« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007.07.31

真夏のレタス栽培 移植7月31日

20070731_002_2 20070731_003  20070731_069 20070731_076

7月20日に100均ショップダイソーで夏蒔きの種を4種サニーレタス、レタスサラダミックス、水菜、時無し小カブを手に入れた。発芽率も良くスポンジ培地60個に蒔いた種はほとんど発芽して、無駄なスポンジはなく60個全部使えることになった。モヤシ状になることなく水菜サラダはすでに本葉もでている。今日は栽培層に移植した、麦茶パックを使った栽培も水菜、サニー、カブを各4株づつとした。各写真クリックで大きくなります。4枚目の写真は麦茶パックを使った栽培、原則的に一パックづつ分離でき、色々な容器に移すことができる。

| | コメント (0)

2007.07.28

小さな窓際で栽培、レタス5種類 7.28

20070728_051

20070728_046 20070728_052

真夏のレタス水耕栽培、関東地方以北は梅雨明け宣言はまだ出ていない、ここ数日は強烈な日差しが続いている、育ちが不良だった窓際のレタスも葉が大きくなってきた、春先のレタスと比べたら満足な出来とは言えないが何とか口にできそうです。前回投稿のスポンジ培地のレタス類もまもなく栽培層に移します。写真クリックで大きくなります。

20070728_001_2 本日の収穫、久しぶりのキュウリの収穫、キュウリ明日も採れそうだ。

20061115_022 根野菜のカブを小さな麦茶パックで育ててみようと思い栽培実験してみました。栽培装置は上の写真レタスと同じ装置、スポンジ培地に種を蒔くことからはじまります。種からカブになるまでの育つ様子をマイフォトにアップしました。関心のある方はご覧ください。カブの栽培 麦茶パック編でアップしました。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/kabu_mugicha/index.html

| | コメント (0)

2007.07.26

家の中で家庭菜園

20070726_075 20070726_076

20070726_078 20070726_071

ダイソーの園芸コーナーで買った7月~10月にまく野菜種、レタス類三種と小カブの種、ほとんどが発芽した、窓際は先客がいておく場所がない、外の軒下の棚に暫く置くことに、ここ数日直射日光が強く、棚の上にヨシズをかけて強い日差しをさえぎることにします。現在モヤシ状になることなく良い苗ができそうです。数日で移植することになります。写真クリックで大きくなります。

20070716_25_027_2 20070726_045_2 20070726_062

トマトの収穫が最盛期になっている、水耕栽培の大玉トマトも残りわずか、ごみ箱のミニトマトも下の段も終わり収穫は中段に移っている、粒が小さめに、プランターの中玉トマトは毎日十数個採れている。キュウリも一旦終わったが、又、数本できてきた。写真の日付を参照してください。右の二枚は今日の写真、シシトウの入ったザルは今日の物、右の真っ赤になったトマトは昨日収穫分、1枚目のと同じものです。収穫後、時間が経てば真っ赤になります。

土を使うことなく一株あたり一握りの土壌とハイポニカ肥料1種類で葉野菜根野菜果菜類豆類ネギ蔦類と色々な野菜の栽培実験に挑戦し成功しております。又、虫対策で薬を使わず物理的に栽培方法も考案しております。今までだれもできなかった、知らなかった栽培方法です。左サイドバーのマイフォトから色々な野菜の栽培実験を見ることができます。

私の栽培方法は種まきから収穫までマイフォトで見ることができます。 水耕栽培鉢式レタス栽培の基本 詳しく写真で見ることができます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/haci/index.html  今年の春よりこの窓際だけで栽培した 窓際でレタス栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/madogiwa/index.html 窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html 窓際でインゲン栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ingen3/index.html の記録を写真で見ることができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカと書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、あなたの町や市であなたが最初の挑戦者です。いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見つかるかもしれません、簡単で多収穫が期待出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

| | コメント (0)

2007.07.22

家の中でレタス栽培

20070716_22_053 20070716_22_054 20070716_22_055 20070716_22_056

真夏のレタス栽培は難しい、前回6月15日に種まきしたレタス五種は梅雨に入りほとんど日照もなく苦戦している、春の時期なら収穫期に入っている頃、未だに中途半端に育っている。一昨日百均で二袋百円の種を購入早速その日に種を蒔いた、一日で発芽が見られ今日で丸二日ほとんどの種が発芽したようだ、新しい種は気持ちよいほど発芽してくれる、これから猛暑をむかえるが、耐えて育ってくれるかが気にかかる。そろそろ梅雨明けになる、日照不足はなくなるだろうが昨年のように育ってくれよと期待するしかない。この写真の分は外のベランダの下棚栽培になりそうだ。

20070715_054 20070716_20_004 20070716_21_001 20070716_22_003

レタスの収穫は5日ほどストップしているが、トマトやキュウリは毎日の収穫はないが食べる分は確保できている。ミニトマトと大玉トマトはほとんどがゴミ箱水耕栽培や保冷バック栽培のもの、中玉トマトはプランター栽培や庭栽培のもの、今日もキュウリが葉の陰で見えなかったものが家内から言われ二本を収穫した。どうも目の視線の高さが違うため見えなかった。明日にトマトが一昨日くらい採れそうだ。

| | コメント (0)

2007.07.21

家の中で野菜栽培が現実に

20070716_20_016_1 20070716_20_037_1

天候不順で窓際のレタスが元気がない、ひょろひょろと成長している。二日ばかり短い時間だが太陽が当たった、気持ち元気が出たようだ。昨日百均のダイソーへ、園芸コーナーの種売り場に7月~10月にまく野菜の種があった。袋には7月~10月にまく野菜と強調した文字が、レタス類三種と小カブの種を購入した。早速種まきとなった。写真クリックで大きくなります。北側の風呂場の出窓タイルの上にセット、発芽を待つことになる。

私の栽培方法は種まきから収穫までマイフォトで見ることができます。 水耕栽培鉢式レタス栽培の基本 詳しく写真で見ることができます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/haci/index.html  今年の春よりこの窓際だけで栽培した 窓際でレタス栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/madogiwa/index.html 窓際でネギの栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html 窓際でインゲン栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ingen3/index.html の記録を写真で見ることができます。

土を使うことなく室内で清潔に栽培、収穫して完全無農薬野菜として食べることができます。家の中で野菜栽培が現実になりました。肥料はハイポニカ肥料五百倍希釈液のみです。最近良い虫除けの薬が店頭に列んでいます、天然素材で作っているため安心して使えるようです。この出窓にも置き始め効果が出ているようです。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカと書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、あなたの町や市であなたが最初の挑戦者です。いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見つかるかもしれません、簡単で多収穫が期待出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

| | コメント (0)

2007.07.18

ハバネロ水耕栽培 7月 18日

20070716_18_017 20070716_18_019

20070716_18_034 20070716_18_036 今日も太陽が顔を出しません、7月に入ってほとんど曇りや雨です、レタスの生長も非常に悪くモヤシのようで葉に元気がありません。今年もハバネロ栽培に挑戦しています。一昨年は205個の収穫、昨年は150個の収穫がありました。今年のハバネロは花や実の落下がみられます。250個を目指していますがこの天気でどうなるのでしょう。鉢が小さくカップラーメンの箱が入る五号ポットくらいのポットです。右は宮古島の島唐辛子です。こちらは蕾が見え始めました、小さい小さい蕾です。一昨年のハバネロの栽培記録を見ることができます。 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/haba/index.html アルバムより入るより連続写真を見ることができます。種より始めて肥料はハイポニカ肥料五百倍希釈液のみです。

| | コメント (0)

2007.07.13

台風接近のためトマト収穫

20070713_039 20070713_043

大型の台風4号が沖縄を直撃被害が出始めた、その台風本州を縦断すると天気予報、沢山の赤い実が付いた写真を撮りたいと思っていたが、雨に濡れれば果裂してしまう。撤収することにした。いつの間にかキュウリも大きくなっている手入れが悪いのかヘボのキュウリができた。トマトの写真左が水耕栽培、右がプランター栽培。比べると水耕栽培の方が実の付く数が数倍もある。夏場はレタス栽培が消沈気味だがキュウリはそこそこ、トマトは沢山できるのでこれで良しとしよう。超簡単なごみ箱を使った水耕栽培も立派な装置である。

この時期になってトマトの苗がホームセンター等で見かける、これからは夏の終わりから秋にかけて収穫が楽しめる。一昨年は十二月になってもトマトの収穫があった。

ごみ箱水耕栽培装置の作り方は 2。ゴミ箱水耕栽培記録 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/gomibako/index.html を参照し挑戦してみてください。

一昨年十二月のトマト栽培の様子はこちらを見てください。http://azcji.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/20/index.html

| | コメント (0)

2007.07.12

ネギの水耕栽培 新しい試み

20070712_003 20070712_006

京ネギの室内栽培、一昨日種を蒔いた、今回はバーミキュライトの上に特殊な紙を敷いての実験、これなら種の位置がはっきり確認できる、間隔もしっかりとれやすい、昨日発芽を確認できた、今日ははっきりわかるようになった。こちらは九条太ネギ。

20070712_008 20070712_009

こちらは京ネギ極細ネギ、発芽率がすこぶる良い、小さな麦茶パックに15粒ずつの密植栽培、はがき二枚の面積に210粒の種を蒔いたことになる。家の中でも京ネギならば立派なネギの栽培が出来ます。室内の窓際でも本格的にネギの栽培が出来ます。土を使いませんので清潔に栽培出来ます。ネギの栽培か本当に簡単にできます。今年の3月に始めたネギの栽培記録をご覧ください。各写真の説明は制作中です。ネギの室内栽培http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi3/index.html をご覧ください。

| | コメント (0)

小さな窓際で栽培、レタス5種類 7.12

20070712_013

20070712_051 20070712_052

真夏のレタス水耕栽培、ここ暫く天候不順、日照が全くないような日が続く、春先の窓際栽培は大成功であったが、育ち方に元気がなく、なよなよと育っている。デジカメで自動シャッターでもフラッシュが付く明るさしかない。少しずつ成長はしているが青さに深みが少なくどのレタスも若草色である。上の写真は全体が写っている、右のインゲンもこのままだとインゲンにならず終わるかもしれない。下の二枚の写真、左は下の段、サンチュとリーフレタス、右が上段でフリンジーグリーンとエンダイブ、真ん中の細いトレーのエンダイブはなぜか溶けかかっている。

| | コメント (0)

2007.07.11

大玉トマトつり下げて栽培

20070710_018 20070710_005 20070710_015 20070710_017 市販の大玉トマト、三号ポット3個買い、ゴミ箱を使った栽培、庭の土栽培、そして、保冷バックを使ってつり下げて栽培しております。ゴミ箱の変わりに百均の野菜保存袋(タマネギやジャガイモ、ニンニクなど入れる袋らしい)を使っております。すでに赤くなったトマトを3個ずつ採って食べてしまいましたが、昨日保冷バックより引き出してみました。この栽培、ごみ箱を使った栽培と同程度の成長です。良く動くためかトマトに傷が沢山見られます。試してみたかった栽培方法です。原理はごみ箱と同じで保冷バックが液肥層になり、遮光も兼ねられるので良い方法です。

| | コメント (0)

2007.07.10

ネギの水耕栽培 新しい試み

20070710_067 京ネギの水耕栽培、今回も室内の窓際で栽培します。小さい麦茶パックにバーミキュライトを一握り、50シーシー位入れ、種を一袋あたり15粒ずつ蒔きました、今までは種を蒔くとバーミキュライトに同化して種がどこにあるのかわからなくなりましたが、今回は工夫をしてはっきりとわかります、間隔も綺麗です。私の思い通りになってくれると良いんですが、京太と極細ネギです。前回の室内の栽培記録はまだマイフォトに載せておりません、最初の記録をご覧ください。1.2京ネギの栽培実験 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/negi/index.html 写真クリックで大きくなります。

| | コメント (0)

2007.07.09

ハバネロ水耕栽培 7月 9日

20070708_038 20070708_037

20070708_050 20070708_048 ハバネロの水耕栽培です、左写真がハバネロ、隣に宮古島の島唐辛子が並んでいます。最初は区別が付かなく同じハバネロかとも思ったことがあります。育ち方にも特徴があります。ハバネロは早くも実を沢山付け始めました。今年も百個以上実を付けると思います。島唐辛子にも小さな実が見えるようになりました。小さいので写真大きくしてみてください。小さなポットで育てていますが結構これで大丈夫のようです。肥料はハイポニカ肥料五百倍希釈液のみです。一昨年のハバネロ栽培記録はここをクリックで見ることができます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/haba/index.html 

今年のハバネロの種配布は発芽率悪いため取りやめております。 昨年のブログ記事、ハバネロ種配布を見て、時々封書でハバネロ種希望と封書で送られる方が数名おりますが次年度に発芽率が良かったらお送りします。それまで返信封筒をお預りしておきます。又、これから種を蒔いても今年中には実を付けるのが無理かと思います。

| | コメント (0)

2007.07.07

夏のレタス栽培 窓際家庭菜園

20070707_003

20070707_029 20070707_030 20070707_031 20070707_032 20070707_026 20070707_027 20070707_028 夏に向けてのレタス栽培、現在窓際で栽培中です。ある程度までこの窓際で栽培し、葉が大きくなれば一部、外の軒下栽培棚に移すつもりです。各写真クリックで大きくなります。ここのところ日差しが少なく成長が非常に遅く感じられます。でもコップの縁から葉がはみ出るくらいまで育っております。終わりの三枚の写真はどれも麦茶パックを使った栽培です。最後の写真は後日移し替えます。室内の窓際でも立派な家庭菜園をたのしめます。春先の窓際栽培をご覧ください。ここから→窓際でレタス栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/madogiwa/index. ゃ窓際でインゲン栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ingen3/index.html 窓際でネギの栽培も実証しております。

| | コメント (0)

ゴミ箱水耕栽培 トマト 7月6日

20070706_012_1 20070706_013_1 20070706_016_2 20070706_017_2 20070706_019 20070706_022_1 ゴミ箱を使ったミニトマトの水耕培、脇芽からの一段目も赤くなった。キャリングで保冷バックを使った水耕栽培も順調だ、成長はゴミ箱の方が断然良い。写真でわかるようにキャリングで移動するために傷だらけのトマトになっている。

現在、レタス類は写真の二層のみ、一週間前の強風で他のレタス類は棚ごと吹っ飛ばされた、養生したが撤収となる。現在窓際のレタス類が大きくなるのを待っている。

| | コメント (0)

2007.07.03

小さな窓際で栽培、レタス5種類

20070703_020_1 夏に向けてのレタス栽培は しばらくの間、窓際の栽培とします。葉が大きく成長すると、ここでは狭くなり半分以上は外の軒下に移します。この窓はL字型出窓になっており、写真に写ってる方は南東側です。日差しは十時~十二時頃の2時間位です。隣との間には軽自動車の車庫となっており、日が差さない時間でも結構明るい場所です。この様な場所ですがこの栽培方法を使えばいろいろな野菜の栽培が出来ることがわかりました。今年の3月よりここの場所で種から始めたレタスの栽培記録をマイフォトにアップしました。主にチマサンチュの写真ですが、その他の野菜も写真に写っております。土を使うことなく室内でも立派な野菜が出来る様子をご覧ください。窓際でレタス栽培 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/madogiwa/index.html  この栽培方法は【水耕栽培鉢】式栽培です。栽培方法は書籍『いつでもレタス ! |横着じいさんの超かんたん水耕栽培』をご覧ください。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/haci/__0545_002.html でも連続写真で見ることができます。

ハイポニカ肥料を使ってみたい方は、私のショップにておわけしております。本業としておりませんので、ハイポニカと書籍『いつでもレタス 横着じいさんの超かんたん水耕栽培』だけの小さなショップです。http://www.letas.jp/

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培できます、あなたの町や市であなたが最初の挑戦者です。いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見つかるかもしれません、簡単で多収穫が期待出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

| | コメント (0)

2007.07.02

ゴミ箱水耕栽培 トマト収穫始め

20070702_001 20070702_006

20070702_004 20070702_008

ゴミ箱を使ってトマトの水耕栽培をしております。今年はシュガーランプと完熟トマト(大玉)です。シュガーランプの2段目が真っ赤になるのを待っておりましたが果裂が始まりましたので、赤いものから収穫することにしました。大玉トマトも真っ赤になる前に収穫です。写真一枚目はゴミ箱を使った水耕栽培、二枚目は保冷バックを使った水耕栽培、三枚目は大玉トマトのゴミ箱栽培収穫前の写真です。4枚目は収穫したトマトです、左の青い箱は水耕栽培より収穫したトマトです。右のトマトは土でプランター栽培やミニトマトレジナや中玉トマトも混じっています。各写真クリックで大きくなります。この栽培方法は左マイフォト2。ゴミ箱水耕栽培記録 から見ることができます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/gomibako/index.html 

| | コメント (0)

2007.07.01

ゴミ箱水耕栽培 トマト 7月1日

Img_8988 20070701_017_1

ゴミ箱を使ってミニトマトを水耕栽培しています。このゴミ箱百円ショップの小振りのゴミ箱です。培土はバーミキュライトと椰子の繊維各50パーセントの混合です。一段目の房には25個の実が付いております、ようやく2段目の実が色づき始めました。そろそろ赤い実を収穫しなければなりません。写真クリックで大きくなります。昨年のゴミ箱を使ったトマトの水耕栽培記録をマイフォトに載せてあります。興味のある方はご覧ください。現在プランターで栽培中の方も水耕栽培に移すことも可能です。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/gomibako/index.html 

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。簡単な基本がわかれば好きな植物の栽培ができます、いろいろとアレンジを加え、自分だけの栽培方法が見付けてください、簡単で多収穫が期待出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »