« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008.01.18

カリフラワーの水耕栽培 出来ました

20080117_001  カリフラワーの水耕栽培も日時がかかっていますが形になって来ました。昨日の写真です。

20080117_023

20071024_004各写真、日付にを確認して下さい。

| | コメント (0)

2008.01.17

サニーレタス 冬の栽培

20080117_009  サニーレタス、ダイソーの百均の種から私の栽培方法【水耕栽培鉢】でこんな風に育ちました。下の方から積み採り レタスの色合いで食しておりこんな形になっております。まもなく撤収です。

| | コメント (0)

冬のレタス栽培 1.17

20080117_024 20080117_025 20080117_021

真冬のレタス栽培、いつもの正月には種蒔きの様子のブログ記事ですが今年は2週間ほど家を留守になりますので、帰ってきてから種蒔きから始まります。暮れ正月用に栽培したレタスも半分以上食しましたが、まだまだ元気に青々としたレタスが残っています。来週初めには留守になりますのでこの場所からの写真はまもなくお休みとなります。各写真クリックで大きくなります。 

室内窓際栽培は全部撤収して終わっております。

その間インターネット環境がありませんので投稿は休む事になります。いつでもレタス ショップ もその間お休みし、買い物篭も閉鎖致します。ハイポニカ液肥やスポンジ培地等は他のショップでご購入して下さいますようお願い致します。  2月の中旬より、新たに種蒔きから始めることになります。暖かい処に滞在しますので何か新しいアイデアも発見できればと、思っております。

この栽培方法の詳細を知りたい方は レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て  http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧ください。 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、あなたの町や市であなたが最初の挑戦者です。いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見つかるかもしれません、簡単で多収穫が期待出来ます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4286017060/sonet0f-22/ref=nosim

| | コメント (0)

2008.01.13

真冬の家庭菜園 パーライト栽培結果

2007113_015 真冬のレタス栽培、この栽培はパーライトを使った水耕栽培です。

20071208_070 約1ヶ月前の写真、ハガキ二枚文の広さのザルを使って水耕栽培です。左の苗を右のザル、バーミキュライトの上にセット、ザルの下のハイポニカ肥料を吸い上げて育ちました。上の写真のレタスを撤収しました。撤収の様子をマイフォトにアップしました。パーライトでレタス水耕栽培 収穫明細 です。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/pal/index.html この栽培方法の利点や欠点も見ることが出来ます。  栽培方法の基本は レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て に詳細に書かれています。

この栽培方法は下記の本の栽培方法です。

続きを読む "真冬の家庭菜園 パーライト栽培結果"

| | コメント (0)

真冬の家庭菜園 レタスの虫退治

2007113_019 真冬のレタス栽培でも虫の発生がある。写真のように葉の根本近くに良く発生する、どこから来るのかわいてくるのか私にはわからないが、農薬や殺虫剤を使わないので原始的に一匹ずつ捕殺するしかない。

2007113_026  昨年より防虫ネットカプセルと防虫剤で虫対策をしておりましたが、今回は寒さが始まったので防虫ネットカプセルを省いておりました。写真の防虫剤もなくなり買いに出かけたが季節も終わり店頭になかった。

2007113_022_2 捕殺方法ですがコップに水を入れ焼き鳥串や箸などを先を濡らし

2007113_023_2  虫に軽く当てると虫が濡れた串の先にくっついてくる。

2007113_024 コップの中に入れ虫を落とし、

2007113_025  次の虫を捕まえる、この繰り返し  2007113_062

この繰り返しで虫を捕まえるが、下に落ちたり、見あたらない隠れているいる虫もいるので数日繰り返す。

 2007113_031                           葉に潜った虫は親指と人差し指で挟み圧殺して その部分をちぎり取るか、その葉を摘みとる。  

2007113_030 何度かこの虫の写真を撮ったがこんなにはっきりした虫の姿は始めてです。 

防虫ネットカプセルは 次を参照して下さい。物理的に虫を寄せ付けない方法です。

http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/netto/index.html                     

| | コメント (0)

2008.01.08

真冬の家庭菜園 手のひらサイズでたくさん出来ます

200818_028

年が明けて8日目になりました。孫達の小学校、中学校とも今日から学校が始まりました。ようやく正月が終わった感じです。私の いつでもレタス も今年、初めての投稿です。長い休みを戴きました。私が投稿を休んでいる間も沢山の方が私のサイトに訪れておりました。インターネットサイトもほとんど見ておりませんでした。 いつの間にかアクセスも120万にも達しておりました。有り難うございます。写真はハガキ二枚位の面積で栽培のサニーレタスとフリンジーグリン。小さな栽培層ですが葉レタスはこの栽培層数個あれば2ヶ月くらい収穫を続けることが出来ます。立派な畑です。

200818_038

 さて、私のサイトをご覧いただいている方に、ここでお知らせしたいことがあります。家庭の用事で20日頃より 2週間~3週間くらい不在になります。その間同居の嫁さんや孫達に栽培の手入れを考えておりましたが、季節的に一番厳しい時期、それと不完全な保温装置で感電のおそれもあり、その為に出かける迄に全部撤収することを考えました。その間インターネット環境がありませんので投稿は休む事になります。いつでもレタス ショップ もその間お休みし、買い物篭も閉鎖致します。ハイポニカ液肥やスポンジ培地等は他のショップでご購入して下さいますようお願い致します。

2月の中旬より、新たに種蒔きから始めることになります。暖かい処に滞在しますので何か新しいアイデアも発見できればと、思っております。

今日の写真を十数枚マイフォトにアップしました。ご覧になりたい方は 20年1月8日の写真 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/2018/index.html こちらへどうぞ。

この栽培方法の詳細を知りたい方は レタス水耕栽培毎日記録の詳細全て  http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html をご覧ください。 この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、あなたの町や市であなたが最初の挑戦者です。いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見つかるかもしれません、簡単で多収穫が期待出来ます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4286017060/sonet0f-22/ref=nosim

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »