« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007.10.30

キャベツの水耕栽培

20071030_064 キャベツの水耕栽培、キャベツをわざわざ水耕栽培する人はいないと思います。水耕栽培で一般てきな巻きレタスを作るのが夢です、ヒントになるのではないかと試行錯誤中です。もしかしたらキャベツが丸く玉になるかも知れません。

20071030_066_2 栽培中のキャベツの芯が巻き始めたようです。上の写真のアップしてみました。 20070922_031

買ってきた当時の写真です。ハイポニカ肥料五百倍希釈液のみでの栽培です。各写真クリックで大きくなります。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、あなたの町や市であなたが最初の挑戦者です。いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見つかるかもしれません、簡単で多収穫が期待出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

現在レタス栽培に関する書籍の売れ筋ランキング amazon扱い 一位 です。(10月29日現在) http://www.ne.jp/asahi/jubus/com/jituyo2/html/agri351.html  一般の書店で販売されるのよう願っています。

| | コメント (0)

カリフラワーの水耕栽培

20071030_063

20070922_029_2 市販の野菜を水耕栽培に、プランターや家庭の庭で育てることはなかなか難しいです。ハイポニカ肥料に任せれば良く育ちます。園芸店やホームセンターなどで野菜の苗を買ってきてもなかなか思うように育ちません。土作りから始め肥料の選定も必要です。時々追肥の必要です、そのタイミングを知らなければなりません。この方法ならば簡単です。方法はここをクリック http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/tuchi/index.html この季節、苗の入手も難しくなってきました。手にはいるかたは、試してはいかがでしょうか。写真は今日の写真と苗で買ってきた時の写真、日付を参照

| | コメント (0)

隼人瓜  収穫続く

20071030_097 20071030

隼人瓜、千成り瓜とも言われる植物らしい。初夏の頃、隼人瓜が冷蔵庫で発芽した。トマトの土栽培のそばに埋めておいた、トマトが最盛期を過ぎ、キュウリが終わり出した8月中旬頃より急激に繁殖しだした。すでに12個を採った、明日かあさってには又採れそうだ、まだまだ小さい実が無数にあり小さな花も無限に咲いている。この花に百匹以上のミツバチが群がり、そばによるとプーンプーンと蜂の音が聞こえる、人づたいであるが肥料も何もなくても育つ植物らしい。食べ方はいろいろありそうで隼人瓜自体味がなく、なんの料理でも合いそうです。甘酢漬け、醤油漬け、ぬか漬け、チャンプル、みそ汁、で試したが全部OKだ。おでんに大根のようでも良いかもしれない。ゴーヤチャンプルの代わりに隼人瓜を入れたのが一番良かった。現在12個収穫済み。

| | コメント (0)

2007.10.27

レタス水耕栽培毎日記録の詳細

20070907_007

20070918_036 20070922_042 20071025_023

レタスの水耕栽培鉢式栽培を始めて2年数ヶ月、これまでいろいろな野菜の栽培を試みてきました。しかし毎日の記録を;連続で収めたのはなく、日数が空き途中がとぎれたりして中途半端でした。この記録も二日ほど都合であいてしまいましたが、ほぼ毎日の記録で偽りのない記録です。五十日で育て上げる目標で始めました。ほとんどが写真に撮影日が入っているので参考にしてください。春先からの栽培と違い、残暑が続いている9月7日から始まり、育ち方は正常ではありませんが、家庭で消費する分では十分なレタスが出来ました。この記録は、スポンジ培地の説明、種の蒔き方、プラコップの加工、移植する方法等全て詳細にきろくしました。又、成長記録も毎日載せており、皆さんが栽培するときの成長と比べることが出来、目安になると思います。まだ編集中ですが写真の日付を参考にすればわかると思います。これからはじめても正月には自作のレタスを食べることが出来るでしょう。 レタス水耕栽培毎日記録の詳細全てhttp://azcji.cocolog-nifty.com/photos/retasu/index.html

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、あなたの町や市であなたが最初の挑戦者です。いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見つかるかもしれません、簡単で多収穫が期待出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

現在レタスに関する書籍の売れ筋ランキング amazon扱い 一位 です。http://www.ne.jp/asahi/jubus/com/jituyo2/html/agri351.html 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカと書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/

| | コメント (0)

レタス栽培日記 35日目

20071027_007

台風20号の影響で朝から大雨が続いています。2時過ぎから急に風も強くなり、我がレタス畑の簡易ビニールハウスをとばされないようにつっかえ棒で支えてきました。

レタス栽培日記 35日目です。日照不足で大幅に生育が遅れています。発芽後の日照不足がだいぶ影響しています。右のフリンジーグリンはそこそこ育ちましたがリーフレタスは無理かも知れません。

| | コメント (0)

2007.10.25

ネギの水耕栽培 

20071025_043 20071025_044

ネギの水耕栽培、夏の8月半ばに種を蒔いたもの、あきらめていたが、水遣りは欠かさずしていたせいか、涼しくなって元気を取り戻したようです。丈も十分な長さになり、透明の封筒を使い、まっすぐに立つようにしたら見られる姿に変身した。これも同じハイポニカ肥料五百倍希釈液のみの栽培です。各写真クリックで大きくなります。

20070826_039_2 この写真は8月26日の写真、2ヶ月でこれだれ育っている事は普通の成長かも知れない。

| | コメント (0)

秋のレタス栽培 5種類 10.25

20071025_017 20071025_016 20071025_013 20070930_015_3

9月27日から始めた秋のレタス栽培 5種類は発育がどれも良くない、1ヶ月になるのに写真の通り、サラダ水菜、コリアンダー(香菜)、ルッコラ(ロケットサラダ)、サニーレタス(レッドウエーブ)、九条ネギ、の五種でしたが、九条ネギは発芽率が悪く撤収しております。4枚目の写真が種まき後三日目の発芽当時のもの、日照不足がだいぶ影響している。

| | コメント (0)

2007.10.24

サラダ水菜水耕栽培 移植しました

20071024_003 麦茶パックに椰子殻繊維とバーミキュライト混合用土にサラダ水菜の種をセット十日でこんなに育ってきました。今日は間引きを兼ねて移植しました。麦茶パックの倒れ防止方法が新たに考えた方法を取り入れております。 20071024_020 20071024_023 一袋に2株から5株も入っているのもあり新たに袋を作り二株ずつにしました。全部で24袋も出来ました。葉が大きくなれば間隔を開けることが出来ます。詳細は後日に投稿します。

| | コメント (0)

2007.10.22

ハバネロ水耕栽培 10月月 22日

20071022_005 20071022_004

ハバネロもまだ蕾から花へと 続いております。島唐辛子とハバネロを収穫しました。

20071022_015_2

| | コメント (0)

島唐辛子の水耕栽培 収穫続く

20071022_001 20071022_003

次から次えと島唐辛子が色づいてきます。すっかり秋らしい気温ですが常夏の植物、寒さに大丈夫でしょうか。まだまだ続きそうです。

| | コメント (0)

2007.10.21

レタス栽培日記 29日目

20071021_089

レタス栽培日記 29日目です。日照不足で大幅に生育が遅れています。約一ヶ月でやっとここまでです。良い天気が続いてほしいです。

| | コメント (0)

市販の野菜苗を水耕栽培に 10.21

20071021_068 20071021_070 20071021_072

市販の野菜苗をハイポニカ肥料で水耕栽培しています。9月21にホームセンターで残り物の野菜苗を購入、10月3日に現在のポットに移植しました、ポットは水耕栽培鉢式に加工しております。土付きの苗を水耕栽培するには、従来の方法では、土を落とし根を消毒する必要があるそうです。私の場合は土をそのまま、ポットから抜き出した状態で移植します。移植してから18日です。すっかり元気になり順調に生育しているようです。ミニレタスは葉が大きくなり外葉の大きいのから食べたい衝動になります。市販の苗から移植する方法は 野菜の土苗をハイポニカだけで栽培 をご覧ください。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/tuchi/index.html 現在進行中です。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、あなたの町や市であなたが最初の挑戦者です。いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見つかるかもしれません、簡単で多収穫が期待出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

現在レタスに関する書籍の売れ筋ランキング amazon扱い 一位 です。http://www.ne.jp/asahi/jubus/com/jituyo2/html/agri351.html 

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカと書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/

| | コメント (0)

2007.10.19

椰子の繊維を使って水耕栽培

20071019_026

椰子殻繊維とバーミキュライト半々の混合培土による水耕栽培実験です。サラダ水菜、中葉新菊、九条太ネギ三種を小さな麦茶パックの中で育てます。10月7日に種をセットしました。今回はスポンジ培地を使わず直に種を蒔いております。スポンジ培地と違って蒔いた時、種の所在がわからないのが欠点です。

20071019_027 20071019_029 20071019_030 20071019_031 20071019_032 20071019_033 麦茶パックに椰子殻繊維の色素をすって茶色の色が袋の縁に浮き出ています。サラダ水菜の生育が良いようで水菜独特のギザギザの葉も見えます。

| | コメント (0)

2007.10.18

レタス栽培日記 26日目

20071018_034 レタス栽培日記 26日目です。良い日差しがありましたが我が家の庭はこの時期1時過ぎると山陰に入ります、日照が少なく育ちが悪いようです。

| | コメント (0)

2007.10.17

市販の野菜苗を水耕栽培に 10.17

20071017_002 20071017_004 20071017_008

市販の野菜苗をハイポニカ肥料で水耕栽培しています。9月21にホームセンターで残り物の野菜苗を購入、10月3日に現在のポットに移植しました、ポットは水耕栽培鉢式に加工しております。土付きの苗を水耕栽培するには、従来の方法では、土を落とし根を消毒する必要があるそうです。私の場合は土をそのまま、ポットから抜き出した状態で移植します。移植してから2週間です。すっかり元気になり順調に生育しているようです。前回の投稿時に移植の方法をマイフォトに写真を多数使って説明しています。まだの方はご覧ください。野菜の土苗をハイポニカだけで栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/tuchi/index.html この方法で、ハバネロやトマト、キュウリ、シシトウ等、市販の苗で栽培に成功しております。今回のミニカリフラワー、ミニキャベツ、ミニレタスの野菜類は初めてです。キャベツやカリフラワーは少し長期になるかも知れません。

| | コメント (0)

2007.10.16

レタス水耕栽培

20071016_006 20071016_007

レタス水耕栽培です。この栽培ブログに載るのは久しぶりです。9月7日に種をセット、途中からブログには載りませんでした。百均ダイソーの種です。レタス・サラダミックス、リーフレタス、チマサンチュの三種です、左の写真に2種類入っております。五十日を目標としていますが、レタス・サラダミックスは食べ頃の葉もあります。

| | コメント (0)

レタス栽培日記 24日目

20071016_022 レタス栽培日記 24日目です。今日は強い北風が吹いて寒い日です。日照が少なく育ちが悪いようです、夏場と違ってひょろひょろと育つことなくしっかりとした育ちのようです。

| | コメント (0)

2007.10.15

ハバネロ水耕栽培 

20071014_024 20071014_025

ハバネロの水耕栽培の記事は久しぶり、自分で食べることが出来ないのが残念です。来年の分の種も採取済みです。もうしこし種を採取したいと思います。まだ蕾も有り花も咲いているのでまだまだハバネロはできそうです。

| | コメント (0)

島唐辛子の水耕栽培

20071014_019 20071014_021

島唐辛子、まだまだ実を付け、花が咲き、蕾も盛んに出てきます。丈も生長を続けてます。

| | コメント (0)

2007.10.13

秋のレタス栽培 5種類 10.13

20071013_013 20071013_031 20071013_035 20071013_052

秋のレタス栽培 5種類ということで9月27日に九条ネギ、サラダ水菜、コリアンダー(香菜)、ルッコラ(ロケットサラダ)、サニーレタス(レッドウエーブ)の種をセット、10月10日に移植しましたが、九条ネギは発芽率が悪く移植を断念、水菜は移植するも、移植後に液肥を入れるのを忘れ、6カップのみとなりました。水菜とレッドウエーブは日照のせいか元気がないようです。

| | コメント (0)

レタス栽培日記 21日目

20071013_037

レタス栽培日記 21日目です。今日は午前中は良い天気でした、午後からすっかり曇ってしまいました。

| | コメント (0)

2007.10.12

市販の野菜苗を水耕栽培にする

20071012_019 20071012_020

20071012_022 20070922_033

本来土ポットで苗にしたものを水耕栽培にするには根から土を取り去り根を消毒しなければなりません。私、式の栽培ではそのままで栽培します。

市販の野菜苗をハイポニカ肥料で水耕栽培しています。9月21にホームセンターで残り物の野菜苗を購入、写真4枚目が買った翌日の写真、10月3日に現在のポットに移植しました、ポットは水耕栽培鉢式に加工しております。ハバネロや、トマトごみ箱栽培『 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/gomibako/index.html 』と同じ方法です。野菜の土苗をハイポニカだけで栽培 移植の方法をのせております、現在編集中でこれから画像が増えると思います。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/tuchi/index.html 苗を買ってから12日間買ったままのポットで、虫やバッタに食われたのもあります。 食べきりミニキャベツ、食べきりカリフラワー、食べきりミニレタスの三種です。市販の野菜苗は始めて、どのように育っていくか不安です。

| | コメント (0)

レタス栽培日記 20日目

20071012_002

レタス栽培日記 20日目です。何となく生長が止まってるようです。日差しが少ないためでしょうか・・・・

| | コメント (0)

2007.10.11

椰子の繊維を使って水耕栽培

20071011_013

20071011_114 20071011_118 椰子殻繊維とバーミキュライト半々の混合培土による水耕栽培実験です。サラダ水菜、中葉新菊、九条太ネギ三種を小さな麦茶パックの中で育てます。10月7日に種をセットしております。今日三種とも発芽が確認されデジカメでもわかるようになりました。 サラダ水菜です。この栽培で作った水菜は茎が柔らかく生で食べるのが最高です。各写真クリックで大きくなります。 20071011_116 20071011_110 中葉新菊です。始めての栽培になります。 20071011_117 20071011_113 九条太ネギです。今年の春から、昨年度の種を使い発芽率が悪く良い結果を出せませんでした。新しい種で再度栽培してみます。

| | コメント (0)

レタス栽培日記 19日目

20071011_120

種から19日目です。

| | コメント (0)

2007.10.10

レッドウエーブ をパーライトで水耕栽培

20071010_017 20071010_085

秋のレタス栽培5種類のレッドウエーブ(サニーレタス)を移植しました。9月27日にスポンジ培地12個に2粒ずつ種をセット、全ブロック発芽半分をパーライト、半分は今回初めて椰子の繊維とバーミキュライト半々の混合培土を使ってみます。

| | コメント (0)

ルッコラ 麦茶パックとパーライトで水耕栽培

20071010_066 20071008_019

秋のレタス栽培5種類のルッコラ(ロケットサラダ)を移植しました。9月27日にスポンジ培地6個に4粒ずつ種をセット、ほとんどの種が発芽6ブロックスポンジを麦茶パックに、今回はバーミキュライトを使わずパーライトを使います。栽培層はコンビニ弁当のお重のトレーを使います。葉の真ん中に斑点が有り気がかりです。前回のルッコラ栽培はちょっと違いますが、あなたはどちらを選ぶでしょう、前回の栽培記録はここルッコラ栽培 ルッコラ栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/kureson/index.html をクリック参考に !  少しあれば十分、室内で十分種から栽培できます。肥料はハイポニカ肥料をお使いください。ハイポネックスとは用途が違いますのでお間違いにならないでください。

| | コメント (1)

コリアンダー パーライトで栽培

20071010_019_3 20071010_076_3 秋のレタス栽培5種類のコリアンダーを移植しました。9月27日にスポンジ培地6個に3粒ずつ種をセット、1ブロックは一粒も発芽せず、5ブロックを麦茶パックに、今回はバーミキュライトを使わずパーライトを使います。栽培層はトーフのトレー右の写真のように2個、1個、2個と、スポンジ培地をいれパーライトを培土としました。このコリアンダー一粒の種から二本の芽が出るのが多く今回初めて気がつきました。

20070928_005 20071008_018 各写真クリックで大きくなります。 左の写真、種をセットした日の写真、右は一粒の種から二本の芽が大きくなったところの写真です。

| | コメント (0)

レタス栽培日記 18日目 

20071010_028 種から18日目、なかなか良い天気にはなりません。コップの中葉の形が変わってきました。真夏と違ってひょろひょろと育ちません。しっかりとした葉レタスが出来ると思います。

| | コメント (0)

2007.10.09

レタス栽培日記 17日目 

20071009_015_2 20071009_018_4 20071009_019_3 種から17日目、今日も朝から雨模様の天気、降ったり、やんだりで太陽は見えません。コップの中は昨日と変わらない用に見えます、そんなときは根が生長しているかも知れません。

| | コメント (0)

2007.10.08

レタス栽培日記 16日目 

20071008_057_2 種から16日目、今日は朝から雨模様の天気、屋外で写真でもフラッシュがたかれるような暗い日です。時折強い雨や突風も吹いている日です。写真での生長はわかりませんが全部枯れることなく正常です。

| | コメント (0)

2007.10.06

読売新聞に 本・いつでもレタス ! 横着じいさんの超かんたん・・・ が紹介されました。

20071005_060_2 20071006_007_2 

私の書いた本、いつでもレタス ! 横着じいさんの超かんたん水耕栽培 が読売新聞9月20日付け、夕刊8ページ、こだわりガーデニング欄に書籍が紹介されました。紙面左下の記事、クリックで大きくなります。以前読売新聞の家庭欄デスク担当者から連絡があり、10月末までに記事として載せても宜しいかと打診がありました。暫く紙面に注意していましたが我が家では夕刊は取っておらず全く気がつきませんでした。これまで出版社の広告にはたびたび載っておりますが、記事としては初めてです。全国版ではないかと思います。小さな記事ですが、日本の三大紙に載ることは自分でも素晴らしく嬉しいことです。又インターネットYOMIURI ONLINEサイトでも紹介されております。 下が読売新聞に掲載された 本・いつでもレタス ! 横着じいさんの超かんたん水耕栽培 の書籍です。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、あなたの町や市であなたが最初の挑戦者です。いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見つかるかもしれません、簡単で多収穫が期待出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培 文芸社/出版

| | コメント (0)

レタス栽培日記 14日目 

20071005_069 種から14日目、今日で2週間、昨日トーフのタッパーから移植しました。コップにはいると小さいです。種から50日を目標にしています。窓際に置かれ、ザルの中で最後の撤収まで栽培されます。

| | コメント (0)

2007.10.05

レタス栽培日記 13日目 移植しました。

20071005_003 20071005_036

レタスの水耕栽培鉢式栽培の記録です。毎日同時進行でその日の写真を投稿しています、50日を目標に偽りのない栽培です。失敗があればそのままの写真が載ります。今日昼までトーフのタッパーで育ちました。今日は栽培層に移しました。栽培層は百円ショップのザルとトレーが一対になっているものです。このザルが水耕栽培装置として働きます。数万円もする水耕栽培装置と同じ働きをします。それ以上かも知れません。ここで使用される肥料はプロの農家や野菜工場で使われる肥料と同じものと思ってください。ハイポニカ肥料と言います、現在園芸店やホームセンターなどで売られている液肥とは違います。上の写真から下の写真にするには移植作業がありますがまだご覧になっていない方は ここ水耕栽培鉢式レタス栽培の基本 をご覧ください。 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/haci/__0545_002.html 沢山の写真で説明しています。 

20071005_040

今回リーフレタス、フリンジーグリン各10ブロックのスポンジ培地に種をセット全部のブロックに発芽しました。2ブロックずつあまり、それを麦茶パックで栽培することにします。麦茶パックでの栽培方法は ここ

1。麦茶パックで水耕栽培方法 水菜・京菜 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/mugicha/index.html をご覧ください。 麦茶パックと一握りのバーミキュライトで大地と同じように生長する様は不思議でなりません。
又、このように育つといいなーー と思っています。
200751_062 ← 写真クリックで大きくなります。 麦茶パックが倒れやすいので缶ホルダーを使っています。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカと書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、あなたの町や市であなたが最初の挑戦者です。いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見つかるかもしれません、簡単で多収穫が期待出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

 

| | コメント (0)

2007.10.04

島唐辛子 2度目の収穫

20071004_013_2 20071004_016_2

宮古島の島唐辛子を種から栽培しております。栽培方法は全く知りません、ハバネロと同じように、肥料は全てハイポニカ肥料五百倍希釈液に任せました。それでもぐんぐん生長しました。今日は2回目の収穫です。前回は9月19日で、赤い島唐辛子12個採れました。今回は27個です。ハバネロと違って素手での収穫です。ハバネロは絶対、素手では出来ません。これからまだまだ実がなりそうです。

| | コメント (0)

レタス栽培日記 12日目

20071004_022 

種をセットしてから12日目です。今日は朝から青空でした。気温も24どぐらいです。暫くぶりの太陽です、このまま天気が続くと良いです。双葉からでた本葉がどんどん伸び始めています。

| | コメント (0)

2007.10.03

隼人瓜の花

20071003_022

初夏の頃、隼人瓜が冷蔵庫で発芽した。冷蔵庫芽が出た。トマトの土栽培のそばに埋めておいた、トマトが最盛期を過ぎ、キュウリが終わり出した8月中旬頃より急激に繁殖しだした。インベーダーのように、隼人瓜に花が咲くようですがインターネットで検索するも見えず、どうやらこれが花のようだ、蜜を求めて有りが群がる。別の花にはびっしりと、群がる。そんなに甘い蜜なのか。 写真もっと大きくなります

| | コメント (0)

秋のレタス栽培 5種類 10.03

20071003_009_3

10月に入り3日目、ここのところ暫く太陽が見えません。連日気温が低い日が続きます。9月には3回も種を蒔きました。今日の写真は27日に蒔いた5種類のレタス類です。やっぱり京ネギの発芽が悪いようです。一部発芽が始まっていますが撤収します。新しい京ネギの種を確保出来ました。コリアンダーはこの方法は合わないようでバーミキュライトに直接種を蒔いてみます。写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

レタス栽培日記 11日目

20071003_019 

種をセットしてから11日目です。今日も太陽は見えません。そろそろ移植しなければなりません。明日かあさってにします。

| | コメント (0)

2007.10.02

島唐辛子の水耕栽培 大成功 !!

20071002_025 島唐辛子を水耕栽培でしています。宮古島の人から種を戴き、種からの栽培開始でした。育て方も肥料も何を与えれば良いかの知識は全くありませんでした。ハバネロを育てた経験をそのまま使ってみました。

20071002_026 8月下旬まで五号ポットくらいの小さな鉢でした。突然水の吸い上げが止まり、葉が突然たれ出しました。一回り大きな鉢(現在の鉢)に移し替え2週間後に元気を取り戻し再び水を吸い上げ始めました。吸い上げの量は以前の半分くらいです。写真は重しに煉瓦3個使っています。土の代わりにカサ比重十分の一以下の綿のような軽いものバーミキュライトを使っているため根の部分が安定しません。頭が重く少しの風でも倒れてしまいます。支柱も立てることが出来ず、プランター鉢のホルダーを使っています。煉瓦の後ろに1リットルくらいの補助タンクが(ペットボトル)あり、現在一日一回の液肥補給です。

20071002_029

島唐辛子が沢山なっています。一度赤くなった島唐辛子を収穫しています。2度目の収穫しなければなりません。

20071002_030

上部の写真です。まだまだ葉の陰に隠れています。花も咲き、よく見ると蕾も沢山出来ています。落花が少なく蕾が全部島唐辛子になるようです。何個採れるでしょうか。楽しみです。水耕栽培は素晴らしいです。

この栽培方法は私が考案しました。原理、構成、構造は特許取得済みです。(実用新案)レタスの水耕栽培と同じ原理です。

| | コメント (0)

レタス栽培日記 10日目

20071002_033

種をセットしてから10日目です。今日も雨よりので気温も低めです。5日も太陽が見えません、レタスの生長に影響が出るのでしょうか。トーフの容器より丈が高くなりました。そろそろ移植しなければなりません。写真を撮った時間は午後四時です、昨日と同じ時間になりました。シャッターのオートが効いてフラッシュが働きました。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »