« いつでもレタスからお知らせ | トップページ | ケールの水耕栽培 »

2008.05.06

カボチャの水耕栽培 コンクリートの上で栽培

20080506_042 20080506_043

ゴールデンウィーク最終日の今日が始めて好天になったような気がする。予想では連休中は連日の好天に恵まれるとの予報と聞かされていた。今朝、いつもの量の液肥を与えていたが10時過ぎに水量を確かめたらすでに水(液肥)を全部吸い上げてしまっているのもあり、急きょ補助タンクを付けることにした。とりあえず家にある小さなペットボトルを使うことに、カッターナイフでペットボトルの底に穴を開けるだけの補助タンク、まだまだこのくらいの大きさのタンクで十分、葉が増えるに従って水の消費に合わせペットボトルを大きくしてやることにする。写真下がパーライト水の吸い上げに不安があったがバーミキュライトと比べると遜色はなくむしろパーライトの方が良いような気がする。このカボチャ苗は市販の苗を私の栽培方法に転換、移植したものでハイポニカ肥料1種類だけで栽培する方法です。方法はこちらをご覧下さい http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/kabocha/index.html 

この先は私の備忘録です。

20080506_029 20080506_030

20080506_040 20080506_046

窓際栽培も少しになりました、キュウリは現在8株が写真、出遅れた苗が5株ありなぜか成長が遅い、65サイズのプランターに4株、透明の箱に4株、ベランダ下テラスのコンクリートの上で栽培予定、一株ずつ独立した栽培層に移す予定。市販のミニトマト(カラフルプチトマト・フェロー)のセンターの上部がおれてしまった、脇芽から復活させるため選定中、連休中にレタスの種をインターネットで発注し、送った旨のメールが届いたが、郵便局が休みなのか手元に届いていない。

|

« いつでもレタスからお知らせ | トップページ | ケールの水耕栽培 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いつでもレタスからお知らせ | トップページ | ケールの水耕栽培 »