチュの種をスポンジ培地200ブロック以上に種を蒔きました。今日、発芽の前兆白い小さい小さい根が出てきてスポンジ培地に潜り込んでいるのが見えます。明日には緑の小さい芽が見えるかもしれません。昨日4月1日はスポンジ培地に種を蒔く時に乾燥防止用にトイレットペーパーを被せましたが、乾燥期でも種が乾燥しないように蓋の着いたタッパーを使って見ることに、この蓋小さい穴が空いており、発芽用の容器にピッタシかもしれません。双葉になれば蓋を取って生長の妨げにならないようにします。
前回温度管理がうまくいかず失敗した果菜類の発芽も試みております。中玉トマト、シシトウ、ハバネロです。28度設定で発芽させようとおもっております。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »