« 冬のレタス水耕栽培 サラダ菜きれいです | トップページ | ブラコップと麦茶パックを使った水耕栽培 »

2007.01.03

大根の水耕栽培より始まります

皆さん、明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

暮れから正月と投稿が滞りました。寒さに負けず我がレタス畑(棚)はますます緑いっぱいのレタスで賑やかになっております。暮れから正月に向けてのレタス栽培も成功しております。

ブログを初めて3回目の元旦を迎え、毎年1月1日に種からスタートのレタス栽培をしておりますが、今年は大根も入ります、勿論レタスも一緒です。各写真クリックでおおきくなります。

_200711_003 _200711_005 _200711_006 _200711_007 _200711_009 _200712_001

大根の種はアタリヤの30日大根とカラフルファイブです。30日大根は短径小型で経4センチ根長10センチ位の下ぶくれでユーモラスな形の大根です。プランターの時は25センチ以上の深さの容器で栽培して下さい、と書いてあります。私の栽培方法では無理のようです。駄目もとでやってみます。カラフルファイブは赤、桃、白、紫、うす桃紫の五色のカラフルなはつか大根、とにかくスタートします。発芽培地は25ミリ角のスポンジを使用、写真2枚目左から3列30日大根、次の3列カラフルファイブ、そして2列ずつチマサンチュ、リーフレタス、フリンジーグリンと並べました。現在自作の発芽器は使用中ですので百均ショップの蓋付きの大きなトレーを使用しました。写真3枚目のように温水の上に浮かべほどよい温度になるようにセットします。蓋をしてなるべく保温を保てるようにします。黄色の水の入った容器は簡易ビニールハウスの保温用に使っている水槽です、これに浮かべ発芽器としました、水温は26度、種の入ったトレーの中は20度位になっていると思います。6枚目の写真は現在の自作の発芽器です。昨年からの続きです。

1月2日 早くも発芽が始まる。

_200712_009 種を蒔い他のが1日の午後2時頃それから18時間後、早くも発芽が始まりました。こんなに早く発芽が始まっているとは驚きです。まして真冬の時期に、昨年は根性大根で道ばたのアスファルトの隙間から大根が生えている事でマスコミは大騒ぎをしていました。大根は強い植物なのでしょう。

1月3日 レタスの種も発芽が始まりました。 _200713_020 _200713_021 _200713_022

左の写真はメインの棚になります。サンチュ・フリンジーグリン・ガーデンレタスミックス・エンダイブレタスがみえます。ネット内は、水菜とフリンジーグリンが入っています。下段に保温用水槽(ばんじゅう)三つ葉が栽培実験されています(三つ葉の根っこより栽培)結構葉が増えてきました。 中央の写真、サラダ菜・サンチュ・京菜がみえます。京菜は大きくなりすぎています。防虫ネットカプセルはリーフレタス・エンダイブ2回目の栽培が入っています。

大根の水耕栽培、

_200713_025 _200713_026 _200713_027 種を蒔いたのは1日、翌日には発芽が始まり、今日は緑になった芽も見えます、続いてレタスの種も発芽が始まりました。この発芽方法も簡単に誰でもできます。

|

« 冬のレタス水耕栽培 サラダ菜きれいです | トップページ | ブラコップと麦茶パックを使った水耕栽培 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬のレタス水耕栽培 サラダ菜きれいです | トップページ | ブラコップと麦茶パックを使った水耕栽培 »