« キュウリの水耕栽培 は携帯保冷ボックスで | トップページ | いつでもレタス、緑がきれいです。 »

2006.06.07

金時豆の室内窓際栽培 収穫

_img_5278 _img_5300 窓際で金時豆の栽培、莢で食べるために4本収穫しました。小さい莢も次に控えております、昨年は外でインゲンを栽培実験し成功しましたが、最初の豆から室内栽培は初めてです。僅か三時間の日照しかない窓際ですが見事ここまで育てたのは自分でも不思議です。左の写真、瀬戸物の小鉢で育つリーフレタス、下部の茎が伸びています、これは外葉からつみ取って食べているためです。まだまだ食べ頃が続きそうです。この栽培方法はお茶パックを使ってので私のオリジナル栽培方法です。小鉢のリーフレタスとペットボトルの金時豆は同じ栽培方法であることがおわかりと思います。水耕栽培には必ず水耕栽培専用肥料をお使い下さい。私はハイポニカ肥料を使っています。入手出来ない方はハイポニカのメーカーhttp://www.kyowajpn.co.jp/index.htm又は、私のショップhttp://www.letas.jp へどうぞ、私のショップでは【水耕栽培鉢】式栽培方法の取説を付けております。

|

« キュウリの水耕栽培 は携帯保冷ボックスで | トップページ | いつでもレタス、緑がきれいです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キュウリの水耕栽培 は携帯保冷ボックスで | トップページ | いつでもレタス、緑がきれいです。 »