« カボチャの水耕栽培 実験してみます | トップページ | 何でそんなに育つのでしょう »

2008.04.30

ネギの水耕栽培 市販のネギ苗

市販のネギ苗を簡単に栽培してみよう。売っているときからすでに半分枯れたような苗がホームセンターで見かける。ほとんどの方は、土に移植すると思いますが、私のオリジナルな栽培方法を紹介します。機会があればやってみて下さい。

20080430_015 普通のプランターで底の部分に水がたまるもの、発泡スチロール、ネギの苗、バーミキュライト、やパーライト、軽石等、ハイポニカ五百倍希釈液、水切りネットを用意する。

20080430_016 発泡スチロールをプランターの底部に合わせ写真のように加工する。水切りネットを底部に敷く。

20080430_017

水切りネットの上にバーミキュライト・パーライト・小粒の軽石等、2センチくらいの厚さに敷く、発泡スチロールに立てかけながらネギの苗を並べる。

20080430_018 並べ終わったら根の部分にバーミキュライト等を被せる。ハイポニカ肥料を入れ上部まで湿ったら、

20080430_027 発泡スチロールで、根の部分をかぶせる。

液肥を切らさなければ5日ほどで、ネギが元気になる様子がわかる。まっすぐ直立に経つネギが見られる。

20080430_020_2 前回のがこの様になった。スマートではないが、こんな方法でも、ネギの栽培が出来る。綺麗な苗が手に入ればもっと良く育つはずです。

|

« カボチャの水耕栽培 実験してみます | トップページ | 何でそんなに育つのでしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カボチャの水耕栽培 実験してみます | トップページ | 何でそんなに育つのでしょう »