« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008.08.24

マンゴーの発芽実験

私にとって珍しいタフルーツ、マンゴーを食べる機会がありました。残った種を発芽するか私流に実験してみました。20080813_029 20080814_001

マンゴーの食べ方を知らないため、最初の一つは立てに真っ二つにわってしまい、種を半分に割ってしまいました。その後は種をよけて三ツ割に、して食べました、種は、固い鬼皮を剥いて取り出し水に浸けたり湿ったバーミキュライトに被せたりしました。

20080824_007 水に浸けておいたものは種からアクが出るのが一日で黒茶色に変色します。そして根らしきものが下向けに伸び出しました、一週間後にポットに移しました。

20080824_008_edited

今日、芽らしきものを発見、今まで白く種の周りを囲っていた物が緑色に変色しています。

20080824_011

アップしましたがボケています。

20080824_012_edited_2

こちらは、まもなく発芽するようです、割れ目の中で準備しているようです。

常夏で育つ植物、何月までもつか試して見ます。

| | コメント (0)

パパイヤ 生長しています。

20080824_013_2 20080824_004

パパイヤ移植後、順調に生長しております。どんなに暑くてもへたることなく元気です。丸のポットはメインの苗です、選んだときは大きく育ったのを選んだつもりですが、その他の連結ポットに移された中丸いポット以上に大きく育っているのがあります。

| | コメント (0)

2008.08.23

秋茄子の栽培  成功中です。

7月24日に秋茄子の苗三種(長茄子、水茄子、米茄子)を一株ずつ購入、トマトのごみ箱栽培と同じ方法で栽培しています。それから1ヶ月で水茄子、長茄子は二個ずつ収穫しております。米茄子は葉ばかり大きくなり、未だ一個も収穫できておりません、ようやく茄子の形が見えてきました。苗から1ヶ月で収穫出来ることは素晴らしい生長と思います。肥料は1種類ハイポニカ肥料五百倍希釈液のみです。

20080823_002

写真左から米茄子、水茄子、長茄子、プランターの中は買って三号ポットの苗とバーミキュライトに椰子殻繊維混合した僅かな用土、プランターの半分も入っていない。プランター部が非常に軽いため少しの風でも倒れてしまう。レンガで重しをしているが、これでも時々倒れている。

20080823_003

長茄子です。葉と茄子の彩りが綺麗です。

20080823_011_2

長茄子の長さは17センチを超えております。

20080823_014_2

水茄子は形良く栄養満点で育っているようです。メジャーでは11センチを超えています。

20080823_016

米茄子は、葉が大きいのが特徴か、実が着くのが遅いようです。

20080823_019

今晩お新香にして食べることにしました。

これまで市販の苗を水耕栽培する方法は、買ってきた苗の土を全部落とし、水道水で洗い、根の部分を消毒するようになっていましたが、この【水耕栽培鉢】方式ではポットの土をそのまま抜き、そのまま使用するので根を傷めることなく、育てることが出来ます。移植する方法は カボチャの水耕栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/kabocha/index.html  をご覧下さい。 移植の方法が良くわかります。

| | コメント (0)

2008.08.21

夏のレタス水耕栽培 8月21日

20080821_013 20080821_020

真夏のレタス栽培、前回投稿時まではうまく育っておりました、しかし連日の猛暑で夏場特有の育ち方になっております、茎が以上に伸び、葉は横に広がることなく細長くなっておのます。

20080821_018 20080821_016

葉の先が黒くなり溶けているような感じです。昨年のログを見たところやっぱり夏の栽培はうまく育っておりません。

そろそろ秋に向けてレタス栽培を再開します。

昨年の秋のレタス栽培はうまく出来ました。記録を取ってありますので次をご覧下さい。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html

| | コメント (0)

トマトゴミ箱水耕栽培 まもなく終了

20080821_034 20080821_035_2

トマトのごみ箱水耕栽培、今年は放任栽培??? 脇芽も取らず、のばし放題で育てました。ハイポニカ肥料のおかげでどの枝もたわわに実を付けてくれました。そろそろ終演をむかえたようです。二本の内一本(右)は肥料の補給を止めました。左のごみ箱栽培が残っています、未だ先の方に黄色い花を咲かせており、肥料も3リットルくらい消費しております。取り残された青い実も次から次と赤くなり収穫されて赤い実がまばらになっております。

| | コメント (0)

2008.08.17

トマトごみ箱水耕栽培  そろそろ

20080816_003

今日はしばらくぶりの涼しい日です、昨日までは連日の猛暑、エアコンのない部屋の温度、1昨日は34度 作日は33度 外の温度はまだ数度高いと思います。ミニトマトも連日の暑さででも間だ一日に4リットル以上の消費している。最盛期はとうに過ぎていて、根本の葉はだいぶ整理された。まだまだ花が咲き実を付けているが大分小粒になってきました。それでも水の吸い上げは激しく割に合わないような気がする、まず一本整理しようと思っている。

20080816_010

昨日の収穫、トマト以外は水耕栽培ではありません。シシトウは一時収穫が止まったが 又、沢山採れるようになってきた。

| | コメント (0)

2008.08.15

パパイヤ移植しました。

20080814_009

7月21日に食べた後のパパイヤの種を100粒位、バーミキュライトと椰子の繊維混合の用土に埋めておいた。なかなか芽を出さないので あきらめかけたが、一粒が発芽してから、次から次へと発芽、いつの間にか野菜のように葉っぱが盛んになった。今日、一本ずつ移植することになりました。

20080814_022

双葉が三つ葉へ三つ葉から葉数が増えてきた、葉の形が朝顔の葉の形になっているのもある。我が家の分はポットに移植。

20080814_025

箸を使って連結ポットにも移植。

20080814_024

処遇が未定のものは連結ポットでのんびりと生長を願うことに、

20080814_030

元の縁側にしばらくここで育てます。

この先どうなるか見当も付かない。観賞用になればラッキーか、

| | コメント (0)

2008.08.13

秋茄子の栽培 異常なほど順調です

7月下旬に秋茄子の苗三種一株ずつ購入、トマトのごみ箱栽培と同じ方法に移植しました。それから約20日、順調な生長を続けています。

20080813_020 20080813_023_2

葉も大きく大人の手のひらの培以上にもなっています。

20080813_024

長なすの枝振りです、苗から植え替えてから未だ20日ばかりで沢山の枝が出来て蕾や花も沢山出来ています。

20080813_027

水茄子ですが、一つだけ大きくなりました。後のことを考えて収穫しました。

栽培方法や苗から移植する方法は トマトごみ箱トマト水耕栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/tomato07/img_5361.htmlや、キュウリの水耕栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/kyuri/index.html を参考にしてください。

未だ8月中旬苗が入手出来れば挑戦してみましょう。未だ遅くはありません。

| | コメント (0)

2008.08.11

夏のレタス水耕栽培 8月11日

 前回の投稿の後、体調不良のため4日間点滴治療を受ける羽目になり、デジカメの写真記録も昨日まで一枚も撮れない有様でした。体温が三十九度を超え(平熱は五度五分)る時も数度あり、毎日病院へ通い点滴を受けて家に帰り静養しておりました、食べても直ぐに下す状態が数日続きました。ようやく普通に食べられる様になりましたが、パソコンをやる気力もない日が続き、昨日ようやくデジカメで記録を取ることが出来ました。5日投稿の写真の続きになります。

20080810_021 南東側の出窓です。

20080810_023

チリメンチシャです、コップの縁から葉を出すまで生長しております。

20080810_024

フリンジーグリンです。こちらもコップの縁から葉を出しています。

20080810_026

中葉新菊、生長が遅く感じます。

| | コメント (0)

パパイアの発芽 その3

20080810_027

いつの間にか沢山発芽して、すでに四つ葉にもなっています、どないしよう。

| | コメント (0)

2008.08.05

夏のレタス水耕栽培 8月 5日

夏のレタス栽培、8月1日に移植しました。外は連日の猛暑、暑い日は比較的涼しい室内窓際栽培になります。特に直射日光が厳しいときはカーテン越しの光を受けます。移植した苗も環境に慣れたようで順調に生長しています。

20080805_032 小さな出窓でこれで一杯です。ガラスのむこうは駐車スペースです。

20080805_044

棚の上段はチリメンチャ2層あります。移植時から比べるとだいぶ生長しました。コップにガードされ生長します。

20080805_011

棚の下の段にフリンジーグリンがあります。今年はじっくりと育っているようです。いつも夏場はひょろひょろと徒長になりますが、これなら良いレタスが出来そうです。

20080805_042

下の段に中葉新菊もあります、麦茶パックにパーライトいれ育てます。真っ白な用土から緑の葉が綺麗に生えます。一袋3粒の種を蒔きましたが発芽率が悪いようでかろうじて一本しかない袋もあります。

| | コメント (0)

パパイアの発芽 その2

パパイアの発芽をすっかりあきらめ種は腐食してしまったと思いこみ、ごみ箱トマトの後ろに置いておいた。一つの双葉を発見したがパパイアとは思えなかった。一昨日双葉の出た付近に発芽しそうな茎が埋まっているのを見、8月3日の記事となった。一日おいて今日の状況は以下の写真です。

20080805_016 20080805_017_2

次から次えと発芽して双葉となり、4枚の葉を付けたのもあります。

常夏の果物、遠慮なく強い日差しにさらしてしばらく様子を見ることにします。

| | コメント (0)

2008.08.03

パパイヤ発芽しました

7月21日に食べた後のパパイヤの種を100粒位、バーミキュライトと椰子の繊維混合の用土に埋めておいた。なかなか芽を出さないので、すでに種は腐食したものと思っていた。昨日、芽を出した双葉を発見したが、飛んできた種でも芽を出したと思っていた。今日よく見ると、双葉の周りに芽を出しそうな緑の物体が多数見ることが出来た。パパイヤの種は腐食することなく芽を出そうと頑張っているのがわかった。

20080803_011_3 20080803_012

どの位発芽するか楽しみ、栽培方法を全く知らないので、私なりに数株水耕栽培をして見よう。双葉になった周りをよく見ると発芽しかかった緑の茎らしきものが相当数見られる。写真クリックするともっと大きな画面になります。

| | コメント (0)

2008.08.01

夏のレタス水耕栽培 8月1日

夏のレタス栽培、レタス栽培に一番厳しい時期です。昨年も夏には食べられるレタスは2層しかありませんでした。今年は7月に沖縄に滞在することもあり6月からレタス栽培は控えておりました。又、どうしても自分で作ったレタスがほしくなり、種を蒔きましたが早くても1ヶ月半くらいかかります。7月20日に種を蒔きましたが本日水耕栽培層に移植しました。

20080801_003 今日移植したのはチリメンチシャとフリンジーグリンです。

20080801_007_2 この栽培層、底面積がコピー用紙B5サイズと小さく、8カップ並べます。 20080801_010_2 スポンジ苗をコップに入れ並べた様子です。 20080801_013 栽培層真ん中にアルミ箔を遮光のためバーミキュライトの上に被せます。 20080801_014_2フリンジーグリンです、こちらはさらに小さい栽培層です、ハガキ二枚の面積しかありません。 20080801_015_2トーフのタッパーで12ブロックの苗が出来ていました、二つの栽培層に移植しました。

20080801_024_2 中葉新菊と合わせ五つの栽培層が窓際にセットされました。未だ、チマサンチュやロケットサラダ、コリアンダーが苗になるのを待っています。 始めてこのサイトに来て種からどのように生長するか知りたい方は こちら→ http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.htmlをクリックしてください、連続写真で詳細に見ることが出来ます。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »