« モロッコ水耕栽培、撤収顛末記 | トップページ | いつでもレタス一冊の本となりました。 »

2006.07.17

ゴミ箱水耕栽培大成功 !

_2006717_008_1 _2006717_009_1 _2006717_002 _2006717_018 ゴミ箱を使ったミニ・中玉トマトの水耕栽培成功しました。左上写真はミニとまとシュガーランプ、左の写真は中玉トマト、昨年はうどん粉病で葉をほとんど撤去し無惨なすがたでした。写真クリックで大きな写真になります。中玉トマトは色づきが遅いようですが、中玉トマトらしい大きさの実を沢山付け赤くなった玉から収穫されています。左下の写真、自動給水装置です、2リットルの液肥がペットボトルに入り0、5リットルの液肥がトレーに入れます、トレーの液肥が少なくなると自動的にトレーに液肥が補給されます。皆さんは原理が分かると思います。暑い日は2、5リットルの液肥を吸い上げ、一度の給水セットで済むようになりました。青いゴミ箱にはバーミキュライトが入っていますがほんの少しの量です、ペットボトルの高さと比較して下さい。こんな小さな水耕栽培装置でも高価な水耕栽培装置とひけをとりません。まして電力は使っていません。心配していた遮光の問題も青い容器やザルを使うことと、一度セットした液肥を使い切ってからの補給することで解消されるのかも知れません。右下の写真は水耕栽培で穫れたミニ・中玉トマト、キュウリです。シシトウは庭の土による栽培です。

|

« モロッコ水耕栽培、撤収顛末記 | トップページ | いつでもレタス一冊の本となりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モロッコ水耕栽培、撤収顛末記 | トップページ | いつでもレタス一冊の本となりました。 »