« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007.04.29

市販の苗を水耕栽培に

ホームセンター園芸コーナーより十連連結ポット枝豆の苗を買ってきました。これを1種類の肥料ハイポニカ肥料で水耕栽培してみます。本来、水耕栽培に於いて土の苗より水耕栽培に移す場合は土をきれいに取り去り水道水で一日さらし消毒するのが常識だそうです。私も数年前はそのようにしておりました。麦茶パックの使い方はここを参考にしてください。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/mugicha/index.html

20070428_007 20070428_008 20070428_011 20070428_012 20070428_015 十連連結ポットは1ポットは小さなポットです、すっぽりと根から取り出す為に1ポットずつ切り分けておきます。三枚目右より切り分けたポット、ポットより引き出された枝豆の苗、麦茶パックを裏返し苗の高さと調整の為おり込みます、バーミキュライトを麦茶パックの底に1センチくらい敷く、ポットより引き出した苗を麦茶パックに入れ中央にセット、苗と麦茶パックの隙間にバーミキュライトを詰める。下から液肥を吸い上げるようにザルにセットする。豆類の水耕栽培は昨年も実験済み、土の苗からの豆類は初めてです。しばらくはこのままで様子を見ます。十号プランターで3株くらいが適当とタグに説明されておりました。現在豆類は、蔓ありスナックエンドウと蔓なしスナックエンドウで実験中です。下の写真が現在進行中の写真です。豆類の水耕栽培実例はここをクリックでみることができます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/morocco/index.html

20070428_024 20070429_036 左が蔓あり、右が蔓なしスナックえんどう。種をまいた時期がだいぶ違うが蔓なしはじっくり生長するのが遅いようだ。

| | コメント (0)

2007.04.27

パーライトを使った水耕栽培実験

20070426_003_1 20070426_020_1

窓際の小さい小さい家庭菜園、上段に九条ネギを栽培しています。だいぶ長く成長しました、どうしてもガラス側の方に倒れかかっていきます。以前より対策を考えておりました。昨日透明の封筒をゲットしてきました。底部を切り取り筒状にして使います。一層に(B5サイズ)320本のネギと超密植のため二層に分けました。この封筒片面が透明でこんな風になってしまいました。前回のネギの栽培は麦茶パックは大きなサイズのため、丈が高く倒れ防止にもなっていました。

20070427_006 20070427_042 20070427_041 下段のチマサンチュ三層を撤収することにしました。ヤクルトの空き瓶を使った栽培も途中、成長が遅く感じたがどれも同じように成長した。外の栽培ではバーミキュライトに藻の発生が大であるが室内では藻の発生はわずかなのがわかる。

20070427_022 20070427_023 20070427_024 今回は新たな試みで一部バーミキュライトからパーライトに変えて栽培実験しています。この栽培は小さな水切りトレー(ハガキ二枚の面積)で実験してみます。小さなコップが六個しかはいらない大きさです。ガーデンレタスミックス、サラダ菜、サニーレタスレッドウエーブです。

20070427_031 20070427_029 外の栽培は虫対策が必要です。防虫ネットカプセル内での栽培になります。バーミキュライトとパーライトを比較するため写真のように混合で栽培もしております。成長速度は同じようです。バーミキュライトが一番いいというのは私の思いこみかもしれません。

| | コメント (0)

2007.04.23

レタスのザル栽培 大収穫

20070423_036 20070423_037 20070423_038

20070423_042 20070423_050 20070423_055 2月3日、種から始まったガーデンレタス・ミックスとリーフレタス、防虫ネットカプセルの中で缶詰状態、今日ネットから出すことになった。すっかり大きくなり見事なできばえとなった。ハイポニカ肥料一種類だけのザル栽培です。根本から下は一センチもなく、良くもこれだけ大きく育つものだ。本当に不思議な栽培である。下段中央の写真、白いタグは十センチの長さです。六枚目の写真、中央の棚とその前は全部今年になってからのレタス類、正月から始まった栽培はまだまだ食べきれない、左側の棚は昨年からの分、まだ少し残っている。この棚の面積は横幅一メートル弱奥行き四十センチくらい、この棚一つで一家族、十分なレタスを供給できる。各写真クリックで大きくなります。このサイトに初めて来られた方で栽培方法を知りたい方はここをクリックしてください、アルバムに入るをクリックしてください。連続写真で詳しく説明しております。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/haci/index.html この栽培で使用する肥料はハイポニカ肥料 です。まだ一般市場にはありません。インターネットでハイポニカで検索してください。または いつでもレタス ショップ http://www.letas.jp/ でお求めください。

20070423_065_1 この先どうなるか全く予想もつかないニンニク、台所のニンニクが芽を出した。捨てるはずがバーミキュライトに入れしめらして置いた、根が出たので麦茶パックでどのように育つか、現在茎の長さ37センチにもなった。いけるとこ迄、いってみよう。 20070423_080ニンニクの記録はここをクリックしてください。

最近、収穫の写真はあまり載せていない、今日のレタス収穫です。これだけ採ってもほとんど減る様子はない、に三日でまた、ふっくらと増えております。 20070423_029 20070423_033_1

窓際の育苗中のレタスに虫が着きだした、農薬を持たないため焼き鳥の串で一匹ずつ捕殺した。五十匹以上は採った、ニンニクを外に出して四日ほどたった。ニンニクを外に出したせいかわからない。焼き鳥の串の先を水で濡らし一匹ずつ串の先につけると虫はおもしろいように串に吸い込まれるように取れる、根気がいるが殺虫剤がないので仕方がない。これを水に入れると沈んでいく。目視でわからないがデジカメの写真で確認するとやっぱり虫であった。ほとんど一ミリ以下の虫です。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。いろいろな植物栽培に対応出来ます。ザルを使った簡単な原理の水耕栽培です。高価な装置より簡単、多収穫出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

  • 作者: 伊藤 龍三
  • 出版社/メーカー: 文芸社

| | コメント (0)

2007.04.21

超簡単水耕栽培 4.21

20070421_002_1 軒下の簡易ビニールハウス、棚栽培の様子、また白い防虫ネットカプセルが増えてきた。二三日でまだ増えそうだ、下段の黄色い花は、ミズナ黄色い花が咲き、鞘ができて種が入っている。中断は葉レタス類、現在最盛期です、家族中で食べても食べきれない。

20070421_030 20070421_034 スポンジに種をまいて十日過ぎた、季節が合えば成長も早い、すでに移植の時期が来ている、二三日中に二層くらい窓際で栽培してみよう。

| | コメント (1)

2007.04.20

ニンニクの水耕栽培 ????

20070420_005 20070420_006 20070420_024 PCが新しくなった、昨日と今日はデーターの移し替えとその他のことでパソコンが使えず、何とか記事の投稿ができるようになった。まだ使いにくい。 台所で芽が出たニンニク、捨てようと思ったがこの先どうなるか試してみた。半分の8片、豆腐の空きタッパーに入れバーミキュライトを被せて湿らしておいた、芽が伸びたところで麦茶パックに移し2片だけが伸びてきた。ニンニクの水耕栽培ができるとは思っていないが、私の栽培方法で遊んでいる。現在32センチにも伸びている、この先どうなるか皆目検討がつかない。現在買ってきたばかりの新しいニンニクも参加、これも二日で芽が飛び出した。この記録はここ http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ninniku/index.html

20070415_033 20070415

買ってきたばかりの新しいニンニク一株分15片、これが5日ばかりで上の中央写真のようになった。各写真クリックで大きくなります。写真撮影日付参照してください。

| | コメント (0)

2007.04.18

レジ袋を使った水耕栽培 スナックえんどう こんなに伸びました。

20070417_054 20070417_057 レジ袋を使って壁際やフェンスにぶら下げて栽培する方法です。この方法なら物干し竿に下げても栽培可能です。つるありの為、高さを考慮しなければなりません、現在80センチ以上伸びております。液肥の補給は右の写真のようにやります。麦茶パックの中で育っていますが根の下は1センチもありません、根はどうなっているのでしょう。昨年のつるありスナックえんどうの記録があります。見たい方はここをクリックで見てください。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/sunakku/index.html 

20070417_047 20070417_062 20070417_066

20070417_068 20070417_071 20070417_079

4月1日に4種類のレタスの種を蒔いた、今回のレタスは季節はずれの種まきと違って丈が小さく、しっかりとしている、根も一つのブロックより無数のひげ(根)がでている。今日は予定よりだいぶ遅くなったが移植することにしました。今回は新たな試みで一部バーミキュライトからパーライトに変えて栽培実験することにしました。使ってみての感触はバーミキュライトよりも水の吸い上げがだいぶ遅い、すでにパーライトは使っているが記事として投稿は初めてです。この栽培は小さな水切りトレー(ハガキ二枚の面積)で実験してみます。小さなコップが六個しかはいらない大きさです。ガーデンレタスミックス、サニーレタス、サラダ菜をこの方法でします。チマサンチュは従来のバーミキュライトを使って栽培します。作業中雨が降り出し全部の写真は後日アップします。

| | コメント (0)

2007.04.17

横着じいさん奮闘中です

20070417_019 投稿の間隔が開きました。今日は2月下旬の気温で非常にさむいです。老人にはこたえます、二三日続くと言うことで、いったんしまったストーブを出し灯油を買ってきました。      外の簡易ビニールハウスの様子です。一番上の棚に白いネットを被ってレタスが栽培されています。

20070417_021 20070417_022 ネットの中はレタスの葉で缶詰状態です。ファスナーを開けてみました。大きく育ったレタスの葉が見えます。このレタスは完全無農薬レタスです。家庭では完全に無農薬で育てる事は非常に難しい事で、昨年はいろいろと対策しましたが虫と妥協しながらの栽培でした。 今年はこれを使ってレタスの栽培をします。

20070417_006_1 こちらは窓際栽培です。下の段にチマサンチュが大きくなってすでに30センチ以上大きくなっています。窓際だけでも十分育つことがわかります。上の段に九条ネギがあり丈は25センチ以上伸びました。真ん中はレタスの育苗中です。そのとなり青いタッパーから二本飛び出した茎が見えます。ここからいい香りがします。(悪いかもしれません)このためか窓際に虫がいません。ここで育苗中はいつも小さい虫が見つかりましたが今回はこの香りで虫が寄りつかないのでしょうか。真偽のほどはわかりません。これで虫除けになれば素晴らしいことです。追加で又発芽させております。ここをクリックで何の芽(茎)かわかります。

| | コメント (0)

2007.04.14

水耕栽培鉢の清掃

Img_6400 Img_6402 Img_6404 Img_6406 Img_6407 Img_6408 Img_6411 Img_6409

市販されている高価な水耕栽培装置は液肥層や栽培層に遮光装置を備えている。しかしこの【水耕栽培鉢】式装置には液肥の遮光の方法をとっていない、どうしても藻の発生が伴ってくる。致し方がない、かたや電気で液肥を循環し液肥の濾過装置も備え、酸素の供給も電気を使って行っている。その高価な装置部分を百円のザルと中性土壌(バーミキュライト)でおこなっている。高価な水耕栽培装置でもメンテナンスが必要で時折ポンプの詰まりが出てくる。植物といえど動物と同じに排泄物を出す。この排泄物が詰まりの原因になることもある。  【水耕栽培鉢】は百円ショップのザルで十分水耕栽培の恩恵を受けることが出来る。防虫ネットカプセル内で栽培中の栽培層はネットで覆われているために液肥層の汚れが気がつきにくい、今日は天気もよく気温も初夏並み、栽培層の掃除することになりました。写真1枚目、棚栽培の最上段の防虫ネットカプセル、ここに二層が入っている、ガーデンレタスミックスとサニーレタスすっかり大きくなりました。2枚目、ファスナーを開けて栽培層の底部を確認、すっかり藻がついている、一度も清掃していないようだ、もっと早く掃除が必要、反省 ! 。3枚目、ザルを持ち上げて見る、液肥層の底がすっかり緑の藻がついている。4枚目、こちらも藻がついている。5枚目、水洗い場所で液肥層と分ける。6枚目水道水で洗剤も使わずたわしで簡単に水洗いできる、ザルの周り緑色の藻をたわしで軽く落とす。7枚目、液肥層に戻す。8枚目、液肥層がきれいなり根の様子がわかるようになった。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。いろいろな植物栽培に対応出来ます。ザルを使った簡単な原理の水耕栽培です。高価な装置より簡単、多収穫出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

  • 作者: 伊藤 龍三
  • 出版社/メーカー: 文芸社

以下の写真は私の備忘録です。削除するかもしれません。

20070414_002 20070414_004 20070414_005 20070414_007

20070414_013 20070414_016_1 20070414_014 20070414_047

| | コメント (0)

2007.04.13

窓際の小さな小さな家庭菜園 4.13

20070413_005_2 20070413_007_2 20070413_008_2 20070413_1 窓際の小さな家庭菜園です。百円ショップで手に入る小さなザル付きトレーです。このトレー、ハガキ二枚広げたよりも小さい面積です。この狭いトレーの中で立派に葉レタスが出来ております。もうすでに他のレタスとちぎり取って食べています。必要な分だけちぎり取っても翌日にはこんもりと茂っています。大きさを比べるために1リットルの醤油を並べて見ました。この場所日照は三時間くらい、日照不足ですが立派に生長しました。コップの下は1センチもありません、本来ならば根の下に15センチの土が必要なんです。上の棚で九条ネギを栽培しています300本以上の本格的 ??? 栽培です、三回目の栽培になります、前回は外の簡易ビニールハウス内で育てましたが今回は屋内の栽培です。4月1日にスポンジ培地にレタス4種の種を蒔きました、明日で2週間になります、しっかりとした苗になりました。もう一つのトレー、そばによると香りがぷんぷんと臭います。ココをクリックでわかります。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ninniku/index.html まだ編集中ですが日付順に並んでいます。

| | コメント (0)

2007.04.12

麦茶パックでスナックえんどう栽培

20070412_011 20070412_013 20070412_022 つるなしスナックえんどうです、レジ袋での栽培はつるありです。この種類、つるありよりも成長が遅い感じです。麦茶パックに50㏄くらいのバーミキュライト入れ種が発芽してからパックに入れました。(4月4日参照)緑の茎が出始め1センチから2センチくらいです。下(根)はどのようになっているか一本引っ張り出してみました。上に出ている茎の5倍以上の根となっています。狭い麦茶パックの中でこれだけ大きくなっています。これで本当にスナックえんどうが出来るのでしょうか ? 

| | コメント (0)

2007.04.11

完全無農薬野菜を作ろう

20070411_027 完全に無農薬で野菜を栽培することは非常に難しい事です。この栽培方法を使うことで完全に無農薬野菜を作ることが出来ます。写真の棚の最上段は防虫ネットカプセルです。下の段はこの防虫ネットカプセルを使って栽培しました。これから虫の害が大きくなります。これからは防虫ネットカプセルを使って栽培することになります。すっぽりとネットで囲ってしまうことです。今までこの方法、誰も気がつきませんでした。

20070411_032 20070411_033 一番上段の防虫ネットカプセルです。2月初めに種から始めたガーデンレタスミックスとリーフレタスです。ファスナーを開けて見ました。虫の害は全く見られません、すっかり大きくなりました。写真クリックで大きくなります。

下の写真は私の備忘録としての写真です。削除するかもしれません。

20070411_001 20070411_003 20070411_006 20070411_010 20070411_017 20070411_022 20070411_024 20070411_028 20070411_036

続きを読む "完全無農薬野菜を作ろう"

| | コメント (0)

2007.04.10

レジ袋を使った水耕栽培 つるありスナックえんどう

Img_6257_1 Img_6251 レジ袋を使った簡単水耕栽培、これはつるありスナックえんどうです、レジ袋をぶら下げての栽培します。栽培面積ゼロを想定しての栽培です。成長過程はすこぶる良好です。葉の大きさも大きく養分は十分行き渡っているようです。すでに丈が60センチ以上伸びました。つるありなので1、8メートルくらい伸びるようです。肥料はハイポニカ肥料1種類です。私の栽培はすべて同じ肥料、500倍希釈です。ほとんどの野菜はこの肥料で十分育つようです。http://www.letas.jp/ 

今日、ホームセンターに立ち寄ったところ早くも夏野菜の苗に出会いました。早速トマト三種、キュウリ一種、各三ポットずつゲットしました。早速我が家の肥料を十分吸い込ませました。暫く、つまらないアイデアとの戦いになります。新しいアイデアが浮かぶでしょうか。レジナはすでに黄色い花が咲き始めています。

| | コメント (0)

2007.04.09

摩訶不思議な栽培方法 その裏側

Img_5269_1_1 20070409 ちょうど1ヶ月前と今日の写真です。窓際の小さい小さい家庭菜園です。窓際だけでどれだけ大きくなるかの実験です。種から最後まで窓際で栽培するつもりです。日照は前にも述べましたが三時間もありません。一つの栽培層が往復ハガキを広げた大きさより小さいです、ここに六個のコップが入り密植状態の栽培です。外の簡易ビニールハウスと比べて同じ位の伸び方です。1ヶ月内で何度か投稿しておりますので下にスクロールして見てください。写真クリックで大きくなります。

20070409_030_1 20070409_031 この栽培方法はザルを使います、そして成長過程でしっかり安定して上に伸びていきません、倒れ防止ようにプラスチックコップを使っています。このコップがなかったら整然と上に伸びていかないのです。コップの下は1センチもないバーミキュライト層で、水切りネット、そしてザルがあり、液層があります。液層には、液肥が入りますが、ほとんど液肥がなくなってからの補給します。これによって根腐れ防止や、根から十分酸素を吸い上げる事が出来ると考えられます。ザルとトレーの隙間は5ミリ程度このわずかな隙間で根は生長し養分と酸素を吸収していることになります。不思議な栽培方法です。 右の写真はヤクルトの空き瓶を使っての栽培、ザルとコップ越しにヤクルトの瓶が透けて見えます。ヤクルトの瓶だけでは倒れ防止にならず、ブラコップを使うようになってしまいました。一つのコップから二株のチマサンチュ、超密植栽培です。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。いろいろな植物栽培に対応出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

  • 作者: 伊藤 龍三
  • 出版社/メーカー: 文芸社

| | コメント (0)

2007.04.06

窓際の小さな小さな家庭菜園 4.6

20070406_006_1 20070406_016_1 窓際の小さな小さな家庭菜園と題を付けていますが、このブログに出てくる栽培層はほとんどがコピー用紙B5サイズです。中にはA4サイズもありますが100円ショップで買えるザルも皆小さなサイズです。写真に写っている青いトレーは往復ハガキを広げた大きさのトレーザルです。比べるために二段の棚の下に新聞紙を広げ二つ折りにしてみました。その二つ折りした新聞紙より小さな面積です。新聞1ページより小さい場所での栽培がおわかりかと思います。この栽培方法は狭い場所でもたくさんの葉レタスをさいばいできます。又、三時間の日照しかない窓際の場所でも十分育つことがわかりました。土を使わない栽培ですので室内でも清潔に栽培できます。上段には九条ネギも栽培されております。ネギが300本位生長しています。もちろんキッチンガーデンにも大いにこの栽培方法を取り入れてください。

| | コメント (0)

2007.04.05

100円ショップの水耕栽培装置

20070405_003 20070405_005 20070405_006 20070405_007_1 20070405_008 20070405_009 20070405_010 20070405_011 20070405_012

20070405_014_2 20070405_015_2 久しぶりのいい天気、棚に収められているレタスを日に当てることに、今年になって種から始まったレタス類、10層を棚から引っ張り出し日光浴となりました。2月種まきは防虫ネットカプセルの中で栽培、これら全部防虫ネットカプセル内で栽培しました。これまでと違い2割方、大きく育ったように感じます。最初の写真が10層列んだ写真です。その写真右から順にアップで撮ってみました。栽培層の面積がすべてコピー用紙B5サイズ、土に当たる層(バーミキュライト)が10ミリ未満と不思議な栽培、装置はすべて100円ショップの資材や家庭用品を使っての栽培です。各写真、クリックで大きくなります。高価な水耕栽培装置や電気を使うことなくこの時期にこれまで大きく育つ事は不思議でなりません。この栽培方法を知りたい方はここをクリックすることで種から栽培する方法を見ることができます。http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/haci/index.html まだ誰も知らない? 栽培方法を知ることが出来ます。あなたの町であなたが最初の体験者になるでしょう。この栽培にはハイポニカ肥料が必要です。○○ポネックスとは商品名がにていますが用途が違いますのでご注意ください。インターネットでハイポニカで検索、または、私のショップhttp://www.letas.jp/ でお分けしております。

この栽培方法(原理・構成)は下記の本に詳しく書かれています。いろいろな植物栽培に対応出来ます。

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

  • 作者: 伊藤 龍三
  • 出版社/メーカー: 文芸社

| | コメント (0)

2007.04.04

スナックえんどう・インゲン水耕栽培へ

20070404_007 20070404_026 20070404_030 20070404_034 20070404_038 20070404_040 20070404_042 20070404_043 20070404_044 20070404_047 20070404_049 今日は写真のみの投稿となります。後日編集します。

| | コメント (0)

2007.04.03

レジ袋で簡単水耕栽培 順調です

20070403_020 20070403_036 スナックえんどうの水耕栽培、厄介者扱いになっているレジ袋を利用して、ぶら下げて栽培しております。栽培する場所がなくても壁やフェンス、軒下など日の当たるところならぶら下げて栽培できます。現在4袋で栽培です、右の写真、隣との境界のフェンスです、手前側は子供の遊び場所、痛まないように向こう側に下げて栽培してみます。3月13日と3月21日に移植の仕方を載せました、下にスクロールして見てください。

| | コメント (0)

スナックえんどう 発芽(根?)しました。

20070403_002

昨日の写真スナックえんどうは4月1日に水に浸けた写真、一日おいて今日すでに発芽(根?)しております。インゲンの方は発芽らしきものが見えます。写真クリックして大きくして見てください。

| | コメント (0)

2007.04.02

超かんたん水耕栽培 種から始めます。

Img_5937 Img_5941 昨日、4月1日より超かんたん水耕栽培を種からスタートしました。この春は昨年と違った栽培も出来るだけ取り入れて見たいと思います。私のアイデア、思いつくまま、失敗覚悟です。現在スナップえんどうのレジ袋栽培は順調に育っております。土がなくても豆の栽培が出来ることを今年も証明してみたいと思います。レタスは4種類の種をスポンジ培地にセットしました。古い種もあり発芽するまでどれだけ発芽するか心配です。豆の栽培は発芽すると2週間くらい「ジャックと豆の木」の話のように非常に成長が早く、楽しく観察出来ます。今回の種はつるなしの種類、麦茶パックを使ってベランダ栽培を想定して栽培します。アパート、マンションの方でも十分楽しめると思います。種をゲットしてとりあえず水に浸してみましょう。昨年のスナックえんどうの記録を見たい人はここをインゲンの記録はここをクリックで参考にしてください、今回はつるなしスナックえんどうなのでもっとかんたんに栽培出来ると思います。スナックえんどうはこちらhttp://azcji.cocolog-nifty.com/photos/sunakku/index.html インゲンはこちら http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/ingen/index.html

| | コメント (0)

2007.04.01

窓際の小さな小さな家庭菜園 4.1

Img_5934_2 Img_5933_2 窓際の小さな家庭菜園の景色が変わりました。前回3月26日の投稿で上段にあったガーデンレタスミックスとインスタント焼きそばの容器栽培のレタス類は撤去され、食べてしまいした。昨日、九条ネギを撤去しましたが、次の九条ネギは窓際で最後まで育ててみようとj窓際で栽培中です、その栽培層を上段に置いてみました。小さな栽培層(栽培面積B5コピー用紙サイズ)に320粒位、種を蒔いてあります。80パーセントくらいは発芽しているようです、すでに15センチ以上伸びているのもあります。家の中で本格的 ? なネギ栽培も可能かもしれません。小さな麦茶パックに一握りのバーミキュライト、その中に九条ネギの種を蒔いただけの簡単な栽培、ハイポニカ肥料の力を使えば誰でも栽培出来るでしょう。下の段はチマサンチュレタスです。何度も登場しておりますがどんどん成長しております。液肥の吸い上げが多くなっております。

 この栽培方法は下記の本に詳しく書かれています。
いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

  • 作者: 伊藤 龍三
  • 出版社/メーカー: 文芸社

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »