« 市販の苗を水耕栽培に | トップページ | ハイポニカ農法は凄い »

2007.05.01

パーライトを使った水耕栽培実験 蔓なしインゲン

20070501_049 20070501_052 20070501_055 5月1日、5月に入りました。いろいろな植物が勢いよく育つ季節です。小粒の雨が降り出し撮影には暗すぎるようです。パーライトを使ってインゲンの栽培実験をしてみます。比較のためにバーミキュライトと同時進行で実験してみます。昨夕からインゲンの種を水につけておりました、水は種に吸い取られたようで水がなくなっておりました。写真1枚目、小さな麦茶パックにパーライト6袋、バーミキュライト6袋、層の厚さ2センチ位入れ、種を3個ずつ入れ、種が隠れるようにパーライトと、バーミキュライトをかぶせハイポニカ肥料500倍希釈を下のザルより吸い上げるように注入しました。水分が上面まで吸い上がるのを確認し、ザルの下面までハイポニカ液肥かあるようにセットしました。3日ほどで発芽するのを期待し窓際にセットしました。

|

« 市販の苗を水耕栽培に | トップページ | ハイポニカ農法は凄い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市販の苗を水耕栽培に | トップページ | ハイポニカ農法は凄い »