« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009.01.28

家の中で家庭菜園 窓際が畑になります 1.28

20090128_017 家の中で家庭菜園、夢のような事が現実に、これまでここの菜園の様子を二年以上ブログの記事としてきました。窓際でも色々な野菜が出来ることが分かり、このブログを見た方が大勢の人が実践しております。すでに私をはるかに超え素晴らしい結果を出しております。皆さんそれぞれ家庭の中での栽培、各家庭それぞれ違った限られた環境です。沢山の方が自分のブログで発表されております。

1月1日と3日に蒔いたレタスと野菜ですが、冬季の日照時間のみじかさ、気温の条件など冬にもかかわらず確実に生長しております。棚の下の段、三層に注目して下さい。

20090128_004

1月13日(左側)と1月17日(右側)に移植全く同じ苗だったが5日の差でこれだけの生長が違うのは何故か?

20090128

17日に移植した二層、左は上の写真右と同じ層、同じ苗ですが右の方が生長が良いようです。違った方法を使っております。

20090128_006

上の段左側、1月3日に蒔いたサラダ菜レタス、コップの縁より葉が飛び出してきました。

20090128_007

1月3日種より、セルリーという野菜です、コップの中で葉の形がしっかりと特徴がでてきました。これから生長が早くなると思います。

 この栽培方法の詳細を公開しております。種蒔きより収穫期までの記録写真です、ご覧になっていない方で興味のある方はこちらから見ることが出来ます。→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html です。

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、  
現在、ご注文に対して順調に発送しております。

| | コメント (0)

2009.01.27

アスパラ菜 花が咲き 収穫しました

20090126_009

20090126_024 20090126_023

アスパラ菜の水耕栽培、初めて目にした種でした。育て方も特徴もなにもわからないままレタスの水耕栽培と全く同じ方法で試して見ました。種の袋では花が咲く前に収穫のしゃしんでした。ベーコンと炒めて食べましたが味が分かりません、あまりにも少な過ぎるようです。まだ脇芽が出て再生するかもと期待を込めて茎を残しました。

| | コメント (0)

2009.01.24

パパイヤ栽培 越冬しそうです

20090123_019 20090123_020

昨年の夏にパパイヤの種を発芽するだろうかと百粒ほど湿ったバーミキュライトに蒔いてみた、60以上発芽、ほとんどが他の人へ、4株ほど残った。一番大きく育った木一本は凍傷で枯れてしまった。写真は軒下の簡易ビニールハウスのパパイヤ、何とか持ちこたえたようだが、幹から新しい芽?葉?枝?が生えてきた。てっぺんの葉も新しい葉が出ている。貰われていって育てられているパパイヤはもっと綺麗に大きく育っていると聞来ました。

20090124_036

こちらは家の中、窓際に無造作に枯れるまでただ水遣りだけの手入れ、こちらも冬を越しそうです。

| | コメント (0)

2009.01.23

アスパラ菜の水耕栽培 花がさきました

20090123_030 20090123_007

アスパラ菜に花が咲きました。もっと草丈が高いと思っていましたが、蕾が出来て、花が咲くこれで終わりでしょうか、今が食べ頃なのでしょうか?

少しこのまま様子を見てみます。

| | コメント (0)

2009.01.22

冬のレタス栽培 色々なレタスや野菜が出来ます。

20090121_026_2

軒下(ベランダ)の簡易ビニールハウス、メインの畑になります。一番上段は新しく栽培開始の栽培層や実験栽培に使われます、日照が一番良いためです。11月に蒔いた種はすでに皆大きくなってこれからは大葉に育ちます。一時40層近くあったレタスも20層くらいまですくなくなっております

20090121_036_2 左側の簡易ビニールハウスはすでに大きくなったレタスが無造作に置かれたようになっています。近いうちに大きくなったレタスは撤収の予定です。2月半ばより春にむけての栽培が始まります。

20090121_2

一握りの用土(バーミキュライトやパーライト等等)で大きく育てる実験しています。一株あたりヤクルトの空き瓶くらいの量で野菜を大きく育つ事が分かりました、レタスから野菜も実験に加えています。

20090121_037_2

家の中の野菜栽培、近いうちにたくさんの家庭で家の中で野菜栽培するときが必ず来ると信じています。これまで家の中で野菜栽培は出来ないと思われてきました。私の考えた栽培方法なら真冬でも栽培できます。暮れまでこの写真のところは野菜栽培で緑いっぱいの野菜がありました。今、正月に蒔いた種が生長中です。3月にはインゲンの栽培もここで出来ます。

| | コメント (0)

2009.01.21

アスパラ菜 水耕栽培 

20090121_033 20090116_021

アスパラ菜の水耕栽培、これまでブログの記事としてあまり取り上げておりません、どうもそれらしくなってきました、黄色い蕾が見えてきて、種の袋に似てきました。もっと沢山種を蒔けば良かったです。

蕾の中に黄色いものがみえてきました。春はそこまで来ているようです。

20090121_034

| | コメント (0)

2009.01.19

野菜の窓際 水耕栽培

20090119_015

20090119_001

 年末まで窓際は賑やかに数種のレタスが大きくなって栽培されていました。年末から正月と来客で一気に食べられてしまった、1月1日に種蒔きから、この窓際が発芽の場所として使われていました。種も発芽して苗となり、昨日より栽培層に半分ほど移植され窓際は一杯になりました。食するまで後2ヶ月ほど必要です、しばらくの間ここの窓際の生長の様子が記事となります。育て方も違った栽培方法の実験も兼ねます。狭い場所ですが昨年は思った以上の収穫することができ、家の中でも立派な野菜が出来ることをブログの記事にしたいと思います。
まだ軒下の簡易ビニールハウスには十分な量のレタスが残り育っています。まもなく収穫しても良い頃まで育っているれたすもあります。
しかし、本業農家の作る野菜は野菜栽培に適した環境にあり、朝の日の出から日没までの日照に恵まれ、これまでの先人の知恵を十分につかいます。それに引き替え私の知恵は野菜栽培の知識はド素人です。日照もこの窓際や軒下栽培の場所も三時間~三時間半という野菜栽培に向いているとは言えない場所です。

写真2枚目13日まで同じ苗、左は13日移植、右は17日移植4日の違いでこれだけ生長が違うのが分かる。

 この栽培方法の詳細を公開しております。種蒔きより収穫期までの記録写真です、ご覧になっていない方で興味のある方はこちらから見ることが出来ます。→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html です。

 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます。いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、  
現在、ご注文に対して順調に発送しております。

| | コメント (0)

ウォータークレソン水耕栽培 増殖中

20090119_025

20090119_026

ウォータークレソン栽培、何時の種蒔きが良いのか、どのように育つかの知識がないままレタス栽培と同じ方法で種を蒔き栽培層に移しましたが、ここのところ根本が賑やかになっています。無数の白い根が、脇芽も活発に小さい芽がどんどん増えているようです。葉の形がまだ丸みを帯びたままで葉の形は変わるのでしょうか。これまで何度も失敗を繰り返していますが、今回は良い方向に行っているようです。

| | コメント (0)

2009.01.18

チンゲンサイ栽培 収穫

20090109_019 20090118_030 20090118_032

ミニチンゲンサイ栽培、ミニなのでこれ以上大きくならないようで、外葉から黄色に枯れるようになりました。1つのコップで二株、10日前頃に一株を間引き、二回に分けて収穫することができました。今回は全部撤収収穫です。台所のテーブルで作業、コップを一部切り取り根の部分を写真に納めました。栽培方法が分からなくてもレタス栽培と同じで綺麗に出来ました。

| | コメント (0)

2009.01.13

正月に蒔いた種も順調に生長

20090113_003

20090113_001

いつでもレタスの記事は毎年正月の種蒔きから始まります。今年はだいぶ遅れて6日より始まりました。
元旦に蒔いた種はチマサンチュです、この種は私以外の人が育てます。自宅ようは3日に7種の種を蒔きました。今日で10日です。後、一週間位で移植しなければなりません。外の軒下棚栽培も、暮れには30層以上ありましたが、暮れ、正月の消費で10層以上収穫撤収されました。まだまだ撤収しないと場所と栽培層が足りません。
 今日、元旦に蒔いたサンチュの苗は半分ほど他の人に行ってしまいました。残りは来週の初めで全部なくなり、自宅用の苗が残ります。写真1枚目、朝9時ようやく陽が当たり始めました。正午までの日差しです。 びっしり詰まっていたレタスの栽培層もだいぶ間があいてきました。 2枚目、種蒔きから10日目です、春先と比べて2日ほど遅い感じ、真冬でも十分栽培出来ます。種類によって発芽率が悪いのもあり、種の有効期限を過ぎると極端に悪くなるのもあります。  この栽培方法の詳細を公開しております。種蒔きより収穫期までの記録写真です、ご覧になっていない方で興味のある方はこちらから見ることが出来ます。→レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html です。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、  
現在、ご注文に対して順調に発送しております。

| | コメント (0)

2009.01.09

冬にレタス栽培をしよう

20090109_001

今日は東京で初雪が観測されたようです。市内を走行中所々でみぞれで、僅かにワイパーに雪が残る程度でした。昨日に続いて寒く感じる日です。この寒さでもレタスはしっかりと育っています。

今日の写真は簡易ビニールハウスの裏側から撮った写真です。いつも向こう側からの写真を掲載しています。

正月から種を蒔いたレタスの生長記録をmixi(ミクシイ)で、日記として毎日連載中です。http://mixi.jp/home.pl ご覧になれる方はどうぞ足跡を付けてください。ミクシイては無名の私ですので訪れる人は数人しかおりません。

| | コメント (0)

2009.01.08

冬でもレタスを作りましょう

20090108_024_3

20090108_028_2 20090108_020

関東地方平野部に降雪の予報がでました。明日は寒い日になりそうです。寒い日でも簡易ビニールハウスの中は色々な葉レタスが育っています。幅1メートル奥行き50センチ位の面積に4段の棚があり、この中に14層もの栽培層があります。初夏と違ってゆっくりと生長しています。写真2枚目はウオータークレソンです。11月中旬に種を蒔きここまで大きくなりました。時季はずれの栽培ですがそろそろ肉料理の付け合わせに使える大きさになってきました、ここのところ生長の度合いが早く感じられます。 3枚目は3日に蒔いた7種類のレタスですが1種類は違っているようです。発芽率の悪い種類もありますが全種類発芽し双葉になり始めました。

初めての方はこの栽培方法 レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て をご覧下さい。種蒔きからの詳細が全て見ることが出来ます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html

←左のサイドバーには色々な栽培実験の記録を見ることが出来ます、連続写真で見ることが出来ます。中には失敗もあり途中で終わっているのもあります。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/ 最初はスポンジ培地も一緒にご注文下さい、  
現在、ご注文に対して順調に発送しております。

| | コメント (0)

2009.01.06

いつでもレタス 今年初めての投稿です

 明けましておめでとう御座います。今年初めての投稿です。 水耕栽培のブログを始めてから毎年正月1日は種蒔きから始まりました。今年はすっかりブログ投稿をさぼっておりました。にも関わらず毎日300人~500人を超える人が訪問していたようです、アクセスは今年になって20000近くのカウントを示しておりました。皆さんありがとう御座います。大勢の方が私の栽培方法を取り入れており、すでに私をはるかに上回る栽培結果を出しておる方がおります。大変嬉しく思っております。又、心強く感じております。

 昨年の秋よりだいぶ忙しくなって来ております。昨年の春よりカルチャースクールのお誘いを受け、水耕栽培の講座を始めました、秋には2カ所のスクールとなり、今年は4月より東京でも数カ所の講座が開かれるようになりました。又、テレビ放送の影響もあり沢山のカルチャースクールからお誘いを受けております。 各カルチャースクールセンターのご希望に応えられず申し訳なく思っております。 このブログの投稿も手薄になると思いますが皆様よろしくお願いします。

20090106_034_2

 正月3日の種蒔きです、7種類の種です、3日目ですが写真でも発芽が確認出来ます。家の中、窓際で発芽させております。人のいるところなら発芽温度に問題なく発芽します。

20090106_035_2

  1月1日の種蒔き、サンチュです、カルチャースクール用の教材に使われます。講座日までに十分大きくならないかも知れません。各写真クリックで大きくなります。

20090106_001

20090106_002

暮れより正月と沢山のレタスを食べましたが写真ではほとんど減っていないようです。窓際の栽培はほとんど収穫され、種蒔き、発芽用の場所として使われています。写真の日付は今日です。デジカメの日付セットを忘れていました。暮れの写真と比べると各レタス類が大きくなっているのが分かります。

20090106_041 20090106_003_2 

クレソンが季節はずれでもこんなに大きくなりました。

12月31の写真をマイフォトにアップしております。真冬の生長を比べることが出来ます。す興味のある方はこちらをクリックhttp://azcji.cocolog-nifty.com/photos/0812_31_shashin/index.html して下さい。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »