« 中玉トマト順調です | トップページ | 一月一日レタス種まきからスタート »

2004.12.12

百円ショップ栽培

__04.12.11 012__04.12.11 009画像クリックで大きくなります
百円ショップ栽培方法
12月2日に蒔いたサニーレタスの種が二枚葉になり三センチ位伸びましたので、百円ショップ水耕栽培方法で定植しました。必要な材料は、台所用品の水切りトレー、水切りネット、ブラコップ、爪切りはさみ、バーミキュライト、です。ここまでは百円ショップで手に入ります。種も百円ショップで手に入ります。始めにブラコップに培地より小さめの穴を開けておきます、この画像では20πくらいの穴です、次に水切りネットを袋状になってるのをはさみで切って一枚にします、それをトレーを敷きその上に培養液で染みらしたバーミキュライトを厚さ10ミリ~20ミリ位平均に敷きます。それから移植します、苗を痛めないように箸で縦にはさみコップの底の穴に差し込みます、5ミリ位下からはみ出すくらいが良いでしょう、根があれば丁寧に下にのばします、コップと培地の間にバーミキュライトを入れて培地を固定するように、それをトレーのバーミキュライトの上に並べます。少しコップの下からはみ出した分くらい窪みをつけると良いでしょう。全部並んだら、トレーの端の方から培養液をバーミキュライトの上端まで培養液を入れます。培養液の補給はトレーの中に培養液がなくなってから補給した方が良いでしょう、あるいは、液が残ってるときは、残り全部捨て受け皿トレーを水洗いをし新たに培養液を入れれば腐敗の心配はないでしょう。

|

« 中玉トマト順調です | トップページ | 一月一日レタス種まきからスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47044/2242042

この記事へのトラックバック一覧です: 百円ショップ栽培:

« 中玉トマト順調です | トップページ | 一月一日レタス種まきからスタート »