« ヤクルトの瓶栽培 | トップページ | 防虫ネットカプセルの中は緑がいっぱいです。 »

2007.03.21

レジ袋で簡単水耕栽培

Img_5583

Img_0063 Img_0068 窓際の栽培も、簡易ビニールハウスと引けをとらないほど成長が良い、南東側は三時間も日が当たらない、明るさが得られるためか思った以上の成績、上段のガーデンレタスミックスはジャングル状態で成長している。ペヤング焼きそばのレタスもすっかり大葉に育っている。下の段のチマサンチュも日増しに生長が進んでいる。窓際で本格的にレタス栽培するのは初めてです。今まではある程度大きくなると外の簡易ビニールハウスに移していました。上段、左のスナックえんどうもレジ袋から葉が飛び出した。今日はスナックえんどうと左側に写っている九条ネギを移植することにしました。二枚目、窓際から取り出し移植前の写真、取っ手より上にまで成長した。三枚目、百均でゲットした細長のトレー二つを組み合わせ使うこととした、中のトレーは底部に穴を多数開け下のトレーを液肥そうとし、中のトレーは水切りネットを敷きバーミキュライトを1センチ強敷き詰めてある。一つずつ苗を取り出し底部をアルミ箔で遮光し移植した、すでに蔓が発生お互い絡み合いながら上へ伸びていて、丁寧に取りはがしながらの作業、もっと早く移植すべきである。後ろに金属のネットがあり、これも百均の網、これからこの網に絡まりながらの成長となります。 Img_5602 Img_5604 Img_5606

四枚目、移植完了、少し傷んだがまずまず成功、五枚目、大きめのレジ袋に入れてみる。六枚目、ぶら下げてみました。暫くこの状態で見守りながら栽培します。 Img_5612 Img_5621 Img_5617 ネギもザル付きトレーに移植しました。ネギの生長にしたがって、液層の清掃が不可欠になります、ザルに入っていれば簡単に清掃ができます。麦茶バックの底部にアルミ箔を巻き付け遮光します。最後の写真は現在食べ続けている九条ネギ、刺身のつま、レタスに混ぜてと全て生食で頂いております。

|

« ヤクルトの瓶栽培 | トップページ | 防虫ネットカプセルの中は緑がいっぱいです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルトの瓶栽培 | トップページ | 防虫ネットカプセルの中は緑がいっぱいです。 »