« レジ袋栽培 スナックえんどう成功か、 | トップページ | ハバネロ水耕栽培始めます・他 »

2007.05.12

保冷・バックを使った水耕栽培

20070512_014 20070512_023

トマトの水耕栽培です。装置は100円ショップの資材です。ゴミ箱と保冷・保温バックを使います。ゴミ箱ではミニトマトと完熟トマトを栽培します。苗は市販の一番安い苗をつかっています。ミニトマトは昨年三本立ちで大成功でした。完熟大玉トマトの水耕栽培は初めてです。ゴミ箱栽培は両方とも花が咲き始めました。右の写真は保冷保温バックです。適当なところにぶら下げても栽培できます。5月5日の移植時は丈が取っ手の高さでした、それから10センチ以上伸びています。100円ショップの資材でも高価な水耕栽培装置に引けをとらない効果が出ます。昨年のゴミ箱を使った栽培記録があります、興味のある方はこちらから見ることができます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/gomibako/index.html

20070512_016 20070512_020 こちらはキュウリの水耕栽培です。苗は市販の苗です、買ってきたときは本葉が出たばかりの小さな苗でした。土を使った苗でした、買ってきてからハイポニカ肥料を使っています。飲料缶350ミリリットル4本入る小さめの保冷バックです。昨年、栽培実験成功しています、大きなキュウリができました。右の写真洗濯ばさみを入れる小さな篭です、これも100円ショップのものです。この篭を使ってキュウリの水耕栽培です。これも左写真と同時に買った苗です。保冷バックを使った昨年の栽培記録があります、興味のある方はこちらから見ることができます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/kyuri/index.html ハイポニカ肥料を使った栽培はレタス、葉野菜、根野菜、豆類、蔦類、果菜類等、すべて同じ肥料、同じ濃度を保って栽培します。養分の必要性はその植物が自ら生長過程で必要な養分を吸収し成長します。ハイポニカ肥料には必要な養分がすべてほどよく入っています。土栽培にも威力を発揮します。

最近、インターネットショップでハイポニカ肥料を扱う店舗が増えております。ハイポニカ肥料で検索してください。又は、私のショップでもおわけしております。 http://www.letas.jp/ 業としておりませんので皆様のお手元に届くようにハイポニカ肥料と書籍『いつでもレタス』のみのショップです。詳しい栽培方法の説明書がついております。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。原理・構成によりいろいろな植物栽培に対応出来ます。ザルを使った簡単な原理の水耕栽培です。高価な装置より簡単、多収穫出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培  ←クリックで本の立ち読みができます。

|

« レジ袋栽培 スナックえんどう成功か、 | トップページ | ハバネロ水耕栽培始めます・他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レジ袋栽培 スナックえんどう成功か、 | トップページ | ハバネロ水耕栽培始めます・他 »