« パーライトを使った水耕栽培実験 蔓なしインゲン | トップページ | 完全無農薬栽培中 »

2007.05.05

ゴミ箱水耕栽培 トマト始まる

20070505_027 ゴミ箱を使ってトマトの水耕栽培です。昨年はミニトマト、中玉トマトを種から栽培しました。今年は市販の苗を使ってミニトマト、完熟トマト(大玉)の栽培に挑戦します。トマトを種から栽培するには冬の厳冬期から始めないとこの季節までここまで成長しません、プロの農家も苗を種やさんや専門業者に頼んで苗にしてもらうそうです。本来ならば土の苗を水耕栽培する場合は土を落とし根の部分を水道水一日さらし殺菌するのが普通のやり方だそうです。私の水耕栽培はその必要もなくポットから抜いてそのままセットします。5月3日にゴミ箱に移しました、今日の写真では元気に水を吸い上げているようです。移植の方法は昨年のゴミ箱栽培記録キュウリの変形水耕栽培 を参考にしてください。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/gomibako/index.html  http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/kyuri/index.html

20070505_049 これは百円ショップの手提げ保冷・保温バックです、基本的に上のゴミ箱水耕栽培と同じ原理です。バックの中に水を入れても底部の漏れがありませんでした。このバックを容器して液層としました、ザル層(ネット層)がこの中に入ったことになります。このまま遮光装置となり便利のようです、成功するとは限りません。レタスや野菜類、根野菜、ネギ、豆類、蔦類の栽培でも同じ原理で栽培し、すべて同じハイポニカ肥料の同じ濃度です。肥料はすべて共通のものを使って栽培します。写真クリックで大きな写真になります。

最近になってインターネットショップでハイポニカ肥料を扱う店舗が増えてきました。ハイポニカ肥料で検索してください。又は、私のショップでもおわけしております。 http://www.letas.jp/ 業としておりませんので皆様のお手元に届くようにハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス』のみのショップです。詳しい栽培方法の説明書がついております。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。いろいろな植物栽培に対応出来ます。ザルを使った簡単な原理の水耕栽培です。高価な装置より簡単、多収穫出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

  • 作者: 伊藤 龍三
  • 出版社/メーカー: 文芸社

|

« パーライトを使った水耕栽培実験 蔓なしインゲン | トップページ | 完全無農薬栽培中 »

コメント

先日、ハイポニカと本のセットを購入させていただきました。
ブログにはまだ載せていませんが、現在スポンジでレタスミックス、ハーブ各種。「ピノキオ」というきゅうりの発芽中です。

ぜひ「ピノキオ」はこの保冷袋で育てたいと思います。
ダイソー行ってこよ。

投稿: プリデリ | 2007.05.09 09:22

先日、ハイポニカと本のセットを購入させていただきました。
ブログにはまだ載せていませんが、現在スポンジでレタスミックス、ハーブ各種。「ピノキオ」というきゅうりの発芽中です。

ぜひ「ピノキオ」はこの保冷袋で育てたいと思います。
ダイソ行ってこよ。

投稿: プリデリ | 2007.05.09 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パーライトを使った水耕栽培実験 蔓なしインゲン | トップページ | 完全無農薬栽培中 »