« 完全無農薬栽培のために防虫ネットカプセル | トップページ | 真冬のレタス栽培、発芽器 »

2006.12.17

厳冬期に向けて種を蒔きました。

 種を1ヶ月半以上も蒔いておりません。これから蒔くのは一番の成長期に厳冬期を超さなければなりません。今日の種蒔きは、フリンジーグリン・リーフレタス・ガーデンレタスミックス・水菜の4種類です。水菜以外はスポンジ培地に、水菜は麦茶パックを小さく加工しバーミキュライトを培地にしました。先ずは、発芽し双葉になることを目標です。

_20061217_009 _20061217_004 _20061217_017_1

左の写真フリンジーグリンてす。20ブロックに各三粒の種をまいております。中央はリーフレタスとガーデンレタスミックス10ブロックずつこれも三粒ずつの種を蒔き、乾燥防止にトイレットペーパーを被せスポイトを使ってスポンジ培地・種・トイレットペーパーを密着するために上から水滴を落としました。麦茶パックの種はピンセットを使い三粒の種がなるべく平均に間隔が空くように確認品がな種を置き、その後真水を入れて湿らせました。各写真クリックで大きくして見て下さい。

|

« 完全無農薬栽培のために防虫ネットカプセル | トップページ | 真冬のレタス栽培、発芽器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 完全無農薬栽培のために防虫ネットカプセル | トップページ | 真冬のレタス栽培、発芽器 »