« 秋茄子の栽培 | トップページ | 夏のレタス水耕栽培 8月1日 »

2008.07.28

ハーブの水耕栽培 4種

20080728_023_2 20080728_025 20080728_024 ハーブ類で夏に種を蒔いても差し支えない種類の種を見つけた。チャービルとイタリアンパセリ、スポンジ培地に蒔いてみた、チャービルは1ブロックに二粒と三粒、イタリアンパセリは三粒ずつとした。このハーブは始めて、この季節スポンジの上に種を蒔いてもこの暑さで乾燥するおそれがあり、トイレットペーパーを被せ種が浮き出るように湿らしておく事にする。発芽して苗になればほとんどが貰われていく、我が家では6株ずつ残るかも知れない。

20080728_031 20080728_032

そして、昨年に続いて、コリアンダー(香菜)とロケットサラダ、我が家はあまりハーブ類は使わないので少しで十分です、しかし昨年残りの種、その前に発芽するか問題である。写真右はトイレットペーパーを被せ水滴を落とし十分湿らした状態。

20080728_033

現在、我が家には一株もレタス類がない。ここ四年間は四季を通じて食べられるレタスがあった。どうにかこうにか、形が悪くてもレタス類は必ずあった。今年は残念ながらなしである。写真はチマサンチュ、1ヶ月半くらいで食べられるまで育つでしょう。

20080728_046 昨日のトマト収穫の写真、今年は収穫の写真をいつも撮り忘れている。右のトマトはカラフルプチトマト・フェロー、このまま生で食べても美味しくないが料理に入れると美味しさ倍増となる、料理用のイタリアントマトでしょう。シシトウは土栽培によるもので毎日これくらい穫れる、苗が10本もあれば普通かも知れない、これから益々多くなると思います。

|

« 秋茄子の栽培 | トップページ | 夏のレタス水耕栽培 8月1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋茄子の栽培 | トップページ | 夏のレタス水耕栽培 8月1日 »