« 秋のレタス栽培  10月 1日 | トップページ | トマトゴミ箱水耕栽培 復活? »

2008.10.01

正月、冬に向かって野菜の栽培の準備が一つ整いました。

20081001_048 20081001_050 20081001_054 20081001_061

昨年より今年にかけ台風や強風で何度も飛ばされ壊れたしまった簡易ビニールハウスがようやく近くのホームセンターに入荷した、早速購入したが連日の悪天候、今日ようやく組み立てて使用することになりました。これで沢山のレタス栽培が出来ることになります。室内窓際でも栽培出来ますが、軒下栽培を含めると一家で十分なレタスが出来ることになり、簡単な野菜の栽培も可能となります。幅1メートル奥行き48センチの面積が4倍に使うことが出来、トップページにあるこの棚いっぱいにレタスや野菜を作ることが出来ます。このぺーじ一番上、左の写真がそうです。正月や冬に向かってレタス栽培が賑やかになります。

下の写真は、昨年1月の写真です。寒い季節でも狭い簡易ビニールハウスの中でも簡単な保温装置で野菜が沢山栽培できます。

2007113_0122007113_053

1月と言えば一番寒い時期、この狭いビニールの中でも一家で十分な量のレタスや野菜が出来ます。夜はビニールハウス内で、日中は日の当たらない段から出して太陽を十分に浴びせ育てます。各写真クリックで大きくなります。

|

« 秋のレタス栽培  10月 1日 | トップページ | トマトゴミ箱水耕栽培 復活? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋のレタス栽培  10月 1日 | トップページ | トマトゴミ箱水耕栽培 復活? »