« 京菜お茶パック栽培、外葉を収穫 | トップページ | 嵐に負けずレタス栽培順調です。 »

2006.10.22

横着じいさんの水耕栽培  新しい栽培方法に向けて

_img_0014 _img_0008_1

_img_0009_1_img_0013 _img_0011_1

_img_0018 _img_0022 特別の培地を使わず、小さめの麦茶パックにバーミキュライトを大しゃじ一杯いれガーデンレタスミックスとリーフレタスの種を先日の嵐の後8日に蒔いておりました。芽が出て双葉になりすでに麦茶パックより葉ははみ出してきました、写真1枚目  お茶パックの栽培方法はこれまで何度も繰り返し栽培しています。スポンジ培地とコップを使った栽培よりも優れているように感じています。ただスマートにいっておりません、お茶パックを支えるホルダーも色々と考えて試しておりますが、昨日、あるものを見てアイデアが浮かびました、早速その方法で実験してみます。写真2枚目、これなら今までよりもスマートに出来そうです。使用する数の麦茶バックホルダーに納めました、写真3枚目。これに1センチ~1、5センチ位のバーミキュライトをいれ写真4枚目、パックの中を整地します、写真5枚目  苗のお茶パックごと入れます写真6枚目。 栽培層に液肥をいれ全部の麦茶パックの底が浸ってるのを確かめます。まだまだ虫が飛んでいます。防虫ネットカプセルにいれ完全無農薬栽培にします、写真7枚目。チャックを閉めておけば完全に防虫出来ます。我が家のレタス栽培は益々盛んになってきました。こんな栽培方法でも色々な野菜はぐんぐんと生長し、収穫し、無農薬野菜が誰でも作ることが出来ます。まだ、誰も知らない栽培方法です。

1。麦茶パックで水耕栽培方法 水菜・京菜 http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/mugicha/index.html をご覧下さい。 麦茶(お茶)パックと少しのバーミキュライトであたかも大地で育てるかのように京菜・水菜は育っています。

|

« 京菜お茶パック栽培、外葉を収穫 | トップページ | 嵐に負けずレタス栽培順調です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京菜お茶パック栽培、外葉を収穫 | トップページ | 嵐に負けずレタス栽培順調です。 »