« 横着じいさんの水耕栽培  新しい栽培方法に向けて | トップページ | お茶パックで水耕栽培、カブ・水菜・壬生菜 »

2006.10.25

嵐に負けずレタス栽培順調です。

昨日と、一昨日は先日の嵐に引けをとらない暴風雨でした、今回は簡易ビニールハウスに水槽を入れ、水をいっぱい張り、重しにして、ハウス内に風が入らないように全面の開口部を閉めていました。 _img_0054_1 _img_0059各写真クリックで大きくなります。

_img_0063 _img_0066 _img_0058 _img_0091

今朝の我が家のレタス畑、昨日は真冬を思わせるように結露で真っ白でした、今日は天気も回復して気温も上がり結露がなくなりました。写真二枚目、22日に新しく考案した麦茶パックホルダーを使っての栽培、上手くいってるようだが、防虫ネットカプセルに入れる前、発芽後双葉になった頃に虫に食われたような痕跡があった、未だその影響もありそうです。写真三枚目、20日にロックウールとジフィーの苗をお茶パックとブラコップを使った栽培に移植、どちらもチマサンチュ虫の痕跡なし。写真4枚目、サラダ菜とガーデンレタスミックス 順調に成育中です、虫の痕跡なし。写真5枚目、つみ取ったレタス類 水菜・フリンジーグリン・サンチュ・エンダイブ 勿論、夕食の一品になります。写真六枚目、簡易ビニールハウスに水槽が入りました。この水槽の重しが嵐に耐えてくれました。今日は日光に少しでも多く当たるように中段のレタスを棚から出しました。

この栽培方法、ザルとバーミキュライト、ハイポニカ肥料だけで育てています。色々な栽培方法を紹介しておりますが【水耕栽培鉢】式栽培が原点です。

|

« 横着じいさんの水耕栽培  新しい栽培方法に向けて | トップページ | お茶パックで水耕栽培、カブ・水菜・壬生菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横着じいさんの水耕栽培  新しい栽培方法に向けて | トップページ | お茶パックで水耕栽培、カブ・水菜・壬生菜 »