« 窓際の小さな小さな家庭菜園 | トップページ | 正月からのレタスが大きくなりました。 »

2007.03.29

始めよう 超かんたん水耕栽培

まもなく家庭菜園ベストシーズンです。今年は全く新しい栽培方法も試してはいかがでしょう。このブログを呼んでいる方の周りでは誰も知らない全く新しい栽培方法です。農業関係の専門家や農業関係の大学教授にも認知されていない栽培方法です。 土を使うことなく植物の育つ栄養素はすべてハイポニカ肥料に任せて【水耕栽培鉢】式栽培方法を取り入れて見ることです。これまで投稿してきた写真はすべてこの方法を取り入れております。水耕栽培といえば高価な装置、電気の力を借りるのが普通です。私、横着なじいさん が水耕栽培装置を一つずつ簡略していったところ一握りの中性土壌(バーミキュライト)と完全な水耕栽培専用肥料(ハイポニカ肥料)だけで十分な大きさに育つことがでわかりました。装置は百円ショップの資材ですべて揃いますが、台所にある不要な容器でも十分利用できます。原理、構成は書籍 『いつでもレタス !ー横着じいさんの超かんたん水耕栽培』文芸社/出版 に書いております。是非、ご覧ください、全国の図書館には相当数配本されているようです、全国すべての図書館とは言えませんが、図書館でもみることが出来ます、。私の下手な文章でしたがプロの編集者が校正と構成を担当していただき大変読みやすくなっております。

いつでもレタスの栽培方法
種から培地へ、そして培地の苗を水耕栽培鉢に移植する方法。
これが【水耕栽培鉢】の基本です。

画像クリックして大きくして見て下さい。

__image001 __image003 __image005

最初の画像が資材のすべてです。ザルと容器、スポンジ培地(25ミリ位の角に切り分けておきます)、水切りネット、バーミキュライト、コップ、大事な水耕栽培専用肥料です。色々な土や数種類の肥料を買いそろえる必要もありません。まず初めに種を蒔く培地です、画像ではスポンジ培地を使っていますが、培地になるものならなんでも良いです。スポンジの中の空気を全部出します、そして適当な箱に水分を一杯ためたまま移します、画像ではインスタント焼きそばの空き箱を使っています。 __image007 __image011

__image013 種蒔きです、種まきと言っても培地に種を置いていく作業です、方法は色々ですが、私は焼き鳥の串を使います、串の頭を水で濡らし種一粒ずつ取り出し培地の上に置いていきます、培地一つに二粒から三粒が適当です。種類によって後に間引きします。蒔き終わったら種をぬらす必要があります、スプレーや、スポイトで水滴を種の上に落とします、トイレットペーパーを覆いぬらしておく方法もあります。発芽するまで種の乾燥はさけます。二三日すると培地で発芽が始まります、発芽した芽はスポンジの中に潜り込み根となります、 2週間くらいで移植の時が来ます、水耕栽培の始まりです、液肥を作ります、例えば500倍の希釈液をつくります。水を3リットルに肥料A,Bとも液肥のキャップ一杯ずつ(6CC)入れかき混ぜます、これで500倍希釈液になります、このときEM菌活性液を千分の一入れますとカビ防止に役に立ちます。__image015

__image017

__image019 次に容器の中にザルを入れ水切りネットを敷きその上にバーミキュライトを1センチ厚さに敷き液肥を静かに縁から入れます、平らにならします。次にプラスチックコップの加工です、ブラコップを逆さに持ち底部の縁を小さなはさみで1センチほど2ヶ所切り落とします、その切り落とした穴よりはさみを入れコップの底に十円玉くらいの穴を空けます。苗を丁寧に1ブロック箸で取り出します、苗と直角にし、穴の開いたブラコップに入れ底から培地が二、三ミリ出るようにします。根が出ていたら穴の下に丁寧に引き出します。

__image023 __image025

__image027

コップと培地の隙間を乾いているバーミキュライトを詰めます。順次栽培鉢に並べセットします。コップの底から培地が飛び出している分、バーミキュライトにへこみをつけ安定させます。希望のコップが並べば完成です。

image005 __image051 __img_3044 コップに守られながらすくすくと育ちます。液肥は容器の液肥がなくなってから補給するのが理想です。時々液層を掃除する事も大事です。葉レタスは大きくなった外葉からつみ取って収穫します、又大きくなった葉を摘み取りその繰り返しで3ヶ月以上収穫できます、何層かあれば毎日自宅のレタスが食卓を飾ります。従来の土によるプランター栽培に比べると重量では20分の1~30分の1くらいの重量しかありません。又、発育は水耕栽培による栽培のため栽培日数の短縮につながります。 この栽培方法に必要なハイポニカ肥料とスポンジは私の小さなショップ ショップいつでもレタスにてお分けしております。昨年ハバネロの種無料配布しましたが、今年はハバネロの種は配布しておりません。

 この栽培方法は下記の本の栽培方法です。
いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

いつでもレタス!―横着じいさんの超かんたん水耕栽培

  • 作者: 伊藤 龍三
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本

|

« 窓際の小さな小さな家庭菜園 | トップページ | 正月からのレタスが大きくなりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 窓際の小さな小さな家庭菜園 | トップページ | 正月からのレタスが大きくなりました。 »