« ごみ箱水耕栽培 トマト初収穫 | トップページ | 給水装置 逆さペットボトルの作り方 »

2008.07.16

20080715_005 10日ぶりの投稿です、前回の写真が7月5日でした。何とかしなければならなかった補助タンク、旅たつ前に嫁さんにペットボトルの向きをこのままで良いか実験してみました、いとも簡単に大丈夫とわかりこのままの状態で補助タンクとして任せました。帰ってみると元気な様子、左のごみ箱水耕栽培が重みのためずり下がってる状態でした。液肥の消費はごみ箱水耕の方が激しいようです。私が留守の間、トマトは毎日食べていたようで、ザルに入れた食べきれないトマトもみました。土栽培のシシトウも毎日ふんだんに食べていたそうです。シシトウは市販の苗を十株、二株を水耕にしたが、土栽培に戻しておいた。

20080715_045 ずり落ちたトマトの枝を園芸用針金で誘引した後の写真です。

20080715_010_2

トマト水耕栽培の勢いは旺盛のようで上段に上がっても一房30粒以上の実を付けたるものもあり、ごみ箱や小さなプランターを加工したものでも機械を使った栽培にひけを取らない成果が上がっているようです。

20080715_013

別のトマト、カラフルプチトマト・フェローは重みで地上に接触している枝もあり、支柱よりつり上げました。嫁さんには不評のようで食べても美味しくないと云われ、料理用のトマトである事を言い忘れておりました。

|

« ごみ箱水耕栽培 トマト初収穫 | トップページ | 給水装置 逆さペットボトルの作り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ごみ箱水耕栽培 トマト初収穫 | トップページ | 給水装置 逆さペットボトルの作り方 »