« エンダイブレタスの栽培長期収穫 | トップページ | 厳冬期に向けて種を蒔きました。 »

2006.12.14

完全無農薬栽培のために防虫ネットカプセル

 我が家のレタス畑は簡易ビニールハウスです。4段の棚があり、現在一番上段に防虫ネットカプセルがあります。そのカプセルの中で野菜類を栽培します。これを使うと、誰でも無農薬野菜を作ることが出来ます。アレルギーを持った方や、本当の無農薬野菜を食べたい人は簡単にレタスなど作れます。生のままで食べる野菜類は無農薬に超したことはありません。   インターネット上で無農薬野菜を検索すると、無農薬野菜の販売するサイトは百万件以上ヒットします。しかし作り方を教えてくれるサイトは探していますが、まだ見つかりません。

_20061214_013 _20061214_014

リーフレタスとエンダイブです。11月1日種より始めました。すでに1ヶ月半でこれだけの成長です。冬期は日照時間と気温が低いために成長するまで日時が掛かります。 _20061214_019 _20061214_015

フリンジーグリンと水菜です。どちらも麦茶パックを使った水耕栽培です。フリンジーグリンはもう少し成長すると間隔を開けるために別の液層(トレー)に写す予定です。水菜は10月14日の種蒔き、丁度2ヶ月となりました。麦茶パックを使った栽培は成長が早く感じ大きく育ちます。すでに30センチ以上もありカプセルの天井まで達して横に広がっております。そろそろ食べ始めます。

防虫ネットカプセルは知的財産権により知的所有権(著作権)登録済みです。

|

« エンダイブレタスの栽培長期収穫 | トップページ | 厳冬期に向けて種を蒔きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エンダイブレタスの栽培長期収穫 | トップページ | 厳冬期に向けて種を蒔きました。 »