« パーライトと麦茶パックを使って水耕栽培 11.30 | トップページ | 島唐辛子の水耕栽培 秋 »

2007.12.02

パーライトで水耕栽培 撤収顛末

20071129_150 20071202_002 20071202_005 20071202_075

パーライトを使った水耕栽培、この栽培実験は麦茶パックを直接栽培層に置きました、麦茶パックの安定させるためプラコップの底を大きくえぐる加工で行いました。各写真クリックで大きくなります。1枚目の写真はにさん日前の写真、赤くなるはずのサニーレタスですが僅かに色づいただけ、1ヶ月以上葉を時々摘みとり他のレタスと混ぜてしょくしていました。二枚目は昨日葉を全部撤収、根の部分の藻が気になるが表面だけです。三枚目はプラコップから出して根の部分の観察、一袋で僅かのバーミキュライトしか使わないのがわかります、根の部分が小さい麦茶パックの中で増えるためバーミキュライトがたくさんあるように見える。四枚目現在栽培実験進行中のバーライトを使った栽培、パーライトに直まきの実験、麦茶パックやパーライト、液肥自体に光合成で緑の藻が付きやすい欠点があり、試行錯誤中です。本体は関係なく成長しています。この実験栽培の様子をマイフォトにアップしました。編集中ですが見られます。→ をクリックで見ることが出来ます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/pa/index.html 

|

« パーライトと麦茶パックを使って水耕栽培 11.30 | トップページ | 島唐辛子の水耕栽培 秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パーライトと麦茶パックを使って水耕栽培 11.30 | トップページ | 島唐辛子の水耕栽培 秋 »