« ゴミ箱を使ったトマトの水耕栽培は大成功 !! | トップページ | ハバネロ栽培記録8.23 そろいぶみ »

2006.08.19

真夏のレタス栽培に挑戦 8.19

_2006819_073 _2006819_071 _2006819_072 _2006819_074

_2006819_069_2006819_082 真夏のレタス栽培、『いつでもレタスが食べたくて』を目標として始めたレタス栽培とブログでした。
現在かろうじて残って食べられるのがチマサンチェと僅かのフリンジーグリーンレタスです。
昨年の夏も同じような状態でした。早く次のが成長して欲しいものです。7月28に種を蒔き3週間でここまで成長しました。
4月頃ならもっと成長が早いです。しばらくの間太陽を見る日も少なかった今年の夏、それも影響したのでしょう。
日差しが強くなって気温が高くてはレタスにとって過酷な環境なのでしょう。春先の栽培のように形の良いレタス類は出来ないと思います。前回の投稿の写真から比べるとだいぶ成長しております。1枚目から三枚までは同じカゴの中です、リーフレタスとガーデンレタスミックスです、同じカゴの中に二層入っています。手前がリーフレタス、奥にガーデンレタスミックスです。写真クリックで大きくなります、4枚目はサニーレタスです。5枚目はブラコップに入らなかった苗をお茶パックで栽培します、ある程度成長したら色々な容器に移して栽培します。あるいはこのままかも知れません。6枚目はザルを持ち上げて液肥の状態を見たところです。液肥面はたったこれだけです。

二枚目の写真コップの底のところに注目して下さい、液肥はバーミキュライトが湿る程度にして下さい、藻の発生と白カビの発生をある程度止める事が出来ます。バーミキュライトより水面(液肥面)が上にある状態が続きますと根から空気の供給が止まり根腐れを起こす原因にもなります。時々ザルしたの容器の清掃をして下さい。
白カビを防止するにはEM液やEM発酵液千分の一を液肥に入れて下さい。私は随時米のとぎ汁発酵液を使用しております。こちらEM研究所のホームページにて詳しい作り方が載っています。これで白カビの発生は防ぐ事が出来ます。

|

« ゴミ箱を使ったトマトの水耕栽培は大成功 !! | トップページ | ハバネロ栽培記録8.23 そろいぶみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴミ箱を使ったトマトの水耕栽培は大成功 !! | トップページ | ハバネロ栽培記録8.23 そろいぶみ »