« | トップページ | トマトごみ箱水耕栽培は素晴らしい »

2008.07.20

給水装置 逆さペットボトルの作り方

先日、ATさんからコメントを頂きました。  現在、キュウリとミニトマトを試みておりますが、この季節の水の補給に頭を悩ませておりました。ペットボトルのキャップとねじの部分に穴をあけるという給水装置を、よろしければ教えていただきたく、お願いいたします。  
作り方の写真はありませんでした。今日作る機会がありましたので記録してみました。

20080720_047 20080720_048

同じ形のペットボトルを二本用意します。一本はホルダーとして使い底部の一番広くなったところをカッター等で切り取ります。

20080720_049 20080720_050

切り取った底部より本体のペットボトルを1㎝くらい差し込んで見ます。高さ調整のため底部になったキャップのたかさに切り取りのラインを引きます。 20080720_05120080720_053

逆さに立ててみます。次にキャップ付近の穴あけです、賞味期限の刻印が着いたリングをカッターナイフなどで取ります。 20080720_054 20080720_055 穴あけの場所を決めます、ネジが終わったし所が穴開けに適したところです。ねじ山を壊すことなく穴を開けられます、半田鏝をを使っていますがドリルなどでも出来ます。

20080720_05620080720_057 穴を開けキャップをしてみました、キャップの上部にも穴を開けます。できあがりましたが水を入れて本当に水が出てきて、規定の所で止まるか試験をして穴の大きさの調整が必要になります。

20080720_06020080720_066 穴の大きさ調整で写真のようになりました、キャップの一部も穴と同調するため半田鏝で焼き切りました。これでできあがりです。 なお、先日縦型の給水装置は6月16日に小さいペットボトルで説明しております。水を満タン入れますとトップヘビーになり、ホルダーが頼りなく不安定になります。適当に補助装置を使ってください。

|

« | トップページ | トマトごみ箱水耕栽培は素晴らしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | トマトごみ箱水耕栽培は素晴らしい »