« ハバネロ栽培記録 10.16 | トップページ | 横着じいさんの水耕栽培  新しい栽培方法に向けて »

2006.10.18

京菜お茶パック栽培、外葉を収穫

_img_0031 _img_0015_1 _img_0036 _img_0039 京菜を麦茶パックで栽培実験しております。昨年はジフィーを培地に実験しておりました。今回は麦茶パックに大しゃじ2杯くらいのバーミキュライトです、想定以上に育っています。想定以上に葉が伸びて周りの仲間を押しのけて葉が伸びて隣の株が倒されてしまいます、今日は大きくなった外葉から収穫しました。株の中心付近では新しい京葉が伸びようとしています。こんな方法で長い間、京菜の収穫が楽しめそうです。今日の我が家の夕食は鍋物でした、早速鍋の具として食べました。四五日したら又、収穫出来そうです。写真4枚目、そとばをつみ取った為、麦茶パックで栽培しいてることが分かる写真です。ブラコップはあくまでお茶パックの倒れ防止用です、コップの底の周りは多数の穴が空いています。詳しく知りたい方は左サイドバーの

1。麦茶パックで水耕栽培方法 水菜・京菜 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/mugicha/index.html をご覧下さい。 麦茶(お茶)パックと少しのバーミキュライトであたかも大地で育てるかのように京菜は育っています。 土でのプランター栽培でもこれほど綺麗に育てること難しいです。 写真説明 1枚目今日のメイン簡易ビニールハウス、中段左が京菜。 2枚目今日なのアップ写真、この棚では窮屈そうです。 3枚目大きくなった外葉を収穫したところ。 4枚目 外葉が採られ麦茶パックがよく見えます、僅かのバーミキュライトがこれだけ京菜を大きくしてくれる、フィルターを突き破った根は下のザルに一部からみ付いている。この後根とトレー(容器)を掃除した。

|

« ハバネロ栽培記録 10.16 | トップページ | 横着じいさんの水耕栽培  新しい栽培方法に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハバネロ栽培記録 10.16 | トップページ | 横着じいさんの水耕栽培  新しい栽培方法に向けて »