« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008.05.30

キュウリの水耕栽培 いい加減栽培です

20080530_076 20080530_092 20080530_097

キュウリの水耕栽培です。コンクリートの上で蔦が這いずっています。五号ポットに入ったままキュウリはどんどん大きくなっています。もう少し大きなザルか、鉢に植え替えるつもりでした,横着じいさんの怠け者性格でも勝手に大きくなりました。今日一本収穫しました、もろきゅうで夕食時のつまみにします。うどん粉病は重曹とストチュウで消えています。 

| | コメント (0)

2008.05.28

カボチャの水耕栽培 5月28日

20080527_070 20080527_073 20080527_074 20080527_100 20080527_099

カボチャの水耕栽培、軒下にある園芸よう棚の3段目に仮に置いたつもりが持って行く場所がなくそのままの場所に鎮座しています。最初の雌しべは受粉することなくおわりました。

私ごとですが、私用があり、昨日函館へ日帰りで 行ってきました。9時に函館空港着、12時半には用事を済ませ、昼食は函館駅前、朝市へ、昔から馴染みの高島水産に顔を出し、お昼食べるなら我が社のウニを使って貰ってるからと紹介された店に、店名は茶夢(チャム)ここで昼食となった。函館と言うことでウニといくらが食べたくウニいくら丼となった。出てきたのは写真のように付きだしざらが9皿、どれも美味しい物ばかり、なんだか得した気持ちで帰ってきた。

函館駅や駅前はすっかり整備され、綺麗になっていた。20080527_160 20080527_153

| | コメント (0)

家庭内菜園 

20080527_108 家庭内菜園 室内の窓際栽培です。前回の写真の棚一段分撤収しまして、新しいレタスが仲間に入ります。マノアとい食べきりサイズと書いてあります。以前はげんこつ大のミニレタスと書いてあった記憶があります。地元では買えなく通信販売で買いました。もう一つは茎レタスケルンです。茎と葉を食べるレタスで太さが四センチにもなるようで丈も二十五センチ位になるようです。この栽培方法では無理と思いますが実験してみます。 20080527_06820080527_069 マノアはある程度結球を期待して、使い捨てコヒーカップを使ってみます、口が広く結球したときに良いとおもいます。どちらも5月11日に種を蒔き26日に移植しました。

| | コメント (0)

2008.05.26

レタス作りから入りましょう

20080526_007_3 20080526_008_2

4月5日から始まったカルチャースクール 簡単・何でも育つ水耕栽培 で使用した苗、チマサンチュ そしてスポンジ培地にガーデンレタスミックス が2か月以内に大葉に育ちました。先日受講生に聞いたところ同じように育っていますと聞いてホットしています。4月の開講以来天候不順で育ち方に少々難がありましたが、受講生の顔を見ていると皆さん素晴らしい体験をしているようです。休む人からは前もって連絡が入り、これまで無断欠席はなく、皆さん下手な私の話を良く聞いてくれます。写真クリックで大きくなります。
前にも申しましたがインターネット環境を持っている人はごく僅か、ほとんどが私の栽培しているレタス類を現実に見て不思議そうな顔、好奇心一杯の顔で、十分の休み時間も質問攻めで終わり、次の時間に入ってしまいます。

この小さなザルの上でコップを使うことで密植に耐えて、大きく育ちました。写真には比べるためにペットボトルを置いてあります。
最近口コミで私のサイトに訪れる方が初めての方が大勢おります。まずレタス栽培から見ることをお勧めします。
スポンジ培地に種を蒔くところから始まり毎日の成長過程が連続写真で見ることが出来ます。その後、いつでもレタスのトップぺージから 葉野菜根野菜ネギ類豆類果菜類蔦類 の代表的な栽培をご覧下さい。
たった一人でおじいちゃんがお金をかけずに栽培実験した様子です。勿論欠点がありますが、とりあえず土を使わず、ハイポニカ肥料1種類でほとんどの野菜が作れることを見て下さい。栽培の原点は 書籍・いつでもレタスー横着じいさんの超かんたん水耕栽培 です。本にはブログには書かれていない原点があります。いろいろな種類の栽培を心がけたい人は、是非ご覧下さい。いろいろな野菜栽培に挑戦することが出来ます。

太字をクリックするとリンク先に移ります。先に進みますと戻れなくなる可能性があり、このトップページを お気に入り に入れてからご覧下さい。

| | コメント (1)

2008.05.25

カボチャの水耕栽培 5月25日

20080525_058 20080525_035 20080525_036

カボチャの水耕栽培、一番目は受粉しなかったようで、今日の写真に写ってる二つはどうやら受粉したようだ。雄しべ雌しべが適当に咲き、一昨日より無数の虫が花びらについていた、テントウムシくらいの虫でカボチャの花びらを食べていた。

| | コメント (0)

家庭内菜園 

20080525_018 前回投稿から間が空いてしまいました。沢山の方がこのサイトをご覧いただいております、アクセス数も二百万を超えております、有り難う御座いました。今日は朝からの雨、ときおり強い雨となる、窓際栽培のレタスもカーテン越しから写真を撮ってみた。 20080525_016 こちらの写真は一昨日23日の写真、昨夜このレタスをだいぶちぎり取って野菜サラダとして食した、上の写真は葉の数が減っているのがわかる。四・五日で又次から次へと葉は生い茂ってくる。 20080525_025 種からのキュウリ栽培、横着じいさん ここのところ輪をかけて横着に 五号ポットに移したままもうしこし大きなポットと思っているうちにジャングルかしてしまった。うどん粉病もストチュウと重曹水でこすり落としその後だいぶなくなったようだが、葉っぱが荒れているようだ。 20080525_026 キュウリの葉っぱをかき分けてみると、すでに沢山のキュウリの形が見え、雄しべ雌しべの花がだいぶ増えてきた、手入れもすることなくハイポニカ肥料を切らさないようにするだけである。コンクリートの上でキュウリが出来ることになる。

| | コメント (0)

2008.05.20

簡単・水耕栽培 5月20日

20080520_008 昨夜、夜半からの台風4号崩れの嵐、ここ三浦半島は台風の直撃を受けたような強烈な風雨、朝になって東海道、京浜東北線も止まっているとの報道、昨夜から気になっていた軒下の栽培層を見に行った、一件何事もなかったかのように見えたが、簡易ビニールハウスが20センチほど横にずれて傾いていた。ここには大事な苗作り中のレタス苗が入っている。何とか独力で元に戻した。 20080520_016 苗を点検、被害ゼロでホットした。 20080520_012 カボチャの栽培も点検、強い風でも垂れ下がっている為、強い風でものれんに腕押しのごとく、逆わらず被害ゼロのようだった。 20080520_020 昨日まで花などまだまだ先のことと思っていたが、暖かい南風のせいかキュウリの雄しべ雌しべが沢山咲いていた。 20080520_040 よく見ると、キュウリの葉っぱにうどん粉病が・・・・ 一週間前にストチュウで洗い流したはず、今回は重曹で洗い流す事に 20080520_041 スプレーと使い古しの歯ブラシを使って重曹希釈液で洗い流す、流した後は色つやが良くなっているが明日にならないと結果はわからない。一応うどん粉病が消えている。

20080520_032 いつの間にかキュウリができはじめている。まだ五号ポットのまま、もうしこし大きな鉢に入れなければなりません。まるで大きな鉢で栽培しているようだ。

| | コメント (0)

2008.05.19

カボチャの水耕栽培 順調のようです

20080519_044

20080519_050 20080519_052 20080519_053 20080519_054

カボチャの水耕栽培、家庭菜園でカボチャの水耕栽培をする人はほとんどいないと思います。横着じいさんは今年はカボチャに挑戦です。コンクリートの上、軒下のテラスに蔓をはわせる予定でした。
テラスがなかなか片づかないので、どこに蔓をもっいくか悩んでいます。カボチャの花が咲き花も散り受粉しないままどうなるかも知りません。後から小さい玉が出来てきています。こんな栽培方法でももしかしたらカボチャが出来るかも知れません。写真クリックでおおきくなります。

これから先は私の備忘録です、
20080519_028 20080519_031 20080519_033 20080519_03420080519_039

| | コメント (0)

2008.05.15

窓際レタス栽培 5月15日

20080514 家の中、窓際のレタス栽培、ここ一週間ほとんど日差しがなく気温も3月に逆戻り、そんな天候続きで家の中の栽培が弱々しかったが、久しぶりの朝から太陽で元気を少し取り戻しようです。窓際のレタスも前回のレタス撤収後、しばらく寂しかったが、葉が大きくなるに従って又、賑やかになってきた。

20080514_044 20080514_047 20080514_067 20080514_069 20080514_040 

久しぶりの好天、気温の上昇とともにささやかな菜園にも虫が集まってきた。キュウリの歯の裏には青虫が、カボチャの花を食べている虫、カボチャの葉の上にはありの群れが白い卵を運んでいるような行動、歯の裏には黒いえたいの知れない虫が、これからは虫との戦いが始まる。農薬を持っていないが、ストチュウと木酢液で今年も虫退治が始まった。 画像クリックで大きくなります。 20080514_062 うどん粉病の白い斑点がキュウリの葉あちこちに見られた、ストチュウ希釈液を使って歯ブラシでこすり落とした。

20080514_056

| | コメント (0)

2008.05.13

カボチャの水耕栽培 花が中途半端

20080513_015 台風二号が接近はるか東方沖を通過中です、影響で北東の冷たい強い風が吹いています。

カボチャの水耕栽培、市販の苗からです。旺盛に葉を増やしながらぐんぐんのびています。花が咲きそうですが、朝から中途半端です。気温が低く今日はこれまでのようです。花が咲きかけたのはパーライトを使った方です。バーミキュライトのようも遅れていますが元気に成長です。比べてみるとパーライトの方が成長が早いようです。昨年はインゲンで比べてみました。偶然かも知れませんが・・・・ 参考の為にご覧下さい。窓際でインゲン栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ingen3/index.html

20080513_018_3 :

現在棚の上で栽培中ですが、来週中に軒下コンクリート上に移す予定、右がバーミキュライト

| | コメント (0)

2008.05.12

ごみ箱水耕栽培始めました。

20080511_057 市販のミニトマトを4月15日に買い、移植をするのをカルチャースクールに合わせようと延び延びになっていた、果菜類の水耕栽培講座も一回目が終わり昨日移植しました。

20080511_077_2

別に移植の必要もないように成長している。

20080511_080 ポットから引き抜くとポットの周りは根がぎっしり詰まっている。

20080511_081 まだ、今年はトマトよう雨よけを作っていないので、とりあえず軒下の簡易ビニールハウスの上段に置くことに、トマトの水耕栽培は三つとなり、後は中玉トマトを水耕栽培にする予定。キュウリや、カボチャ、トマトとこれだけで大変な液肥を必要とする。レタス・野菜は控えめにすることにした。 昨年のトマトごみ箱水耕栽培をマイフォトにアップしております。 ごみ箱トマト水耕07 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/tomato07/index.html で見ることが出来ます。百円ショップの資材で素晴らしい水耕栽培を体験出来ます。肥料はトマト栽培にもっとも得意とするハイポニカ肥料です。家庭水耕栽培肥料の販売 いつでもレタス http://ekihi.ocnk.net/ 

| | コメント (0)

室内で野菜栽培 控えめに

20080511_058 窓際のレタス栽培です。少し控えめに栽培します。外には軒下の棚栽培もあり、又、今年はカルチャー用の苗作りもあり、レタス栽培は最低限の栽培になります。

以下、備忘録用の写真です。25人分、来週又25人分作ります。ケルンは発芽調べで初めての栽培です、茎のレタスとはどんな物でしょう。 20080511_03420080511_03820080511_04020080511_04420080511_046 カルチャースクールよう苗作り。

| | コメント (0)

2008.05.11

カボチャの水耕栽培 コンクリートの上で栽培 今日は棚にいます

20080511_047 カボチャを水耕栽培してみます。不思議な、不思議な栽培です。買ってきたのは4月15日、本葉がでて間もない頃の苗でした。3週間でこんなに成長しました。

20080511_050_2 よく見ると丸い玉が出来てきました先に蕾がついています。こちらはパーライトで育てている方です。鉢の上面のパーライトはからから乾燥していますが成長には影響なさそうです。
底部から液肥を盛んに吸い上げているようで、ペットボトルの補助タンク液肥も太陽が当たると一日でからになります。

20080415_028 買ってきたのは売れ残りのようなこの中から二株買ってきました。

このカボチャ苗は市販の苗を私の栽培方法に転換、移植したものでハイポニカ肥料1種類だけで栽培する方法です。方法はこちらをご覧下さい http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/kabocha/index.html 

| | コメント (0)

2008.05.07

お知らせ ショップが開きました

いつでもレタス ショップが5月1日より開かない状態が続いておりましたが、本日午後2時より復旧しました。事務手続きのミスによる閉鎖でした。皆様には大変ご迷惑をおかけしました。今後ともブログ同様宜しくお願いします。 閉鎖中はメールでのご注文有り難うございました。おちゃのこネット会社より正規のURLが戻るまで、ショップ開始時のURLで運用します。ショップページは今までと同じです。しばらくの間メール注文、ショップ注文を両方続けて参ります。宜しくお願い致します。

いつでもレタス ショップ

| | コメント (0)

ケールの水耕栽培

20080506_003 20080506_010_2

ケールの水耕栽培の水耕栽培、百均ダイソーで見つけたケール、どのようになるか見当がつかない、我が流で育ててみる。相当葉が大きくなるようなので一株ずつ独立して、大きくなるにしたがって間隔を開けられるように六株、残りは今まで通りコップに入れた。手に負えなければ撤収することになる。

| | コメント (0)

2008.05.06

カボチャの水耕栽培 コンクリートの上で栽培

20080506_042 20080506_043

ゴールデンウィーク最終日の今日が始めて好天になったような気がする。予想では連休中は連日の好天に恵まれるとの予報と聞かされていた。今朝、いつもの量の液肥を与えていたが10時過ぎに水量を確かめたらすでに水(液肥)を全部吸い上げてしまっているのもあり、急きょ補助タンクを付けることにした。とりあえず家にある小さなペットボトルを使うことに、カッターナイフでペットボトルの底に穴を開けるだけの補助タンク、まだまだこのくらいの大きさのタンクで十分、葉が増えるに従って水の消費に合わせペットボトルを大きくしてやることにする。写真下がパーライト水の吸い上げに不安があったがバーミキュライトと比べると遜色はなくむしろパーライトの方が良いような気がする。このカボチャ苗は市販の苗を私の栽培方法に転換、移植したものでハイポニカ肥料1種類だけで栽培する方法です。方法はこちらをご覧下さい http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/kabocha/index.html 

この先は私の備忘録です。

20080506_029 20080506_030

20080506_040 20080506_046

窓際栽培も少しになりました、キュウリは現在8株が写真、出遅れた苗が5株ありなぜか成長が遅い、65サイズのプランターに4株、透明の箱に4株、ベランダ下テラスのコンクリートの上で栽培予定、一株ずつ独立した栽培層に移す予定。市販のミニトマト(カラフルプチトマト・フェロー)のセンターの上部がおれてしまった、脇芽から復活させるため選定中、連休中にレタスの種をインターネットで発注し、送った旨のメールが届いたが、郵便局が休みなのか手元に届いていない。

続きを読む "カボチャの水耕栽培 コンクリートの上で栽培"

| | コメント (0)

2008.05.04

いつでもレタスからお知らせ

いつでもレタスのブログをご覧いただき有り難うございます。

大勢の方が私の簡単な水耕栽培方法を取り入れて、いろいろな野菜の栽培を楽しんでおられる方が日増しに増えております。 さて 、5月に入り突然 おちゃのこショップ 「いつでもレタス ショップ」 のショップページが表示されなくなりました。ご希望のハイポニカ肥料と 本『いつでもレタスー横着じいさんの超簡単水耕栽培』が「いつでもレタス ショップ」 でご注文出来ないことになっております。気がついたのが5月の2日の夜のこと、すでにおちゃのこショップが連休に入ったばかりでした。ショップの管理画面は正常で ショップページだけが表示されない症状です。 メールを入れても連休中の対応はないようで、待つしか手だてはありません。液肥その他を必要な方はメールより連絡頂ければ商品発送可能です。

詳しいページは下記よりご覧下さい。 

http://azcji.cocolog-nifty.com/ekihi/

| | コメント (0)

2008.05.03

レタスの缶詰

20080501_006_2 葉レタス類が防虫ネットカプセルの中で缶詰状態になっています。正面から見ても 20080501_023_3 上から見ても、 20080501_025_2 横から見ても 20080501_007_2

ファスナーを開けてみるとネットの中がびっしりとレタスが詰まっています。5月の連休中に13人の大家族となり、レタスサラダとして食卓に上がります。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »